2016/09/20

SHOW BY ROCK!!しょ~と!! 第11話「聖MIDI女学園中等部 あざと学特別講義」


9e3c7de2.jpg

なんだかんだでしょ~とも11話目!
アナヤ!あと一話で終わりだというのか!!二期が控え取るとはいえあまんちゅと並ぶ一週間の癒しになってたから悲しい喃。
さて・・・今回はいったいどのバンドが出るのかと期待を高める私の瞳に飛び込むのは「あざと学」の4文字!
おお!・・・では彼女たちが!!







8c81dc64.jpg
c6fc91b9.jpg

クリティクリスタの登場である!
今回は聖MIDI女学院でのあざと学特別講習の様子が描かれるらしい。
何気に聖MIDI女学院がアニメで描写されるのはこれが初めてか!?
思い返してみれば若者がたくさん出る作品なのに学校行ってるやつらのほうが少ないな(ペタルス、クリクリ、詩杏くらいか)
故に、学校描写は貴重なのだ。





76c4fa84.jpg
71205cc8.jpg
049491ae.jpg

『今日は、最も重要な課題と言っても過言ではナーイ、あざと学のスペシャル講義を行いたいと思いマース!』
『はい!ロージアちゃん、今日は精一杯学ばせていただきまぁす!』


フィーヒヒヒヒ!早速カワイイ!
ハートまで飛ばすこの媚び媚びな態度には引かぬ媚びぬ省みぬを信条とする聖帝様でも思わず愛を感じ取ってしまいかねないだろう!!
講師タマゴからも惜しみない300点のボーナスポイントが与えられる。
注視すべきは目線、首の角度、敬礼ポーズ!
敬礼ポーズという人を敬うアクションにも関わらず手を内側に向けることにより、安易に手の内を見せないと言う二律背反めいたアンヴィバレンツなギャップ行為が歯車的砂嵐の小宇宙!!
一流の柔道家は対戦相手の胴着の着方を見るだけで実力を察知するというがこのタマゴもただものではない!





52633416.jpg
c8fbfd9f.jpg

『え~ロージアちゃん、そこまで深く考えてなかったんですけどぉ~』


ワッザ!300点と言う高得点に甘んじず彼女はあざとさを突き通すというのか!?
実際、だれがどう見ても彼女は計算で先ほどの行為を行っている。
しかしそれが分かっても尚可愛いと思わせる事が重要なのだ!
ダチョウ倶楽部が『押すなよ、絶対押すなよ』と警告したとして、本当に押さない事を期待するだろうか?見ている側は最終的に上島が落ちるのを分かっている。
だがそれでも笑いが生まれるのだ、要はそういう事である。




1324f5de.jpg
f2a55b49.jpg

二者による高次元のやり取りを前にホルミーは『あ・・はぁ・・・』と、まるで上司から全く興味のないジャンルの自慢話をされて返答に困る会社での私の様なリアクションをとるしかない。
だが、これが逆に吉!!
その理由は以下でロージア先生が詳細に説明してくれる





0ab85a35.jpg
7baf3eeb.jpg

『はいって答えちゃったらその時点で会話は簡潔しちゃうでしょ?
けど、今みたいになんとなく不安気に答えたホルミーに対して、相手はどう思う?
分かったのかな、大丈夫かなって考えるはず!
そうなれば、相手の心を惹きつけたままになるって訳!』



ロージア先生による分かり易い解説が入る。
会話を中断させないであえて隙を作ることによりキャッチボールを継続させる高度なメソッドという事らしい。
成程、あざとさも可愛さも認識する相手がいて初めて成立するファクターだ。
それ即ちいかに媚びた態度をとっても相手の受け取り方次第ではその効果はワサビを抜いたスシめいてふがいないものになってしまう。
自分をアピールする一方で相手の心理状況を巧みに誘導し、カワイイと思わせるがあざとさの秘訣と見た!!
な、なんかやけに深い話になってきた気がするぞッッ!
しかもさりげなくロージアちゃんがメガネを付けてる。
これはマーケティング的にも大成功です!実際個人指導されたいぞ!フィーヒヒヒ!


87182456.jpg
7baf3eeb.jpg
d7c45efe.jpg

すかさずジャクリンが続く!
これぞロージアちゃん直筆・「あざとポーズ136種」にも収録されている『プラス思考に驚いたり、楽しくて笑ったりする時に取るべきポーズ』に他ならない!
荒ぶる鷹のポーズめいて有無を言わさぬ迫力のある名前だ。
しかし他の135種が気になりすぎるんですが。
48の殺人技みたいに相手の心をノックアウトする無数のバリエーションがあるに違いない。
だが一方でやりすぎてはぶりっ子になってしまうと忠告する。
ぶりっ子であると捉えられれば一転してあざといポーズの数々もマイナス要素として煙たがれてしまうからだろうか。
いずれにせよ『プラス思考に驚いたり、楽しくて笑ったりする時に取るべきポーズ』にウインクまで付けるのはやりすぎという事だろう。
これ以上行き過ぎるとジョジョ4巻の表紙みたいになりそうだし。





9fbe61a5.jpg
0449ba05.jpg
1d046791.jpg
baf5a188.jpg

最後はツキノのターン。
『なかなか難しいの。ツキノにはできそうにないの~プク~』
これはロージアちゃんに言わせるとできないと甘えるだけじゃなくて、頬を膨らませる事で、自分に不満を感じている事を表現する手法でありポイント倍点な行為であるとのこと!
だがツキノ的には無意識の行いだったらしい。
天性の天然であるツキノは時としてロージアを凌ぎうるあざとさを持ち合わせているのかもしれない。
やはり、開校以来の優等生であるロージアちゃんは格が違った。
気が付けば講師タマゴの方が教えられる側になっている。
実際BL会の帝王と名高いニンジャスレイヤー=サン森川智之氏は声優学校の生徒の頃から同期を指導する側に回っていたこともあるらしい。
優れた生徒が教える側に回ることはありうる、ありうるのだ!




それにしてもこのタイミングで彼女たちが出るのはこの海のリハクの目をもってしても読めませんでした。
これにて3度目の登場で徒然とトップタイ・・・否!お忘れか!?一話のCMでも彼女たちが登場していたことを!
つ、つまりはクリティクリスタのしょ~とでの登場回数は単独トップで4回であるとッッ!?
ゴウランガ!ゴウランガ!
一期での不遇なイメージを払拭と言わんばかりの活躍。真に堪能いたしました。
それにしてもあざと学がこれほど奥深いものとは思いませんでした。
そう思うと『がんばルビィ!』『おはヨーソロー』もあざと学から派生したテクニックでないかと錯覚してくる。
敬礼のテクニックを『おはヨーソロー』に取り入れれば曜ちゃんの人気絶頂間違いなしだ!!
まあ現状彼女はほとんどの人気投票で上位ないしトップなんですけどね。
でも俺は二年生組だと梨子ちゃんが好みなんスよ(どうでもいい)
なんにせよクリティクリスタ、ひいてはロージアちゃんの底知れぬアイドル性を垣間見るのであった。
レアなメガネ姿も見ることができたし、今後はホルミーやジャクリンがメインになったクリクリの話も見てみたいところです。




そうやって見ているとプラズマジカはバンド勝負で白星を付けたがこの分野で戦えば勝ち目はなかっただろう。
甲子園常連校VSバットも持ったことのない茶道部か何かというワンサイドゲームになっていた可能性は極めて高い。
そのプラズマジカですが今回も影も形もなかった。
いやまあEDに毎回出てると言えばそうなんだけど・・・
次回はいよいよ最終回だし流石にメイン4人がビシッと決めるだろう。
(主にシンガンとお師匠のせいで)カオスの極みと化したしょ~とだったが、主人公たちはいったいどんな締め方を見せてくれるのか!?括目せよ!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

残すところ遂にあと一話!
こうしてみると1クールなんてあっという間ですよね。

>クリティクリスタの登場である!
>今回は聖MIDI女学院でのあざと学特別講習の様子が描かれるらしい。
>何気に聖MIDI女学院がアニメで描写されるのはこれが初めてか!?
>思い返してみれば若者がたくさん出る作品なのに学校行ってるやつらのほうが少ないな(ペタルス、クリクリ、詩杏くらいか)
>故に、学校描写は貴重なのだ。

ここでクリクリですかー。
みんな特殊芸能専攻学科なので4人だけで授業を受けてるんですよね。
あざと学は一体どういう内容なのか気になっていたので知れてラッキーです。
つーかこのメイプル族、足なっが!www

>ロージア先生による分かり易い解説が入る。
>会話を中断させないであえて隙を作ることによりキャッチボールを継続させる高度なメソッドという事らしい。
>成程、あざとさも可愛さも認識する相手がいて初めて成立するファクターだ。
>それ即ちいかに媚びた態度をとっても相手の受け取り方次第ではその効果はワサビを抜いたスシめいてふがいないものになってしまう。
>自分をアピールする一方で相手の心理状況を巧みに誘導し、カワイイと思わせるがあざとさの秘訣と見た!!

なるほどわからん(笑)
つまり、あざとさ=女子力みたいな感じですかね?
女子力の低い私にとっては高レベルな領域だ(大の字)

>これはロージアちゃんに言わせるとできないと甘えるだけじゃなくて、頬を膨らませる事で、自分に不満を感じている事を表現する手法でありポイント倍点な行為であるとのこと!
>だがツキノ的には無意識の行いだったらしい。
>天性の天然であるツキノは時としてロージアを凌ぎうるあざとさを持ち合わせているのかもしれない。
>やはり、開校以来の優等生であるロージアちゃんは格が違った。
>気が付けば講師タマゴの方が教えられる側になっている。

クリクリの中ではツキノちゃんが一番好きです。
いつの間にやら講師側になってるロージアちゃん。
彼女がこうしてのし上がっているのも、こうした努力を一つ一つ積み上げていっているからで・・・。
さすがあざと学主席、やりおる!

>それにしてもこのタイミングで彼女たちが出るのはこの海のリハクの目をもってしても読めませんでした。
>これにて3度目の登場で徒然とトップタイ・・・否!お忘れか!?一話のCMでも彼女たちが登場していたことを!
>つ、つまりはクリティクリスタのしょ~とでの登場回数は単独トップで4回であるとッッ!?
>ゴウランガ!ゴウランガ!
>一期での不遇なイメージを払拭と言わんばかりの活躍。真に堪能いたしました。

クリクリ愛されていますねー。
コミカライズ化もされましたし、まさにノリにノっている状況。
2期でももっと活躍してくれるといいな・・・。
2期といえばアルカレとBVLのキービジュアルが発表されたので見たのですが、両方ともそれぞれの個性が出てる感じで素晴らしかったです。
やはりアイレーンちゃんとアイオーンの関係性が気になるのですが、やはり兄妹なのは確定なのでしょうかねえ?
微妙に種族が違いますがアイオーンが偽って隠しているのか、まさか腹違いなのか・・・色々と考察してしまいます。

二期に備えよ

こちらではお久しぶりです、エズフィトさん。
しょーとも終わりが近づいてきましたね、始まりがあれば終わりあり、です。最後の一話は楽しんで観ましょう!
名前知りませんが、水色の子可愛いですね。雰囲気もそうなんですが、白長手袋な点もナイスです。僕の個人的な趣味ではありますが、結構、ショウバイロックのキャラクターも可愛いですね。

Re: 黒凪さん

> 残すところ遂にあと一話!
> こうしてみると1クールなんてあっという間ですよね。

ホントですよね。
思い返せば最初ショートアニメだという事は知ってたんですがなんとなく10分程度かな?と思ってたんで3分アニメだったのは驚きでした。
でも3分の中にしっかりSB69らしさを濃縮した出来はさすがでしたね。
二期も期待できそうですぜ



> ここでクリクリですかー。
> みんな特殊芸能専攻学科なので4人だけで授業を受けてるんですよね。
> あざと学は一体どういう内容なのか気になっていたので知れてラッキーです。
> つーかこのメイプル族、足なっが!www

あざと学は意外すぎるほどに真面目な内容でえらく驚きました。
特殊芸能先行はこの4人しかいないってことなのかな?だとするといくらなんでも人少なすぎですね・・・
ドラゴン桜じゃないんだから・・・
卵一族は




> なるほどわからん(笑)
> つまり、あざとさ=女子力みたいな感じですかね?
> 女子力の低い私にとっては高レベルな領域だ(大の字)

私も女子力については疎いんですがなんか女子力って料理とか身に着けるスキルみたいな扱いですよね。
あざと学は技術的なものじゃなくて駆け引きというか、仕草が重点されるのではないでしょうか?
ちゃんと勉強してれば特殊な技術がなくても使えるという点でまさにあざと「学」なんでしょうね。
あざと技やあざと術じゃないのがポイント。




> クリクリの中ではツキノちゃんが一番好きです。
> いつの間にやら講師側になってるロージアちゃん。
> 彼女がこうしてのし上がっているのも、こうした努力を一つ一つ積み上げていっているからで・・・。
> さすがあざと学主席、やりおる!

私は最初ジャクリンが一番好みだったのですがロージアちゃんのあざと学にすっかりテゴメにされて彼女が一番ですね(ジャクリンも勿論好きですが)
ロージアちゃんはプラズマジカ相手に楽勝とか言ったりプレッシャーかけたり意地悪な部分もあるんですけど、流星ドリームライン聞いたとき真っ先に敗北を悟ったり助けてもらったとき泣きながら謝ったり根が素直なのがカワイイです。




> クリクリ愛されていますねー。
> コミカライズ化もされましたし、まさにノリにノっている状況。
> 2期でももっと活躍してくれるといいな・・・。
> 2期といえばアルカレとBVLのキービジュアルが発表されたので見たのですが、両方ともそれぞれの個性が出てる感じで素晴らしかったです。

僕も日本の若者の御多分に漏れずクリティクリスタには詳しいですので…当然コミックスの1巻は買いましたよ。
アルカレとBVLのビジュアルも良い感じでしたね。
特にBVLはボスオーラが漂ってて良いぞ・・・



> やはりアイレーンちゃんとアイオーンの関係性が気になるのですが、やはり兄妹なのは確定なのでしょうかねえ?
> 微妙に種族が違いますがアイオーンが偽って隠しているのか、まさか腹違いなのか・・・色々と考察してしまいます。

ゲームでのストーリーを見る限りもうほぼ兄妹で確定な気がしますがやはり最大の障壁は種族が違う事ですよね。
それで考えたのですが思うに王ライオン族ってライオン族の中から稀に出る突然変異みたいなものだったりするんじゃないでしょうか?
伝説のスーパーサイヤ人が普通のスーパーサイヤ人とは違う感じで。
でもペイペインが『珍しい麒麟族』と書かれてるのに王ライオン族は特にそんなこと書かれてないから麒麟族よりは珍しくないのかな?
ていうかそのペイペインが謎の種族呼ばわりした社長含むタマゴ族はマジで何者なんだよ・・・

Re: マーボ丼さん

> こちらではお久しぶりです、エズフィトさん。
> しょーとも終わりが近づいてきましたね、始まりがあれば終わりあり、です。最後の一話は楽しんで観ましょう!

ドーモ、お久しぶりです。マーボ丼=サン。
改めてご就職おめでとうございます。卒業まで学園生活を楽しんでね!


> 名前知りませんが、水色の子可愛いですね。雰囲気もそうなんですが、白長手袋な点もナイスです。僕の個人的な趣味ではありますが、結構、ショウバイロックのキャラクターも可愛いですね。

ツキノちゃんは実際人気も高くて限定グラの種類でも結構恵まれてる美少女です。中々にお目が高いですな。
SB69の女の子は皆可愛いですよ。
え?何?気になるけどすぐに見ることができないって?
それなら来週の日曜にニコニコ生放送で12話一挙放送をやるから決断的に視聴予約だコラー!
勿論、私もすでにタイムシフト予約済みさ・・・