2016/06/21




■マクロス⊿ 11話 追憶のジェリーフィッシュ


コーラを飲んだらゲップが出るってくらい確実に死亡描写を書いたメッサーくんにとっておきのダメ押しというヤツだッッ!!
葬儀シーン&機体のレストアも済んでこれでもうメッサーが生きているという希望は1%も無くなってしまった。
こうなったら劇場版で華麗にルート切り替えで生存フラグを立てるしかない。
マスクをかぶった謎のパイロットとして復帰すれば堂々とカナメさんのライブでハジケる事もできて一石二鳥だぞ!!
出撃する前、メッサーは既に身辺整理を業者に依頼していた様だ。死ぬ覚悟だったのだろう。
とりあえず遺品整理に来た⊿小隊がカナメさんの抱き枕とか等身大人形とかを見つけて微妙な空気になる展開は避けられた。
おそらく、HDDも自分の心臓に同期して自爆するようにしてあったに違いない。
ちなみに白騎士はメッサーの心臓を正確に撃ち抜いていたらしい。
いくらなんでも凄すぎる。他人が飛ばしたハナクソを自分のハナクソで撃墜するに匹敵する偉業だ。
に・・・人間技じゃねェッッッ!!!ただでさえ遠い存在の白騎士がますます遠い存在になってしまった。


死神を倒したといえ白騎士キースも無事では済まなかった。
ボーグはメッサーを身の程知らずとバカにするものの、キースにメッチャ怒られる。
お前なんかMTGのカードに例えるなら悲劇的な過ちで墓穴に落ちかけてるオッサンだとでも言いたげな対応だ!
穴に落ちかけてブザマな姿を晒すのがお似合いだぞッ!
実際メッサーはボーグが殺されかけたハヤテが3人掛りでも瞬殺される腕前だ。
ボーグくんがタイマンで戦ったら5分間で13回は殺されるだろう。


一方⊿小隊は戦力の大幅削減という問題に悩まされる。
メッサーの戦力はデルタ小隊の37%分だったらしい。
さ・・・さんじゅっぱあせんとぉ!?ただでさえ数の上で負けてんのにその上戦力が1/3ダウンかよ。単純に見積もっても1.5倍くらいの戦力差が生まれてそうだ。
むしろ今まで白騎士をメッサーが抑えてくれたことを考えると白騎士が自由に暴れ回れたら実際の戦力差はさらに広がるだろう。
富士山のてっぺんの如く遠い存在だった空中騎士団の強さはもはやエベレスト並と言っても過言で無い。
完膚なきまでにメッサーの生存を打ち消した展開でこの事実は余りにも辛すぎる・・・ッ!


その夜、⊿小隊たちはクラゲ送りなる儀式でメッサーに別れを告げる。
いろんな人に悼んでもらえてメッサー君は幸せ者だ。
そして⊿小隊各メンバーの正確な飛行記録・長所・欠点を記録していたことが明らかになる。
メッサーは確かに重度のカナメさんバカだったかもしれない。だがそれ以上に飛行バカだった!!!!
メッサーーーー!君ってやつはーーーーー!!!
ハヤテに辛くあたっていたのもいざ自分が暴走したときは躊躇なく撃てるようにするため・・・
厳しい態度の裏側では実はハヤテの実力を認めていたのだ。バカヤロ~・・・お前かっこよすぎるよ!


一方ウィンダミア側では発掘したなんか凄そうなプロトカルチャーの船を使って本格的に球状星団への侵攻を開始した。
そしてついにお爺ちゃん出動!!!
・・・この人先代の白騎士なんだよなあ。
白騎士、(先代)白騎士、プロトカルチャーの船・・・・・・
もうマジムリ、勝てない。
メジャーリーグの優勝チームにバットも持ったことのない茶道部か何かが挑むレベルの圧倒的戦力差を感じる。




■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 11話 レッド・ホット・チリ・ッパー その①

3話から因縁の敵として書かれてきた中ボス、チリペッパーがついに本格始動だ!
冒頭で仗助がプレイしてるゲームがSFCから64っぽい機種に変わってますね。
億秦のバイクも90年代風にリファインされてますしこういう細かいところで時代設定の統合を拾うスタイルは好きですね。ハイウェイ・スター戦の携帯電話もその時代っぽい機種になるのかしら?

何といっても今回の見所は味方になってから初の億泰の戦闘シーンでしょう。
考えてみればもう1クール目に入るというのに億泰がまともに戦ったのは初登場時だけです。
仕方がないとは言えやはり当たったら即死攻撃は強力すぎて活躍させるのが難しいのでしょう。
ポップのメドローアだって完全に決まったのはシグマだけだったのを思うと、バトル漫画での即死攻撃がいかにバランス崩壊を招きやすいかが如実に理解できます。
フーゴなんて出番そのものがケジメくらったし。
そんな億泰ですがバカキャラに似つかわしくない中々高度な頭脳プレーでチリペッパーを追い詰めます。
ポルナレフと言いジョジョのバカキャラは戦闘時になると異様に頭が回るようになるので油断できません。
まあ億泰が知恵を回したというかチリペッパーが油断しすぎって感じですが。
バイク削ったのも空振りを瞬間移動に繋げるのも注意してみればすぐに理解できたろうに・・・
そんな感じで珍しく頭を使った億安ですが最後はチリペッパーの巧みな弁舌によって形勢逆転されます。
途中までは冴え渡ってたんですがどうも彼は一回ペースが乱れると後が続かないタイプっぽいですね。
ボーリングで最初は調子よくても一回ミスるとガーターが続いたりするに違いない。
もっとも、この場合は死ぬ寸前だったのに口先三寸だけで窮地を脱出したチリペッパーの狡猾さを褒める場面だと思いますが。
最後の最後で兄貴超はならず、チリペッパーに完全敗北した億泰に対して康一くんは『仇討ちとかじゃなくてこの街を守るという気持ちが大事』と暖かい励ましを送ります。
まあ、人が好いというか悪人向きでない億泰は人殺しよりも人助けの方がモチベーション保てそうですし、ナイスな助言ですね。
それに比べてジョースター二人の態度といったら冷え切ったピザ並です。
まあ承太郎先輩は3部で結構根に持つタイプと自称するくらいですから、忠告を聞かずに勝手に先走った億泰に対して地味に怒ってるのかもしれません。
そうは言っても早まって電線掘り起こした億泰も大概ですが、結構のんきしてノコノコ歩いてたせいでまんまとチリペッパーに逃げられた承太郎さんもかなりの失態という気がしないでもありません。
そういえばポルナレフがとても3歳児と思えないほどの頭脳プレーを見せたアレッシー戦でも承太郎は以上にカンが悪かった。
バカキャラが急に頭良くなるとそれに比例して承太郎さんの知能指数が低下する補正でもかかってるのかもしれん。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント