2016/06/15

総選挙



少し前になりますがポケモン総選挙の結果が発表されましたね。
ポケモン総選挙!それは現在720種類にまで増えた全てのポケモンの人気を集計する超ガチンコのセメントマッチ(真剣勝負)!!
この激しい争いに買ったものこそまさにキング・オブ・ポケモンと呼ぶにふさわしい!
以外にも長いポケモンの歴史でここまでシンプルかつディープな投票って行われなかったんですよね。
で、その気になる結果、まずはベスト5!!




1位 ゲッコウガ

719体ものライバルを押しのけ見事首位を獲得したのはカロス御三家にしてスマブラでの出演も果たしたゲッコウガ!!
「何だかんだ言ったって結局1位は電気ネズミなんだろ?」という下馬評を覆すファンタスティックな結末!!
中間結果の1位から見事に逃げ切り勝利だ。
決まってからこんなこと言うのもなんですが私もゲッコウガは第6世代屈指の良デザインだと思います。
飛び回るカエルと身軽なニンジャという設定的にもデザイン的にもマッチしたオイシイファクターを持ちながら名前もカエルの鳴き声(ゲコ)+月光+甲賀というトリプルミーニング。
加えて進化後の姿も進化前を踏まえた正統進化で美しい。
そして何といってもこいつは時期に恵まれていた。
スマブラ参戦もそうだが、アニメでも猛プッシュを受けておりゲーム以外での注目度が非常に高い時期だったのが大きく働いただろう。
もし総選挙の時期が今でなければこの結果はなかったかもしれない。
あと直接は関係ないかもだけど人気が高いという以上にヘイトを集めてないのがいい。
強いポケモンは人気が高くなるが得てして同じくらい憎まれるもの。
そこにくるとこのゲッコウガは弱すぎず強すぎない程の強さで隠れ特性の変幻自在も攻撃から防御まで応用可能ながら使うには腕が必要という絶妙な調整だと言える。
さらにはニンジャというキャラクターが多くの外国人の心を掴んだであろうことは疑いようがない。
やはりニンジャの神秘性はモータルを狂わせるのですよ。
ニンジャのポケモンが人気投票一位という事実は紛れもなく古代ニンジャ神話の・・・おお!不用意に歴史の闇に触れるのは得策ではないのでこの話はここまでとしておこう。



2位 アルセウス

続いてシルバートロフィーを手にしたのは宇宙を想像したという途方もない設定を持つアルセウス!
合計種族値720というケタ外れの戦闘力は伊達ではなく、やはり強いものはそれだけでカリスマ性を持つということがよくわかる。
通常の対戦では使用されないのであまり知られていないがマルチタイプは特性に干渉する技を一切受付ないという唯一無二の耐性を持っている。



そんな!?シンプルビームによってアルセウスの特性はたんじゅんになるはず・・・!
(ポケット)モンスターではない・・・神だ!!!




これほどの神秘性とカリスマ性を持ち合わせているのだから2位という順位も妥当であるといえよう。



3位 ミュウ

アフリカ大陸の奥地で発見された元祖・幻のポケモン、ミュウが貫禄の3位にランクイン!
ミュウに至ってはベスト3の中で特に高年齢層からの支持が厚いと思われる。
ミュウ!その響きに我ら赤緑世代はなぜここまで心を震わせるのか!?
それはポケモンが社会現象になりつつあった20年前において特別な地位を持っていたポケモンだからに他ならない。
ゲッコウガでも書いたがミュウもまた時期に恵まれたポケモンだったかもしれない。
ミュウが第二世代以降のポケモンだったならこれほどまでに特別視されることはなかったはずだ。

設定的にも全てのポケモンの子孫でないかとされ、全ての技を覚えるという唯一の存在であるのがデカイ。
アルセウスでもそうなんですけどパッと見てスゲエ!と思える要素があるのは大事ですよね。
へんしんを使えるのはこいつとメタモンだけでまたレベルアップで覚えるのもミュウだけなんですよね。ザッツ・特別感。
正直20代半ばくらいの男性に話しかければ5人に一人くらいはで子供の頃にバグ技でミュウを出したと言うんじゃないかと思うほどです。
僕も御多分に漏れずミュウのバグ技には詳しいですからね。それに、タマムシデパートの2回でミュウを釣る裏技なんていうのは日本の若者なら「もう飽きたよ」という様な手法です。



4位 ピカチュウ

世界一有名なポケモン、電気ネズミことピカチュウは4位にランクイン!!
以外にも下馬評では1位との予想が多かったピカチュウだったがトップ3を逃すとは誰が予想しただろうか。
しかしそれでも4位に食い込むあたり20年以上アニメで主役を務めた実績は伊達じゃない!!
もともとピカチュウは151匹いるうちのなんでもないポケモンの1匹でした。
しかし!アニメ化に際し角が立たないように御三家以外で、かつ視覚的に派手な演出ができて可愛らしい外見を持つという条件を満たしていたことで彼の人生は動き出す。
あっという間にポケモン会の顔となり、スマブラに参戦し、単独でゲームが作られ、子供たちを病院送りにした責任をポリゴンに擦り付けわずか数年でミッキーマ○スに勝るとも劣らないほどの世界的知名度を誇るネズミとなったのです!!!
まさにシンデレラストーリー!
そんな彼であったがいつしかその特別すぎる地位は視聴者の目に『あって当たり前』と言う風に映るようになった。
すると自然に視聴者たちの注目はより新鮮に映る別のポケモンたちへ注がれることになった・・・なんてのがトップ3に食い込めなかったことの根拠じゃないかと邪推したりして。
まあともかこの結果は意外でしたが、ここでピカチュウが1位だったとしても『やっぱりな』って感じで面白みがなかったと思います。
そうなると高くもないけど低くもないという順位は良い塩梅だったんじゃないかなと思う。
ポケモン=ピカチュウのイメージがあまりにも強すぎたものですからそれを覆すような新しい風が入ってきている事は肯定的に捉えるべきだとぼかぁ思うね。



5位 ニンフィア

歴史の浅い第6世代からまさかの二匹目!
ブイズの先輩たちはどーーーーしたァ!?期待の新星、ニンフィアがベストファイブの最後を手堅くキープ!!
全世界のポケモントレーナーに激震を与えたフェアリータイプ。
思えばその存在が明らかになったのもこのニンフィアによってだった。
また我々の前に初めて姿を現した第6世代のポケモンでもあります。
成程そう考えるとニンフィアがポケモン会に与えた影響というものは無視できぬ程の大きさであるといえよう。
見た目の可愛さも大きく働いたのだろうがそれでもなお、登場して日が浅いにも関わらずこれほどの人気を獲得したのはすごい。
ましてやイーブイの派生形はどれも厚いファン層がいるにも関わらず・・・!
むしろ、派生が多いからこそ人気が細分化してニンフィアが出し抜く素地が生まれてたりして。



と、ここまでベスト5を紹介しましたがその下の順位もおおまかに載せておきます。

6位 ゲノセクト
7位 レックウザ
8位 ジガルデ
9位 リザードン
10位 メロエッタ


やはり伝説・幻系は人気が高いようで6~10位はリザードンを除き全てが伝説系だ。
一般的にデザインの評価が宜しくない第五世代から二体もランクインしてるのは意外だった。
ゲノセクトは映画でのメカポケモンという葛藤が受けたのかな?レックウザはゲンシカイキで超強化されましたね。
ジガルデはマジでわからん。だが特にテコ入れなしでこの評価ということはフォルムチェンジが導入される第七世代ではさらなる飛躍もあり得るか・・・?
リザードンの人気の高さはもはや説明不要だが、さすがに今回は相手が悪すぎた。
まあ、彼は主役というかここぞという時に活躍する切り札的なポジションが似合ってるからこれでいいんだ。




11位 ミュウツー
12位 イーブイ
13位 ジラーチ
14位 ダークライ
15位 ルカリオ
16位 ディアンシー
17位 フーパ
18位 ケルディオ
19位 ビクティニ
20位 マナフィ


ミュウツーがトップ10に入っていないという事実に衝撃を覚える。
我ら赤緑世代にとってはあるいみミュウ以上に特別な存在だというのに・・・!これも時代の流れってやつか。
ニンフィアに上回れたもののブイズの中で本家イーブイがしっかりと高ランクに入っている。
それでもなお伝説率が高めですね。
道場主として多くのプレイヤーにボコられたビクティニはともかく幻のポケモンの中でもかなり地味なマナフィがこの順位なのはかなり意外です。フィオネ?知らんな~




21位 レシラム
22位 カイオーガ
23位 キュレム
24位 コイル
25位 シェイミ
26位 イベルタル
27位 ギラティナ
28位 ルギア
29位 グラードン
30位 ディアルガ


伝説のラッシュはまだまだ続く!グラードン、カイオーガの二匹が揃いRS世代の伝説は初代に続き30位以内に3匹とも収まる好成績だ。
キュレム、レシラムを要する第五世代も負けてはいない。
そんな中で異彩を放つコイルの存在感。
ここで場違いなほど存在感を放つ姿は紛れもなくあの事件があったからこそなのは疑いがない。
そしてなんという運命の悪戯だろう、あの時勝てなかったシェイミに今度こそ勝ったのだ。
しかも僅差、紙一重の勝利である。
輝かしい上位陣の栄光の下で目立たないが静かな戦いが繰り広げられていたのだ。



31位 デデンネ
32位 アーケオス
33位 ゼクロム
34位 スイクン
35位 ゲンガー
36位 ホウオウ
37位 ゼルネアス
38位 サーナイト
39位 セレビィ
40位 ポッチャマ



30位代のトップを飾るのは第六世代の電気ネズミ枠、デデンネだ。
地味に高い耐久と強力技のほっぺすりすりが侮れない電気野郎だ。
32位はアーケオス、ジュエルアクロバットを没収されたものの大した健闘ぶりと言える。
セレビィはミュウに比べて大分水をあけられた。
そういえばアニメのGSボールに入ってるのはセレビィだとかいう噂を当時はよく聞いたな。
・・・結局中身なんだったんだ、アレ。



41位 パルキア
42位 レジギガス
43位 ガブリアス
44位 アグノム
45位 バシャーモ
46位 ランドロス
47位 グレイシア
48位 ラティアス
49位 プリン
50位 デオキシス


対戦を嗜む者なら必ず出会う超人気ポケモン、ガブリアスがようやく登場だ。
対戦勢からは絶大な支持を持っているけど一般人気を考慮すると50位前後というのは妥当な立ち位置か?
49位のプリンはオールドファンならアニメでの活躍が印象的だ。
現在もスマブラで活躍している。
あと、夢特性のお陰でなにげにダブルでの人気が高い。
とは言っても若干ニッチな重要だし、基本的には弱いのでギリギリ50位滑り込めたのは幸運というべきか。


とりあえず、あんましやると長くなるのでこのぐらいにとどめておきます。
ちなみに53位はなんとフリーザーだったりする。
参考までに私の人気順位は53位です。ですが勿論、フルパワーであなたと戦う気はありませんからご安心を。
なにげに三鳥の中ではサンダーとファイアーよりも上である。
やはり初代で発揮した絶大な強さが今も根強く皆の心に残っているのか?ファイアーが一番したというのを見るに初代の印象が強いってのは案外あたってたりして・・・
でも今じゃフリーザーは見る影ないしファイアーも睨みつけるは覚えないんだけど。
それと一部の界隈で大人気(?)なフライゴン君は65位だ。
ここでも彼はガブリアスの後塵を拝する結果となる。
ちなみにひとつ前の64位はよりによって同期のドラゴンであるボーマンダだったりする。
~~~~~~~ッッッ!!!フライゴンよッ・・・・・・・・・!
いや・・・何も言うまい・・・




調べた結果は100位までしか乗ってませんでしたが、一応最下位のポケモンは確定してるらしい。
名をバオッキーという。
お前かよ!!!
・・・・・・いや、でもまあ、うん。なんとなく納得できてしまうのが悲しい。
一応ストーリー上で序盤に手に入る可能性のあるポケモンなのにどうしてこうなった。
でも私的な案件ですがコイツにはやたらと失望させられた記憶がある。
何を隠そう私がBWを初めてプレイしたときもらったのがこいつだった。
そして「やきつくす」というなんかスゴそうな技を覚えて私の胸をときめかせた。
やきつくすの威力はたったの30(※たいあたり以下)だった。私はガッカリする。
それでも一応パーティに入れてしばらくしたある日、ネットか何かでこいつの進化条件を知る。
貴重な炎の石を使わなければいけない。・・・私はそっとパソコンを起動しボックスにバオップを放り込む。
そして時は流れ第六世代、私のフレンドサファリはテールナー、メラルバという超当たりの組み合わせだった。
そしてフレンドコード交換で明らかになった最後の一枠は・・・・・・・・・バオップだった。
なんか、点睛を欠いた気分になって再び私はガッカリするのだった。
そういう経緯もあるので可愛そうだがこいつが最下位だと聞いたときとてもシックリきてしまった。
別に嫌いというわけではないんですけどね・・・
あと夢特性が猛火という面白みのない物なのが良くない。
というか、そんないゴウカザルと比べて欲しいのかゲーフリは。
とはいえ良いのか悪いのか知らないがこの不名誉な順位は結果としてバオッキーの認知度を大きく引き上げた
第七世代はなにかの間違いでメガシンカを授けられ環境を激変させる活躍を見せてくれる可能性だってゼロじゃない。
・・・でも、こいつとゴウカザルを比べると間違いなく後者のほうがメガシンカ来る可能性高いんだよな。
あと、メガシンカ必須になると特性のくいしんぼうが全く役に立たなくなる。
バオッキーの明日はどっちだ?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

どうも、お久しぶりです。
総選挙と聞いてAKBを連想したのは私だけじゃないと思うんだ。

>1位 ゲッコウガ

おめでとう、ホントおめでとう・・・!
1位になるのもわかりますー、カッコいいもの!
アニメでもほぼ主役級の活躍ですし、まさに時期がよかったですよね。
ニンジャはロマン・・・。

>あっという間にポケモン会の顔となり、スマブラに参戦し、単独でゲームが作られ、子供たちを病院送りにした責任をポリゴンに擦り付けわずか数年でミッキーマ○スに勝るとも劣らないほどの世界的知名度を誇るネズミとなったのです!!!

それ以上いけない(笑)

>5位 ニンフィア

ニンフィアカワイイヤッター!
ブイズの中ではデザイン的に一番好きです、この子。
本当にブイズは色々派生してますよね。
それぞれの好みに合わせて幅広いニーズにお応えしています!

>調べた結果は100位までしか乗ってませんでしたが、一応最下位のポケモンは確定してるらしい。
>名をバオッキーという。

もうデザインからしてアレなのですが・・・(笑)
なんかポケモンセンターで、「ポケモン総選挙720」で残念ながら720位になったバオッキーをプレゼント★をやるみたいですね。
「ビリだったけどがんばれ♡がんばれ」イベントという傷口に塩塗っていくスタイル・・・・ポケセンは割とひどいことすると思う(褒め言葉)

総選挙といえば、サンリオキャラクター大賞も大詰めです!
中間発表でシンガン7位だったと知った時の衝撃は忘れん(笑)初日速報と順位変わってへんやないかい・・・。
アプリの方も夏にリニューアルするみたいですし。
アバター機能付くみたいですね、キャラや他のアバターとの交流も可能になるのかな?

Re: 黒凪さん

> どうも、お久しぶりです。
> 総選挙と聞いてAKBを連想したのは私だけじゃないと思うんだ。

最近総選挙というワードが一番使われてる物でしょうからね…
ほかのアイドルが人気投票してもだいたいそんなに数がいないから総選挙というふうには呼ばないですしね。
まあ、最近はAKBの派生だけでも結構な数があるみたいですが。



> おめでとう、ホントおめでとう・・・!
> 1位になるのもわかりますー、カッコいいもの!
> アニメでもほぼ主役級の活躍ですし、まさに時期がよかったですよね。
> ニンジャはロマン・・・。

やはりニンジャは我々のニューロンに強く訴えるなんかを持った超存在、古事記にもそう書いてある。
実際私も育ててこそいないですがゲッコウガはカッコ良くて好きなポケモンです。
XYで使わんだけでスマブラだと結構使ってたし。
ゲッコウガのスマブラ参戦は今後の人気を見越してのことらしいですがまさに先見の明があったというわけですね。



> ニンフィアカワイイヤッター!
> ブイズの中ではデザイン的に一番好きです、この子。
> 本当にブイズは色々派生してますよね。
> それぞれの好みに合わせて幅広いニーズにお応えしています!

僕はグレイシアが一番カワイイだと思うね。
いやほんとブイズは誰かしら気に入る子ができるという点で有利ですよね。
特殊系は使い切っちゃったしそろそろ岩や地面の様な物理重点なブイズが出てきても良いと思いますが・・・
ドラゴンのブイズとかすごく気になります。
ドラゴンスキンとか持っちゃったりして。



> もうデザインからしてアレなのですが・・・(笑)
> なんかポケモンセンターで、「ポケモン総選挙720」で残念ながら720位になったバオッキーをプレゼント★をやるみたいですね。
> 「ビリだったけどがんばれ♡がんばれ」イベントという傷口に塩塗っていくスタイル・・・・ポケセンは割とひどいことすると思う(褒め言葉)

グラップラー刃牙にも(正確にはコミックに載ってた番外の別マンガ)『雑巾を一番こき下ろすのは汚すより飾り付けること』って書いてありましたし善意に見せかけてなかなかえげつない行為をやりやがります。
Vジェネレートと神速と聖なる炎でも与えれば使われるんじゃないですか?(適当)
しかしこいつは『不人気』という属性を手に入れたのでこれを活かせばこの地位の脱却はそう難しくないかと思われます。だからといって対戦の使用率が上がるかは微妙ですが


> 総選挙といえば、サンリオキャラクター大賞も大詰めです!
> 中間発表でシンガン7位だったと知った時の衝撃は忘れん(笑)初日速報と順位変わってへんやないかい・・・。
> アプリの方も夏にリニューアルするみたいですし。
> アバター機能付くみたいですね、キャラや他のアバターとの交流も可能になるのかな?

アプリのリニューアルは楽しみですね~。最近忙しくて全然アプリ触れてないのですがリニューアルを気に心機一転してリブートをかけていきたいです。
なんせこういうイベントの時ほどメロディシアンをたくさんもらえそうですしね・・・
マイルームの機能も面白そうでどんな部屋にするか悩む楽しみができそうですね。
とりあえず家具は社長のサンドバッグとかそんなのが来るのかな。
後SB69といえば最近はALIVEで連載されてるクリクリの漫画がお気に入りです。
ドーリィドルチにあれだけスポット当たった作品なかったし今月もクリクリの探検ルックがカワイイでした。
単行本の発売が楽しみなんじゃ~