2016/02/25

お楽しみ



積み崩しとして色々片付けているこの頃ですが忘れていたあるものが出てきました。
遡ること一ヶ月、正月の日記に『近所の模型店の福袋を買いたかったが売り切れだったでござるの巻』的な話を書いたと思うのですが、実はその後その店の一周年記念として限定的に限りなく福袋に近い構成のお楽しみ袋が置かれてたんですね。
んでジャンルごとに分かれていてガンプラとか大型とか色々種類は別れてたんですがその中にモナカという惹かれる表示が。
ちなみに補足しておくとプラモデルでいうモナカとは接着剤必須の貼り合わせ構造のプラモで片面ずつのパーツを貼り合わせて組み立てる様子からモナカプラと言われてます。
当然昨今のスナップフィット構造より出来は悪いし作るのも苦労するんですが中身がスッカスカなので単価が安いのと、手を入れるほど出来が良くなるという性質からなかなか独自の魅力を放っています。
これは選ばざるを得ないと思い買ってきました。







IMG_3208.jpg

気になる中身はこのラインナップ。
ザブングルの1/100ウォーカーマシン・ダッガータイプ、マクロスの1/72リガード、1/100∀ガンダムにフレームロボのマーズフレーム。
マクロスにザブングル!私はてっきり無難にMSVでも入ってるかと思ってたのでそうきましたかというラインナップ。
でも嫌いじゃないぞこういうの・・・
ダッガータイプはウォーカーマシンの中でも好きな形状なんで個人的にはアタリです。
ザブングルのプラモは80年代のキャラクターモデルの中でも特に出来が良いと思う。モールドもシャープだしこの時代でも既にポリキャップはキッチリ使われてます。
と言うのも変に人型してないデザインだったから模型にしたとき無理が生じる部分が少なかったんでしょうね。
その逆で悲惨な出来になったのがダンバインですけど。
リガードも中に人が入ってるのを若干忘れてそうな大きさを除けばプロポーションはよく出来てると思います。
コイツもなにげに立体物少ないですしね・・・あとリボルテックくらいしかなかったんじゃないかな。
マーズフレームですが・・・言うまでもなくフレームロボはモナカキットではありません。
まあ値段の調整で入ってたんだと思いますけど。
しかし1/100の∀はどう使おうかな・・・MGのヒゲが完璧な出来だったんでこっちは今となってはあまり作る気がしないんだよなあ。
出来は悪くはないけど良くもないし。
ちなみにこの袋自体のお値段は1000円ポッキリでした。
内容的には4~5000円くらいはするので超お買得です。
何よりこういうお楽しみ袋は普段作らないシリーズやジャンルのプラモを触るキッカケになるのが良いですよね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント