2015/11/11

1111


今日はポッキーの日だそうで・・・
ポッキーかあ、私が子供の頃はもっと太くて量もたくさん入ってたものですが、今見ると自分がデカくなったのもあってずっと少なく感じるなあ。
まあポッキーに限った話でもないですけどね。ポテトチップスも知らないあいだに量が減ったりしてましたしビックリマンチョコなんてアレ今じゃ1個100円ですからね。
その分、シールの印刷技術やホログラムの種類も増えてるけど。





20061023.jpg


ポッキーといえば昔ちっさいガンプラが付いた奴がありましたよね。
実はあれってガンプラコレクションの使い回しなんだよね。地味にポッキーを持てる持ち手が追加されてましたが。
確かガンプラコレクションが出てすぐに出て節操のなさを感じた記憶が・・・
ガンプラコレクションとは2006頃にバンダイが発売したミニプラモで世にも珍しい1/288サイズのプラモデルです。
いわゆる食玩みたいな扱いでコンビニとかでも取り扱っていました。
私こう言うちっさいプラモが大好きで当時はたくさん買ってましたね。
いわゆるガンプラ版ブレイブガムみたいなモンで、値段が値段なので出来の方は可動部が少なかったり合わせ目も豪快にありますがバンダイらしく造形は非常にシャープで秀逸なのでちゃんと作りこめばすごく見栄え良くなるという奥の深さが魅力でした。
実際これが出た次の年のオラザクでこのシリーズのアッグを作りこんだ作品が賞をもらってましたしね。
というかこれに限っていえば出来が良くないのもむしろ元ネタとなった初代のプラモを正確に再現してる側面もあって、弱点というかかえってアピールポイントですらあったと思います。
特に第二弾のボールが欲しくてメチャクチャ買ったのに全然でなくてザクとズゴックが山のように溜まっていった覚えがあります。
やっとの思いで引き当てた時には数え切れない程のジム、ゴッグ、ズゴッグ、ザク&シャアザクが・・・
3弾(名前はDXになった)でサイズが大型化してガンタンクやジオングの様な若干大きいサイズのやつも出るようになりました。
あれは値段が倍くらいしてたので、ドップという露骨なハズレが出たときは涙を流したものです。
まあ、1弾にグフが収録されてるんで組み合わせて遊べるという意味じゃそう悪い物ではないんですが・・・
何げに1弾のシークレットが作業用ザクで唯一のプラモ化というオンリーワンな個性を持っているのも見逃せません。
しかもその為にパッケージまで書き下ろされてそれが実に「らしい」出来なのだから本当にいい商品だったと思います。


バンダイもこいつのことは気に入ってたのか本の付録になったり発売から7年たってクリアー成型でカップラーメンのおまけになったりと地味なところでかなりの再利用っぷりを見せつけてます。
やはりこの息抜き程度でさくっと作れるパーツ数と邪魔にならないサイズが使い勝手がいいんでしょうね。
2弾は山のように買ったけど1弾とDXはあまり買えなかったからまた再販してくれると嬉しいなあ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント