2015/07/21

LBX列伝 神威島奇譚②


・3日目

いよいよ学祭の予算獲得ランキングバトルの開催日だ。
ジェノックは文化祭の予算を獲得できるのか?
その前に全校集会が行なわれ、旧ロシウスのイワン・クロスキー教官から『LBX塚への侵入をやめるように』との警告が入る。
LBX塚はロストした生徒のLBXが眠っている。
敗者には敬意を払って、静かに眠らせておけという事だ。
ジョジョのキャラクターも度々敬意を払うという考えが大切だと述べている。
SBRのウェカピポとかフェルディナンド博士がそうだ。最も後者は地球萌えをこじらせすぎちゃった結果みたいな感じだけど。
亡骸に敬意を払うのは儒教っぽい考え方ですね。イワン先生はロシア人っぽいが日本に迎合してるのだろうか。
でも学園長が勝手に忍び込んで夜な夜な怪しげな儀式をやってるんだけど。
というか、そんなホイホイ入れるユルい防犯体制にも問題がある気がする。
それにテロリストの所有物を無造作に置いてあったりなんか死者を祀ってる感がしないんですが。
安息の慰霊堂と言うよりは死体安置所みたいなイメージが強い。
敬意を払う前に防犯体制に気を使っていただきたい。




ランキングバトルがスタートすると、ヒカルはジェノックの本拠地前に陣取った。
トップランカーであるヒカルはわざわざ出向かずとも勝手に挑戦者がやってくるからだ。
同じくトップランカーであるムラクはどうなんだろう?
まあ、彼は最近バトル大好き症候群を発症してるので回りくどいことせず自分からケンカ売ってまわってるかもしれない。
笑顔ウルトラZで周囲の生徒を次々にボコッてたりしたらイヤだな。


しばらくすると上空に一機のクラフトキャリアが現れる、前日に15人も切り伏せたヒカルの元へわざわざやってくるとは相当な自身だ。
ハッチが開いて降りてきたのはアラビスタ連合の量産LBX、ヴェルネルだった。
プレイヤーは白牙ムサシ!!
優れた戦術性と隠密作戦における能力の高さからホワイトフォックスの異名を持つアラビスタ屈指のエースプレイヤーだ。
技術と頭脳の両面に秀でる手練である、相手にとって不足なし!!
ムサシは挨拶と言わんばかりに降下様にライフルで狙撃するが、ヒカルは刀で弾き返す。


『行くぞ!』
ヒカルは雄叫びをあげながらヴェルネルに迫った。
ライフルが火を噴くたびに進路を変える。
懐に入る直前でヴェルネルはライフルを投げ捨てた。
手に持っているのはナックルだ。
『イヤァァァァ!』
バル・ダイバーが刀を一閃する。居合にも似た太刀筋が残像を残しつつ振り抜かれた。
しかし手応えはない、ヴェルネルはギリギリの間合いでスウェーし、それを避けている。

ニンジャっぽい掛け声とともに、ヒカルはイアイドーでムサシに仕掛ける。
対するムサシはナックルで挑む!ボクシングっぽいスウェーバックで刀の機動を巧みに避けている。
ヴェルネルの射撃を読んで弾を弾いたヒカルだったが、ムサシもヒカルの得手である斬撃を交わしている。
狙いが正確な分機動が読みやすいのはムサシにとっても同じだった様だ。
ふいに、ヴェルネルが間合いを詰める。バル・ダイバーのボディに強烈な右フックが叩き込まれた。
対して、バルダイバーが攻撃するには間合いが近すぎる。
大刀のみが武器であるヒカルにとっては危険な距離だ。
だが、ヒカルは足払いを掛けた!
フットワークを重視するボクシングスタイルは重心を足元に置かない。途端にヴェルネルの姿勢が崩れる。
相手の弱点を瞬時に見抜く見事な状況判断だ。
まさに一進一退の接戦を広げる二人。
息切れをするほどに打ち合うが互いに有効打は取っていない。
この勝負、読めぬ・・・ッ!




『愉しいか?』
ムサシが問いかけてきた。モニターに表情は映らない。
だが、彼も微笑んでいるであろうことがわかる口調だ。
『ええ、かなり』
『そうだろう、自分もだ』
『次で決めます!』
『・・・来い!』


バル・ダイバーが刀二本分の間合いから跳躍した。空中から仕掛ける!
しかしヴェルネルはそれを避け、刀が地面にめり込む!ヒカル、痛恨のミスか!?
すかさず、ヴェルネルが拳を構える。だが、それこそがヒカルの狙いだった。
ヒカルは地面に刺さった鉄刀・鬼機丸を瞬時に手放し、掌底打を叩き込む。
咄嗟に獲物を離すことにより間合いを攪乱したのだ、ワザマエ!
さらに追い打ちで蹴りを叩き込む。ヴェルネルは要塞に激突して停止した。
ヒカルが剣術以外にも戦法を持っていたことが勝因だった。
だが、実力は伯仲していた。次に戦う時は同じ手は通じないだろう。
互いに健闘を湛えあう二人・・・だが、そこへ光弾が飛来する。
そのままヴェルネルの胸部を貫き、ブレイクオーバーさせた。



折角の勝負に水を差されたヒカルは激おこだ。
しかも、ただの乱入ではない。動けなくなった相手を一方的に狙い撃ち卑劣なやり口だ。
武士道を志すヒカルにとっては言語道断の仕儀だろう。
もっとも、ホントの武士道に即したら撃たれたムサシ先輩も士道不覚悟で罰せられそうだけど。
早速犯人探しに取り掛かるが、不可解な点が上がる。
ムサシを撃ったLBXが存在しないのだ。
サクヤが弾痕から割り出した発射地点は距離2000。
LBX単独でこの距離を狙撃するのは不可能だと断言する。
2000ってのが何の単位か知らんがメートルだとしたら約2kmって所か?それは流石に厳しいかも。
無印の6話を見返してみたがカズもジャッカルも流石に2kmも離れた位置からは撃ってなさそうだった。
そしてカズの声になんか違和感を感じた。多分、浪川さんもまだ手探りの状態だったのだろう。
まあでもそれはあくまで2000メートルと仮定した話で、ハルキ達の会話からからするとタダシやハヤテならサポートありなら出来そうな物言いだった。
それならカズでも可能かもしれない。役立たずの印象が強い無印カズだったがスペックはこの頃から一流だ。



生徒会チームが頭を抱えていたら意外な方から手がかりがやってきた。
なんと、ユウトがが自首してきた。
な、なんだってー!!!ΩΩΩ
正確に言うとユウトがムサシを撃った訳ではなかった。
戦闘中にLBXのコントロールが利かなくなり、勝手にあらぬ方向へ向かってライフルを撃ったと言う。
戦闘記録にはユウトがグレンシュテイムのナタリア・コバルスキ、マヤ・ノヴァックと交戦記録が残っていた。
再生してみると確かにユウトのロノが数秒、不可解な動きをして狙撃する様子が残っていた。
だが、生徒会一同が注目したのはロノの動きではない。
異変が発生する直前ある兆候が表れた、バンデットが現れる時と全く同じ兆候が。
生徒会役員に電撃走る・・・ッ!!



バンデットが残っていると言う事は即ちワールドセイバーの残党がこの神威大門に存在すると言う事に他ならない。
だが、そもそもバンデットのノイズはパラサイトキーをスキャニングするための電波によるものだった。
既にロストエリアがない以上、電波を発生させる意味もない。
更にLBXを操る機能をバンデットは有していなかった。
敵はワールドセイバーか?或いはその縁の者か・・・



そしてもう一つの異変は生徒会の知らぬところで密かに起きていた。
その日の夜、マヤ・ノヴァックは何かが自分の部屋へ侵入してきたことを察する。
灯りをつけた時、彼女が見たものはディ・エゼルディだった。
だが彼女が叫び声をあげ、他の生徒が駆けつけた時には忽然と姿を消していた。
単なる幻覚か?または本当にワールドセイバーの残党が残っているのか。
それともLBX塚を荒らしまわった祟りだろうか。
神威島に今、異変が起きようとしている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

バル・ダイバーVSヴェルネルも是非アニメで見たいです…(˘ω˘ )

いよいよ予算獲得ランキングバトル。
その前の全校集会での警告は、きっと猿田学園長は自分のことを棚に上げて「LBX塚に入るな」とは言い辛かったから、イワン教官にお願いしたんですかねw
今でも『祈祷』は続けてるんのかな…(˘ω˘ ) それもいいけど確かに防犯はしっかりしてほしいですよね。
おまけに美都先生目当てでジェノックの司令室来てたのバレてるしw


バル・ダイバーVSヴェルネル。
遠距離戦が得意なのかと思いきや、まさかバル・ダイバーと互角の勝負を繰り広げるとは驚きでした…!
機体性能はまずバル・ダイバーの方が上だと思うので、それだけムサシが凄いんでしょう。
ヒカルはアルテミス優勝者なのに…まだまだ強いLBXプレーヤーはたくさんいるんですね♪

手に汗握る技の応酬。そしてヒカルがまさかの刀を手放しての勝利! こんな戦い方をするなんて、少しアラタの影響を受けたんでしょうか(^▽^)


ところが、ここであらぬ方向から銃弾が!
距離2000mからの狙撃。『ダンボール戦機W』での大統領暗殺の際もルーターの届く距離が800mですから、単独で狙撃するとしたらトンデモナイ距離みたいですね…。
しかし「高性能なカメラがあればタダシやハヤテならできる」みたいな書かれ方してますから、今ならジャッカルもアロハロア島から大統領を狙撃できるかも?


ユウトのCCMのノイズを見たヒカル達はさぞ驚いたでしょうが、夜部屋の電気付けたら「G」そっくりなディ・エゼルディが宙に浮かんでたマヤの驚きは相当なものだったでしょうね…(›´ω`‹ )

Re: バル・ダイバーVSヴェルネルも是非アニメで見たいです…(˘ω˘ )

> いよいよ予算獲得ランキングバトル。
> その前の全校集会での警告は、きっと猿田学園長は自分のことを棚に上げて「LBX塚に入るな」とは言い辛かったから、イワン教官にお願いしたんですかねw

ああ、それでイワン共感が出てきたんですね。なるほど。
そう考えるとヒカルが珍しがってたのも納得がいきます。
あの奇行は慰霊目的とはいえやっぱりグレーゾーンな行為なんだな…


> バル・ダイバーVSヴェルネル。
> 遠距離戦が得意なのかと思いきや、まさかバル・ダイバーと互角の勝負を繰り広げるとは驚きでした…!
> 機体性能はまずバル・ダイバーの方が上だと思うので、それだけムサシが凄いんでしょう。
> ヒカルはアルテミス優勝者なのに…まだまだ強いLBXプレーヤーはたくさんいるんですね♪

世界一もただの通過店だからね、仕方ないね。
ムサシ先輩は肩書きや狙撃手という性質上集団戦の方が得意なんでしょうね。
それでもなお個人の戦闘スキルがここまで高いのはスゴイ。戦士としてならともかく兵士としてなら間違いなくムサシ先輩の方が上だな。



> 手に汗握る技の応酬。そしてヒカルがまさかの刀を手放しての勝利! こんな戦い方をするなんて、少しアラタの影響を受けたんでしょうか(^▽^)

アラタも初戦闘時にマウントからのパウンドでしたからね…
バル・ダイバーのマニピュレーターはちゃんと格闘戦に対応してるんだろうか?
というか、あの設定1話以降全く出てこないんですが量産機だけの物なんでしょうかね?




> 距離2000mからの狙撃。『ダンボール戦機W』での大統領暗殺の際もルーターの届く距離が800mですから、単独で狙撃するとしたらトンデモナイ距離みたいですね…。
> しかし「高性能なカメラがあればタダシやハヤテならできる」みたいな書かれ方してますから、今ならジャッカルもアロハロア島から大統領を狙撃できるかも?

ヌゥー…そう考えると暗殺作戦があの時代でよかったですね。
ていうか4年で技術が発達しすぎだ。やっぱLBXは優秀な兵器になりえますね…



> ユウトのCCMのノイズを見たヒカル達はさぞ驚いたでしょうが、夜部屋の電気付けたら「G」そっくりなディ・エゼルディが宙に浮かんでたマヤの驚きは相当なものだったでしょうね…(›´ω`‹ )

この季節はヤツらが出ますからね…
ていうか神威島は建物含めて昭和の生活スタイルを再現してるらしいから虫除け対策も甘そうだな。
ホイホイさんみたいにLBXを対G専用兵器として改造している生徒もいるんじゃないかと考える。