2015/07/14

SHOW BY ROCK!! track-12「青春はNon-Stop!」




75e5f6da.jpg
d39d8e49.jpg
8b84b0c2.jpg

最終局面!




前回から引き続きダルマと蛾の大決戦だ!
少数派だと思うが今回初めてこのアニメを見た人はバンドで頂点とってくアニメだとは思わないだろう。
この感覚はバキに近いものを感じる。
俺は『史上最もリアルな格闘漫画』を読んでたはずなのになんで冷凍保存された原始人やらクローン再生した宮本武蔵とのバトルを読んでんだろう・・・






31e52e0e.jpg
f5243026.jpg
fa3b3f1f.jpg
5788da7a.jpg

それはともかくフィニッシュの瞬間にシアンはダークモンスターの中の人がクリティクリスタの4人であることを悟る。
真実を知って反撃できなくなるシアンたちだがそんな事デモンクイーンは知ったことなし。
超級覇王電影弾めいた機動を描いて螺旋突撃してくる!!
バッファローマン!お前を上回る1200万パワーだーーーー!
が!そこへダルマが割って入る!
このお師匠さまホントに半端ねえな。
そのまま勢いをつけて・・・投げたァーーー!?
ロムといいお師匠さまといい、この世界のドラマーは投げキャラになるルールでもあるんだろうか。
まるで意味不明な改変でスクリューパイルドライバーを実装されたガンダムVSガンダムのZZみたいだ。
ドラムを激しくビートするためには巨大生物を投げ飛ばせる程の鍛えこまれた背筋が必要だっていうのか?
そのうち範馬勇次郎みたいに異常発達した背筋が鬼の形相(かお)を作るまでになったりして。
さらにシュウ✩ゾーのアシストによってデモンクイーンに捉えられていた他のメンバーが解放された。
今こそシアンの音楽スキルを見せる時!!!





e6a8daf6.jpg
3a5fe806.jpg
55396091.jpg
cfcb94bf.jpg
25a2423a.jpg
d98676f3.jpg

奏でるのは迷宮Destiny!!
クリティクリスタをダークモンスターにしたきっかけの歌が今度は彼女たちを救う刻(とき)!!!
プラズマジカの音楽でデモンクイーンのメロディシアンは綺麗さっぱり浄化された。
あの顔はさっきまでの憎しみに満ちた表情じゃない!息子に話しかける母親のように安らいでいるッ!!!
ダークモンスターが居なくなったことで一行は元の世界へ帰ってくる。
シアンの活躍もあって見事クリティクリスタは元の姿に戻ることができた。
ハヤイ!アバンで倒しちゃったよ!?






c26395f1.jpg
6d53f3f9.jpg
6bb489de.jpg
262af4d5.jpg

『きっと私・・・シアンさんたちにいじわるばっか言ってたから…モンスターになっちゃったんだ…』
『ごめんなさ~い!うえええええええん!!』



ロージアちゃんのあざと泣き!
いや、これはぶりっ子じゃなくて素直な気持ちだよね。
しかしカワイイなあ、クリクリはそこまで好きでもなかったけどこのシーンで好きになっちゃったよ。
とは言え別にロージアって性格悪かったわけでもないよね。
ちょっと我の強いところはあったけど競争率の激しい世界で生きていく以上、不思議なことじゃないし。
シアンもさん付けで読んでるし友達思いだしで余り腹黒い印象はなかった。
ともあれフェスを中止させたダークモンスターを退治してこれにて一件落着か?
否!まだその裏で糸を引く黒幕の存在が残っている!!!





99cf2955.jpg
68e5c5e1.jpg
879fb6f7.jpg
9e81d1e1.jpg
c3ef47e8.jpg
a6af44b5.jpg

巨大ダガーが空から現れた!!
ゲゲェー!!もはや何でもありかコイツは!!!
ダガーの超パワーによってせっかく解放されたバンドメンバーとクリクリは黒い触手に絡め取られる。
ロージアちゃんの縛られ方だけなんかあざとい!!!
腕を大きく上げて胸と脇をアッピールだ。
流石あざと学主席、窮地に陥ってもあざとい。
・・・まあ彼女の様子を見る限りあざとさアピールしてる余裕はなさそうだけど。
あざと学を極めすぎて本能的にあざといポーズをするような思考と体になっちゃってんだろうか。
あとダルマが超厳重に縛ってあって笑える。
そうだよな・・・こいつこん中じゃ一番危険な相手だもんな。





皆の結束でどうにかデモンクイーンを退けた一行だったがダガーの力は予想をはるかに上回った。
ここでダガーがシアンに最終通告を突きつける。
圧倒的戦力を見せつけておきながら選択肢を突きつけ、事実上一択なのに相手が選択した様に誘導する悪魔的セールスだ!
ダガーは自分のもとにこればMIDIシティを君だけの音楽で満たすことが出来るという、そしてそれこそが最高の幸せであるとも。
だがシアンはその考えを否定する。
これは二人の音楽に対する接し方の違いが現れているな。
自分一人が勝ち上がればいいというダガーの考えは音楽を文化ではなく商売道具として捉えている。
それに対してシアンは音楽を文化として楽しむから、いろいろな音楽があるべきだと考えるのだろう。
自分の音楽を聴いてもらいたいという目的は一致しているがどうやっても相容れない溝が二人にはある。






0abdcd54.jpg
8dbf51eb.jpg
20dc9fa0.jpg

最早シアンは決して自分になびかないと判断したダガーは残酷な手段に打って出る。
他のメンバー達を人質に取り、シアンを従わせる算段だ!
当然シアンがその要求を跳ね除けられるはずがない。
人を思う優しい心に漬け込んだ卑劣なやり方だ。
ジジイは決して逆上するなといった・・・だがな、こんなことを魅せられて頭にこねえやつはいないぜ!!!






215995bd.jpg
6346a141.jpg

・・・そんな視聴者の怒りを代弁するかのような存在が突如現る。
『ロッケンロール!!!』





a3d01384.jpg
45ad8d26.jpg
69019bcb.jpg
256d398c.jpg

突然の乱入者によってダガーの拘束触手は一気に切断される。
おお、こんな事が可能なのはただ一人・・・
伝説のギタリスト、グレイトフル・キングに他ならぬ!!!
ユニコーン・ビジュアル・プロダクツの最上階に捉えられていた彼はいかなる方法で救い出されたか!?
それは姿をくらました社長とアンゼリカ女史が密かにビルに侵入し、彼を助け出していたのだ!






347dccbd.jpg
0b5d3b53.jpg
efaf3531.jpg
5ad2a468.jpg

しかしダガーは三度蘇る・・・!
雲と一体化したダガーが巨大な体を構築し、巨人のような姿になる。
紳士がネクタイとハンケチを欠かさないようにラスボスにとって第二、第三形態を用意しておくのは嗜みであるといえよう。
当然ダガーさんも強そうな姿にパワーアップできるというわけだ。
後一歩のところで邪魔されたダガーは激おこ状態。シアンに向かって契約(物理)を迫る!
どう見ても食おうとしてる様にしか見えんのだが命(タマ)取ろうとしてるってわけじゃないんだよね?
こう、シアンを食うことで巨人の力をコントロールすることが・・・
皆様がご覧になっている番組はドラゴンボールでも進撃の巨人でもなく、SHOW BY ROCK!!でございます。
すくんで動けないシアンにダガーが迫る。だが・・・






d6a53f46.jpg
d21351ea.jpg
d5d6bde6.jpg
9fd0a9d0.jpg
628e639c.jpg



『シアン・・・今まで・・・無理やり危険な目にあわせてすまなかったな
本当のお前は争い事の嫌いな、心の優しい奴だってのに・・・』

『その声・・・ベリーさんなの!?』

『もうこれ以上・・・お前を傷つけさせたりはしねえ・・・さよならだシアン』



ふたりの間に割って入ったのはグレイトフル・キングその人!
自分に語りかける懐かしい声・・・
な、なんだってー!ストロベリーハートの正体はグレイトフル・キングだったのかー!!(棒
と言ってもそんな事知りようもないシアンにとっては衝撃の事実だ。
だが度重なるフドウノリウツリ・ジツによって消耗していたキングはダガーの攻撃を支えきることができなかった。
『お前との日々、悪くなかったぜ・・・』
おおおーい!!!やっぱりドラゴンボールだこれーーーっ!?
キングは最後の抵抗としてシアンを元の世界へ送り返す。
そうしてしまえば、もはやダガーは手を出すことができまい。
だが、それはプラズマジカの面々にとっても・・・
しかしそれでもレトリーは戦う覚悟を決めるのだった。
まさにヒーロー!!!シアンがヒロインだとしてこの物語のヒーローは間違いなくレトリーだぜ!!!






3b537c8f.jpg
97dcd101.jpg
7f3eed62.jpg


『私は…何も変わってない…いつもいつも怖がってばっかりで…何のために今まで・・・』



瞬間!シアンの頭にはソーマト・リコールめいてこれまでの日々が蘇る!!!
プラズマジカとして過ごした日々は彼女に何ももたらさなかったか?
軽音部のドアを開けられずにいたあの頃と何も変わっていないのか!?
本当にそうなのか!?







82854bef.jpg

『ダメ!!まだ私、帰れない!!』








040d362a.jpg
1e043fc0.jpg
0adfb882.jpg
3e5d3c1c_20150713233400a67.jpg
6a483584_20150713233401322.jpg
1a97ba51_20150713233403bb2.jpg


夜空に輝く夢の流星を
見つめ歌うこの思い載せて


覚悟とは!暗闇の荒野に進むべき道を切り開くことだ!!!
白銀のミラクルシアン爆誕ッッッ!!!
OPの姿は伏線だったのか!実はゲーム版でシアンを最後まで進化させた姿がこれによく似ている。
ヘッドドレスがティアラになってたり髪が腰ぐらいに届くロングになったりで微妙に違いますが。
今こそダガーやキングが信じたシアンの音楽的才能が明らかに・・・
シアンはストロベリーハートを模した弓矢でダガーのメロディシアンを打ち抜いた。
コアを破壊され、実態が保てなくなったダガーは爆発四散!サヨナラ!!
なんでやねん。
あんだけ音楽じゃなきゃダガーは倒せないって言ってたのに最後ラブアローシュートじゃないですか!やだーーーー!!!
音楽で戦うべきところをあえて音楽で戦わないと言うロックな姿勢を見せたのだろうか。
そもそもこの世界の音楽の定義が我々の知る音楽とは異なる意味を持つのかもしれない。
ニンジャスレイヤーのカラテが現実の空手とは違う意味合いで使われるように。
この世界には音楽ミサイルとか血中音楽粒子とかそういう物があるのかもしれない、そう考えることにしておこう。




36fcc309.jpg
32a36b28.jpg
3325581b.jpg
138314a1.jpg

力を失ったダガーは可愛くないゆるきゃらの様な姿におちぶれる。
これが本来の姿だろうか?なんかネット上で散々やる夫呼ばわりされてたけど真っ白になってますますやる夫にしか見えん。
捨て台詞を吐いて逃げるダガーだったがシンガンの面々は見逃すのだった。
甘い、その判断甘いよ。
川に落ちたヒーローは100%生きていて復活するのが特撮のお約束だ。
『この高さから落ちたからには助かるまい』は悪役サイドの死亡フラグですよ!!
でもこれでよかったんだ、ダガーがいれば二期の可能性も出てくるし。
いや、普通にダガー絡ませずに別の悪役が台頭すればそれでいい話なんですけどね。




7251b952.jpg
abe8b3ce.jpg
5294f839.jpg
a7460740.jpg
3b169694.jpg

結局シアンはMIDIシティに帰ってきてしまった。
だが、レトリーをはじめプラズマジカの面々はシアンにさよならも言えずに別れることは我慢ならぬだろう。
ダガーも倒せたことだしなんだか知らんがとにかく良し!!!
クロウ以外は皆とっくに分かってたことだがここでキングの正体もネタばらし。
オカマ口調は正体を隠すためだと推測していたが、元からこうなのか!?
それ以上にコナンの犯人張りに黒塗りな体がデフォルトなのが驚きですが。
まるでシルバーチャリオッツ・レクイエムみたいだ。なんのミューモンなんだこの人・・・






c663cca4.jpg
8872bd36.jpg
769ef4d6.jpg
6993af82.jpg

・・・ところ変わってウワサノペタルス!
すっかり忘れてたわ。そういえば散々フェスに参加するフラグを立てておきながら今まで影も形もなかったな。
律儀に待ってくれていたオガサワラを前に大遅刻のせいでとっくにフェスが終わったものかと思っていたが・・・




5e5e7ba4.jpg
5af5d862.jpg



恋愛命!Very!Very!Happy!
友情命!はじけるJumping!
冒険命!ドキドキOK?
青春謳歌!Com'on ready? Let's Go!



930a221f.jpg
06da12eb.jpg

青空を背にして 通学路飛び出してこう
あれもスキ!これもスキ!
全部ぜーんぶ!もらっちゃえ?




a53bb78e.jpg
1008ec8e.jpg

恋はロマン 妄想Girl 攻めるなら大胆に
オリジナル未来予想図見つけましょ?



dc9bcf40.jpg
c90b2bcc.jpg
7acafb6a.jpg
aa757784.jpg

たまにはナイショの 恋愛相談タイム 好きな人はだぁれ?
恋のシグナル 青信号は今だ!進めばチャンス!



eee0ccce.jpg
c0e05568.jpg
abf87e3e.jpg
a7a60026.jpg

だからもっと
はじけていこっ! 恋していこっ!
青春はNon-Stop!
走れ!目指すは未来!
みんな集まってハッピーエンド!
明日もウレシカナシ?ノラリクラリ?頑張っちゃおう!
いつだって夢をみたいな!全力で羽ばたいていこう!






しかし結局ウワサノペタルスはUR化しなかったな。
最終回直前でしばりんときっつんのURが実装されたのは絶対にアニメの最終回に出てくるフラグだと思ったのに・・・




24f0083c.jpg

とか思ってたら社長ォーーーー!!!
お前がUR化するんかい!!!
カラオケ企画でUR姿知ってたけど改めて見るとすごいダンディ。
このおっさんが踏まれて喜んでたりケツ晒したりしてたのか・・・ていうかもう髪の毛ぐらいしか面影ねえな!
ダイシゼンさんとかデモンスモッグがUR化したらこのレベルに激変するのだろうか。






be67fdad.jpg
f5afc4ce.jpg
890f80ab.jpg
85053be0.jpg
33e1d345.jpg
05fd18c2.jpg

フェスで演奏しながらいつまでも歌っていたいと思うシアン。
だがそれも終わりが来て、そして・・・







8056d0e7.jpg
05e7bafc.jpg
26f85599.jpg
e565fa80.jpg
68620f77.jpg

懐かしき始まりのシーン。
シアン、もとい聖川詩杏は今日も軽音部のドアを叩けずに立ち往生する。
今日も扉を開けないまま終わってしまうのか?
ふと、彼女が取り出したのは思い出のピック。
勇気を出して、素直な自分になれたプラズマジカの結束の証。



fca3ab2f.jpg
9a0bf0b0.jpg

『一年三組、聖川シアンです!!
入部希望です!!よろしくお願いします!!』






・・・・・・・・・終わってしまったァ~~~!
最終回の感想が随分遅くなってしまって申し訳ない。とは言え見苦しいながらも完走できました、感想だけに・・・なんちって・・・ハハ
なんかもう画像をドバドバ突っ込みまくっちゃって見づらくなってないか心配なのですがどれもカットするには惜しいシーンばかりだったので許してくだちい!!
しかし最後のエンドロールで1話から振り返る演出はお約束ながらグッときますね。
さりげにシンガンの顔芸を入れてくるような遊び心も見逃せません。
最初はホントにダンボール戦機の残り香を求めてという感じで見始めたんですがもう1話の時点でこの話にグイィッ!と引き込まれてしまいました。
キャラの魅力と音楽のレベル、そしてCGワークスという三本柱がガッチリと作品の根幹を支えてくれたおかげで太く安心感のあるアニメに仕上がったと思います。




ただ、後半の展開とかキャラの格差に関してはちょっと惜しいなと思うところがありますね。
特にシンガンクリムゾンズは第二の主役達とも言える立ち位置だったのにラストバトルで一切出番なしだったのが残念だ。
せっかく一話割いてメンバー間の結束が強まる話をやったのだからその辺が活かされるとよかったのに・・・と思いますね。
バンド間の出演量に関して言えばやはりライバルであるトライクロニカとクリティクリスタにはもう少し頑張って欲しかった。
これはメインストーリーがダークモンスター討伐という風になってるので倒すべき相手となるとどうしても彼らよりダークモンスターが優先されてしまうので、ライバルというポジションが不利に働いてしまったのかな・・・という印象です。
正直ダークモンスターとの戦いを無くしてバンド同士のガチバトルにした方が個々のバンドも持ち味を生かせたんじゃないかとは思うのですが・・・
アニメがゲームの宣伝である以上、ゲームでの重要な要素を省くわけにはいかないだろうしここは仕方ないかなとも思います。
・・・でもやっぱり最終話でツインズと阿吽コンビが一言もセリフないのは寂しいんじゃあ~~~~。




最後は現実世界に戻って成長したシアンを見せて終わりってのは妥当な落としどころだと思うんですが、二期を期待する身としてはあまりにも綺麗に完結しすぎて逆にもどかしかったりして。
・・・だが、具体的にフェスからどの程度の時間を置いて現実世界に戻ったか不明なのでその間の時間軸にクローズすれば十分二期は可能なハズ!!!
或いは話を一から作り直しとか。シアンをゲーム準拠の設定に戻してチュチュがより腹黒い感じに・・・
うーむ見たいといえば見たいが・・・やはりこのプラズマジカの4人で話が見たいなあ。
せっかくレトリーやチュチュが長足の成長を遂げたのでもう少しこの4人を見守っていたいです。
それに今回のアニメで成長描写を書いたから二期は最初から音楽バトルに打ち込めそうだし。
それにまだ出てないバンドもいっぱいいるんだよなあ。特にタイアップバンドでないにも関わらず欠片も出番がなかったすたっどばんきっしゅ。
せっかくURが全員分揃ったんだからさあああ。アニメでチッティとかゼブリナの姿を見てェなァァァァ~~~!!
プラズマジカ同様女の子4人組だし出てきたら色々絡めると思うんだけどなー。



コラムグーニーズ SHOW BY ROCK!! THE ORIGIN

最後の最後に、ブログでも度々紹介していたスタジオグーニーズによるコラムを改てご紹介!
CGに関してはトーシロなんですが一瞬しか映らないところや言われなければわからない部分までも抜け目なくつくるところにプロのこだわりを感じます。
バンドシーンは実際に自分たちで動いてみてデータを集めたとか・・・
百聞は一見に如かずというか、やはり能動的に動くことが大事なんですね。
以前の生放送で『○○に似てるって言うんじゃなくて、グーニーズだからこそできることをしたい』と仰られていました。
これからも『これぞスタジオグーニーズだ!』と言うようなよそには無い唯一無二の個性を追求して欲しいものです。
白箱やオレンジに負けるなよーーー!!
ボンズに!グーニーズに!そしてサンリオに!
SHOW BY ROCK!!のアニメを作ってくれてありがとうと伝えたい!!!

さあ!BDを買ってもう一周!!
ゲームもヨロシク!!!
・・・最近FEと艦これにかまけて、ちょっと停滞してるなんて言えねえや。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント