2015/06/20

SHOW BY ROCK!! track-10「 ウラハラなRhapsody」





4aed0c71.jpg
1d9eba72.jpg
e09ab28b.jpg
d444a994.jpg

無事対バンに勝利したプラズマジカは凱旋モードだ。
名前もロクに知られないマイナーバンドだったのが大番狂わせの大物食いで飛躍的に名を挙げた。
ネットでも話題がフットーしそうだよう///という状況で人気はウナギライジング。
ボーカルのシアンも大注目を浴びて一躍有名人になって幸先は非常に明るい。


そんなお目出度い展開なのだがチュチュは一人浮かない顔をしていた。
ユニットのリーダーであるにかかわらず、世間からの注目もロージアの対抗意識も全部シアンに持って行かれた。
今やチュチュの存在などシアンの付属品。仮面ライダーチップスのお菓子みたいな扱いを受けている。
商品本来の価値はポテチの方なのにオマケにばかり注目が集まり商品価値が逆転している。
そんなコンプレックスは次第に彼女のメロディシアンを黒く染め上げていくのだった・・・




b0befa5d.jpg
b62f10ae.jpg
5c4da130.jpg
8226c46e.jpg

案の定、ネット上の評価はシアンを評価するものばかりだった。
音楽業界のトップを目指すチュチュにとってシアンの存在は徐々に目の上のタンコブと化していく。
どいつもこいつもシアンシアンシアン!何故だ!何故この私の才能を認めねえ!?
と、アミバ病でも発症しそうな精神状態になっていく。
いけないぞチュチュ=サン!そんなことでは!!
ゴスロリ猫属性のシアンに比べるとチュチュはキャラ的にも弱い部分があるかもしれない。
腹黒あざとさはロージアちゃんに一歩劣るし、一話で片鱗を見せた女王様属性もアンゼリカさんの方が上っぽい。
自慢のバストはメンバー内ですらモアに負けている。
ちなみに判明している限りだとアンゼリカさん(95)>モア(92)>阿(90)>ジャクリン(88)>チュチュ(86)だったりする。
歌唱力は愚か胸のサイズでも中学生に負けるのか・・・
いや、これはむしろジャクリンがデカ過ぎるだけな気がする。ホルミーもチュチュと1しか違わないし、クリクリはこれが選考基準だったのかと疑うほど巨乳揃いだ。
あと、判明してない分を含めるならバイガンバーのバイイエローとか忍迅雷音の燐、雫シークレットマインドのウエンディあたりがスゴイ戦闘力を有してそうだ。






3741f030.jpg
a2bfad49.jpg
23b09810.jpg
5bf0f765.jpg

そんな事は露知らずベットで対バンを思い出してくつろぐシアン。
と、突然ベリーさんが再起動する。復ッ活ッ!ベリーさん復活!ベリーさん復活!
だが再会を喜ぶまもなくベリーさんはただならぬ口調でメンバー全員の招集をかける。
ベリーさんはダガーが間違いなくフェスの最中に襲撃をかけてくることを警告する。
それに対して『よろしい、ならば戦争だ』(そんなのみんなでやっつけちゃえばいいじゃん)とケンカ上等な態度を見せる。
だが、それではダメなのだ。
ダガーを打ちのめすのは音楽のエネルギーで勝つしかないらしい。
なんか、MOTHERのギーグみたいですね。






2580cca3.jpg
64cde42e.jpg
4f05a780.jpg
da52459e.jpg

同時にベリーさんはダガーが狙っている優秀なミュージシャンを明かす。
トライクロニカのシュー✩ゾウ、徒然なる操り夢幻庵のダル太夫、そしてプラズマジカのシアンだ
ベースがいないんですがそれは・・・
もしかしてダガーさんが自分でベースやるつもりなのか!?
MIDIシティの頂点に立ってるくらいだし本人に音楽の才能があっても不思議じゃないだろうし。
それにこんだけ苦労して集めたメンバーを完成させる最後の1ピースは自分こそが相応しいとか帝王的な思想を持ってそうだ。
まぁ、ベリーさんの言葉を信じるならさっきの3人だけでバンド作るつもりっぽいけど。
後、ダガーが狙っているシアンもダル太夫も胸は平坦な方だ。
クリクリがあっさり捨てられたのはダガーが貧乳派だったからなのか・・・





69da2175.jpg
0780ebae.jpg

クリティクリスタの対抗心、世間の注目、そして音楽会の頂点に立つというダガーの興味さえもシアンが持っていった。
どこで間違えたのだろう。プラズマジカを続ける限り、自分は一生日陰者なのか?
失意のチュチュに『幸運をもたらすもの』と言うタイトルで一通のメールが送られてくる。
なんて胡散臭い表題なんだー!っていうかメアドで差出人がバレバレだーーー!
年収1000万になる方法とか病気が治るツボとか、そういうオーラを感じる。
しかもダガーは多数のバンドを襲っている悪の大将だ。
ネットが発達した今日日中学生でもこんな見え見えのトラップには引っかかるまいて。




7866f73c.jpg
3b3ae277.jpg
9c072730.jpg

ところがこの怪しい餌にチュチュは見事に釣られクマー!
おいィ!君、アキバの駅前で話しかけられてラッセンの絵画とか買わされるタイプか?(最近はいないそうだが)
まあ、精神が不安定になると普段は見向きもしない極端な思想に染まりやすくなる。
今のチュチュならコラーゲンとかマイナスイオンを万能物質だと信じて疑わないだろう。
MIDIシティにそびえ立つ巨大なビルと、その全景を見下ろせるエレベーターに思わずBBRのボロエレベーターと比較してしまう。
そこにダガーがエントリーだ!





a715dc7b.jpg
2172a071.jpg
1ac2eaa7.jpg
2ed7df7d.jpg

『この間のライブ、君の演奏は素晴らしかったね』
『君には、誰にも負けない野望がある』
『君は誰よりも輝きたいんだろう?』
『私の元に来なさい』


ダガーによるチュチュの研修が始まる!
嘘DESU!全て嘘DESU!!
ダガーの目的はMIDIシティの支配であり、彼の標的がシアンなのは明白だ。
ダガーがシアンを差し置いてチュチュを引き抜こうとするのは矛盾しているッッ!!
しかし、チュチュはそこに疑問を挟むことはない。
突然の事態に思考が追いついていないのか?あるいはこの言葉を嘘と認めることは、自分の価値がシアンより下であることを暗に認める事になるからだろうか。

迷えるチュチュを言葉とイメージの両サイドからダガーが責め立てる!!!





48269afa.jpg
c77dd685.jpg
5dfab229.jpg
33ac48a1.jpg

幼き日、グレイトフル・キングの演奏を聞いて音楽の道へ進んだチュチュ。
その日から彼女にとっての音楽は聴いて楽しむより、演奏して皆に注目してもらいたいと思うようになる。
注目される演奏ができれば皆が自分に注目してくれる。
こうしてチュチュはセリエAの選手に憧れるより・・・ロックスターに憧れるようになったのだ!!!






11c6b747.jpg
69fa319d.jpg
b18ab246.jpg

時は経ち、路上ライブで一人音楽を伝え続ける日々、そこへメイプル社長が現れる。
聞いたことのないマイナーバンドであったが、野望の一歩のためにプラズマジカに入ることを決心した。
いつの日か、ソロで立ち上がり羽ばたいていくために・・・
そしてシアンが現れ、チュチュは確信する。
この子がバンドに入れば、プラズマジカは必ず注目を浴びる。
そして、彼女の思惑通りプラズマジカはトップアーティストへ上り詰めた。全て計画どおりに進んだはずだ。
ならば、プラズマジカを捨てることに何の迷いがある?


チュチュの強い野心は注目されたいという渇望から来るものだったのか。
なんかエヴァのアスカを思い出して重い背景があるんじゃないかと勘ぐってしまう。両親に構ってもらえなかったとか・・・
でもアイオーンが顔にビニール袋が張り付いた程度の理由でダークモンスターになりかけてたので今一深刻な悩みに聞こえないのが悲しい。
あいつがしょうもない理由で闇堕ち仕掛けたせいでチュチュの悩みとクツに小石が入ったのがどっこいどっこいになっちゃってるよ。
そういえばアイオーンの悩みはそんな感じだったけど無職で引き籠もりな事には特に悩みを持ってなかったんだろうか・・・
まあ、ロム以外はみんな無職だし。
いやそこは危機感持とうよ・・・






3033ca32.jpg
07dfe865_20150620010820339.jpg


『おや、既に決心が出来ているようだ』
『はい。私、プラズマジカを辞めることにしました』



洗 脳 完 了 
チュチュの弱みに漬け込んだ揺さぶりは功を無し、見事プラズマジカ脱退を決意させることに成功する。
『野望を叶えるためだったら、私はどんなことだってするんですわ』
今回のチュチュを振り返ってみると・・・
・敵の本拠地に一人で来る
・騙されやすい
・野望のためにどんな事でもする
・見られるのが好き

ああー、これは夏コミ2日目案件ですねぇ・・・
先週のクリクリといいサンリオは張り切って燃料を投下しすぎなのではないだろうか?ボブは訝しんだ。
今年のオーボンはクリティクリスタやチュチュがあんな事やこんな事をされる薄い本が・・・
・・・アッハイ、SHOW BY ROCK!は猥雑が一切なく、お子様でも楽しめる安全なアニメです。


ダガーの目論見はチュチュを使ってプラズマジカの仲違い、およびシアンのメロディシアンを曇らせてダークモンスター化させる事だった。
成長したシアンのメロディシアンがダーク化したら一体どれほど強大なダークモンスターになってしまうのか!
それを阻止せんとキングはベリーさんにフドウノリウツリ・ジツを刊行しようとするが・・・
既にダガーにはキングがストロベリーハートに乗り移っていたことがバレていた。
そしてギターの憑依は思ったより体力を使う行為らしい。
たまに返事がなかったり1話で寝ていたのはこの伏線だったのか!ゴウランガ!!!






5c5b2f9b.jpg

そんな深刻な状況とは裏腹にプラズマジカの残りの三人はゆる~くお菓子食ってた。
さりげに美味しすぎる水が置いてありますね。雫シークレットマインドまた出てこないかな・・・
呑気にチュチュを出迎える三人だがチュチュの様子が明らかにおかしく・・・?







4f35e9ba.jpg


『私、今日限りでプラズマジカを辞めますわ』
『実はユニコーンバーチャルミュージックにお世話になることにしましたの。
元々、ソロ活動が目標だったんですの』








4b660a60.jpg
086dc6c9.jpg
9562543e.jpg
8fe57fd0.jpg

私はプラズマジカをやめるぞォーー!シアンーーー!
突然の脱退宣言に同様を隠せない3人。
そこへベリーさんが急に覚醒してチュチュがダガーに洗脳されていることを話す。
チュチュを引き止めんと真っ先に駆け出したのはモアだ。
ここで最古参のモアが止めに入るのがグッと来るぜ。一番付き合い長いもんな・・・
続いてレトリーもチュチュを抑えに入るがチュチュの心はダーク化する一方だ。
そこで問題だ、この事態をどう解決する?







bce4d353.jpg
7097baf7.jpg
03f95866.jpg
579c67c8.jpg
595b93c4.jpg
0cc5ccb0.jpg

脱退なんてくだらねえ!私の歌を聴け!ボンバーーー!!
チュチュの心を動かすのはこれしかない!三人は心を合わせて迷宮DESTINYを奏でる。
チュチュがプラズマジカのために作った曲だ。
ソロでスターになるという夢は否定すまい。だが本当にプラズマジカは踏み台だったのか!?





162d859f.jpg
60658ff7.jpg
422f7fa2.jpg

プラズマジカは私にとって・・・
踏み台なんかじゃないですわ!!!




『おれはしょうきにもどった!』
早い、早いよスレッガーさん。
プラズマジカ脱退宣言からここまで約2分。いくらなんでも短すぎィ!
いやでもゼハートが出撃してアセムと交戦して撃破されるまでの時間の2倍もかかったんだから全然短くないですね!?(錯乱)
さらに言うならモーターマンがラーメンマンにやられるまでの時間と比べれば4倍にもなる。
もっと言うなら郭春成が刃牙にやられる時間の60倍の・・・(もういい)
いやまあその・・・1クールアニメだし他にも可決しなきゃいけない問題も色々あるしね・・・?
とは言え最初の方からずっと伏線貼ってた問題だっただけにもうちょっと時間かけても良かったと思うけど。






28f13025.jpg
b0189998.jpg
6b2b0bfd.jpg
fea3b8a1.jpg

ダガーの束縛から逃れたチュチュだったが、洗脳中に述べた発言は決して嘘ではなかった事を明かす。
プラズマジカの活動は全て自分の野望を叶えるための布石だった事
シアンに曲作りを勧めたのも、ツインボーカルを提案したのも全て自分が注目されるためだった。
隠してきた本音を、避難されて当然の真実を涙ながらに語るチュチュ。
だがそんなチュチュを三人は温かく迎え入れる。
『そのおかげでプラズマ直に人気が出たんだからそれって結果オーライじゃん』『チュチュは今、プラズマ直を本当に辞めたいの?』
レトリーは過去ではなく今、チュチュがプラズマジカをどう思っているのかを問う。
いつか来る別れより一緒にいる今を大事にすると決意したレトリーならではの言葉だった。
あの気弱で臆病だったレトリーが!!!
何という成長具合だ。レトリーはほとんどブッダ、故に半ブッダです。
それに対してキッパリと『そのつもりはない』と否定するチュチュ。
・・・何はともあれ一件落着!
ダガーの企みはプラズマジカを引き裂くどころかより一層絆を強くした。
愛する~友の~眼差しがぁ~、黒い罠に迷い込んだ俺を救い出す~テーテレレテッテッテッテ(1番と2番が混じってます)



そんなわけでチュチュのトラウマ克服会だった。
なんていうか自分が一緒に目立つためにツインボーカルを提案したってのは結構リアルな思考だなあと思った。
現実世界でも割とありそうな感じがします。
しかし逆を言えばチュチュはシアンと同じ土俵に立ったことでハッキリと比較される立場になってしまったと言える。
シアンばかりが持て囃され、チュチュはバナナマンの日村じゃない方みたいな扱いになってしまった。
まあでもちゃんと踏み台発言を嘘じゃないと謝罪するのは良かった。
ダガーに操られたってことにして『マジかよドン・サウザントダガー最低だな』という流れになっても誰も疑わなかったはずだ。
にも関わらずあえて全てを明かした上で謝ったのはやはり彼女がプラズマジカを大切に思ってる証だろう。
実際解散危機の時も一番フォローしてたのもチュチュだった。




99cea62d.jpg
389def0c.jpg
4e5ae4ae.jpg

そしてお前何やってんだ社長ォーーー!CGはともかく理由(ワケ)を言えーーーー!!!
社長のCGモデル・・・完成していたの・・・!?
まあ彼は演奏しないだろうからここ位しか使い道ないんだろう。
逆に言えばこれだけのために社長を作ったとも言える。
グーニーズのスタッフさん、お疲れ様です。
次回はいよいよグレイトフルロックフェスタ。
遂にダガーが仕掛けてくる!!!
トライクロニカ、操り夢幻庵も登場していよいよ物語のクライマックスを予感させてくれます。
果たしてダガーを倒せるのか?シアンは現実世界に帰れるのか?
ヤバイ運命が動き出すぜ!!!
しかしもう終わりなのか・・・1クールなんてあっという間だなあ。
円盤買い支えるから是非とも2期作って欲しいですねぇ・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

感動的でいい話だったけど、解決までのあのギャグのような流れについて行けなくて感動するタイミングを逃してしまった。
シンガンの話を削ってチュチュの浄化をもっと丁寧にやってもらいたかったな…
靴に入った小石によって生まれたアイオーンの心の闇はチュチュのシリアスな闇より10倍くらい深かったなら仕方なかったけどw
こんなにあっさり洗脳は解除されることを知ってるうえにやった的なことを言ってたけど、結局ダガーはなにがしたかっただろう。

Re: rabbitさん

> 感動的でいい話だったけど、解決までのあのギャグのような流れについて行けなくて感動するタイミングを逃してしまった。
> シンガンの話を削ってチュチュの浄化をもっと丁寧にやってもらいたかったな…

まあちょっとアイオーンの話は蛇足でしたね。
アイオーンが悩みを抱えているような描写がこれまで全くなかったし展開的にもチュチュと似たりよったりだし・・・
あの一話があればチュチュの掘り下げはもちろんトラクロやクリクリにも時間が割けたんじゃないかとか思わずにはいられないですね



> 靴に入った小石によって生まれたアイオーンの心の闇はチュチュのシリアスな闇より10倍くらい深かったなら仕方なかったけどw
> こんなにあっさり洗脳は解除されることを知ってるうえにやった的なことを言ってたけど、結局ダガーはなにがしたかっただろう。

アイオーンの頭が昆虫並みにシンプルなのかチュチュの悩みがそんなに深くなかったのか真実はブッダのみが知ります。
ダガーの企みは11話を見る限りだとシアンが堕ちればそれでよし、そうでなくともベリーさんが助けに向かうだろうからキングの力を消耗させれる二面作戦ってところでしょうか。
そもそもダガーがチュチュを欲しがる理由が全くないので負け惜しみでなくほんとにお遊びだったんでしょうね。
もう少しでチュチュはまやかしの希望のために仲間を失うところでした。
プラズマジカの皆はほんとにいい子達やでぇ・・・