2015/02/26

LBX列伝 第十三回



列伝13


今月は引き続き神威大門編!
平和となった神威大門で一流のLBXプレイヤーとなるたびに切磋琢磨するヒカル。
だがそこへ再び不穏な空気が・・・




「謎のLBX?」
純喫茶スワローに集まっていたのはヒカル、ハルキ、サクヤ、ユノの旧ジェノック組とカゲトラ、スズネ、タケルの旧ハーネス組だ。
ヒカルの質問に答えたのはスズネだった。
「そや。旧アラビスタ領でなんや正体不明のLBXが現れたらしいで。ジラントが3機、そいつらにやられたんやて」
ハルキはスズネを見た。スズネは視線をパフェから外さず言った。
「けどな、誰もそのLBXを見てへんねん。黒い影、というか残像は確認できてるらしいんやけど結局はっきりとその機体が映った映像はない言うとったな」


神威大門に現れた不穏な影とは正体不明のLBXだった。
LBXをツジギリして回るその謎の機体は誰も見たことがなく、唯一黒い影という情報がわかっているのみだった。
黒と言うのは機体の色が黒いのか、残像がその様に見えるだけなのかははっきりしない。
が、黒い影で良かった。
証言された色が紫だったら真っ先にムラクが容疑者に上がったことだろう。
彼、残像出しまくりながら動かしてたし。
そういえばガウンタ・イゼルファーは初登場時瞬間移動かと疑うほどの超スピードを出していたが以降の戦いでその動きを見せたことはなかった。
あれは『アラタたちが量産機のDCオフェンサーを使ってたから機体が補足できないほどのスピードで動いてるように見えた』ということだろうか?




「撃破されたジラントに関する報告はもちろん上がっている。でも、撃破した方の報告がない。
「でも、誰かが撃破したことは確かなんだよね?」
ユノがスズネを見る。
「さぁて、どうやろな?撃破された奴らが言ってたで」
「何て?」
「・・・あれは」『亡霊(ファントム)やって・・・』
スズネがニヤリと笑いながらユノを見る。


ファントム!我々は知っている!このLBXの名前を知っている!!
ご存知、ワールドセイバーの首魁、セレディ・クライスラーが使っていたLBXだ。
予想外のワードに反応するヒカルとハルキ。
だがハルキは冷静にファントムは既に撃破され、存在しないLBXであることを指摘する。
まぁ、実際ファントムである可能性は低いだろう。
ファントムはGエクスとの攻撃でバラバラになったし、大体中の人がもう残ってない。
しかしファントムが残像を出して移動できるLBXであるのは確かだ。嗚呼!まさか!そんな事が!?
それにしてもこの学校の生徒、あんな事件があったあとなのにテロリストの残骸を漁るわアンノウンにテロ首謀者の機体の名前を付けるわで随分逞しいですね。
トラウマになったりとかしてないんだろうか・・・まぁ、そう言う子達は本土に帰っちゃってあまり気にしてない生徒だけが残ってるのかもしれないけど。
ともあれ、謎のLBXがファントムであるにしろ無いにしろ異常事態が起きているのは確かだ。
ハルキたちは生徒会と連絡をとって対応に当たる事を決める。




・・・その夜!




「何でこんなことになっちゃうのよ・・・」
マヤ・ノヴァックは途方にくれていた。
部屋に戻るとデスクの上が荒らされていた。見る限り、ありったけのものがひっくり返されている。
ドライバー、カッター、ニッパーなどの工具類からビス、ランナーの切れ端に至るまで、あらゆるものが出ている。
マヤは抜け出すことのできない事態に自分が引き込まれていることに気がついた。
止まることのない涙をそのままに、部屋の真ん中で座り込み、胸元のペンダントを握り締めた。
CCM画面を開く。そこは昨日と同じように送信者不明のメールが表示されている。
『カエセ』
その言葉がマヤの心に黒い染みのように広がっていった。


寮の一室で途方にくれる彼女は前回ワールドセイバーの残骸を回収していたメカニックだった。
名をマヤ・ノヴァック。グレンシュテイムのメカニックだ。
前回の感想で彼女はグレンシュテイム、アラビスタ、ロンドニアのいずれかの所属ではないかと予測したが見事に的中した。
俺は知能指数が高いからわかるんだ!本格派なのさ!!
前回からホラー映画の死亡テンプレな行動ばかりとってた彼女だが今回ますますホラー映画じみてきた。
なんか得体の知れないメールが送られてきている。
ホラー映画なら漏れなく30分以内に惨殺されるシチュエーションだろう、次のページで貞子がテレビから出てきてもおかしくない状況だ。
だがこんな事になってもマヤは誰かに相談する素振りを見せないのだった。
ホント、いちいち状況が悪化する選択肢ばかり選んでますね。
君、ゾンビ映画だとまっさきに地下に駆け込んで逃げ場所を失うタイプだろう。



翌日、ランキングバトル中に複数のLBXがコントロールを失うという事件が起きる。
現場はギガントの壁周辺、ロストエリア近辺に位置するエリアだ。
これはますますきな臭くなってきたぞ・・・
すぐさまグレゴリー会長の下、迎撃部隊が召集されこれを撃滅に当たる。
暴走LBXは動きが単純なためか容易く鎮圧されていく。
だが、そこへ一台のLBXがヒカルのもとへ疾駆してきた!!


「何だ?」
「どうした、ヒカル!?」
ハルキが呼びかけてきた。だが、ヒカルには目の前で起きていることが信じられず、言葉を出せなかった。
タダシのDCオフェンサーがこちらに向けてライフルを構えているのだ。
「ヒカル、逃げてくれ!こいつは今、俺の言うことを聞かない!」


ALAS!!なんとタダシのDCオフェンサーが突如暴走を始めたではないか!
また暴走かよ、こいつらいつも暴走してんな・・・
それはともかくとして不意に友人が敵に変わり、焦るヒカル。
だが瞬時に状況を把握するとライフルの一撃を紙一重で交わし、ワン・インチ距離に踏み込みコアボックスを一閃する。
イレギュラーは災害を起こす前に鎮圧されたと思われた・・・だが!


『なに、これ!?』
『どうなってんだ?』
『おい、勝手に動くな!』
隠れていたはずの役員たちのLBXたちが不審な挙動を見せ始めた。
どうやら彼らのLBXも暴走を始めたらしい。

『ヒカル聞こえるか?』
「ああ、どうやら彼らのLBXも暴走を始めたようだ。ハルキは大丈夫なのか?」
『ああ、トライヴァインはいつもどおり動いている』
トライヴァインがやってきてバル・ダイバーと背中合わせになった。
周りのLBXたちは武器を構え、二人を囲み始めた。
『ヒカル、ハルキ聞こえるか?』
ムラクだった。
「ああ、ムラクは無事か?」
『マグナオルタスは無事だ。会長のドットブレイズも。だが、これはどうなっている?』
「こちらが聞きたいくらいだ。」



突如として生徒会防衛陣のLBXたちも暴走を始める。
だが、なぜかバル・ダイバー、トライヴァイン、マグナオルタス、ドットブレイズは無事らしい。
これはどういう事だろうか?
あわや同士打ちの惨事が訪れる、と思いきや・・・




『こちらヒナコ、コントロール回復!』
『カゲトラだ。こっちも復帰した!』
ヒカルは正面に立っていたヒナコのセイレーンが挙動を取り戻すのを確認した。


まるで台風の目に入ったかのように突然事態は収まった・・・
ってオイちょっと待て?ヒナコがセイレーン????
彼女の機体はカナロアだったはずだが・・・そもそもセイレーンはジェノックとハーネス以外には配備されていないはず。
なぜ旧ポルトン生の彼女がセイレーンを使っているのだろうか?
これは思うに彼女のケンカ友達だったキャサリンが関係してるに違いない。
キャサリンが島を去る際に彼女のセイレーンを譲り受けたとかそんなドラマがあったのだろう。
何?キャサリンのセイレーンは最終決戦で爆発四三してるって?知らん、そんなことは俺の管轄外だ。
とは言え、仮想国制度がなくなったんだから誰がどこの機体を使ってても特に問題はないんだけど。
ただ元から影が薄かったポルトンだがエースが別の国の機体を使っててますます忘れ去られそうな予感が・・・
そろそろ職員室のメリッサ先生の机がミカン箱に変わってる頃だろうか。


「わからない、とにかく暴走は止まった、ということだ」
そう言って刀を下ろした瞬間だった。
正面の森から何かが飛び出してきた。それがどのような期待なのかは判別できない。
だがLBXであることは分かる。猛烈なスピードでこちらに一直線に迫る勢いはまるで獣のようだ。
「!」
その黒いけものはバル・ダイバーの頭上を軽々と飛び越えた。
一瞬の間に期待の形状を把握する。
ヒカルの眼が大きく開かれた。
・・・ディ・エゼルディ・・・!?


EE~~~~!!
謎のLBXの正体はなんとディ・エゼルディ!
ファントムの真の姿にしてダンボール戦機WARSのラスボスである。
そのエゼルディが一体!?何故!??


という訳で予想外の答えが飛び出てきた、まさかディ・エゼルディだったとは・・・
まず気になるのが前回コンテナから脱走したLBXとの関連性だ。
両者とも黒い影と描写されている。ワールドセイバーの廃コンテナから出てきた事もあってどちらもディ・エゼルディであるとみて違いないだろう。
っていうか本土の連中はコイツを回収してなかったのかよ、どんだけ管理が杜撰なのさ。
この調子だとセレディ一人捕まえただけで満足して残党とか全部見逃しちゃってそうだ。
てことはバンたちはヤルキナイネンな政府の尻拭いのために奔走してるってことか?
戦場で最悪の敵は無能な味方とはよく言ったものですね。


二つ目に気になるのはLBXの暴走だ。
それにしても本当に良く暴走するオモチャだな、スパロボのエヴァンゲリオン並の暴走率だよ。
初めてLBXが暴走したWではLBXに内蔵されるMチップをジャックすることで操っていた。
その後のLBXにはMチップが搭載されていないはず、では一体何故暴走したのだろうか?
候補として真っ先に挙がるのがミゼル編で登場したゴーストジャックだろう。
掌からウイルスプログラムを伝染させ、LBXを暴走させるというベクターの恐るべきギミックだ。
ゴーストジャックとディ・エゼルディ。一見両者は関係ないようだが二つの点と点を結ぶ線がある、それはプラモの説明書だ。
説明書の期待説明によるとディ・エゼルディはワールドセイバーが各国からあらゆるLBXのデータを盗み出し、独自開発したものらしい。
その過程でどこかからのゴーストジャックのデータを盗み出していたのではないだろうか?
ゴーストジャックがコピー可能な技術なのか、暴走の原因はディ・エゼルディなのかという疑問は残るが一応、筋は通ると思う。
ただ、暴走したLBXたちの中でメインメンバーの機体だけが無事だった説明がつかない。
WARSのLBXは基本的にどれも生徒が自主開発してるものなので性能の差はあれどヤマジュン製とそれ以外レベルの差異はないと思う。機体性能が暴走しない条件にあてはまるかは疑問だ。
とは言えメインメンバーの中で唯一暴走したカゲトラの機体は量産機(BCライアン)だった。
やはり、エース達の専用機には何らかんのチューンが施してあってそれで暴走しないのだろうか?
ゴーストジャックだったら単純に彼らは敵に触れられなかったという事でも説明はつくのだが・・・


まぁ、とりあえずはディ・エゼルディが暴走LBXの原因だと仮定する。
では誰がどうやって操っているのだろうか?
ここで前回マヤが拾ったLBXに注目されたし。
彼女が拾ったのはシーサーペントだ。シーサーペントと言えばもともと大統領暗殺のためのルーターLBXとして開発された機体である。
ここで熱心なダンボール戦機フリークならW中盤の展開を思い出すだろう。
シーサーペントを使えば本土からLBXを遠隔操作できる。そして破壊されたはずなのに稼働しているディ・エゼルディ。
これらが符合する意味はひとつ・・・っ!
つまり、ジャッカルがディ・エゼルディをコントロールしてるんだよッッ!(ねぇよ
・・・まぁ、ジャッカルは無しとしてもあながち間違った推理ではないと思う。
ディ・エゼルディは爆発四散した訳じゃないから外部からの信号があれば動く可能性はあるし、列伝の敵がワールドセイバーであることを考えれば連中がそうやって神威大門に介入している可能性は十分あるだろう。
ただ、連中がディ・エゼルディを使って何をしたいのが疑問だ。
もうただの学生しかいない島で騒ぎを起こしたところでワールドセイバーに利益があるとは思えない。
となると奴らの狙いはマヤが持ち帰ったゴルドーの中の十字パーツしかないな。
『カエセ』というメールを誰が送ってるかは知らないが(ディ・エゼルディの可能性が高いけど)内容は上記のパーツを返せという意味で間違いないだろう。
でもカエセの一言だけじゃ説明不足だよな。『大変申し訳ありませんが貴公が回収されたパーツは当方で取り扱っている製品でありまして返していただけないでしょうか?』とでも送れば返してくれたかもしれんのに。

しかし結局今回も十字パーツの正体は不明のままだった。
分かっているのは日記のようなものが入っていたという事だけ。
しかし日記だったとしていったい誰の日記なのだろうか?以下、予想


・セレディ


なんかあんまり日記を書いてるシーンを想像できない。
っていうかあんだけ改造してあったら脳に記憶素子くらいインプラントしてあっても不思議じゃないな・・・
と思ったけどゲームで脳以外は機械って言ってたから脳ミソはオーガニックなのかしら。
でもかなりの高齢だし、なんか言動がいろいろ怪しかったのでボケ防止で日記とか付けてた可能性が微レ存。
後は嫌がらせの計画表とか。
どうも彼は人にイヤな思いをさせるためにはどんな面倒事もためらわないイメージがある。



・キョウジ

全く日記とか付けそうにないのでコイツではなさそう。
まぁプロフェッショナルな傭兵だから報告書ぐらいは書くかもしれないけど個人的な備忘録とかは残しそうにないな
なんか彼って過去を振り返らないというか思い出とか物とかにあんまり執着しそうにないんですよね。
なんか書くとしたら何月何日に何味のアメを喰ったとかそんなのしか思いつかん。


・綾部

彼は二重スパイの役にはかなりの苦悩を抱いていた。
誰にも言えない苦しみを紙面に書き出すことで吐露していた可能性は十分あると思う。
几帳面そうだし、性格的にもいかにも日記とか書いてそうなのも怪しさ重点だ。
また、彼は確認できる限りだと唯一セレディの過去を知る人物だ。
セレディに関しては、『昔は純粋に子供たちを助けるために指導していた』『綾部とともに争いのない世界を夢見ていた』という事ぐらいしか分かっていない。
そもそも本当にクライスラー家の人間かも明らかになってないのだ。
仮に本当に名門のクライスラー出身だとしてもどのような経緯で戦場を渡り歩く身分に身を落としたのかが謎めいている。
彼の記録を通じて謎に包まれたセレディの来歴が明らかになるかもしれない。
・・・そう思わせておいてゲンドウさんの成長記録とかだったらどうしよう。


まぁ、あれこれ予想を立てたもののフツーに全然関係ない人物という可能性もありえますよね。
そもそもこの話の発端となったマヤ自身が今作オリジナルのキャラクターだし。
日記を書き残した人物もオリジナルキャラであっても何もおかしくない。
なので、実はシャーロットちゃんの奴隷調教記録だったというオチは勘弁願いたい。
『剣菱ワタル-素質アリ』とかメモられてたらどうしよう。




ガウンタ

先月はちょっと箸休めだったが今月は皆様お待ちかね!の作例が載っているぞ。
ロシウスが誇る汎用型量産型LBX、ガウンタだ。
これを見て『おや?』と思った方はなかなかのダンボール戦機通だとお見受けする。
そう、この作例はHJより発売中のLBXパーフェクトモデリングブックにて作り起こしされた作例、ライディングアーマーロシウス仕様&グレイビーストに使用されたグレイビーストと同じ原型なのだ。
製作者はグレイビーストも手がけた坂井晃氏、基本的にはグレイビーストの色違いだがサーベルは新規作り起こしなのでムックをお持ちの方も一見の価値アリだ。
故に解説の大部分はサーベルのモノとなっているのでガウンタの造り方を知りたい諸氏はLBXパーフェクトモデリングブック(WARS編)を決断的に購入しよう。



G・ユーグフラオ

今月の解説には名前と所属が明らかになったマヤ・ノヴァックの愛機、G・ユーグフラオの情報が載っている。
なにげにG・ユーグフラオがジャンヌDをベースにしていると公式で明記されるのはこれが初なので中々に貴重な情報と言えるだろう。
セレディとの最終決戦では早々にガスでリタイアしており、アビ・インフェルノ状態の騒乱を体験してないのが彼女の迂闊な言動の理由なのかな。
なにげに1年生にしてランバト上位というのもスゴイ気がします。




ところで今回マヤの名前は明らかになったがもうひとりのオリジナルキャラ、ユウトは出てこなかった。
決闘者めいたネーミングだがいったいどんな奴なんだろう。
彼に関しては情報が何もないので推理も困難だ。
名前だけで判断するならユウヤとカイトに似てる。
ひょっとしてこの二人がミキシマックスした姿がユウトなんじゃないだろうか。
神話級クズ野郎だったカイトを矯正させるため優等生のユウヤをドッキングだ!
ってそれじゃ解決法になってないな。
砂糖入れすぎて甘くなったから塩を大量にいれて元に戻そうという発想くらい違う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

地獄からの復讐者、ディ・エゼルディ復活?

セレディが使ったファントムという鎧を纏った本当の機体、ディ・エゼルディ。
粉砕されたはずの機体は、地獄から甦ってデスフォレスト跡地へと向かったところで終了した。
まさか、エゼルダームかワールドセイバーの関係している生徒がまだ残っていたって事はありませんよね?
加えて、セカンドワールド内でLBXが暴走行為が発生し、ヒカルのバル・ダイバーがタダシのDCオフェンサーを貫いて停止させた。
その後、ロストエリアに来ていた生徒会のLBXは正常に戻っていた。
もしくは、消えたはずのミゼルが再び舞い戻ったって事はありませんよね?

今回は早かったな!

相変わらず持続しない平和とLBXの暴走
ダンボール戦機の世界は混沌し過ぎているぜ!

>暴走したLBXたちの中でメインメンバーの機体だけが無事だった説明がつかない
そもそもウォーズはメイン機自体が詳しい所が割りと謎な感じが有るからなあ、特にドットブラスライザーあれジンが設計図持って来たけど詳しい事分かって無いし(いまだに製作者ヤマジュン説が流れるぐらい)
ドットフェイサーやブラスライザーなどの一部機体にはジャック対策がと仮定したいけど、それだと支給や元からの機体を改良したわけでは無いマグナオルタスが平気な事にちょっと違和感が出る

ウォーズのラスボスの再登場含めて謎がますます増えていくこの物語
何処へ向かうのかますます気になる 

前に僕が言いましたが本当にミゼル復活か!?
しかしこの暴走率エヴァもビックリだよ

エゼルディとマヤ

謎の少女ことマヤ・ノヴァックは、黒い影ことディ・エゼルディに狙われてしまった!ゴルドーの中にあった十字のパーツはブラスラとの戦いの末、消滅したアンダーバランスのデータが何らかの経緯でゴルドーのパーツに流出してしまったのではないでしょうか?でも、これだとあまりにもできすぎかな?仮にエズフィトさんのおっしゃる様にマヤの拾ったシーサーペントのルーター機能が残っていて、第三者がエゼルディを操作しているのであれば、可能なことは可能ですが、本土と神威島の間に中継しているシーサーペントが破壊されれば、エゼルディが停止するはず。まさか、エゼルディが自我を持ち出したのか!?(ありえそうでありえない推測www)
主役級LBXが暴走しなかったのは、おそらくワンオフ機ならではの耐性(マニアックの中では主人公補正と呼ぶ)があったからなのではないでしょうか?これだから、量産型は・・・・・
今回の作例はガウンタでしたが、まだ概存以外の需要LBXが登場してない以上、さっぱりですね。ワールドガイドの方にマヤが使用しているユーグフラオが記載されてましたね。うまくいけば、「LBXユーグフラオ(ジャンヌDコンバージョンモデル)」としてキット化されるかも知れません。これがキット化すれば、3年越しで3年ぶりストライダー&Wパーティチームが揃いますね!マヤが戦いに使うならユーグフラオとゴルドーカスタム(仮)のどちらを使いますかね?(ユーグフラオの方が番宣的にもセオリーだが)後、マヤとユウトのイラストはありませんでしたね。作例があったとはいえそれ以上にどんな姿か気になっていたので残念です(ユウトに限っては今回、登場すらしてないし)。
最後にエズフィトさんは今後、ウォーズのゲーム版限定LBXがキット化されるならどのLBXが欲しいですか?僕は、ジル系統ですね。ジル・グレイブはバル系統に配色、形状が似ているのでバル・ダイバーがエゼルディに破壊された際にヒカル専用に作られるのではないかとちゃっかり、考えたりもしてるんですよ。ゲームでも一回使ってみて気に入りましたし、ラグナロクフェイズもブラスラとは別の魅力を感じました。風神丸(ゲームの表記:フンジンケン)との組み合わせがバル・スパロスの様な感じでかっこよかったです。

Re: 地獄からの復讐者、ディ・エゼルディ復活?

> セレディが使ったファントムという鎧を纏った本当の機体、ディ・エゼルディ。
> 粉砕されたはずの機体は、地獄から甦ってデスフォレスト跡地へと向かったところで終了した。
> まさか、エゼルダームかワールドセイバーの関係している生徒がまだ残っていたって事はありませんよね?

エゼルダーム生はセレディが赴任した際に全て招集をかけてたんじゃないかと思います。
まぁ、スパイ要因的に数人くらいは別の仮想国に残していた可能性はありますがそれでもセレディが学園長になった際には不要になったはずなのでエゼルダームに呼び戻してそうですね。
まぁでもこういう組織ってトップを潰しても残党がしつこく抵抗したりしますしね。
運良く逃げ延びたワールドセイバーのメンバーが残ってたら暗躍しててもおかしくなさそうです。




> その後、ロストエリアに来ていた生徒会のLBXは正常に戻っていた。
> もしくは、消えたはずのミゼルが再び舞い戻ったって事はありませんよね?

ミゼルは特典小説でバンの夢に現れて会話してますね。
あれがバンの頭が作り出した幻なのか、本当にミゼルが話しかけたのかは不明ですけど彼も本当に消滅したのか謎ですからねぇ。
かと言って強すぎて安易に出せないし難しいポジションです。
まぁ、本当にミゼルだったらヒロを欠いたメンバーで勝てる気がしないのでどうあがいても絶望ですな・・・

Re: タイトルなし

> 今回は早かったな!

ハイ!大変お世話になっております!
ここ数ヶ月は申し訳ありませんでした…毎週アニメ感想を書いてた頃の気概を取り戻さねばなりませんね。
だからモチベーション維持のためにダン戦のマーケティングが復活したりしないかなー(チラ



> 相変わらず持続しない平和とLBXの暴走
> ダンボール戦機の世界は混沌し過ぎているぜ!

世界が平和なので実感薄いですが全世界銃社会になってる様なモンですからね。
霧島さんが居なければとんでもないアトロシティが待ち受けていただろうに。
まぁ、でもレベルファイブの手にかかったらサッカーですら殺人遊戯になっちゃうので仕方ない。


> >暴走したLBXたちの中でメインメンバーの機体だけが無事だった説明がつかない
> そもそもウォーズはメイン機自体が詳しい所が割りと謎な感じが有るからなあ、特にドットブラスライザーあれジンが設計図持って来たけど詳しい事分かって無いし(いまだに製作者ヤマジュン説が流れるぐらい)

結局ドットフェイサーとグルゼオンが似てる理由にしたって『ライバルキャラだから姿を似せた』という以外の理由はないっぽいですしね。
ブラスライザーの出自はゲームで明らかになるもんだと思ってたけど全く触れなかったなぁ…
いっそこのあたりの疑問も同時に列伝で解決してくれるとありがたいですね。



> ドットフェイサーやブラスライザーなどの一部機体にはジャック対策がと仮定したいけど、それだと支給や元からの機体を改良したわけでは無いマグナオルタスが平気な事にちょっと違和感が出る

ひょっとしたらセカンドワールド内でLBXを狂わせる兵器的なものを使ってた仮想国があったのかもしれませんね。それ用の対策に一部機体ではジャック対策が積んであったとか…
言われてみればマグナオルタスってWARSの味方サイドで唯一どっかからの支給でも、既存の機体の改良機でもない機体なんですよね。原型的な機体とかあったんでしょうか。
まぁ、ドットフェニックスもそういう立ち位置だからやろうと思えばLBXを一体フルスクラッチするのは可能だったということか?


Re: 城男さん

> 前に僕が言いましたが本当にミゼル復活か!?
> しかしこの暴走率エヴァもビックリだよ

やはりミゼルと関連付ける意見がよく見受けられますね。
まぁ、だってミゼル意外だったらもう親父が最有力候補になっちゃうし流石にそれはバンが可哀想すぎるというか…

Re: エゼルディとマヤ

> ゴルドーの中にあった十字のパーツはブラスラとの戦いの末、消滅したアンダーバランスのデータが何らかの経緯でゴルドーのパーツに流出してしまったのではないでしょうか?
でも、これだとあまりにもできすぎかな?

ああ、そういえばアンダーバランスの事すっかり忘れてた…
よく考えればあれこそワールドセイバーの目的だったんだから関連があるかもしれませんね。
でもアンダーバランスの利点って全世界の軍事データが随時更新されるからこそ価値があったわけで、今更アンダーバランスのコピーが手に入ってもあんまり役に立たない古い情報って気がしますけどどうでしょうか?




仮にエズフィトさんのおっしゃる様にマヤの拾ったシーサーペントのルーター機能が残っていて、第三者がエゼルディを操作しているのであれば、可能なことは可能ですが、本土と神威島の間に中継しているシーサーペントが破壊されれば、エゼルディが停止するはず。まさか、エゼルディが自我を持ち出したのか!?(ありえそうでありえない推測www)

LBXが自我を持つっていうのはなんとなく、無印からいつかあるんじゃないかと思ってました。
でも結局来ませんでしたねー。制作サイドはLBXをあくまで玩具というか人によって正義にも悪にもなるアイテムだと定義してるのかもしれないですね。
シーサーペントの弱点はまさにおっしゃる通りなんですよね、作戦に使うには不安定すぎる。
なのでマヤが回収したことで偶然島の外から電波が届くようになって、偶発的に起きた自体ではないかと予測します。
考えてみればマヤがたまたま回収しなければこんな騒ぎは起きてないわけで事前にワールドセイバーが準備してるのは考えづらいですからね。



> 今回の作例はガウンタでしたが、まだ概存以外の需要LBXが登場してない以上、さっぱりですね。ワールドガイドの方にマヤが使用しているユーグフラオが記載されてましたね。うまくいけば、「LBXユーグフラオ(ジャンヌDコンバージョンモデル)」としてキット化されるかも知れません。

いや~、流石にムリな様な…
ていうか流用できる部分が腕と膝下しかないよ!
一応胸部装甲の一部や関節部あたりは流用できるかもしれませんがそれにしてもドットブレイズを超える大改修が必要そうですなぁ…
とは言えどんな形であれジャンヌDのキットを出して欲しいのは事実です。
もうSEEDのコレクションシリーズみたいな廉価版でもいいからさぁ。



> 最後にエズフィトさんは今後、ウォーズのゲーム版限定LBXがキット化されるならどのLBXが欲しいですか?僕は、ジル系統ですね。ジル・グレイブはバル系統に配色、形状が似ているのでバル・ダイバーがエゼルディに破壊された際にヒカル専用に作られるのではないかとちゃっかり、考えたりもしてるんですよ。

そらタータンフェインよ。
レオローダーやSCステリアル、ブラックスワンも捨てがたいですけどね。
ジル・グレイブは私も好きです。
何というかガンダムで言えばブルーディスティニーのような『主役機ではないがそれに匹敵する性能を持った侮れないカスタム機』というポジションがたまらなくカッコイイ。
こっそりラグナロクフェイズを持ってるのも高評価。
カゲトラに専用ボイスがあるしWARSがなんかのメディア展開、例えば漫画化とかするんだったら是非ともカゲトラに使ってもらいたいですね

反逆の黒LBX!?

しまった、もう更新されてる!

遂に…遂に女の子が! ユノっちとスズネが登場してくれました!!(のωの)
前回は完全に男の園だったので、ジェシカは「いたっけ?」って感じでしたし。ごめんジェシカ…
やはりユノは第1小隊とつるんでましたね。キヨカが開発とかしてたら暇なんでしょうか? 相変わらず亡霊を信じてませんねw

さて、学園で噂の黒い影は、まさかのファントム! セカンドワールドの最深部で壊されてガレキに埋もれたはずなのに、誰がわざわざ…?
そもそもエゼルディが1体だけとは限らないですからね。まぁ、あんなのが量産されたら堪ったもんじゃないですが。

一方、グレンシュテイム(さすが本格派!)のメカニック、マヤ。ランキングが上位って訳じゃ無さそうですよ。あくまでメカニックとしてそこそこ上ってだけみたいです。
まさかLBXに空き巣に入られるとは…! 下着とか大丈夫か?
十字パーツが狙いだとしたら、何でそんな大事なものがゴルドーに入ってたんでしょうか。
てゆーかエゼルディが回収できたんなら、それも一緒に持って帰れば良かったのに。
しかも『カエセ』って…。エズフィトがさんの仰るとおり、お願いの仕方ってありますよね(^◇^;)

そして起こる暴走(またかよ!)。ワールドセイバーの仕業なのか? そもそもゴーストジャックは人間の技術なのか? なぜワンオフ機は無事なのか? 謎だらけです。
ちなみに、ヒナコちゃんはDVD12巻の特典小説でもうセイレーンを使ってますよ~。ボロボロに壊れたはずの、しかもライバルのLBXを使うなんて…一番気になるのコレですね(笑)

いったい誰が何の目的でこんな事を…? まさかゴルドーの持ち主のトオル君が、秘密の日記を隠してたから…な訳ないな。もしくはユウトの仕業?

来週の『遊戯王ARC-V』と同じくらい、次回が楽しみです。エズフィトさんの鋭い考察も楽しみにしています! ムラクのスピードに関しても、ドンピシャだと思いますし(≧∇≦)b

長文失礼しました。それでは!

マーボ丼さんの仰るように、ユーグフラオ出ないかなぁ~。

Re: 反逆の黒LBX!?

> しまった、もう更新されてる!

今回は早かったのさ!
次からはもうとか言われないよう頑張ります、ハイ。


> 遂に…遂に女の子が! ユノっちとスズネが登場してくれました!!(のωの)
> 前回は完全に男の園だったので、ジェシカは「いたっけ?」って感じでしたし。ごめんジェシカ…
> やはりユノは第1小隊とつるんでましたね。キヨカが開発とかしてたら暇なんでしょうか? 相変わらず亡霊を信じてませんねw

まぁ、前回も幽霊の正体見たり枯れ尾花でしたからね…
ジェシカは本人が出撃しなかったからなぁ…スズネはアニメだとイマイチ活躍できてなかったので列伝で暴れて欲しいです。
ゲームでも結構気に入ってたしお世話になったキャラですからね。



> さて、学園で噂の黒い影は、まさかのファントム! セカンドワールドの最深部で壊されてガレキに埋もれたはずなのに、誰がわざわざ…?
> そもそもエゼルディが1体だけとは限らないですからね。まぁ、あんなのが量産されたら堪ったもんじゃないですが。

オプティマ操作とかソードビットとか仕様が特殊すぎてセレディにしか使えなさそうですよね。
そういやあのエゼルディは誰かが操ってたとしたら上記のシステムが使えないわけでかなり弱体化が激しそうです。
そこをジャミングシステムで補っているのでしょうか・・・?


> 一方、グレンシュテイム(さすが本格派!)のメカニック、マヤ。ランキングが上位って訳じゃ無さそうですよ。あくまでメカニックとしてそこそこ上ってだけみたいです。

すいません、完全に勘違いしていました。
マンゴーをもぐ研修に行ってきます・・・




> ちなみに、ヒナコちゃんはDVD12巻の特典小説でもうセイレーンを使ってますよ~。ボロボロに壊れたはずの、しかもライバルのLBXを使うなんて…一番気になるのコレですね(笑)

それは初耳です!
こうしてみると知らない情報が結構あるなぁ。
私の無知ゆえ違ったことを書くケースが今後もあるかもしれませんが指摘していただけたら幸いです。



> いったい誰が何の目的でこんな事を…? まさかゴルドーの持ち主のトオル君が、秘密の日記を隠してたから…な訳ないな。もしくはユウトの仕業?

そういえばユウトが敵サイドという可能性があるのか。
確かにあれだけあからさまに名前を出しておいて今回一切出番なしなのも怪しい。
トオルくんの日記にはひたすらバル・ダイバーとヒカルに対する恨み辛みが書かれてそうです。
あと一応ダイゴもゴルドー使いでしたが彼は真面目というか普通なのであんまり面白い予想が浮かびませんね。