2015/01/12

LBX列伝 第十一回



列伝11回P12

大変遅くなりました!!
列伝感想更新していきたいと思います。



ガキッ!
強烈な蹴りを受けて、アキレス・ディードカスタムが吹き飛んだ。
「くそっ・・・!」
「アラタ!」
慌てて吹き飛ばされた方向に視線を送る。
錐揉みしながら墜落していくアキレス・ディードカスタムの姿を捉えた。
「今行く!」
「バンさん危ない!」
アラタを助けようと機体を後方に振り向けた瞬間、真正面にディ・レギウディアが現れた。
中段の蹴りを喰らい後ろに吹き飛ばされる。
「そろそろ諦めたらどうですか?」
大空ヒロの冷徹な声がコンソールの出力系パネルは真っ赤に明滅している。



死闘続行!!

アラタとバンがコンビを組んだモスト・デンジャラスチームを前にしてもヒロは余裕の表情だ。
いくらなんでもヒロが強すぎるッッッ!!!
プレイヤーの力量ならばバンとヒロはそれほど大きな差はないはずだ。
アラタにしてもこの二人に及ばないまでも一流と言って良いほどのワザマエを持っているだろう。
にも関わらずこうまで一方的に立ち振る舞えるものなのか!!やはりLBXが高性能だからだろうか。
考えてみればヒロはWの頃からオーバーロードを使っていたが、オーバーロードに対応した機体を使っていた事は一度もないのだ。
そうなると本来の力を発揮していない状態でバンと殆ど互角だったという事になる。
マグネットコーティングしていないガンダムでゲルググもジオングも倒しちゃった状態ですよ。
そんなアムロだったらリ・ガズィでサザビーを撃墜して逆襲のシャアを開始10分で終了にしてしまいそうだ。
仮にヒロがWの頃からオーバーロードを使いこなし、専用機を扱っていたのならゼウスだろうがペガサスだろうが相手にもならなかっただろう。
そう考えれば潜在能力を100%発揮できるディ・レギウディアを使って、これ程までにバンを圧倒してる事に説明がつく。




『バン、一旦退いて!』
モニターにジェシカが現れた。
『一対一じゃヒロには勝てない!』
「ダメだ!」
バンは即答した。
眼下にはヒロ本人が乗っていた車の一団が見える。
そして、ヒロはこちらを見上げているのがわかった。
「ここで逃がしたら、もう誰も止められなくなってしまう!」


アキレス・ディードカスタムが墜落し、いよいよバンは単騎となる。
ジェシカの言うとおりこのままではヒロに勝つ可能性はゼロに等しい。
だが!今ここで逃がしてしまえばもう二度とヒロは自分たちの前に姿を見せないだろう。
一度警戒されれば今回のように場所を割り出しての奇襲は極めて困難!
そうなったらワールドセイバーは狡猾に身を隠しつつ世界に対して恐るべきテロリズムを仕掛けてくるだろう。
安らぎの訪れる事のないマッポーの世が待ち受けているのだ!
牙無き人の明日を守るために、例え負けるとわかっていてもバンは引き下がれない!
・・・その時である!!




『その通りだ!』
と、ジンの声が聞こえた瞬間、ディ・レギウディアが動いた。
上空から降ってきた紫色の物体を腕で弾く。
『・・・!』
ヒロの雰囲気が変わったのが分かった。
それもそのはず、ディ・レギウディアにぶつかったのはエンペラーM5の頭部だった。
『我ながら、厄介なLBXを作ったもんだが・・・』
シャドールシファーが魔王弓フィーニスを構えている。
『ボクに倒せないLBXはいないんでね・・・』


孤独に戦うバンの前にジンとコウスケが駆けつけた!
しかも強敵、エンペラーM5の首級を携えてだ!これはキンボシ・オオキイ!!!!
ちょうどurahana3さんがアキレスⅡの首を持ったエンペラーM5を制作されていたのでカウンターシンクロ二シティだ。
アキレスⅡを一方的に葬ったエンペラーM5だったが期せずして同じ倒され方をしたのだろうか。インガオホー!
だが大ボスだったにも関わらずいつの間にかやられていたエンペラーM5がちょっと不憫だ。
嗚呼、ガメンテンカンホーの犠牲者がまた一人・・・
彼もまた、パワーインフレの波に飲み込まれた哀れな犠牲者だったという事さ・・・
だが、戦闘で深く傷ついたとは言え援軍ふたりをくわえてこれで戦況は3:1。
マリオパーティなら血も涙もないリンチが待っている状態だ。
一気に囲んで棒で叩いてディ・レギウディアをこの世から消し去ってしまえー!!


だが、ヒロは一切焦る様子もなくアブソルートフェイズを発動させる。
まさに100%中の100%!
アキレスⅡの槍が、エンペラーM3のタイラントティターニアが、シャドールシファーの魔王弓フィーニスが休む間もなく連続攻撃を仕掛ける。
だがその悉くを回避し、的確に反撃するディ・レギウディア。
極限にまで高められたヒロの集中力には凄腕プレイヤー三人の攻撃すらもスローすぎてアクビが出そうなスピードに感じられる。
いくら手数が増えようと見えてから余裕で避けれる程の速度にしか感じなければなんら脅威になりえない。
やはりオーバーロードを攻略しない限りヒロを倒すことは出きなさそうだ。
と、そこへ戦線に復帰したアラタによる不意打ちアンブッシュを仕掛けた。ディ・レギウディアの動きが僅かに乱れる!




「俺がヒロの動きを止める!アラタはその間に攻撃を!」
『バンさん!?』
手に持っていた槍をアキレス・ディードカスタムに投げる。
それをアラタが受け止めたことを確認し、バンは視線を爆煙に向けた。
爆煙の中からディ・レギウディアが現れる。ダメージひとつ負っていない。
『WVモード』
CCMの音声とともに、アキレスⅡカスタムが光り輝き始めた。



WVモード!!オーディーンMk-Ⅱを素対に使っていたためだろうか、アキレスⅡカスタムにも特殊モードが搭載されていたのだ。どうせ搭載するならナイトモードの方が強い気もするけど。
一時的なバリキブーストによってアキレスⅡカスタムはディ・レギウディアを強引にスクラムしようとする。
だが捉えようとしたその両腕をまとめてケジメされてしまう。なんという破壊力か!
しかしバンの勢いはこれに留まらず、腕を無くした状態でそのままタックルを仕掛ける!
その隙を見逃さず、今度はエンペラーM3カスタムがディ・レギウディアに組み付いた。
今ならばアラタが攻撃できるはずだ!
先輩二人が我が身を投げ打って切り開いたウィニング・ロードに乗って必殺の真刀カムイが振り下ろされる!!




光が散る。爆音とともに爆風が広がった。
『・・・やった・・・の・・・?』
ジェシカの不安そうな表情がモニターの端に映っている。
ジン、アラタ、そしてコウスケも固唾を飲んでその光景を見ているようだ。
アラタはモニターを凝視した。真っ黒な煙が少しづつ晴れていく。
そして、角ばったシルエットがその中から現れた。
アキレスⅡカスタムだ。
「!?」
バン自身はアキレスⅡカスタムを操作していない。
考えられることはただ一つ
「気をつけろ!アラタ!」
『えっ!?』



薄氷を踏む思いでくぐり抜けた死線の果てにようやく掴んだ勝機。
だが、ディ・レギウディアはとっさにアキレスⅡカスタムを盾にして凌いでいた。
ジェシカが余計なフラグ立てるから・・・
これはもはやジェシカ=サンのケジメ案件では?
そして間髪入れずアキレス・ディードカスタムの動力部にカイシャクの刃を突き立てようと迫る!
おお!ブッダよ!寝ているのですか!!



列伝11P3

『消えろ』
細い、つぶやくようなヒロの声が聞こえた。
「ダメだ!ヒロ!」
バンは無意識のうちにコンソールにコードを入力していた。
背面に装備したオーディーンMk-Ⅱのバックパックを矯正離脱させる。
更に、全身のアーマーフレームが次々とコアスケルトンから脱落し始めた。
『なにっ!』
ヒロの上ずった声がコントロールポッドに響く。
急激な重量変化によってバランスを崩したディ・レギウディアに向けてコウスケが魔王弓フィーニスを打ち込む。
ヒロはそれを弾き返すこともできずにまともに受ける。
『ぐっ!』
ヒロの呻きが聞こえた。装甲を捨て、身軽になったコアスケルトンを操り、バンは最後の攻撃に出る。
「アラタ!」
『はいっ!』
「必殺ファンクション!」
『アタックファンクション・ダブルレイウイング』
2体のLBXが強烈な光に包まれる。不死鳥のような炎を纏ったコアスケルトンとアキレス・ディードカスタムは、動きが鈍くなったディ・レギウディアに突っ込んでいく。



バンが決死の思いで出した最後の一手。
それはかつてヒロとともに世界を救ったあの一撃・・・それをヒロに向かって打ち込むことになろうとは。
しかし前回の作例でブースターを取り外して武器に接続できるギミックが伏線になっていたとは!
作例オリジナルの改造アイデアだとばかり思っていたが作中でそのような形で生かしてくるとは!
まさに作例とストーリーが完璧なトモエ調和を生み出した美しい展開だ。
肉を斬らせて骨を断つ、どころか肉を投げ捨てて文字通り骨になっちゃったよ。
しかし前回ダブルレイウイングは使えないだろうと予想したのに見事にハズレましたね。
いや~、まさかこんな形で再現するとは読めなかった!この海のリハクの眼を持ってしても・・・ッ!


決意の一撃は果たしてディ・レギウディアを見事に討ち取った。
だが、その直後異変が起きる。ディ・レギウディアではない、本体のヒロのほうがだ!!
ディ・レギウディアが損壊した場所と全く同じ部分から血を流しているのだ!浜に打ち上げられたマグロの様にもがき苦しむヒロ。
これは紛れもなくロストエリアの最終決戦にてセレディに起きた異変と全く同一の物!!
と、言うことはやはりヒロも全身サイバネ義肢に置換されてしまったのか!?
円谷プロ的な正義のヒーローじゃなくて石ノ森的な改造人間になってしまったのか。ヒーローではあるんだけど、センシマンは前者っぽい感じがするしヒロ的に石ノ森路線はありなんだろうか?
いや、本人がかなりヤバめなのでそんな心配をしてる場合じゃないか。


戦いで傷つき、ヒロは昏睡状態に陥ってしまったが、意識を失う直前に元のヒロに戻っていたのは不幸中の幸いか。
バンたちは見事に暴走するヒロを食い止め、救出することができた。
だが戦闘の混乱に紛れ、最重点ターゲットであるディ・レギウディアを取り逃してしまった。
そしてワールドセイバーは未だにどこかで息を潜めている。
ディ・レギウディアを捕まえられなかったので試合に勝ったが勝負に負けた状態だ。
総合的に今回の戦いはNICSの敗北と言っても良い。
ヒロを失ったのはワールドセイバーにとっても大きな損失だろう。
しかしディ・レギウディアがある限りワールドセイバーが誰かを使って同じことを引き起こすのは明白だ。
最悪の事態を止めるために、バンたちの新たなる戦いが始まる!!


なんだか話的には第一部完みたいな感じで綺麗におさまった。
いやー、正直ここでヒロとワールドセイバーを倒して終わりというのも覚悟していただけにまだまだ続くようで一安心ですよ。
とりあえずヒロが元に戻って良かった。
・・・元に戻ってるよね?改造されたにしても脳にCCMをインプラントされた程度であってほしい。
しばらくは戦線離脱のようだが洗脳開放による肉体への負担は狂犬アミさんですらしばらくの休暇を必要とするくらいだったので、基本インドア派なヒロがしばらく動けなくなったとしても仕方ないことだろう。
そして敵が生き残ったとなると次なる刺客の登場が期待される。
ワールドセイバーに関わりがある、プレイヤースキルが高い、オーバーロードを持っている辺りが刺客として必要な条件だろうか。
丁度いい具合に全部満たしてるハゲが一人いるけど、やはり奴が来るのか??
上でヒロは今までオーバーロード専用機を使ってなかったから本領を発揮できてなかった説を提唱しましたがこれらは奴にも当てはまらないだろうか?
グルゼオンは見た感じ特殊な能力とかなかった様だし、オーバーロード非対応の機体だったのかもしれない。
仮にキョウジが次なる敵として出てくるのだとしたらディ・レギウディアで真の力を解放した姿が見られるのかも!?
そうなるとライバルであるアラタと期待までもが対になり、よりふたりの因縁がドラマチックなものとなる副次的な効果も出てくる。
ただ、プレイヤーとしての腕前は流石にヒロより劣っているだろう。
だがキョウジの強さは純粋な操縦スキルだけでなく。ファントムに鮮やかな不意打ちを決めた野伏力やクレバーな頭脳にも起因している。
LBX勝負で無敵だったヒロとは違う切り口で強さのアピールを見せてくれる事を期待する。
ただまぁ、あいつがワールドセイバーに復帰する理由がないのがな・・・
むしろフリーランスな立場上、こっちの見方として出てくる可能性すらあるわけで。
アラタとキョウジのサシの真剣勝負も見てみたいし、ライバル同士の共闘も魅力的だ。
アー!どっちも物凄く見たくて困ってしまう!!まぁ、まだキョウジが出ると決まったわけじゃないし早合点な考えなんですけどね。





エンペラーM3カスタム作例

さて、こっから先は作例タイムだ!
まずは前回ページの都合で掲載が見送られたエンペラーM3カスタムからだ。
パワー重視のエンペラーM3にマグナオルタスのスピードを付加した剛柔一体の万能機へと仕上がった!
ムラクの機体は同じライバルキャラであるジンのリスペクトを感じる箇所が多かった故かミキシングの違和感がヤバイくらいに仕事していない。
作中ではタイラントティターニアを使用していたが作例ではムラクと同じ二刀流装備も見受けられる。
どちらも半端なくカッコイイ!!!



シャドールシファー作例

次なる作例はおそらくこのブログに足繁く通っているような方はほとんど買われたんじゃないでしょうか?
ご存知シャドールシファーでございます。
黒+金+緑が色なす高貴なるカラーバランスは貴族めいたノーブルな雰囲気を漂わせる。
とは言え、クリアーパーツは綺麗なんだけど肉抜き穴と合わせ目が非常に目立つので塗装するならどうしても透明度を犠牲にしなきゃいけないのがネックですね。
この作例のようにメタリックグリーンで塗るのがベターでしょうが、パールの輝きも捨てがたいと悩みますね。
製作者のセンスが問われる箇所になりそうです。




イフリート改(1)
イフリート改

そしてそして今月の目玉は・・・
お待たせしました、ダンボール戦機業界のザ・マシンガンズこと声優・古島清孝氏&フィニッシャー・urahana3氏によるイフリート改です!!!
しかもハイパーファンクションである!!
うひょおおおおおお!超かっこよすぎなんですけどおおおおお!!
イフリート改の資料はゲーム画面とカードぐらいしかないという厳しい条件の中でこれほどの作例を仕上げるのはまさに職人技。
新造した部分はほとんどがパテとのことですがその違和感のなさや左右対称のバランス取りの素晴らしいことと言ったら!!
しっぽの円形部分はミニ四駆の台形ホイールを使用したという流用センスもピカイチ。
表記されてませんが中央のジャバラ状になってる円形はヴァルヴレイヴ4号機についてるスピンドナックルかな?
そういえばガンプラワールドカップ上位入賞のボールにも使われていた記憶がある。
この手の形状のパーツは自作が難しいのでほどよく流用に向いてる点で便利なパーツなのかな?末期はどこでも投売りされてたから手に入りやすかっただろうし
どちらにせよ違和感なく組み込める技術の高さが伺えます。
その精巧なスクラッチ技術をさらに引き立てるurahana3さんの塗り分けも見事!
本体の黒などは重量感を損なわない程度に光沢があり、主張しすぎない程度に艶が抑えられているという絶妙の塩梅だと思います。
とにかく、何が言いたいかっていうとこの作品は素晴らしいって事さ。
どちらが欠けても完成し得なかったであろう素晴らしい合作ですよ。
urahana3さんのブログにてより詳しい説明が乗っているのでそちらも合わせてご覧下さい。




列伝コンテストオープン
列伝コンテストジュニア

最後に、2014年ダンボール戦機関連の中で唯一にして最大のコンテスト。ダンボール戦機LBX列伝コンテスト2014の結果発表が掲載されております!
大賞はオープンコース:Aniki%さんの闇黒騎士アキレスDⅡ&ライディングホース。
ジュニアコースはソラさんの狙った獲物は外さない!!になりました!!!
ブラボー・・・おお!ブラボー・・・!どちらの作品もパーツの使いどころが本当に上手い。
何より伝えたいテーマというか『こういう作品なんだ!』というメッセージ性がビシビシ伝わって来るのが素晴らしいですね。
伝えたいことを作品を通して伝えるってのはモデラーなら誰もが意識することだと思うんですが実際なかなか難しいものでして・・・
おまけに大賞のaniki%さんはtwitterでフォローさせていただいてる方(しかも地元が一緒)であり、自分にとって身近な方がこれほどの大挙を成し遂げられていろいろな意味でビックリです。
模型裏の方でもちらほら見かけることもありますがこれからも暑い作品を期待せずにはいられないですね!!



列伝コンテストHJ賞

惜しくも大賞を逃した方々も次のページにて紹介されています。
どの作品も甲乙つけがたい出来栄え・・・!
だが優秀賞に選ばれたのは彼らだけじゃないってことを忘れちゃいけない。
バンダイホビーサイトにて全作例が掲載されてるので後学のためにも見ておくことをおすすめしますぜ!
そして我が盟友、シンニィさんが優秀賞に選ばれてるじゃないの!!!
他にも当ブログにてお越しいただいている新谷黄粉さん(別人だったらすいません・・・)の作品も。
今宵はめでたき日にござる、めでたき日に…
本当におめでとうございます!そしてこれからもよろしく!!!
おそらくは2014年で最も規模の大きかったダンボール戦機のコンテストだったといえよう。
この場をもって参加者全員に経緯を表明したいと思います!
え?私??
いやぁ・・・実は諸事情にて参加してないんすよ・・・
またぞろ懲りずにWF参加に向けて原型を制作していたものでして。
列伝を投げ打ってまでやったんだから今度はちゃんとしたいなぁ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

俺達の戦いはまだ始まったばかりだ

謹賀新年、今年もLBX列伝記事を書いてくださりありがとうございます。
相変わらず、ホーリーランスを探して彷徨っている闇龍です。
ただでさえ、今回の列伝は熱い展開だったのが、エズフィトさんのコメントでより熱くなっていました。特に、「肉を斬らせて骨を断つ、どころか肉を投げ捨てて文字通り骨になっちゃったよ」はとてもいい表現だと思いました。
ヒロ撃破で、終わっちゃうのかな?と思いましたが、まだまだ続きそうで安心しました。
俺達の戦いはまだ始まったばかりだ的ノリで終了しなくて本当に良かったです。
列伝コンテストのアイデアは参考になりますね。自分も今オリジナルワールドセイバー機を製作中なので、いい影響になりそうです。
列伝記事十二回も楽しみにしております!

新たなる戦いの予感!?

待ってました!手に汗を握る戦いでしたね、文章なのに熱気が感じました。見たところ、(完)と言う文字がない限りLBX列伝はまだまだ続きそうですね。こうして、一つの希望が僕らの中で生まれた・・・・・。LBX列伝の展開によって、メインLBXのキット化の可能性もありますし、暗いこともどうでもよくなりましたね!でも、そいつが発表されるまではプラモシリーズはシャドールシファーで少しお休みかな?現状的にも。この調子で新作ゲーム。アニメも今年中に来てくれるとうれしいが、難しいかな?
キョウジがレギウディアの新のプレイヤーとなるのならば、レギウディアにもまだ明かされていないパワーがあるのだろうか?エズフィトさん、ブラスラと言えばあれがまだ残ってるじゃないですか!ドットフェ・・・おっと、誰か来たようだ。
これからも列伝が継続されるのはうれしいが、我らがヒロイン・鹿島ユノちゃんが主役のサイドストーリーも展開して欲しいです。そうすれば、ユノフェイサーはまだしも、セイレーンのキット化が・・・・・・・後、島を出た2年5組の欠員を埋める新規人物も欲しいところですし。その辺は高望みしすぎですかな?それに島を出たといっても、長期休学的なものでしょうし、そもそも新規人物が出すなら新作出せますしね。
さすが、ミスターエンペラー・竹本氏!!彼にかかれば、どんなエンペラーも美しく再現できますね。僕も負けてられません!
最後に長くなりましたが、LBX列伝二週目はどのような展開でしょうね?ヒロの昏睡状態の夢の中の出来事が個人的にあるかも。このまま、カスタム3機でいくとも限らないし、新LBX誕生の予感!?2015年、ダン戦サイコーのスタートとなりました。

消えたディ・レギウディアの行方

ワールドセイバーによって洗脳されたヒロを取り戻したバン達。
取り戻した反面、ヒロは顔の左部分に怪我を負ったと同時に意識不明の状態に陥った。
激戦を繰り広げたディ・レギウディアは、その戦闘後に消えていた
(エンペラーM5は、恐らく倒せたと推理します。その物証として、タイラントティターニアをジンのエンペラーM3カスタムが使っていました)。
ワールドセイバーの面々にとっては、ディ・レギウディアのデータ収集目的に投入して、更に強化を企てていると思います。
バン達はワールドセイバーに勝てるのか、この先熾烈さが高まりそうです。

Re: 俺達の戦いはまだ始まったばかりだ

> 謹賀新年、今年もLBX列伝記事を書いてくださりありがとうございます。
> 相変わらず、ホーリーランスを探して彷徨っている闇龍です。
> ただでさえ、今回の列伝は熱い展開だったのが、エズフィトさんのコメントでより熱くなっていました。特に、「肉を斬らせて骨を断つ、どころか肉を投げ捨てて文字通り骨になっちゃったよ」はとてもいい表現だと思いました。

ありがとうございます!!
感想系は毎度上手い言い回しがないか頭を悩ませてます。
骨とコアスケルトンをかけたネタだったのですが気づいていただけたようで嬉しいです。
こういうのは出てくるときはパッと思い浮かぶんですがダメなときは延々PCの前で頭を抱える羽目に…




> ヒロ撃破で、終わっちゃうのかな?と思いましたが、まだまだ続きそうで安心しました。
> 俺達の戦いはまだ始まったばかりだ的ノリで終了しなくて本当に良かったです。
> 列伝コンテストのアイデアは参考になりますね。自分も今オリジナルワールドセイバー機を製作中なので、いい影響になりそうです。
> 列伝記事十二回も楽しみにしております!

オリジナルのワールドセイバー機!!
連中がゴルドーとキャリパーしか使ってないのはあり得ないですから他の機体は絶対あるはずですよね。
そういうのを妄想するのも模型製作の楽しみの一つですな。
上位入賞者はどの作品も見立てが上手くて勉強になります。
キットだけでなくダイスまで利用してしまうその発想に恐れ入る。
十二回はこんなに遅くならないようガンバリます…

Re: 新たなる戦いの予感!?

> 待ってました!手に汗を握る戦いでしたね、文章なのに熱気が感じました。
見たところ、(完)と言う文字がない限りLBX列伝はまだまだ続きそうですね。
こうして、一つの希望が僕らの中で生まれた・・・・・。LBX列伝の展開によって、メインLBXのキット化の可能性もありますし、暗いこともどうでもよくなりましたね!

ブログ主としては文章力を褒めていただけるのは光栄です!
ここで新機体が出ればそれだけキット化する可能性も高まるという物よ!
ん?でもイラストレーターが急死宣言と言う事は…
アイエエ!?B-CLUBナンデ!?




> キョウジがレギウディアの新のプレイヤーとなるのならば、レギウディアにもまだ明かされていないパワーがあるのだろうか?エズフィトさん、ブラスラと言えばあれがまだ残ってるじゃないですか!ドットフェ・・・おっと、誰か来たようだ。

あー、ワールドセイバー版ドットフェニックスと言う線はありそうですね。
ただディ・レギウディアが余りにも強いため現状パワーアップの必要はなさそうですが。
ただ補助メカという概念はWARSでも画期的なアイデアだったので列伝でもぜひ活かしてほしいですね


> これからも列伝が継続されるのはうれしいが、我らがヒロイン・鹿島ユノちゃんが主役のサイドストーリーも展開して欲しいです。そうすれば、ユノフェイサーはまだしも、セイレーンのキット化が・・・・・・・後、島を出た2年5組の欠員を埋める新規人物も欲しいところですし。その辺は高望みしすぎですかな?それに島を出たといっても、長期休学的なものでしょうし、そもそも新規人物が出すなら新作出せますしね。

ユノの機体ならドットフェイサーがキット化してるから…(震え声
まぁセイレーンは魅力的なLBXですがストライダー不遇な時期がずっと続いてたし難しかったんでしょうね。ジャンヌDですら出なかったくらいだしな…
神威大門サイドの物語は気になりますね。確かに欠員を補充するためクラスも再編されるでしょうし、ユノやヒカルが新しい仲間とどのように接するのかは気になる所です。



> 最後に長くなりましたが、LBX列伝二週目はどのような展開でしょうね?ヒロの昏睡状態の夢の中の出来事が個人的にあるかも。このまま、カスタム3機でいくとも限らないし、新LBX誕生の予感!?2015年、ダン戦サイコーのスタートとなりました。

結局カスタム三体でもディ・レギウディアに勝てなかったので新機体はあるかもですね。
これまでの流れからして次はオーディーン、ゼノンの発展機と言うのがありそうかな?
でもコウスケだけはこのままシャドールシファーで頑張ってほしい気がします。
やっぱりこう、一人くらい旧式で頑張ってる奴が欲しいんですよ、ロボヲタのロマン的に。

Re: 消えたディ・レギウディアの行方

> ワールドセイバーによって洗脳されたヒロを取り戻したバン達。
> 取り戻した反面、ヒロは顔の左部分に怪我を負ったと同時に意識不明の状態に陥った。
> 激戦を繰り広げたディ・レギウディアは、その戦闘後に消えていた
> (エンペラーM5は、恐らく倒せたと推理します。その物証として、タイラントティターニアをジンのエンペラーM3カスタムが使っていました)。

流石にもうエンペラーM5は撃破したでしょうね。
どうやって倒したのかは気になりますが普通にジンが隙を作ってフィーニスで撃ちぬいたと考えるのが妥当か。
ヒロは結構重症っぽいので今後の戦いで復帰するかは分からないですね。
他キャラの出番の事を考えるとこのまま最後まで療養かなぁ…


> ワールドセイバーの面々にとっては、ディ・レギウディアのデータ収集目的に投入して、更に強化を企てていると思います。
> バン達はワールドセイバーに勝てるのか、この先熾烈さが高まりそうです。

バン達は結構手の内晒してますもんね。
実際カスタム三機は追い詰められた末の切り札だからこいつらを対策されると厳しそうです。
その様な逆行を前にどのように立ち向かっていくのか今後も目が離せませんね!!

レビュー乙です。ここまで本気のHJ誌には頭が下がるばかりです。
しかし、今年はダン戦がどうなってしまうのか・・・気になって眠れません。
ところで、エズフィトさんは次世代WHFには行かれるんでしょうか。
ここで展示があるかないかで、今後の展開が見えてくるのですが、
HPを見るとダン戦のダの字も見えない始末・・・
とにかく、今年もダン戦情報期待していますので、更新頑張ってくださいね!

ダンボール戦機は終わらない…エターナル、不滅…
終わらない、終わらせないぞ

年末年始ダン戦祭り!!

新年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します!

いやあ、コアスケルトンだけで特攻、そしてダブルレイウィングとはHJさんも考えたものです!
でも今はただただヒロの状態が心配…2クール目に入ったら、きっと遥さんが出て来てくれると信じています。(そして昏睡状態のヒロの夢n(ry

はいそうです私です!ペルセウスに赤いマフラーをさせただけですσ(^_^;)
今更ながらミキシングしてないといけなかったのかなーなどと考えております。仲間内では好評でした!

これからの1年、エズフィトさんが良い1年を過ごせますように!

あけましておめでとうございます。Twitterには書いたものの、直接言ってなかったので改めて。今年もよろしくお願いします。

待ってました! エズフィトさんの熱い『LBX烈伝感想 第十一回』!
レギウディア強い…! Wの頃から既に潜在能力は認められてましたもんね、ヒロは。
のっけからヒロが強すぎてホントにどうするんだと思ってたら、知らぬ間にまさかのエンペラーM5陥落!? おいぃぃぃ! 何があったぁぁ! またまた映像化してほしい部分が増えましたよ…したらですけど(;^ω^)

そしてまさかのWVモード! まさかのダブルレイウイング! コアスケルトンになって合体技を繰り出すなんて想像だにしてませんでした。最後まで諦めない、さすが我らが山野バン!
しかしドットフェニックスの翼のおかげでディードカスタムが火の鳥になれたってことは、アラタはドットブラスライザーとドットフェニックスで1人ダブルレイウイングを出せるんでしょうかね?

何とかヒロを倒せたものの、セレディのようなことになって後遺症が残らないか心配です…。ヒロならいずれオーバーロードを完全に自分のものにできたかもしれないのに、無理矢理洗脳なんかしやがって…ッ! おのれ、ワールドセイバーめ!!

今回で一区切りしましたが、続きがありそうな感じなので少し胸をなでおろしました。エズフィトさんの仰る通り、あのキャンディボーイは果たして出てくるのか? 髪は伸びてるのか? アラタとの真剣勝負も共闘もどちらも見てみたいですね! ライバルとしていがみ合いながら一緒に旅をする仲間になったりして…。なんだかんだで裏の世界を知ってますから、これからまた旅を続けるアラタにとって「ONE PIECEのゾロのような引き締め役」になったりしないかなぁと勝手に妄想しています(´ω`*)

そしてマーボ丼さんの仰る通り、ヒロインでアラタの嫁ことユノっち主役の神威大門の話も見てみたいですね。何かの拍子にアラタのもとに来てそのまま一緒に旅をしてくれたらいいなぁ…。そういえばサクヤは事件の後、学園に帰ったんでしょうか?

>そしてそして今月の目玉は・・・
お待たせしました、ダンボール戦機業界のザ・マシンガンズこと声優・古島清孝氏&フィニッシャー・urahana3氏によるイフリート改です!!!
しかもハイパーファンクションである!!
うひょおおおおおお!超かっこよすぎなんですけどおおおおお!!

わかります。そりゃテンション上がりますよ! エンペラーM3カスタムもシャドールシファーも呑み込む圧倒的存在感! ちょっとしたゲームの画面からここまでのものを生み出すなんて! 裏花さんのサイトにもカッコいい写真がたくさんで、もうたまりません!
HFアキレスがあるのにHFアキレス・ディードが出たんなら、HFイフリート改が出てもイイですよね!? お願い、バンダイさん…!

烈伝コンテストは「ミキシングだけでここまでのものができるのか!」と目からウロコが落ちまくりでした。プラモは想像力次第でどこまでも面白くなるってことを改めて実感しました。LBXの可能性は無限大ですね!

最後になりましたが、エズフィトさんやダンボール戦機ファンの皆さんの今年一年の健康とまだまだダンボール戦機が続いていくことを願っています<(_ _)>

長文失礼しました。それでは。

Re:通りすがりさん

> レビュー乙です。ここまで本気のHJ誌には頭が下がるばかりです。
> しかし、今年はダン戦がどうなってしまうのか・・・気になって眠れません。

もう何度目かはわかりませんがHJに感謝の敬礼ッッ!!
私としてもダン戦の行方は気になるばかりです。
イナイレは復活のフラグが立ってるようですがコラボした仲であるダン戦がどうなるのか…
便乗と言われても構わんから一緒に復活してくれんだろうか


> ところで、エズフィトさんは次世代WHFには行かれるんでしょうか。
> ここで展示があるかないかで、今後の展開が見えてくるのですが、
> HPを見るとダン戦のダの字も見えない始末・・・

事後報告になってしまいましたが今回はいきませんでしたねー。
いつもダン戦ブースに行くのが用事の9割なので限定キットもない状態だとあんまり食指が動かなかったですね。
一応クリアーオーディーンは売ってたみたいですがもう3つも持ってるので…



> とにかく、今年もダン戦情報期待していますので、更新頑張ってくださいね!

はい!頑張ります!
相変わらずスットロい更新ですが気長に応援してください…(ドゲザ

Re: タイトルなし

> ダンボール戦機は終わらない…エターナル、不滅…
> 終わらない、終わらせないぞ

エターナル、不滅の夢を
信じ続ける限り終わりは無いぜ…
エターナルの歌詞はダンボール戦機という作品の行き先そのものを暗示してるようにも聞こえますね。
流石現状最後のアニメのOPを飾った曲。
Real Answerと並んでカラオケで結構な頻度で歌うお気に入りの曲です

Re: 年末年始ダン戦祭り!!


> 新年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します!

こちらこそハッピー♪うれピー♪よろピクねー♪
あー、今月も25日が待ち遠しい…


> いやあ、コアスケルトンだけで特攻、そしてダブルレイウィングとはHJさんも考えたものです!
> でも今はただただヒロの状態が心配…2クール目に入ったら、きっと遥さんが出て来てくれると信じています。(そして昏睡状態のヒロの夢n(ry

まさかのダブルレイウイングは目からウロコでしたね。
これをヒロにかます日が来るとはなぁ…
ハルカさんも出番あるといいですねぇ、もうこうなったら今までのキャラをぞろぞろっと片っ端から出てきて欲しいもんです。



> はいそうです私です!ペルセウスに赤いマフラーをさせただけですσ(^_^;)
> 今更ながらミキシングしてないといけなかったのかなーなどと考えております。仲間内では好評でした!

やっぱりヒーローはマフラーがあってナンボですよね。
一般的にマントかマフラーの二種類があると思うんですけど私はマフラー派ですね。
これも全部サイボーグ009と覚悟のススメのせいかな。
という訳でマフラーの中でも赤、黄色、白あたりが特に好みです

Re:kkkさん

> あけましておめでとうございます。Twitterには書いたものの、直接言ってなかったので改めて。今年もよろしくお願いします。

こちらこそブログ、twitterともどもよろしくお願いします!
あんまり呟いてませんが…


> 待ってました! エズフィトさんの熱い『LBX烈伝感想 第十一回』!
> レギウディア強い…! Wの頃から既に潜在能力は認められてましたもんね、ヒロは。
> のっけからヒロが強すぎてホントにどうするんだと思ってたら、知らぬ間にまさかのエンペラーM5陥落!? おいぃぃぃ! 何があったぁぁ! またまた映像化してほしい部分が増えましたよ…したらですけど(;^ω^)

尺に余裕があれば回想形式で後から語られるパターンなのでしょうが難しそうですね…
個人的にWARSとかでヒロがバンより上という扱いにイマイチピンと来なかったのですが今回自分で感想をまとめていてなんとなく腑に落ちた気がしました。
ヒロの潜在能力がオーバーロード依存のものならアラタもさらなる力を秘めている可能性があるのでしょうか?



> そしてまさかのWVモード! まさかのダブルレイウイング! コアスケルトンになって合体技を繰り出すなんて想像だにしてませんでした。最後まで諦めない、さすが我らが山野バン!
> しかしドットフェニックスの翼のおかげでディードカスタムが火の鳥になれたってことは、アラタはドットブラスライザーとドットフェニックスで1人ダブルレイウイングを出せるんでしょうかね?

そう言われるとできそうな気もしますがやはり、互の呼吸とかなんやら必要な技だと思うので一人だとできないんじゃないでしょうか。
Σオービスとかどう考えても一人で動かしたほうが効率良さげなのに三人でしか動かないみたいだし。
もっともWARS本編のように分離したフェニックスを誰かが操作してればできると思います。




> 今回で一区切りしましたが、続きがありそうな感じなので少し胸をなでおろしました。エズフィトさんの仰る通り、あのキャンディボーイは果たして出てくるのか? 髪は伸びてるのか? アラタとの真剣勝負も共闘もどちらも見てみたいですね! ライバルとしていがみ合いながら一緒に旅をする仲間になったりして…。なんだかんだで裏の世界を知ってますから、これからまた旅を続けるアラタにとって「ONE PIECEのゾロのような引き締め役」になったりしないかなぁと勝手に妄想しています(´ω`*)

キョウジはホントにいい悪役でしたね。
個人的に彼がいなければWARSは成り立たないと思ってるくらい好きなキャラクターです。
キリトもジンもなんだかんだで最終的に仲間になったのに彼は悪役を貫きましたからね。
だからこそライバルであってほしい気もするし、夢の共演を見たい気もする…
いろいろ悩ませてくれるあたり本当に美味しい立ち位置ですよ。



> そしてマーボ丼さんの仰る通り、ヒロインでアラタの嫁ことユノっち主役の神威大門の話も見てみたいですね。何かの拍子にアラタのもとに来てそのまま一緒に旅をしてくれたらいいなぁ…。そういえばサクヤは事件の後、学園に帰ったんでしょうか?

サクヤがいないとブラスライザーとフェニックスのメンテに支障が出そうですし、残ってるかもしれませんね。
まぁ、現状アラタしかWARS勢が話に絡んでないのでもう一人くらいいてもいいという気もします。
神威大門編はなまじ生徒会の動きを描いた分、無性に読みたくなりますよね。
ユノさんは肝っ玉も太いし普通に主役できる器ですよね…
期待も主人公のそれだし。




> わかります。そりゃテンション上がりますよ! エンペラーM3カスタムもシャドールシファーも呑み込む圧倒的存在感! ちょっとしたゲームの画面からここまでのものを生み出すなんて! 裏花さんのサイトにもカッコいい写真がたくさんで、もうたまりません!
> HFアキレスがあるのにHFアキレス・ディードが出たんなら、HFイフリート改が出てもイイですよね!? お願い、バンダイさん…!

あれは何度見ても飽きない至高の逸品!
製作工程の写真がほかにあるなら是非とも公開して欲しいくらいですよ!!
イフリートは改どころか通常のHFすら全く見かけないので再販かけてほしいです…




> 烈伝コンテストは「ミキシングだけでここまでのものができるのか!」と目からウロコが落ちまくりでした。プラモは想像力次第でどこまでも面白くなるってことを改めて実感しました。LBXの可能性は無限大ですね!

実際プラモデルは知育玩具の側面もありますしね。
ダンボール戦機を通して子供たちにプラモが広がったのはうれしく思います。
またジュニア部門ですら感心するような作品がちらほらあったのが感慨深いですね。
次にコンテストがあったら参加したいものですが…




> 最後になりましたが、エズフィトさんやダンボール戦機ファンの皆さんの今年一年の健康とまだまだダンボール戦機が続いていくことを願っています<(_ _)>
> 長文失礼しました。それでは。

デスネー。
今は妖怪にポジションを譲ってやってるがそのうち子供たちの人気がダン戦に帰ってくるのを期待してます。
今年はダンボール戦機にとってどんな年になるんだろうなー

ワールドセイバーとの新たな戦い

ワールドセイバーがヒロを誘拐した挙げ句に洗脳させて、バン達に戦わせた。
信じたくはないと思いますが、もし意識を取り戻したとしても後遺症が残り、復帰できても戦えるかどうか不透明な状態。
このままワールドセイバーが力を蓄え続けたら、如何にバン達が力を結集させても敗北させる恐れも考えても不思議じゃないと思います。
ディ・レギウディアとの戦いでも、アブソルートフェイズは謎に包まれっぱなしな状態。
この先、勝てるのか分からない戦いにバン達は、どう立ち向かうのか?

列伝続くらしいですね…終わらなくてよかった

オーバーロード対応機ってのはかなり高性能な機体(情報処理、物理的な耐久)を指すものだとして、グルゼオンはキョウジがアラタよりずっと長く使えるオーバーロードを発動しても壊れることなく扱えて、ジーエクストとも互角だったあたりグルゼオンはオーバーロード対応機で良いのではないでしょうか?

Re: ワールドセイバーとの新たな戦い

> ワールドセイバーがヒロを誘拐した挙げ句に洗脳させて、バン達に戦わせた。
> 信じたくはないと思いますが、もし意識を取り戻したとしても後遺症が残り、復帰できても戦えるかどうか不透明な状態。

でぇじょうぶだ、山野博士に頼めば…
と言うのは置いといて科学者の層は厚いですが医療に長けた人材は味方サイドにもあんまりいませんもんね。
オーバーロード由来の損傷ならチョコ食ってれば直る可能性が微レ存…?



> このままワールドセイバーが力を蓄え続けたら、如何にバン達が力を結集させても敗北させる恐れも考えても不思議じゃないと思います。
> ディ・レギウディアとの戦いでも、アブソルートフェイズは謎に包まれっぱなしな状態。
> この先、勝てるのか分からない戦いにバン達は、どう立ち向かうのか?

ワールドセイバーの恐ろしい所は潜伏場所や構成員なのがとにかく不明瞭でどこを当たればいいのか分からないところですよね、その辺現実のテロ集団とかと重なる部分もあると思います。
しかもそれらと違って使用する兵器が軍のお下がりや横流し品ではなく世界最高クラスの物を扱えるのがヤバイ。
実際こんな集団が実在したらとんでもない脅威ですよ。
バン達超ガンバレ

Re: タイトルなし

> 列伝続くらしいですね…終わらなくてよかった

今月のHJをこの目で読んで確信いたしました。
あー、良かった。しかもこの調子だと現時点でも結構先の話まで考えてあるっぽい?
新年早々明るいニュースを確認できて何よりです

Re: XペンW さん

> オーバーロード対応機ってのはかなり高性能な機体(情報処理、物理的な耐久)を指すものだとして、グルゼオンはキョウジがアラタよりずっと長く使えるオーバーロードを発動しても壊れることなく扱えて、ジーエクストとも互角だったあたりグルゼオンはオーバーロード対応機で良いのではないでしょうか?

あー、成程確かにそうかもしれませんね…
なんか個人的なイメージからオーバーロード対応機は特殊な機能がついてる(ラグナロクフェイズやエゼルディのソードビット)のが前提と言う先入観がありました。
丁度サイコミュ技術を運動性能の向上に使用したνガンダムみたいにグルゼオンはオーバーロードの力を変形やビット兵器でなく純粋な駆動力、戦闘力に割り振った機体という考え方もできますね。
そう考えれば次々現れる新型に逐一対応していたグルゼオンの高いスペックも自ずと納得できるという物です。
貴重なご意見をありがとうございました。
もしキョウジが敵として新機体を引っ提げてくる展開ならグルゼオンのバージョンアップ的な機体を見てみたいなぁ