2014/12/06

素組みのシモン


2b5d4cdd.jpg
e08c03e2.jpg

強敵(でもなかった)成練高専を撃破したトライファイターズの次の対戦相手は水中中学在籍のチームエンゼルフィッシュ。
一回戦では鮮やかな手並みで敵を自分たちの土俵へ引きずり込み、フーリンカザンを利用して勝利を収めた。
こいつはヤバイ予感がするぜ!強敵に違いねぇ!!





e3d510f6.jpg
53b101ee.jpg
a7ba392b.jpg
2698fd76.jpg

4コマで分かるVS水中中戦




全然ダメじゃないですか(泣

一回戦の時にユウマが『水がなかったらどうするつもりだったんだ?』と疑問を呈していたが、特に対策があるでもなく何も考えていなかっただけの様です。
バカ!バカな!バカすぎる!!ていうか別に水がなくても戦えただろうに、1stガンダム本編だとこいつらは水中よりも丘の上で戦ってたほうが圧倒的に多かったんだが。
ゾックなんて水で戦ったこと一度もないぞ、泳いではいたけど。
初登場時から出オチ臭のするキャラだとは思っていたが・・・
まぁ、主人公チームの預かり知らぬところでデュナメストルペードあたりの相性最悪な相手とカチあって敗北とかはあるかなと少し思ってたりもしましたが想像をはるかに上回る情けなさだった。
これならビルドMk-2の試し割りに使われたカトーさんの方がなんぼかマシじゃあ
でもよくよく考えたらチーム名がエンゼルフィッシュ(熱帯魚)なんて名前だったから寒冷地は相性が悪かったのかも。
チームシャケとかチームクリオネとかだったら負けなかったかもしれない。
・・・・・・なんか余りにも駄目すぎてまともな形でフォローができん。




30605653.jpg
18116d6a.jpg

彼らのことは置いといてセカイ達は次に戦う相手を見極めるため、区立常冬中学VSコスモ学園貴族科・チームバビロニアの試合を見に行く。
コスモ学園。なんか小宇宙を感じたりイデの力が発動しそうな名前だ。
ていうか貴族科って何をやる科なんだ。貴族ってのは家柄だから生まれた時点で決まるもんであって勉強してなれるもんじゃないと思うんですけど・・・
男子は全員七三分けで『家畜に神はいないッッ!!』とか言ったりするのだろうかとか、平民科、奴隷科もあるのだろうかとか、謎が尽きない。





efc37910.jpg
08067d36.jpg
dedde4cd.jpg
e5f18d53.jpg

それはともかくチームバビロニアは上位入賞の常連という強豪チームらしい。
対する常冬中学は初参戦の上、使用機体も全員素組みという言っちゃなんだがここまでこれたのが奇跡というレベルのチームだった。
それを裏付けるように試合開始早にウィンダムとムラサメが爆発四散する。
だが、リーダーであるシモンのデスティニーは一味違った。
ビームランチャーでシールドごと貫き、アロンダイトで一刀両断、そして華麗なフットワークからのアッパーカットを決め、あっという間に逆転を決めてしまった。
なんという強さか!これが本当に素組みのプラモだというのか!
その秘密は彼の戦闘スタイルにあったことを我らが主人公は見抜いていた。
セカイ同様、シモンも自身の格闘センスを活かしたプレイングをしていたのだ。
その一方でセカイと違い無数にあるデスティニーの武装をうまく使い分けている、これはセカイにとって大きな壁になりそうだ。
しかしバビロニアが負けちゃったのは残念だ。謎すぎる貴族科についてもっと知りたかったのに。
素組みにも関わらずビームシールドが貫通したのはデナンゾン自体が改造によって耐久が落ちていたと脳内補完しておく。
ミニ四駆で速さを追求するあまり肉抜きしたのはいいけどコースアウトしやすくなった状態みたいな。
ともあれ、区立常冬中学がトライファイターズの次の対戦相手になった。





4416b963.jpg
9995094f.jpg
8c9989aa.jpg

大会も終了し、帰路に着こうとする一行。
しかしそこへ待ったをかける影が二つ、先ほどチームバビロニアを負かした常冬中学プラモ部のモブ二名・・・じゃなくてマスダ・ゴロウ、タニオカ・コウジというらしい。どっちがどっちだか分からんけど。
彼らはトライファイターズに直訴したい願いがあって来たという。
それは『次の対戦で、自分たちを勝たせて欲しい』という物だ。
こ、これはかの地下闘技場最強トーナメントで猪狩寛至が行った八百長メソッド!!
既にミライおねえちゃんソックリの女優とかスタンバイしてるに違いねぇ!!
当然、トライファイターズとしてもそんな要求を承諾する意味も理由もない。
何を言うだァーーー!と言わんばかりに真意を問いただすとそこには深い理由が・・・




d015cb90.jpg
a50224cf.jpg
4034f998.jpg

彼ら曰く、チームリーダーのシモンには重い病気を患った幼い弟(マモル君)が・・・
オイオイ、どっかで聞いたような話じゃないか。そんなレベルファイブのゲームじゃあるまいし・・・と思ったらどうやらマジらしい。
シモンがわざわざ素組のデスティニーを使っているのも『弟の作った機体で勝利して勇気を与えるため』という理由らしい。
そもために、彼は全国チャンピオンにまで上り詰めたボクシングを辞めてまでガンプラバトルをやっているのだと。
健気な兄弟に勇気を与えるためにも、どうしても勝たなければいけないのだ!




・・・以上がドゲザまでして勝利を嘆願した理由らしい。
まぁ、分からなくない。分からなくないんだけどさぁ・・・
対戦相手にお願いするより先にまずお前らが頑張れよ。一撃でやられてんじゃねーよ。
弟の作った機体で戦う必要のあるシモンはともかく、この二人は別に素組のプラモを使わなきゃいかん理由もないんだし大会までに血の滲むような努力をして完成度の高いプラモを作るとかそういう考えはなかったのだろうか。
って言うか弟に勇気を与えるって理由なら、ボクシングじゃダメなの?
折角全国一位にまでなったのに・・・まぁ、どんなにスゴイ功績でも興味なけりゃ共感も何もないってことか。


予想以上に重い身の上話にさしものトライファイターズも考え込んでしまう。
彼らにはどうしても勝たなければいけない理由がある。だが自分たちはどうだろうか?
勝負なんてのは所詮はエゴだ。
戦う理由なんて何でも良くて、それが当人にとって大事なことならどんなくだらない事でも相手と比較するべきではないだろう。
割り切った考えをすれば対戦相手の身内事情がどうあれ、トライファイターズには関係のないことなのだから無視してしまっても構わないし、それを薄情と批判する権利は誰にもないはずだ。
とは言えそこまでバッサリ切り捨てられないのは彼らの優しさ故だろうか。あるいは甘さと呼ぶべきか?
真実はブッダのみが知る、悩める三人が出す答えは・・・





2472e357.jpg
17a99443.jpg
0b866bbc.jpg

視点は変わり、翌日シモンが弟の見舞いにくると予期せぬ来訪者が居た。
次の対戦相手であるカミキ・セカイだ。
セカイはシモンへ宣戦布告しに来た。セカイが出した答えは『正々堂々戦い抜く』だった。
お前がそう思うならそうなんだろう、お前の中ではな。だがそれで良いのだ。セカイがそう決めたのなら、それもひとつの真実には違いないのだから。
一方でフミナも見舞いに訪れてはいたものの、内心ではやはり勝利を譲るかどうか迷っていたようだ。
しかし、セカイの姿勢に感化され全力で迎え撃つ決心をするのであった。





53504ad6.jpg
103fff08.jpg
cde82ada.jpg

一方、八百長を持ちかけた事がバレた二人はシモンからの鉄拳制裁を受けていた。
悪く言えば相手の良心につけ込むやり方とも取れるからこれは致し方なしか・・・
『同情なんかされなくても俺はマモルの作ったガンプラで勝つ!』と主張するシモンに対し『でも聖鳳学園は今までの相手とは違います!』と反論するゴロウ。
上位入賞の常連のチームバビロニアとは何だったのか。
そういえばコイツらガンプラバトルに詳しくなさそうだしシモン一人であっさり片付けたバビロニアが強豪チームだったなんて知らなさそうだな。
最悪ビギナーズラックで勝ち上がってきた素人か何かと勘違いしてる可能性すらある。
負ければ賊軍とは言え、あんまりな扱いだよ。
ともあれ、リーダーであるシモンに説得され、二人も覚悟を決めて真正面からトライファイターズに挑むハラをくくるのであった。




366a65d1.jpg
3cdf5191.jpg
831278cc.jpg
984e6ce2.jpg
4d23306c.jpg

・・・試合当日!
各々の思いを胸にトライファイターズと常冬中学模型部が激突する!
戦力だけで見れば成練高専の方が強そうだ、シモン以外を早々に取り除いて3人で囲んで棒で叩けば勝利は手堅いだろう。
案の定ゴロウの動きはユウマには隙だらけの突進でしかない!ムラサメを銃口の先端に完全に補足したユウマは引き金を引くだけで片が付く。
だが、前日の懇願が一瞬ユウマの心を乱す!そしてその僅かな隙を捉えたムラサメがライトニングガンダムのワン・インチ距離へと肉迫し、そのまま組み付いた!!
全力でブースターを蒸かしたムラサメの向かう先は・・・場外!!
実力が遠く及ばないゴロウがシモンの足でまといにならないために考えた戦略、それは自爆覚悟の相打ち戦法だった。
ユウマのまさかのリングアウトに意識を奪われたフミナも同じくコウジのウィンダムによって戦線離脱させられた。
モデラー的にはフィールドから落ちたガンプラがすごい壊れそうな落ち方をしてて思わずヒィッ!ってなってしまった。
実際当たり所が悪ければホントに壊れるだろうし、完成度や技術力に由来しない勝ち方なのでこの戦法は本来禁じ手なのかもしれない。今までに使ってた人がいなかったし。
だからと言ってゴロウとコウジを卑怯者と断罪する事ができようか?否!!ルール上この様なケースが想定されているのならばこれは油断していた側のウカツであろう。二人の士道不覚悟には至るまい。
でもこの戦法、二度も使えるやり方じゃないよな。勝ったとしても決勝どーするつもりなんだろう・・・




aa12f1eb.jpg
c0079855.jpg
0b1a71f4.jpg

常東中側の作戦により、勝負はデスティニーVSビルドバーニングの一騎打ちと相成った。
素組みである事と、相方の弱さを考えればファイターとしてのワザマエはシモンの方が上だろう。
だがビルドバーニングの完成度はシモンのデスティニーを遥かに上回る。
そうした個々のスペックさが如何にして明暗を分けるのだろうか!
ビームランチャーとビームライフルを同時に斉射!!ビルドバーニングは回避しつつの旋風竜巻蹴で距離を詰めにかかる!
だがその痛烈な一撃をWビームシールドでかろうじて防御する。いかに素組みであるといえど装備の追加は有効だ!
デスティニーはビームブーメランを連続投擲して牽制!
ビルドバーニングはサイドキックで難なく跳ね除ける。





99c5fb9a.jpg
af26e85e.jpg
c6f68bd0.jpg
f379954e.jpg
e6e53e1c.jpg

立て続けに武装を無効化される。だがデスティニーガンダムにも格闘武器はあった!!
パルマ・フィオキーナwith光の翼!!
掌部ビーム砲と次元覇王流・聖拳突きが激突・・・しない!インパクトをズラしたパルマがビルドバーニングの顔面を正確に打ち抜く!
これぞ明日のジョーに記されし暗黒ボクシング奥義・クロスカウンター!
両腕をクロスさせる事により威力が4倍になるという意味不明な必殺技だ。
ちなみに派生形としてクロスした腕を跳ね除けてパンチを放つダブルクロスカウンター、ダブルクロスカウンターにクロスするトリプルクロスカウンターが存在する。
威力はダブルクロスで8倍、トリプルクラスで12倍もはやキン肉マンと大差ないトンデモ理屈である。
っていうかダブルクロスってただのパンチなのでは?ボブは訝しんだ




9a6fba18.jpg
7c73f141.jpg

戦況は互いに泥沼の殴り合いにもつれ込む。
何故か当然のようにプレイヤーの身体能力がガンプラバトルの強さに直結しているのでこれはシモンが有利と見える!
だが、バーリ・トゥード(なんでもあり)の戦いであればボクサーのファイトスタイルは対応範囲が狭い!
ビルドバーニングが腕に絡みつき、腕ひしぎ十字固めを極める!
こ、これは餓狼伝に伝わる虎王キャンセルからの変形飛びつき逆十字では!?
なお、漫画版ではなかったことにされた模様、奥義はフェイントであくまでプロレス技が本命という実に長田らしくて好きな技だったのに。
次元覇王流はサブミッションも存在する総合格闘術のようだ。




c1a35b4e.jpg
0541c741.jpg

寝技を知らないであろうボクサーのジョイントを捕るなどまさにベイビー・サブミッション。
だがシモンは諦めない、諦められない!弟に勇気を与えるため勝利を手にするまでは!!
シモンの執念が伝わったのかデスティニーの破損した腕が再び動き始める、プラフスキー粒子は意思疎通ができる力を備えている。
ならば気合を粒子に伝達させ動きを活性化したりとか出来るということだろうか?
起き上がったデスティニーはビルドバーニングの顔面をつかみゼロ距離パルマ・フィオキーナ!
グワーッ!強烈!!




4408614b.jpg
94b6f5f9.jpg
b1bd1a3a_20141205000419c39.jpg

起き上がったシモンのデスティニー。
しかし既にビルドバーニングは上空へ駆け上がっていた!
次元覇王流・閃光魔術蹴!!
ゲェー!膝を曲がらない方へ叩き込んだ!!ムゴイ!!
そのまま反動で飛び上がり、首狩り膝一閃!デスティニーはしめやかに爆発四散、サヨナラ!!!




e9497456.jpg
a038a4bc.jpg
251f7663.jpg
37d4d877.jpg
8f5e6d08.jpg
3b4f4f05.jpg

結局、常東中は敗北し、シモンは弟に勝利を伝えられなかった。
だが『勝負に嘘を持ち込みたくはない』というセカイの信念は互いに全力を尽くしたファイトを生んだのだ。
勝利よりも大事なものが多分ある。マモルくんはそれを学んだかも知れない。
そして来るべき決勝の相手は宮里学院。だが、彼らに異変が起きていた。
バトルフィールドの上には完膚なきまでに破壊されたジオ・ジオングの姿が・・・!
やっぱりヤスが犠牲になるんじゃないですかーー!!
これほどの実力を持つスガ・アキラ。その前身はガンプラ学園という学校らしい。
履歴書に書くのが非常に抵抗感のある校名だ。男塾よりもネーミングセンスがひでぇ。
しかしガンプラ学園という名前からは前作でユウキ先輩が通っていたガンプラ塾を思い出す。
何らかの関係があるのだろうか。



6973b843.jpg
015e7461.jpg
71ca16d8.jpg

次回、この盾に誓って!!

ギャン子が勝てる可能性は殆どないんだけどまぁ一応頑張って。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プラモデビューの頃を思い出す・・・・

シモン君の素組みディスティニーでありながら、シモン君の格闘能力のおかげでカバーできてますね(取り巻きの2人いらねー)。素組みのガンプラを見ていると自分が初めてガンプラを作った時の思い出が思い出します。僕がプラモデビューしたのは、小学生の時で(本格的のデビューはダンプラであり、しかも、高校生からと言う・・・・・・・(汗))姉の中学の近くの模型屋さんに母にストライクガンダムとピンクのガンダム(名前忘れた(汗)ストライクと同時期だから、seedに出た奴)を買ってもらいました。元々、粘土遊びが好きだったためか、興味はすぐに湧いてきました。完成したストライクガンダムはとても素敵に見えました。ただ、シールを貼って仕上げただけの素組みなのに、幼かったせいか、きれいに見えたのでしょうね。その時のストライクガンダムは今も大切においてます(ピンクの方はどこかにいってしまった)。もちろん、スミ入れもマーカーもつけずに昔のままに

ビルドファイターズのコメントのつもりが、僕の人生談になってしまってすみません。次の投稿お待ちしています。

Re: プラモデビューの頃を思い出す・・・・

> 素組みのガンプラを見ていると自分が初めてガンプラを作った時の思い出が思い出します。
僕がプラモデビューしたのは、小学生の時で(本格的のデビューはダンプラであり、
しかも、高校生からと言う・・・・・・・(汗))
姉の中学の近くの模型屋さんに母にストライクガンダムとピンクのガンダム(名前忘れた(汗)ストライクと同時期だから、seedに出た奴)を買ってもらいました。

ピンクのガンダムっていうと私の大好きなストライクルージュじゃないですか。
RGのストライクは買いましたけど塗装した結果ルージュにしちまった記憶があります。
タオツー、ファルシア、ストライクルージュとピンクの機体はとにかく好きですね。
でもなぜかミーアザクはあんまり好きじゃない・・・元がピンクじゃないからか?



元々、粘土遊びが好きだったためか、興味はすぐに湧いてきました。完成したストライクガンダムはとても素敵に見えました。
ただ、シールを貼って仕上げただけの素組みなのに、幼かったせいか、きれいに見えたのでしょうね。その時のストライクガンダムは今も大切においてます(ピンクの方はどこかにいってしまった)
。もちろん、スミ入れもマーカーもつけずに昔のままに

初めて作ったプラモかぁ…
人生初ならBB戦士のなにかだったと思います。
復帰してならばリミテッドモデルのエヴァンゲリオン零号機でしたね。
生まれて初めてのスプレー塗装にエナメルの筆塗りと本当にワクワクしながら作ってました。
懐かしいなぁ…
ただそのどちらも今は処分してしまって手元にないですね…
年をとると物が増えてなかなか難しいと思われますが、マーボ丼さんもできればその大切な作品は大事にとってあげてくださいね。
初心を思い出す意味でも有意義かもしれませんよ

デスティニー徹底改修中…

前作で散々言ってた素組み勢の参加がとうとうかなったこの回。
スラスター全開で特攻する戦法って相手の出力の方が上回ってたら逆にアクシズよろしく押し出されるんじゃ…素組みならなおさら…

で、パルマって握りしめても大丈夫なものなのかという疑問が湧きますがあれって手の中で反射させて軽く拳にビームを纏った状態になったり…
しませんよねさすがにw

あと、シャイニングウィザード…じゃなかった、閃光魔術蹴りの画像が竜巻旋風蹴りになっちゃってるんですが

Re: デスティニー徹底改修中…

> 前作で散々言ってた素組み勢の参加がとうとうかなったこの回。
> スラスター全開で特攻する戦法って相手の出力の方が上回ってたら逆にアクシズよろしく押し出されるんじゃ…素組みならなおさら…

そこはこう、ボクサーなので単純な突進に見せかけて左右に方向転換できるよう注意を配ったりしてたのではないでしょうか?
しかし今回は素組みゆえの弱点みたいなのが全く見当たらなくてビルドバーニングの作り込みがすごいという利点がまるで意味を成さなくなってたのは残念です。



> で、パルマって握りしめても大丈夫なものなのかという疑問が湧きますがあれって手の中で反射させて軽く拳にビームを纏った状態になったり…
> しませんよねさすがにw

普通に考えたら指に穴あきますよね。
シャイニングフィンガーみたいに掌にエネルギーを纏ってるわけじゃないんだし。
別に掌打で攻撃しても良かった気がしますがボクサーだからできなかったとか?
まああのパルマはゼロ距離で照射してもそれほど酷い損害もないようですし握り締めても大丈夫なだけのエネルギーしかなかったとか…
そこは素組みのパワー不足がプラスに働いたとかそういう考え方もありかな?


> あと、シャイニングウィザード…じゃなかった、閃光魔術蹴りの画像が竜巻旋風蹴りになっちゃってるんですが

すいません、差し替えておきました。
よく見ると4コマでわかる水泳部も3コマになってましたね。
推敲は大事だと心から思った瞬間でした