2014/10/20

結成!トライファイターズ



be86b47e.jpg
da21da84.jpg

今回は回想シーンからのスタートだ。
舞台は雨の市街地、これは世界大会二回戦でメイジン・カワグチとレナート兄弟が戦ったシチュエーションにそっくりだ。
という事はここもニューヤークだろうか?何気にスナイパーがビルに陣取ると言う布陣も似ている。
だが、かの戦いと大きく異なるのは狙撃手が一方的に追い詰められているという事だ。




35814957.jpg
745b9871.jpg
3f0540b4.jpg
367638c6.jpg

謎のMSによるGNファングとマニピュレーターの拘束でユウマの操るエアマスターはあっという間に追い詰められてしまう。
機体こそエアマスターだがそのカラーリングは発展期のエアマスターバーストに近い。
まぁ、でもあれだよな。モデラーやってると塗装するとき元の色と全く真逆の色に塗りたくなることとかあるよね。
そのエアマスターを追い詰めているMSはおおよそ一切のガンダムシリーズに見たことも聞いたこともない奇怪な姿であった!
ハイドラガンダムをベースにガンダムアシュタロンのアトミックシザーズを生やし、デスサイズの羽と手に持つ獲物はフォビドゥンの鎌にスローネシリーズのGNファングか!?
なんたる名状しがたき冒涜的な姿であることか!心臓の弱い視聴者の方はどうかテレビから目を離していただきたい!
とは言っても画像が暗いし私のガンダム知識が完全なものではないので上記の組み合わせで正しいものかは断言しかねます。
進退極まったエアマスターはそのゲテモノガンダムに首を引きちぎられ爆発四散。
ショックを受けるユウマに対し対戦相手は『お前・・・才能ねぇよ』の追い打ち罵倒をかける。
なんという初心者狩り!如何にバトルに負けたからといってこの様な仕打ちを受ける謂れはない!!
現在のユウマが中一なのでおそらくこの回想のユウマは小学生だろう。
かくしてピュアの少年の心は深い傷を負い、少年はガンプラバトルから離れていくのだった・・・





c5871a3c.jpg
c30d7277.jpg

そして現在、プラモ部のエースとして活躍するユウマは昨日の戦いに思いを馳せていた。
『昨日見たガンプラ・・・大分改修されてはいるが、あれの原型はビルドバーニングガンダムだ。僕にはわかる。』
急にユウマがアマクダリのサンシタみたいな事を言い出した。
「こんなガンプラはおかしいぞ!おかしい!僕にはわかる。僕は詳しいんだ!」
その内「僕は事情通なんだ!」とか「僕は知能指数が高いからわかる!」とか言い出さないか心配です。
しかしラルさんもその存在は認知していたしビルドバーニングガンダムがかつて何人かの人間が知る事のできたセイの作品であるのは間違いなさそう。
だとするとますますドムの中に隠されてた理由が謎になりますね。




c177a4aa.jpg
2e219065.jpg
11e423e8.jpg
d6561099.jpg

そんなユウマ君の隣の席には転入生であるセカイが座ることに。
一人で悩むユウマを他所に可愛い先輩がお昼を誘いに来るわ美人の姉ちゃんが弁当持ってくるはと酒池肉林のカチグミライフ見せつける我らがセカイ君。
これにはデレンセン教官でなくとも『ガールフレンドのいない連中のことも考えてやれ』と言いたくなります。
もうやめてあげて!お昼一緒に食べる人がいなくてひっそりとガールフレンド(仮)をやってる生徒だっているかもしれないんですよ!?
スクールカーストの下層民たちが発狂しない様考慮したのかセカイ達は外のベンチで昼食を取ることにした様だ。
弟がガンプラバトル部に入ることを知ったミライおねえちゃんはフミナに向かって『セカイはガサツでおっちょこちょいで単純で短気で大食らいでガサツ』だから・・・と言いますが1話を見る限りだと礼儀正しいし結構しっかりしてる様に見えるんですけどね。
どちらかと言うとその評価は勝手に学校に侵入して生徒に逆エビ掛けてた前作主人公の方がふさわしい気がします。






ca134810.jpg
6e998a36.jpg
7c47da52.jpg

新メンバーであるセカイを加えたガンプラバトル部だったがまだまだ問題は解決しない。
3人チーム制である以上最低でもあと一人はメンバーが必要なのだ。
悩める彼らの前に姿を現したのはオブ・・・いや、カマキリ先輩ことミヤガ部長と生徒会長だった。
そしてバッドニュースが突きつけられる。『ガンプラバトル部は廃部となり、プラモ部に吸収合併される』と言うものだ。
理由としては、同じような部活が二つもあるのはおかしいという事らしい。
意外に真っ当な理由だから反論できないのが辛い。
ていうか、別にプラモ部で統合してその中でバトル組とコンテスト組に別れればいいだけの話だしな。
ミヤガ部長がキモくなければ全く問題のない提案である様な気さえしてくる。
だが、あくまでガンプラバトル部での存続を希望するフミナは『つまりガンプラバトルでプラモ部に勝てばいいんですね!』と勝負を申し立てる。
いや、その理屈はおかしい。もっとこう、学校行事に積極的に参加するとか部長会議でアピールするとかがまっとうな手段じゃないのか・・・
そんなボーグ脳みたいな解決法で他の部活は納得するんだろうか。
まぁ、生徒会長が良いって言ってんだからいいのか。
だが、ガンプラバトル部は二人しかいない。それに対して向こうは万全の体制に加え、ビルダーとして確かな腕を誇るユウマまで投入してきた。
これは大変旗色の悪い状況だ。
横で暇そうにしてるオッサンを三人目に加えれば楽勝だとおもうけどやっぱ生徒じゃないからダメだろうか。
こうなったらラルさんにバラクラバマスクをつけて謎の転校生、田中・ランバ・ラル・ふ美子として強引に部員として扱う強硬手段を・・・(彼は狂っていた




50b7ce35.jpg
4601e385.jpg
f96a9abd.jpg
e3d37871.jpg
6d4b9a1b.jpg
d9b29565.jpg

翌日、それぞれが思いを内に秘める中、ガンプラバトル部の存続を決める戦いが始まる。
結局、バトル部はセカイとフミナのツーマンセル。
もっともホビーハイザックはすぐに爆発四散したから問題ないのだが。
なんだか知らんがとにかくよし!これで数の優位がなくなったが突如、パワードジムカーディガンを襲う一筋の閃光!
ライトニングガンダムを操るユウマのスナイパー攻撃だ!
ホビーハイザックを攻撃した僅かな隙を寸分たがわず狙い撃つ確かなワザマエ!!
おもわずフミナ部長も『あれが・・・ユウ君のガンプラの力!』と太鼓判を押す。
・・・本人の射撃の腕も少しは評価してあげてください、押忍。





b3e97c3f.jpg
3e1207fa.jpg
0d4a1469.jpg

部長のイナクトが前に出て敵の反撃をライトニングガンダムの狙撃でカバーする。
見事な連携作戦と言いたいが相手が幼馴染だったことが運の尽きよ!フミナはユウマの射撃を軸にした作戦を予想していた。
そのためにあえて自分を囮にし、まんまとビルドバーニングをライトニングガンダムに接近させることに成功する。
実力でミヤガ部長に勝るフミナとショートレンジの有利でユウマを追い込むセカイ。
最早戦局は完全にバトル部有利と見えた・・・その時である!




e0198693.jpg
49ed8e7a.jpg
9ebc9b77.jpg

フィールドに正体不明の巨大な影が忍び寄る・・・
ゲェー!これはガンダム00に登場した大型MA、AEU-MA07013、アグリッサタイプ13ではないかーっ!!!
巨大MAの投入によりパワードジムカーディガンはあっという間に優勢を覆される。
だがこれは明らかなルール違反だ!事前登録していない機体を持ち出すばかりか3人チームという根幹すら無視するミヤガ部長の蛮行。てめぇの血は何色だァーーー!!!
プラズマフィールドの破壊力はジムの表面を見る見るうちに破壊していく。
でも、原作だとプラズマフィールドってパイロットだけを殺す兵器だから機体にこんな重篤なダメージが通るはずが・・・・・・
アッハイ、ビルドファイターズに登場するのはあくまでプラモデルなので原作と設定が異なっても何の問題もないですね。




c25e7923.jpg
19eb8efd.jpg
12ad53e8.jpg
cc1120bd.jpg
d5cd3d12.jpg
40abef58.jpg

最早プラモ部の勝利は目前!
しかしここに来てユウマの心は揺れ動く。
彼がガンプラバトルを離れたのは、ブザマに負けたショックからではなかった。
自分が作ったガンプラでフミナが勝つという、かつての約束を守れる自信を無くした事こそ彼がバトルを離れるきっかけだったのだ。
バトルそのものを辞めてしまう程の行為はそれほど約束を重く受け止めていたからこそ・・・
だから、ガンプラバトル部には入らなかった。
ついでにユウ君という呼び名もやめるように・・・
ザッケンナコラー!その呼び方をやめちまったら俺がフミナ先輩に名前読んでもらえなくなるだろうがコラー!
ルルァックァラー!ウルルァッカラー!?ワドルナッケングラー!
私情は置いとくにしてもユウマが本心からバトルを辞めたい訳ではのは事実だ。
ならばどうする!?



5f1f6e15.jpg
556af34c.jpg

僕は・・・僕はーーーーっ!




d8f087ad.jpg
53a7a41e.jpg
f1e5ccc4.jpg
fb6b0bc0.jpg

ユウマは決断的にアグリッサを狙撃する。
不正を行ってまで手にした勝利に何の意味があろうか!?唐突に裏切るのもそれはそれで反則っぽいけど
さらに次元覇王流・聖槍蹴りが炸裂!
キラービーアサルトめいて四方八方から蜂の針の様な鋭い蹴りを連続する!
アグリッサ無残!だがそれでも部長は性的な執念を燃やし、フミナを人質に取るべく襲いかかる!
なんという執着か!フミナちゃんが中学生であることを考えるとキモイを通り越してヤバイですが生徒会長はこれを華麗にスルー!事勿れ主義!!
結局ヤバレカバレの特攻もライトニングガンダムにコクピットを正確に打ち抜かれてイナクトは爆発四散。
これによりガンプラバトル部は正式に部活として存続できるようになったのだ!!
なんか、反則、裏切り、同士打ちとかとてもフェアとはいえない内容だったんだけどこんなんで他の部は納得してくれるのか?
勝てば官軍ということなのか?だったら部長のアレは別に反則行為じゃなかったのか・・・
これもうわかんねぇな。



d41ad642.jpg
633c1b45.jpg
ef4dd972.jpg

かたやプラモ部は負ければ賊軍と言わんや、未練がましく涙を流すミヤガ部長。
しかし、負けた時こそ見える物があるというもの。フミナちゃんがいなくても彼を想ってくれる人が傍に・・・
副部長がアッサリ墜とされたのは伏線だったのか。中々の策士だな、抜け目のないメガネめ。
ともあれ、これでプラモ部に因縁つけられることもなさそうで良かった良かった。
でもカマキリのオスって最終的にはメスに食われる運命なんだよね。
副部長さん案外腹が読めないので知らんうちに尻に敷かれてたりして。



a2d00151.jpg
8e617432.jpg
bb4b72f9.jpg
779a5f1b.jpg
1ef0f1bf.jpg
aa8f9c2d.jpg

無事バトル部の廃部を回避したもののユウマはバトル部へ入ったわけではなかった。
やはり、心情的にそう簡単には変われないという事情があるのだろう。
ところがミライお姉ちゃんのハニートラップによってアッサリ入部が決定するのだった。
この人はなんで歩くたびにピンクの光が出るんだろう・・・
なんなの?体を通して出る力なの?俺の体を皆に貸すの?
そして次回、ついに『彼』の妹が動き出す!
結成したばかりのトライファイターズはどんな戦いを見せてくれるのだろうか!?
そしてサザキくんは出てくるのだろうか・・・




1413363696615.jpg
1413363773061.jpg
1413363759550.jpg
40a0dc78.jpg
8f43a7de.jpg
1fb59b50.jpg
c4af0d91.jpg
de929748.jpg
110981ce.jpg
1413363785135.jpg
867763f4.jpg

さて今日からOPが解禁されましたが情報量が多くてまとめきれません。
名人の様なシルエット、ライバルが操る百式らしきMS、Ez-8の改造集団、そしてデスティニーガンダム・・・
あとフミナちゃんにフミナちゃんにフミナちゃん!
ハァーッ!ハァーッ!上着脱ぐとエロすぎィ!!いけないぞフミナちゃん!そんなことでは!!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント