2014/10/07

ツインスター



ガンプラ0079さんと相互リンクさせていただきました。


当ブログでも度々言及してきましたが、まさか相互リンクしていただけるとは・・・!
今宵はめでたき日にござる・・・めでたき日にござる・・・
その腕前は最早私が語らずともリンク先をクリックして頂ければ分かろうというもの。
ダンボール戦機のファンでなくとも、エアブラシ塗装を嗜むモデラーの方であれば必ずや得られるものがあるはずですよ!!
今後共、よろしくお願い致します。




IMG_1707.jpg

さて、以前のレースでミニ四駆を駆って以来、走らせてはいないのですが同僚二名が水面下で粛々とニューマシンを作っている様なのでこの分だとまた近いうちにやる事になるかもな・・・
と、言うわけで情報収集も兼ねてこの度発売されたミニ四駆超速チューンナップ入門と超速ドレスアップ入門を買ってきました。
まぁ、個人的にはマシンは速さより見た目を重視するスタイルなのでドレスアップの方が食指が動きますね。
タミヤ公認の本なので使用する塗料はモデラー御用達のMRカラーではなく、タミヤのアクリルカラーが中心となっていますが逆にその点がアクリルカラーを普段使用しない身としては知ることも多くてありがたいです。
以前、ルシファーの時に使ったきりですが、我々は今一度アクリルカラーについて考え直すべきでは?
お値段は870円と安いですが、その中身はなかなか見ごたえがあります。
特にメッキボディの塗装方法については、メッキを塗装することができるという時点でまず衝撃。
他にもサイズを変えればガンプラなどに流用できそうなミニ四駆用撮影用のミニスタジオの作り方など、値段以上の価値は間違いなくあると思います。
あと、二ツ星駆動力学研究所の出張漫画も掲載されてるので要チェックだ。




二ツ星駆動力学研究所は実在する某ミニ四駆チームの日常を描いた漫画。
速度の向上やミニ四駆の制作についてのHOWTOと言うよりは、昔子供の頃夢中でミニ四駆で遊んでいた頃を思い出させてくれるようなノスタルジックな雰囲気が特徴の漫画です。
どちらかと言うとフルカウル世代よりレーサー世代の方が共感が持てる内容だと思いますが、フルカウル世代の私でも十分楽しんでいます。
単行本連載分だとまだ新メンバーのミナトちゃんが出てきてないので新刊の発売が一刻も早く待ち望まれるところです。



IMG_1706.jpg

それにしてもドレスアップガイドを見てるとものすごくミニ四駆が作りたくなってくる。
ヤメロー!やる事色々あるのに俺を誘惑するんじゃあない!!!
一応、いつレースがあってもいいように新しいマシン自体は組んでるんですけどね。
ギヤもモーターも慣らしは完了してるんでいつでも走れるぜ!!
ただボディがまだノープランなんだよね・・・
できれば痛車にしたいけど痛車に使う実車タイプのボディはどれも大経タイヤが履けないと言う欠点があるんだよな・・・
そのへんに目を瞑るならコペンかBe-1あたりを組みたい。
ウオオオーー!!欲しいマシンが多すぎて困るぜェーーーー!!!
あ、もちろんコトリハヤイ号は変わらず使い続けていくつもりです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント