2014/09/13

ボーン・イン・リトル・バード



ここ数日デカール作成記事が滞っていて申し訳ありません。
火曜日まではなんとか作業をしつつ記事をアップする余裕があったのですが昨日一昨日はいよいよ日記書く間もなくなってしまって・・・







IMG_1663.jpg

とはいえ、カロウシ寸前になりながらもなんとか作業を推し進めた結果、どうにかことりちゃんの誕生日までに間に合いました!
これが俺の復帰第一弾のミニ四駆、コトリハヤイ号です!
シャーシはVSシャーシ、モーターはアトミックちゅんちゅん・・・違った、アトミックチューンモーターです。
写真は今日走らせた後のものなので、ルーフが折れてしまっていますがまぁ、この程度なら楽に補修できるでしょう。






IMG_1671.jpg
IMG_1669.jpg
IMG_1672.jpg
IMG_1674.jpg

デカール作例記事が途中なので一気に完成図まで飛んでしまいましたが、大きなミスもなく大兼予定通りの出来になりました。
段差もや気泡も比較的目立たず、小さめの文字もしっかり印刷されてます。





IMG_1662.jpg

シートはことりちゃんのイメージカラーである緑で塗り分けました。
・・・と思ったんですが改めて調べてみたら、イメージカラーが緑なのは花陽ちんでことりちゃんのイメージカラーはグレーなんですね。
アイエエエ!ねずみ色ナンデ!?
まぁ、シートがグレーってのも実車っぽくてありだけどこっちのほうが可愛いから別にいいか。
それにμ's結成時は間違いなく緑だったはずなので何も問題がない。





IMG_1668.jpg

モーターの部分にはモーターらしいエンブレムをセットしました。





IMG_1665.jpg

このサイトロゴは広告目的であり怪しくは無い。
デモンストレーションで頼もしさを重点し広告効果が倍増される。





IMG_1666.jpg

全体的に良い感じにできたのですが、この部分のことりちゃんのみ、シルバリングがキツめにでてしまいました。
おそらくどっかにスキマが空いていてそこにクリアーが浸透してきたのか・・・
どんだけ気をつけていてもこういう事は起こりうるんですよね。この辺はもう経験と慣れでカバーしていくしかないですなあ・・・





IMG_1675.jpg

ちなみに、片手間にサイクロンマグナムも仕上げたのですが載せるボディが間に合わなかったので単なる置物に。
写真だとわかりづらいんですがガイアノーツのプリズムカラー、エメラルドグリーンピンクを塗ったので光の加減によって若干色が緑からピンクに変わります。
デカールはジャンクにあったVF-25メサイア(アルト機)の物をそれらしく切り貼りして仕上げました。
なんとなくの思いつきでやってみたのですが、航空機的なフォルムのバルキリーとフルカウル後期のシャープなデザインが噛み合っていて中々かっこよく仕上がったのではないでしょうか?




結局この二台を仕上げるのに時間が掛かり、昨日は2時就寝でした。
おかげで仕事中眠い眠い・・・
だが、仕事が終わり模型屋のコースの前に立つと疲れも吹っ飛び、子供の頃の記憶やらなんやらが覚醒して一気にやる気になりました。
よっしゃー!勝ってメンポの緒を締めるぞ!!



IMG_1634.jpg
IMG_1637.jpg
IMG_1636.jpg

今日の対戦相手は会社の同僚二人だ!
まずは同僚その1、このブログにもたびたびコメントを残してくれているTSR君のバスターソニック。
生粋のソニック派である彼はあらゆるソニックを作り上げ、ミニ四駆黎明期においてもレーサーとして有り続けた実力者である。
ちなみにグレーターラブライバーであり、にこ先輩推しである。
その精神はウイングにも顕著に現れているといえよう。
一体どうやって作ったのかと聞いたらファミ通の記事を切り取り、貼り付けた後にトップコートを厚吹きして質感を整えたらしい。
紙を貼り付けたとは言え、実際言われてみなければ普通にシールと勘違いする程のクオリティでした。
うーむ、その発想はなかったな。実際この方法ならデカールの最大の弱点であるボディが白くなければ使えないというポイントもクリアできるし。何より手軽だ。これはいいものを見せてもらった。




IMG_1639.jpg
IMG_1640.jpg

TSR君が用意したもう一台はMSシャーシに移植したハリケーンソニック。
後方のブレーキを重点したセッティングにハーフタイヤを履かせて、さらにモーターが露出するのがみっともないからという事で本来穴があいている部分にダミーパーツで蓋をこしらえるコダワリが光る。
光沢仕上げのバスターソニックとは反対につや消しで渋く仕上げてあります。




IMG_1642.jpg
IMG_1641.jpg

もう一人の同僚、Yくんは最新のARシャーシを使用した限定カラーのスラッシュリーパー。
レッサーラブライバーであり、推しメンは知能指数が高くて可愛いエリーチカ。
スプリントダッシュモーターのスピードでアップダウンをクリアできるようにしこたまこしらえたマスダンパーが威圧的なアトモスフィアを発揮している。
スタビポールや二段アルミローラーのカラフルな色合いがとにかく目を引きます。



IMG_1647.jpg
IMG_1646.jpg
IMG_1651.jpg
IMG_1650.jpg
IMG_1649.jpg

さて肝心のコースはこんな感じ・・・
正直、かなりの鬼畜コースでした。
あまり長くはないのですが、それほど長くない距離の中にオニのようにカーブやバンク、ウェーブセクションがありとにかくコースアウトを頻発させます。
コースを確認したところでいざ勝負!
一週間近く弄っておきながらまだ一度も走らせたことのないこのマシン、いかなる走りを見せてくれるのか・・・
と思っていたらスタートした直後にフロントシャフトを押さえつけるパーツが外れ、その場で止まりました。アワレ!!



と、幸先の悪いスタートを切りましたが2回目のレースでは先ほど言及したこの鬼畜コースが思わぬ副次効果を生んだ。
小径タイヤしか付けれず、ましてやアトミックチューンを積んでいるコトリハヤイ号はその名にそぐわず速度がほとんど出ないのだ。
だが、それが逆に利点となった!速度こそ遅いものの安定した走行を見せるコトリハヤイはコースアウトするほかの二台を尻目に見事に完走しきってみせたのだ!!
ムハッ!ムッハハハハハハハ!!やはりことりちゃんの誕生日において天は我に味方せり!
その後、アンダースタビを増設したTSRくんのハリケーンソニックと勝負したところあっさり負けた!サツバツ!!



IMG_1678.jpg

ちなみに、写真のセッティングは現地で整えたものであり、最初の時点ではフロントにはスタビポールと低摩擦プラローラーがついていました。だが、それではコースアウトが頻発するので昔使っていた大経アルミローラーに変更することになったのだ。
と、ここで不思議なことが起こる。
突如としてプラスチックが落ちたような音が聞こえたと思うとTSRくんの靴の下にグレーのスタビキャップが転がっていた。
私はこんな色のスタビを持ってないし確認を取ったところ同僚ふたりのものでもないらしい。
では、前の客の忘れ物か!?否!断じて否である!!
スタビキャップの色は濃い灰色をしている、そしてことりちゃんのイメージカラーはグレー!
つまり、ことりちゃんがこのキャップを俺に使えと囁いているのだ!
これは神々からの捧げものか!?ラブメンテナンス重点なのか!?
天からのメッセージを受けた俺は早速これをアルミローラーの上に装着した。
ぶっちゃけこんな位置につけても何の意味もないのだが、ここにつけろという声が俺のニューロンに響いたのでお守りとして装着しておく。




さてそんな感じでセッティングを続けたところ、なんとかハイパーダッシュ3でもそこそこ安定して走れるようになりました。
とはいえこのコースの恐ろしさは2週目、3週目でスピードが上がってきた時に事故が起こる点であり、数回に一度はコースアウトしてサイコクラッシャーめいて吹っ飛ぶという事態が起きるのですが・・・
正直、レース以前にまず完走させるのが目標という感じになっていました。
まぁ、たまにコースアウトがある方がレースも見ていて白熱するのですが・・・
ちなみにYくんのスラッシュリーパーはマスダンパーの甲斐もなくコーナリングで派手に吹っ飛んでいました。
スプリントダッシュのちからってすげー





その後、三人で走らせていると小学生の子供とその父親の親子連れが来ました。
この子供、私のマシンを一目見ただけでラブライバーであることを見抜くワザマエ!!マシンの方もしっかりと整備してあり、二次ブーム全盛期に各国で跋扈したオヤジマシン(父親が作ったマシン)などではなく、自分の実力で作ったのが伺えるセッティングで実際速度も速い。
さらには、このコースで走りなれているのかコースアウトしたマシンを見るなり、どこが悪かったのかをひと目で見抜くなど、この年にして一人前のレーサーであることがわかる。
やるな、最近の小学生・・・!



その後は知り合った小学生を交えて、マシンのアドバイスをもらったりしながら22時くらいまで走らせていました。
ちなみに彼はイナイレよりダン戦派らしいので間違いなく心が清らかです(迫真
彼のマシンはサンダーショットjrでフロントバンパーがオタッシャ状態で走行ができなかったのですが、電池を逆にして逆走させればとりあえず走らせることができるという。
その上、その状態でも今の俺たちのマシンになら勝てると言うので『よっしゃ、やってやろうやんけ』とTSRくんを交えていざレース!
さすが言うだけの事はある!こんな状態にも関わらずかなりのスピードを見せたのだ!!!
一度はTSRくんのソニックがサンダーショットと激突し、私が漁夫の利を得て勝利したのですがその後は結局勝てませんでしたね・・・
次は絶対に勝ってやるからな!と約束したところで閉店時間が近いし腹も減ってきたので店から出ました
ちなみに、ちゃんとレース終わったあとは『ありがとうございました』と言ってくれるいい子だった。
礼儀作法が軽視されるこの時代、その奥ゆかしさは評価されるべし。
ご両親の教育が行き届いているのが伺えますね。


IMG_1643_201409130202265a6.jpg

んでその後は店を出たあとラーメン食って帰ってきました。
うーん、久々にミニ四駆やるとやっぱり楽しいなぁ・・・時間が経つのを忘れてマシンをいじってましたよ。
コースは難しい設計でしたがその分、頭を使う必要があっていかに手持ちのパーツで攻略するかとか考えるのが楽しかったですね、何より知り合いも増えたしやっぱりミニ四駆って楽しい!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オツカレサマドスエ!

結構駆け足だったみたいだけど、仕上がりがキレイでいい感じデスネー
そして、おお・・・
コトリ=ハヤイ号のモーター部分には雷神のマーク…
あからさまにオムラなのだ!!

そしてサイクロンマグナムが
ボディの赤ラインのおかげでレーサーミニ四駆のスーパーエンペラーに空目してしまったぜ…

お疲れ様

昨日はお疲れ様。楽しかったZE!

やはり競える相手がいるとモチベーションが違うね。

次は大径+ハイパーダッシュ(もしくはマッハダッシュ)で攻略できるか試してみたいな^^

途中で来てた坊主のお父さんのマシンから、あと店長さんからあの店のコースの攻略のヒントを得たから、次はぶっちぎりだZE!

Re: ガンマさん

> オツカレサマドスエ!
> 結構駆け足だったみたいだけど、仕上がりがキレイでいい感じデスネー

ありがとうございます。
実際これほど突貫工事だったのに大きな失敗がなかったのは奇跡的です。
ブッダもたまには仕事してくれるんだと思いました。


> そして、おお・・・
> コトリ=ハヤイ号のモーター部分には雷神のマーク…
> あからさまにオムラなのだ!!

このマーキングにより広告効果は倍増!
凄くて早い!だから凄い。だから売れる。
実際、こういう面でオリジナリティを演出すると愛着倍点であり一層作品に深みが現れるのだ!


> そしてサイクロンマグナムが
> ボディの赤ラインのおかげでレーサーミニ四駆のスーパーエンペラーに空目してしまったぜ…

調べてみましたが確かに似てますね。
まぁ、ボディの形状は全然違うからっていうことで…勘弁してくれ。
まだウチにはランカデカールとシェリルデカールがあるので同じ仕様が2代は作れるぞ!

Re: お疲れ様

> 昨日はお疲れ様。楽しかったZE!
> やはり競える相手がいるとモチベーションが違うね。

一人でやるより皆でやったほうが断然楽しい!
ミニ四駆がかつて爆発的に流行ったのはやはりそういう面があるからだと思う。
なにより一位をとった時の気持ちよさときたら!!!



> 次は大径+ハイパーダッシュ(もしくはマッハダッシュ)で攻略できるか試してみたいな^^

ハイパーダッシュはともかく大経だって!?
そんなことが可能なのだろうか!やはりポイントはブレーキだろうか、あのエンペラーはバンクを上がる時だけブレーキがしっかりかかっていたのでそのメカニズムを導入すれば大経+ダッシュモーターでも行けるのだろうか??


> 途中で来てた坊主のお父さんのマシンから、あと店長さんからあの店のコースの攻略のヒントを得たから、次はぶっちぎりだZE!

俺も大分コツがつかめてきたよ、少なくとも完走させることは難しくないはず。
あとはスピードだねー、ハイパーダッシュ積んでるのにトルクチューンに負けているようではいかんからなぁ