2012/01/22

ばかちー

そういえば書くのを忘れていたが3日ほど前仕事から帰ってきたら俺宛に荷物が届いていた。
「アレ?最近通販なんかなんも利用してないぞ?」と思いながら送り先を見てみると「アスキー」と書いてありました。
アスキー?俺はアスキーのゲームなんて8年くらい前にバスランディングを買った位の記憶しかないぞ。
そういえばアレと一緒に釣りコンも買ってきたもののすぐに飽きてその後買ったストZEROⅢで無理やり2P用のコントローラーとして利用していた記憶が・・・もちろん操作性は最悪だった。


とまぁそんなどうでもいいことを思い出しつつ箱を開けてみると川嶋亜美 チャイナドレスVer.が入ってました。
そういえば去年の春に予約注文していたのをすっかり忘れていたぞ。






P1010032.jpg


というわけで川〇アミちゃんです。名前の一部を伏せてあるのもアミがカタカナ表記なのも深い意味はございません。
ん?今なにか視界にピンクの物が・・・


原型製作はとらドラ!関係のフィギュアを何作も手掛けているプラヅマ法力模型のアビラ氏。
元々はガレージキットでその際は膝立ちポーズで表情はウインクをしているものだったのですがPVC化に際して一部変更し、電撃ホビーウェブの受注限定で販売されました。
気が付きにくいですがアクセサリも一部異なっています。
個人的にはウインク顔のほうがかわいかったんでそっちをつけてもらいたかったのですが・・・
まぁいいか。




P1210028.jpg

まずはお顔。少々顔が長細く見えるのがネックですが概ねアニメ絵に近いと思います。





P1210029.jpg

なんといってもこの腰のくびれ。
チャイナドレスならではの見どころといえ、服のシワまでしっかり再現されているのは特筆です。
ドレスもパールがかった色合いが質感の違いを感じさせ良いアクセントとなっています。




P1010044.jpg
P1010045.jpg

そしてこの脚線美!
これこそがこのフィギュアの真骨頂であり最大の見どころであるといえるッ!
大河より肉付きが良いですがそれでいて太すぎず絶妙なさじ加減です。
2012年初の私が買ったフィギュアに相応しき出来である。





P1210031.jpg

脚と腰に目を奪われがちだが腋を忘れてはならない。
個人的にはもう少し陰色をつけてくれるとよろしかったのだが・・・
ちなみに付属のお盆は両面テープで支える形式になっています。
今のところ保持力に不安はないです。
剥がれても市販品の両面テープでいくらでも賄えますしね。





P10100389.jpg

ちなみに以前販売された大河と同じくロングverの髪パーツも付属。
二の腕に絡みつくなどいちいち表現が凝っていて秀逸です。



P1010046.jpg
P1010049.jpg

紳士諸君がお待ちかねの下アングル。
一応造形は作りこんでるみたいだしご丁寧にもパールが吹き付けてあるんだけどぶっちゃけほとんど見えないからあまり恩恵を受けてないのが残念なところ。
服を見ても分割線らしきものはないので恐らく下側からはめ込んである構造だと思われる。
そう考えるとドライヤーなどで温めれば下半身をひきぬく事はおそらく可能と思われるが限定フィギュア相手にそこまでする気になれないのでやめておきます。
まぁ、このフィギュアはパンツを見るものじゃなくて脚と腰と腋を見るものだから何の問題もなかろう。




P10100425.jpg


なお、専用台座にてチャイナverの大河とドッキング可能。
大河も購入した人にはうれしいサプライズです。
逆に言えば大河を持ってない人にとっては何の意味もない付属品ですが・・・




というわけでアミ様・・・もとい亜美ちゃんでした。
一応公式画ではみのりんもチャイナ姿出てるんですけどねぇ。
商品化する可能性は極めて低そうですね。
でもまぁアビラ氏ががんばっちゃってガレキのみでの販売とかは十分に考えられる話ですが。
そうなるともう買うしかないけど家に大量に積まれているガレキたちが・・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント