2014/07/03

LBX列伝 第五回



今月号は二本立て!

と言うわけで後編の第五話行きます。



今回スポットが当たるのは外伝初登場になるアラタ&ジンのウォーズコンビだ。
ウォーズ最終回にてジンとアラタはかつて世界を救った英雄たちを探す旅に出た。(※スペシャルアニメであっさり帰ってきたのはお見逃しください)
彼らは現在A国にいる。
ファイヤースウィーツのLBX実験稼働部隊に会うのが目的ということなので最初に会いに来たのはジェシカの様だ。
なんでジェシカなんだろう?プロプレイヤー組は世界に飛び立ってるだろうけどアミさんとかなら日本で会えそうなのに。
あれか?ジンの都合なのか?
神威大門で新しい女を作ってる噂が漏れたので謝罪と釈明にきたのかもしれない。
若くて巨乳な女教師としょっちゅう二人っきりだったり、若くて巨乳な女子生徒に猛烈なアタックをかけられていた事実を知られるのはジンにとって危うい自体だったりして。
なんにせよ、モテる男は大変ですね。
・・・と勝手な憶測を立てましたが本文にはLシティに来たのはアラタの希望って書いてあるんですけどね。



二人が待ち合わせ場所へ向かおうとしたその時である、北の方角から何やら怪しげな異音と黒煙が立ち上がる。
ふたりが見上げた先には高層ビルの中層階付近、そこで二つの光が激しくぶつかり合っていた!
正体を探るべく、アラタはアキレスディードを飛行させる。
片方は逃げ出したエンペラーM5であろう、ではもう片方は・・・?


「アキレスD9・・・ヒロか!」
ジンがつぶやいた。CCMの画面に映るのは、蒼いアキレス、アキレスD9だった。
そのアキレスD9が、背面のバインダーを広げ、緑色の物体を射出した。
「ソードビットだ・・・!」



四人目のレジェンドはヒロ!!
前作主人公にして裏ランキングバトル1位の名実ともに最強のプレイヤーだ。
そしてその愛機はソードビットを携えたアキレスの究極進化系、アキレスD9!!
ソードビットを見たアラタは驚愕する。
ソードビットに嫌な思い出のあるアラタが発作的にD9を敵だと勘違いするんじゃないかと思ったがそんな事はなかったぜ!
設定だとディ・エゼルディは世界中の研究所から盗み出したデータを使って完成した機体なのでどっかからD9のデータが漏出したのだろうか。



「ヒロか?」
『ジンさん!』
「君がアキレスD9を?」
『ジンさんもLシティに来てるんですか?』
「ああ。今アキレスディードが近づいているだろう?」
『すみません、今それどころじゃないんです』


戦闘の影響でアラタとジンの頭上にガラスのシャワーが降り注ぎ、二人はやむなく近くのビルに避難する。
ともかくどこかで戦っているヒロを援護するために二人は屋上を目指す。
だが、ふたりが非常階段を駆け上がり、ドアをぶち破った先にいた人物は当のヒロだった。
どうやらたまたまふたりが飛び込んだビルがヒロの戦っていた場所だったようだ。
なんという・・・偶然!!優れたLBXプレイヤー同士は恋人同士が赤い糸で引き合うように互いに惹かれあうというのか?



互いに再会を喜ぶ間もなく、エンペラーの一撃がD9を叩きつける。
究極のLBXであるD9を圧倒するとは・・・ッ!
こりゃ、シャドールシファーじゃ敵わないはずだ。
そこへアラタがアキレスディードで攻め込む!
おい馬鹿やめろ、機体性能が違いすぎる!!あまりにも無謀だ!!
思ったとおりディードはエンペラーM5によってあっさり捕まえられる。
必死に振り払おうとするが市販品のディードがこの怪物に抗えるはずもなく・・・
もはや勝負が見えたかと思いきや、ディードを助けるべく再びD9がエンペラーに立ち向かう!



「大丈夫ですか?」
ヒロがアラタに声をかけた。
「はい!すみません・・・」
「謝ることはありません。ただ、その機体ではスピードについてこれない」
ヒロが静かに言った。そして、集中した目でエンペラーを見る。


悔しいが今のアラタではエンペラーM5相手に成す術はない。
竹槍でB29どころか、ひのきの棒でサイコガンダムに立ち向かうレベルの無理ゲーっぷりだ。
どう転んでも埋まらない圧倒的なスペック差がある。
しかし、D9も完全な状況と言い難いこの状況では例えヒロでも勝てるかどうか・・・
だが我々は知っている!危機的状況に陥った時にヒロの体内に眠る爆発力がとてつもない冒険を生むことを!




「行け、アキレスD9・・・」
静かに言うと、アキレスD9が超光速で動き始めた。
そのスピードは先ほどのエンペラーの動きさえ凌ぐものだった。
その操作術を見て、アラタは言葉を失った。
「・・・オーバー・・・ロード・・・!」


ヒロに眠る力はやはりオーバーロードだった!
って以前どっかにそういう説明があったはずだがどこだったけかな?
それもヒロの戦歴を考えるにアラタのオーバーロードよりも強そうだ。
デュランダルとオートクレールによる怒涛の連撃がエンペラーM5に迫る!
が、エンペラーM5はその攻撃をことごとく受け止めるではないか!
なんというやつだ!やはりスーパーアーマーを解除できない二刀流の火力ではハンマー相手に分が悪いのだろうか?



一体どんな素材で出来ているのか、その表面には一切傷がつく気配がなかった。
やがて、形成が逆転した。エンペラーが突然消えたのだ。
「・・・消えた!?」
アラタが言うのと、ヒロがアラタに飛びつくのが同時だった。
重い衝撃音が再び屋上に響く。
どうやらアキレスD9はエンペラーの一撃で屋上に叩きつけられ、その衝撃からアラタを守るために、青年が身を挺してかばってくれたらしい。



負けちゃったよ。


えぇ!?エエーー!?EEE----!?
エンペラーM5はアキレスD9より強いのかよッッ!??
ジン君、アラタ、これもうあかん奴や。逃げよう。
D9は紛れもなくLBXの一つの到達点だったし、ヒロもプレイヤーとしての腕前はバンやジンを上回ると言われるほどだ。
正直、セレディ&ディ・エゼルディですらワンパンで倒せてもおかしくないほどなのだ。
いや、確かにあいつは最後腹パンで散ったけど。
例えこの二人がドットブラスライザーとキャプテントリトーンを狩りだしたとしても到底勝ち目があるとは思えない。
もうだめだぁ・・・おしまいだぁ・・・殺される・・・!俺たちはみんな殺される・・・!逃げるんだぁ・・・


そんな訳でヒロがまさかの敗北という衝撃の展開だった。
話の流れでいけばここでアラタとジンが仇を打ちに行くのが自然な流れだろうけど・・・正直ブラスライザーがGエクストになっても勝てる気がしない。
となるとここは仲間たちが助けてくれるのを期待したい。
今回ファイヤースウィーツの名前が出たし、A国が舞台なので一番可能性が高いのはジェシカだろうか。
ジャンヌDが100体いてもムリっぽいけど・・・
ジェラート隊長も来るだろうけどエンペラーM5は既にシミュレーションでプロト・Iを下している。
やはり、太刀打ちできそうにない。


となると残る希望はやっぱりバンさんだけとなる。
バンとアキレスⅡならばあるいは・・・ッ!って感じだろうか。
だが現状エンペラーM5の強さはオーレギオン級かもしれないってレベルだ。
山野博士が携わってないアキレスⅡでどこまで張り合えるか・・・
だがそんな時こそ友情パワーですよ。
俺には仲間がいる!ジンやヒロやいつの間にかやってきたランの友情アシストによって勝利の未来へレディー・ゴー!だ。
エンペラーM5は兄弟だが単騎だ。レジェンド9人がかりで囲えばなんとかなるかもしれない。
ってそこまで来ると友情パワーってよりたんなるリンチになりかねない。
あと、この方法だとアラタが完全に蚊帳の外になります。



しかし上の予想が外れるにしても現状アラタはとても戦力にならないのが問題だ。
そこで今回の戦いでヒロは負傷したがアキレスD9が破壊されたと書かれていない点に着目する。
アラタがアキレスD9を受け継げばオールオッケーですよ。
前作主人公から機体を譲渡するってのはなかなか燃える展開だ。
二人共オーバーロード持ちのアキレス使いだし結構イイ線いってると思うんだがどうだろう?


しかし恐るべきはエンペラーM5の強さよ・・・まさかこれほどとは。
個人的にはあの世界の頂点はオーレギオン、アキレスD9、オーディーンMk-Ⅱで固定にして欲しかったんだけどなあ。
WARSで世界観を一新したのも設定的にこいつら以上の強さを持った機体を作るのが難しいってのも一理あるだろうし。
オーレギオンはこれまでのLBX達の総決算という説得力があるし、そこから派生したD9、おでん2も最強を裏付ける理由がある。
エンペラーM5は最強である説得力がイマイチ薄いというか、現状だとあくまで神谷重工が総力を挙げたLBXという立ち位置なんですよね。
世界中のプレイヤーからデータを蓄積したD9や山野博士の最高傑作オーレギオンに比べてイマイチ『こうだから強い!』と納得させる要素がないと思う。そこに少し違和感を感じるなぁ・・・
あと、結局こいつが暴走した理由ってなんなんだろう?
こうなってくると自然に山野博士が犯人ではないかと疑いたくなるがA国、LBXの暴走という点を含めるとミゼルが関わっている可能性も否定できない。
というかオーレギオン以上の存在を生み出せるのはもうこの二人ぐらいしかいないよなぁ・・・
まぁ、もし山野博士だったらコウスケくんは助走つけて殴ってもいいと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

まさかのアラタ登場にヒロとアラタの出会い
これ完全にウォーズ2だな今までがプロローグで今回から本編に入った感じ


ダンボール戦機世界ではトップクラスの実力を持つヒロがこうもあっさり負けるとは思わなかった
D9に関しては五年も経てばもう最強の座からは落ちるだろうと一応納得した(相手は最新のM5でマルチギミックサックも有るしね)
この場にブラスライザーが無いのがもどかしすぎる

オーバーロード持ちとはいえ自分で封印してる上、ディードじゃどうしようも無いし
こんな絶望的な状況でも、どんなチート相手にも己の実力で勝ち上がってきたバンさんが何とか一矢報いてくれると信じるしかない


アラタが出てくるならゲンドウさんやキャサリンみたいな神威島から去った他の人達にも出て来て欲しいけどそんな雰囲気では無さそうだなあ(行方不明となった元傭兵のハゲは空気読まず出てきそうな気がする) 

Re: タイトルなし

> まさかのアラタ登場にヒロとアラタの出会い
> これ完全にウォーズ2だな今までがプロローグで今回から本編に入った感じ

今回がプロローグということはなんだか壮大な物語になりそうですね。
是非双貌のオズみたいに年単位の連載に成長して欲しいものです。
なんならS.I.C HERO SAGA並の超長期連載でも・・・(そりゃ無理だ


> ダンボール戦機世界ではトップクラスの実力を持つヒロがこうもあっさり負けるとは思わなかった
> D9に関しては五年も経てばもう最強の座からは落ちるだろうと一応納得した(相手は最新のM5でマルチギミックサックも有るしね)

かつて最強と謳われたD9も時代の流れには勝てない・・・
そういう物の見方もまた風情を感じさせるものがありますね。
しかしそれでもD9が高性能機だったのは事実
これに圧勝しちゃうM5にどーやって立ち向かうんだろう?


> この場にブラスライザーが無いのがもどかしすぎる

さすがにディードじゃアラタの全力を出しきれませんしね…
もう、アラタにも新しいLBXを上げちゃっていいからそれ製品化してくれい

Re: 続

> オーバーロード持ちとはいえ自分で封印してる上、ディードじゃどうしようも無いし
> こんな絶望的な状況でも、どんなチート相手にも己の実力で勝ち上がってきたバンさんが何とか一矢報いてくれると信じるしかない

それでもバンさんならなんとかしてくれる…
ピンチの時でも来るだけで希望が見える者こそ紛れもないヒーローの証!
っていうかバンが負けちゃったらもういよいよ後がない。
『チート父さんがあっという間に片付ける』じゃ読者も納得しないだろうし



> アラタが出てくるならゲンドウさんやキャサリンみたいな神威島から去った他の人達にも出て来て欲しいけどそんな雰囲気では無さそうだなあ(行方不明となった元傭兵のハゲは空気読まず出てきそうな気がする) 

言われてみればキョウジが出てきてもおかしくなさそうですね。
アラタの復讐のために現れるも紆余曲折の末に共闘…とかでも面白そうだ。
神威島がどうなったかも気になるんで別の形でもいいからこっちのその後も書いて欲しいですね
Wはエピローグ小説があるわけだしWARSもDVD全巻発売した暁にはそういうのでないかな?

5人目は実は生きていたミゼルだったりして

Re: 城男さん

> 5人目は実は生きていたミゼルだったりして

ミゼルが生きている可能性はゼロじゃないんで何らかの形で出てきてくれないかなぁと思ってます。
エピローグ小説の下巻も結局出たのはバンの記憶の中だけだったし…
まぁ、でも敵になっても味方になっても話が終わってしまいそうなのが厄介ですが