2014/05/27

メメガァ!



IMG_1052.jpg

先の学祭にて念願のキットを手に入れました。メガレオンです!!
なんとセイバリオンとディロフォースを譲ってくれた先輩がこのブログを見ていた様で売ってくださいました。
しかもMTGの結構な額のカードまでオマケにつけて・・・先輩には足を向けて寝られまへん。





IMG_1041.jpg
IMG_1042.jpg

と言うわけでいてもたってもいられず早速組立。
クリアパーツをふんだんに使用した独特の装甲がオシャレですね。
設定的には共和国軍のSSゾイドでセイバリオンと同時期にリリースされたのですがストーリー的には既に共和国は敗北寸前、商売的にもブロックスへの以降時期に出たゾイドであって活躍は非常に地味目です。
共和国のSSゾイドはどっちも不遇やなぁ・・・





IMG_1037.jpg

さて足が短いので可動範囲はお察しですが胴体がガバッと開いて対空砲が展開するギミックがついております。
ブラストルタイガーもそうでしたが隠し武器があるのは弄ってて楽しい。
SSゾイドは東部にコクピットがないものが多く、このメガレオンも背中がコクピットです。しかも贅沢に二人乗りなので操縦者も二体分ついてきます。
普通に考えれば警備や偵察が任務のコイツに二人乗るのはおかしい気もしますがこれはSSゾイドが動かない分プレイバリューを少しでも増やそうとしたトミーの計らいだったのではないかと思う。





IMG_1043.jpg

そしてこのメガレオンの最も面白いギミックはコイツだろう。
ハンドル上の眼をぐるぐる回転させることで舌にあたるアームキャッチャーを出し入れすることができるのだ!
兵器としてはシュールだがゾイドの動物のロボット化言う側面から見ると実によく出来た仕掛けといえよう。
残念ながら完全には収納できず、遊ぶたびに差し込む手間があるがそれを差し引いても秀逸なギミックだ




IMG_1044.jpg
IMG_1046.jpg

そしてSSゾイドと言えば個性的なポーズの人形が見所ですが目がレオンに付属するのはこの兵士。
アームキャッチャーに捕まえられる役です。
思わず笑ってしまうような代物だが、これが非常に遊び甲斐があって口が開いたり腕が開閉するゾイドなら大抵組み合わせて遊べる侮れないオマケなのだ。
総じて、メガレオンはミリタリー的なリアリティからは遠い位置にいるものの遊べるおもちゃとしては最高に楽しいゾイドといえよう。
ああ、できれば子供の頃手元に置いておきたかったぜ・・・




IMG_1048.jpg
IMG_1047.jpg

さて、セイバリオンの記事にも書きましたが私がメガレオンを欲しかった最大の理由がコレを再現するためだったりする。
このユニークな形状は他のゾイドの追随を許さないぞ・・・っ!
またディロフォサウルスとカメレオンを組み合わせて美味い具合にガマガエルに見えるんだから面白い。
本体の大部分がメガレオンなのでこの状態でもアームキャッチの伸縮や対空砲の展開が可能なのもベネ。




IMG_1051.jpg
IMG_1050.jpg

ちなみに余ったものを組み合わせたのがコイツ。
なんかまたキモイトカゲみたいなのが出来上がったな・・・
SSゾイドの組み換えは面白いですね。
惜しむべきは現在入手がなかなか難しく、この楽しさを味わってもらいにくいというところだろうか・・・



ところでこのメガレオンを貰う際驚くべき事実が判明しました。
なんとあのセイバリオンとディロフォース、実は元々私の二つ下の後輩が先輩に譲ったものだったそうです。
あの凄まじい退色は長い間棚に飾りっぱなしにしてたからで、シールがズレて貼ってあるのも購入した当時に作ったからだとか・・・
まさか持ち主が判明するとは思ってもいなかったよ。
話を聞く限りだと結構いろんな歴史が詰まったゾイドたちだったんだね。
ガマガエルに変わったけど大切に飾らせてもらうよ・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント