2013/12/23

最終決戦


img523_20131223235656440.jpg
img480_20131223235658cb9.jpg
img534_20131223235657a8e.jpg

最終決戦!



セレディを問い詰めるゲンドウさんは衝撃の事実を知らされる。
セレディと綾部さんは共に幾多の戦場を渡り歩いた戦友だったという。
キョウジの回想や視聴者的にはおおよそ予測できた状況だ。
でもセレディが90超えのお爺ちゃんだと知らないゲンドウさんは『何言ってんだコイツ?』みたいな顔をする。
『頭おかしいことばかり言ってたけどホントにおかしかったんだ』とゲンドウさんが一人で納得してしまいかねない。


セレディと綾部さんは世界中の戦争を見て回り、いつしか戦争のない世界を夢見る。
『支配者が格差を作り、人々に争いを起こさせる』と確信したセレディは支配者を一掃するために神威島を占拠し、デス・ゲームをやらせる事で戦争を認識しない先進国の人達に戦争について考えさせるよう促したのだと主張する。
毎度毎度言ってることはそれっぽいんだけどやってる事が全く的外れだからちっとも説得力がない。
だから戦争問題について考えさせるために生徒を殺さなきゃいけない理由を教えてよ。
大体、戦争が起きるから人が死ななければならないという理屈はどこにもない。
戦争に死人が不可欠なら無人兵器の開発なんて起きないわけで。エレガントさに欠ける理屈だけど。
セカンドワールドを作っても戦争は無くならない、戦争に苦しむ人がいると訴えたいならまずその人達の生活を訴えろよ。
戦争なくしたいから戦争と関係ない子供を無理やり争わせますとかまるで意味がわからんぞ。




そういえば前作ラスボス(の前座)だったガーダイン副大統領は『無法物達から社会と法を守るには絶対的な力が必要だ』という理念の元にパラダイスを建造し、世界制服を狙ったが主人公たちに敗れてしまった。
だが皮肉なことに彼の主張は当たってしまった。
ワールドセイバーの様な悪質な連中がのさばる様はまさにガーダインが危惧した事態そのものだろう。
ガーダインのやり方はともかくとして『力なくして正義なし』という考えは間違いじゃないよな。
山野親子に関わらなければ彼の計画ももうちょっと上手く言ってただろうに。
でも身元もよく調べずに腹心の科学者を決めちゃうような人だったからやっぱりダメか。




img540_20131224000047986.jpg
img549_20131224000010b76.jpg
img551.jpg
img552.jpg
img539_2013122400001124d.jpg

ゲンドウさんも急に変なこと聞かされて頭がポルナレフ状態だろうけどセレディは(本人の中では)いい事言って満足したのかドヤ顔で立ち去ろうとする。
だが、ここにきて変化が訪れる。
長年連れ添った相棒である綾部さんが『もうアンタとはやっとられへんわ』と言い出した。
しかし『あやべとセレディゎ……ズッ友だょ……!!』と思ってたセレディはムカ着火ファイアーだ。
懐から銃を取り出すと何の躊躇いもなく自分の副官を撃ち抜いた。
ガシッ!ボカッ!綾部は死んだ。


同じ道を歩んできながらセレディと綾部さんは互いに全く異なる結論を出した。
片方は傲慢と狂気に染まったがもう片方は若者達の未来を信じた。
変わったのは、神居島の生徒たちに触れてきたからだろう。
悩みながら成長していく子供たちの姿を見て一方的な思想の押しつけは何も生み出さないと思ったのかもしれない。
それ故に凶弾で命を落とす事になってしまったが、ゲンドウさんに看取られる綾部さんの死に顔は安らかなものだった。
側近を躊躇なく粛清するのは悪役として堂々しているという見方もできますが、なんかセレディの場合は独裁者的な傲慢さの方が強く感じるな。
ただでさえ説得力の薄いセレディの持論がますます頼りなくなった気がする。
部下の管理すらできないくせに世界を管理しようなどとてもとても…






img581_20131224000242e03.jpg
img580_20131224000206461.jpg
img582_20131224000206c19.jpg

一方キョウジの手引きによりセカンドワールドへと侵入した美都先生はロストエリアの上空までたどりつく。
だがそこにはかつての自分の教え子が自らを撃墜するため多数の軍勢を率いていた。
先週ちょっとだけ迷いを見せたようなカイトですが標的を前にしてそんな様子は微塵も見せつけません。
やっぱお前はそういうヤツだよな。
いや、今更善人ぶられても困るからそっちのがいいっちゃいいが。
だが、待機していたワールドセイバーのLBXは正体不明の何者かに襲われ、次々と破壊されていく。
ビ~ム輝くフラッシュバックに~~~~♪ 奴の影♪





img583_20131224000205f59.jpg

グルゼオンwithヘルスライサー!!
セレディ!貴様に会うため地獄から這い戻ったぜ!!




img592_20131224000204ad4.jpg
img589_201312240004280a1.jpg
img590_20131224000427ecb.jpg

復讐と執念に駆られたキョウジは力の限り暴走する。
図らずも新旧セレディの尖兵通しの戦いにもつれ込む。
『これ以上切り刻まれたくなかったらセレディを呼べ!』と要求するキョウジ。
部下が助けを呼んだって来るようなヤツじゃなさそうだけど。
むしろ、中々自分が現れなくてイラつきまくるキョウジを見てニヤニヤ笑ってる方がセレディらしい。





img638_2013122400043665e.jpg
img639_20131224000435c1b.jpg
img625_20131224000434016.jpg
img626_20131224000433182.jpg

以前のウォータイムと違い、負けたら死ぬのが分かっていての戦いだ。
だが、意外や意外!生徒たちがワールドセイバーを押しているではないか。
ビビりまくってたタイガとセイリュウも命をかけて敵を撃つ。
あの出てきては倒される役だった第二小隊のかませツインズが!!
キャサリンの死により誰よりも怯えていたハナコも立ち上がるユノの姿をみて覚悟を決める。



生きることを決意した者の美しさは
ただ生きる者たちを圧倒する!!




安全が保証されている分、ずっと自由に動けるワールドセイバーに比べて怯えて竦んでもおかしくない世界連合の方が気迫で勝っている。
セレディの言うことを漠然と信じ込むだけの有象無象の連中が死をも恐れぬ生徒たちに敵う道理なしッッ!!
獲物を殺すのは《凶器》(道具)でも技術でもなく、研ぎ澄まされた殺意なのだ。イェーガーッ!



img607_20131224000731075.jpg
img616_20131224000730dc5.jpg
fa010818.jpg
80a25875.jpg
b407a852.jpg

生徒たちの気迫が伝染したのか学園長も遂に行動を起こす決意をする。
学園長がおもむろにブローチを捻ると屋根裏から、海から、岩の中からメタ沢の大群が溢れ出る。
すごい派手な登場の仕方だ、バビルの下僕かなんかかお前らは。
鋼鉄の体を持ったロボ集団にワールドセイバーの兵隊たちは瞬く間に叩き伏せられる。
スゲェ、なんかターミネーターのT-1000みたいだ。
考えてみれば銃弾も聞かなさそうだし体が欠損しても止まらないし、情報共有によって直ちに作戦内容を認識できるメタ沢はセレディのハッキングさえなければ超優秀なガードマンだ。
天敵であるセレディはセカンドワールドに降り立って不在、かつ生徒たちは全員コントロールポッドに守られている今、反乱を起こす絶好の機会だ。
キョウジの捨て身の行動はセレディを大いに困らせた。




img673_20131224001040486.jpg
img690.jpg
img679_20131224001051afa.jpg

その頃、セカンドワールドの戦闘はカイトVSキョウジの戦いにアラタ達が割って入り、アラタVSカイト、ムラクVSキョウジの戦いにもつれ込む。
復讐の二文字に駆り立てられたキョウジの戦闘力は最早バイオレットデビルを持ってしても止められるものではなかった。
ジークギガンテスでの雪辱を晴らすがごとく、グルゼオンはなんなくマグナオルタスを退ける。
一方、アラタは戦いながらも『ブンタが死んだのになんとも思わないのか!』とカイトに義憤を突きつける。
それに対して『しにんぐらいでるさ せんそうだもの (byみつお)』と相変わらず同じ答えしか出さないカイト。
アラタは『自分たちだけ安全なところにいて偉そうに言うな!』と怒りを見せる。
カイトは『この戦いが終われば僕たちが正しかったことがわかるはずだ』と抜かす。
おい、反論になってねーぞ。
今回の件でアラタとカイトは度々言い争いをしているが結局カイトは一度もアラタを言い負かしたことがない。
何を聞いても答えは『自分たちが正しいから』の一点張りだ。
そもそも個人の正しさなんて曖昧なものだ。
にも関わらず正義だから許されるなんて事をすれば、極端な話逆恨みで人を殺しても本人にとっては正義なんだから悪ではないなんて話になりかねない。
いくら彼らが正義を主張してもその正しさを説明できなければ形のない虚言に過ぎないのだ。
それにしてもカイトは本当に骨の髄までセレディを信じきっちゃってる。
その敬愛する教祖様は今さっき長年連れ添った側近を迷わずぶっ殺したばかりなんだけどな。
ホント、コイツの脳みそって幸せな構造になってますね。






img652_201312240010504a9.jpg
img687_20131224001049fe5.jpg
img684_20131224001223e0f.jpg
img695_20131224001222145.jpg
img697_20131224001224d8c.jpg
06c11d69.jpg

『君のような奴が一番許せない!』とのたまうカイトだがそのセリフは大半の視聴者がお前に対して言いたいことだと思うぞ。
傲慢、嫉妬、憤怒、強欲…7つの大罪の半分以上を一人で満たしている。
アンタ死んだら絶対天国いけないよ…
神刀カムイがカイトの歪んだ思想ごと、ライディングアーマーを切り裂いた。
世界を変えると息巻いた男だが、何を成すでもなく極ありふれた倒され方をした。
エンジェルピースでの戦いで渋々ながらもアラタを助けた彼はもういないのだ…
思えばあの時カイトは礼を言うアラタに対して『結局キミがヒーローなんだろ、気に入らない』と言っていた。
野心の強いカイトにとっていい加減で現実を見ていない(と思ってる)癖に才能に溢れているアラタは心底気に入らない相手だっただろう。
そんなアラタに負けるということは結局己が単なる凡人であると思い知らされる様で我慢ならなかったのではないだろうか?
しかしオーバーロードの覚醒速度を見るにカイトが捨て去った仲間への思いこそアラタの強さの源であると言えそうだが、カイトはそれに気づくことがなかったんだな。
結局、彼の最大の敵はアラタでもゲンドウさんでもなく、己の高すぎるプライドだったのか。





img701_20131224001221714.jpg
img710_20131224001220135.jpg
img711_20131224001219586.jpg

世界連合の奮戦に幹部の敗退、加えてメタ沢の反乱により形勢は一気に世界連合有利へと傾いていく。
だが、荒れ狂うキョウジを止めなければ真の決着はありえない。
アラタはキョウジに最後の戦いを挑む。
新型補正がなければ強いキョウジを前にアラタは苦戦する。
あわや、致命の一撃を受けるかと思われた時、何かがふたりの間に入る。
ゲンドウのオーヴェインが身を呈してアラタを救った。
ゲンドウゥゥゥゥーーーーーーッッ!!!
ロスト=死と分かっていながら我が身を盾にするその勇気、僕は敬意を評する!!!
もうカイトと比べるのは不毛になるからやめよう。





img718_201312240013564b8.jpg
img716_20131224001359204.jpg
img725.jpg
img728_201312240013577d0.jpg
img733_20131224001531aec.jpg
img735_201312240015306d7.jpg
img737_20131224001529340.jpg
img738_2013122400152852c.jpg
img753_201312240015261fc.jpg

ゲンドウさんがやられたアラタは怒りのオーバーロードを発動させる。
『あのクラスメイトだと…?ゲンドウの事か…ゲンドウの事かーーーーーッッ!!』
いや、そんなセリフ言ってないけど。
愛しのセレディをみつけたキョウジは一目散にセレディを追いかける。
それを追い、ロストエリアへと進行する新アラタ。
互いにオーバーロードを発動させた者同士の攻防、最早常人の追いつく域にあらず!
映像面でも過去最高クラスの空中戦を繰り広げ、戦闘の凄まじさはピークに達している。
なんとか最新部にたどり着き、博士を救出しようとする美都先生だったが寸でのところでセレディに追いつかれてしまう。
だが、荒ぶるアラタの波導がセレディのスカウトセンサーに触れる。
セレディは30手前の独身女性そっちのけで14歳男子生徒を全力で迎えに上がる。
キョウジ⇒セレディ⇔アラタの構図だ。
なんだこの三角関係。
甘酢っぱい恋の予感というよりむせ返る炎の匂いが漂ってきそうな危険なトライアングルだ。
それにしてもいくら初回登場補正が切れたとは言え、ビームライフルとカマだけでミサイルの波状攻撃を跳ね除けるキョウジは凄まじいな。
こんなに強いのにどうしてセレディは捨てちゃったんだか…
いや、捨てられたからこんだけ強くなったんだっけか。




img761_20131224001704c4b.jpg
img763_20131224001700aca.jpg
img755.jpg
img758_20131224001703802.jpg


双龍の互角の攻防にディ・エゼルディが割って入り、戦いはますます激しさを見せる。
しかし用心深いセレディは最後まで切り札を隠し持っていた。
あれ程までにこだわっていた力を、本人が持たぬはずもない、オーバーロードを発動させる。
ディ・エゼルディの本気の力を前に遂にキョウジのオーバーロードが切れてしまう。
オーバーロード+ビット兵器の神速はキョウジを持ってしても追いつけない領域だった。
最早この時点で勝負ありだろう、だがキョウジは諦めない。
一人で死ぬかよ ヤツもやつも呼ぶ
 狙い定める セレディがターゲットー!






img770.jpg
img774_20131224001902eb4.jpg
823aa0f6.jpg
img776_201312240016599fa.jpg
e36612f6.jpg

崩壊するグルゼオンが最後の一撃を放つ。
だが、恐るべきはディ・エゼルディ。グルゼオンをあざ笑うかのような頑強さを見せつける。
すべての力を使い果たしたのだろうか、グルゼオンはそのまま木っ端微塵に…
強敵としての強さを存分に見せ、時には新機体においしい場面を譲り、そして最後はボスの強さを引き立てて華麗に散っていく…
紛れもなく君はこの作品最大の貢献者だ、お疲れ様。
だがこの時異変が起きる。グルゼオンの放った一撃が周辺のパイプを激しく損傷せしめる。
その亀裂は広がっていき、セレディの真上にあるパイプで限界を迎えた。
キョウジ最後の執念が引き起こした偶然だろうか、パイプはセレディめがけて真っ直ぐに倒れ込んだ。




img780_20131224002158706.jpg
img782_20131224002157af1.jpg
img793_2013122400215779b.jpg
img795_201312240021565f3.jpg
img805_20131224002155189.jpg

千載一遇のチャンスとばかりに博士を救出する美都先生。
だが、コントロールシステムを抜かれ、内部機構そのものも破壊されたセカンドワールドは限界を迎える。
海は裂け、空は割れる。セカンドワールドの終焉の時が来たのだ。
システムが停止した影響だろうか。
ロストした生徒たちのポッドが開いていく。
しかしなんということだ、死んだはずのゲンドウさんが目を開けるではないか!
生徒たちは綾部さんが催眠ガスにすり替えていたお陰で全員生存していた。
綾部さん、君ってやつはーーーーー!!
ここでヒカルが『良かった…』と安堵するのが中々憎い演出ですね。
彼も最初は他人なんてどうでもいい人物だったのに…
生徒たちの成長が見て取れるなー。




img803_20131224002155c67.jpg
img825.jpg
img827_2013122400225302e.jpg
img828_20131224002252564.jpg

残る問題はロストエリアに取り残された美都親子とセレディの残した悪魔、ディ・エゼルディの始末だけ。
かと思われたが突如水面が波打つ!
頭まで水面に浸かった状態で5メートルは飛んでみせた!
セレディ復活!!
あの状況で生き延びる生命力、そして全身からほとばしるスパーク。
やはり彼の正体は…




img856.jpg
img857.jpg
img858.jpg

次回、それぞれの未来(あす)へ。
セカンドワールドが崩れ、ワールドセイバーが瓦解してもなおセレディの邪悪な執念は消えない。
この戦いを終わらせれるものはアラタ一人!
アラタの勇気が世界を救うと信じて━━━━!!





今回のエピソードはゲームとは結構違いがあった。
特に綾部さんが離反する下りはかなり改変が加えられている。
おおまかな相違点は


① 綾部さんがセレディから離反するきっかけ
② セレディの体の謎を語るシーンのカット
③ 綾部さんの死に際のセリフ




の3点だろう。
まず①はゲーム板だとゲンドウさんが綾部さんに『お前の気持ちに気付いてやれなくて済まなかった』と謝罪し、綾部さんの心が揺らぐという演出だった。
個人的には仲間を傷つけてもまだ自分のことを執事だと言ってくれるゲンドウさんを見て、綾部さんがワールドスレイヤーのテロリストから綾部連次郎というひとりの人間に戻ったのではないかと思っているのでここはゲームの方が好みだったかな。


2番目ですがゲームだとセレディは脳を含めた体の大部分をオプティマに移植しており、実質的なサイボーグのような存在であることが語られます。
ここがカットされたのはラストで死んだと思ったセレディが復活する演出のために、セレディのボディが機会であることを隠しておきたかったからだと思います
つまり、セレディはオプティマスな司令官だったのだ!
逃げろ!セレディ司令官が爆発する!!



3つ目については『勝手に死ぬことは俺が許さん!』というゲンドウさんの叫びに対して『この綾部連次郎、特例を頂いております故…』と言い残して事切れると言うのがゲーム版のシナリオです。
これまでゲンドウさんの側にいることの理由として使っていた決めセリフでしたが、逆にゲンドウさんから去っていく際に使う事で印象を強めており、これまたゲームの方が好みです。
うーむ、そう考えるとここはゲーム版屈指の名シーンだけに改変されたのは残念だったような、違う展開が見えて嬉しかったような…
あ、キョウジに関してはこれはもう、アニメスタッフ万々歳とでも言うべき良改変でした。
正直、ゲームだと彼はラストバトルで空気読まずにウロウロしてるだけの障害物同然だったので…


そういえばキョウジといえば当たり前のようにコントロールポッド載ってたんだけどあれって誰のだろう?
ロスト下生徒たちは基本そのままのはずだし…と思ったがよく考えればカイトが抜けたので1個空いてるんでしたね。
だとするとまずいぞ、ゲンドウさんが催眠ガスを浴びたのにすぐ目覚めたのはおそらく綾部さんの仏心からつい、ガスの量をすくなく見積もったのだろう。
だとすると他のポッドにもガスを調整していたかもしれない。
例えば散々自分に罵声を浴びせてきたカイトのポッドだけは本当に致死量の毒ガスが流れ込む作りになってるとか。
今頃キョウジは静かに息を引き取っていた…なんてことになったらやばいか。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あれからガーダインはどうなったのか・・・。
カイトにはアラタが私の言いたかった事言ってくれたからもう何も言うまい。
オーヴェインとバル・スパロス、いったいどこで差がついたのか。
グルゼオンがついにロストしたけど、やっぱり印象に残る機体でした。投稿コーナーにも結構イラストあったしね。
明日で最終回ですが、どんな終わり方をするのか楽しみですね。
で、結局ムラクさんに変なチップ渡していた怪しい人は何だったんですかね。

Re: ケイさん

> あれからガーダインはどうなったのか・・・。
> カイトにはアラタが私の言いたかった事言ってくれたからもう何も言うまい。

ガーダインさんは稀代のテロリストとして粛清されたそうな…
強すぎる正義感故に悪の道へ走った彼の悲しい生き様を山野博士も心に涙を浮かべながら偲んでいることでしょう。
アラタの発言は視聴者なら誰もが思うことですがカイトは結局まともな反論をしませんでしたね。



> オーヴェインとバル・スパロス、いったいどこで差がついたのか。
> グルゼオンがついにロストしたけど、やっぱり印象に残る機体でした。投稿コーナーにも結構イラストあったしね。

持ち主によって如何に活躍具合が変わるのかはフェンリルが我々に身を持って教えてくれました。
とは言え完全に悪役扱いなバル・スパロスはちょっと可愛そう…
カラーリングはめちゃヒロイックなのにね。
グルゼオンは正直ここまで長生きするとは思いませんでした。
こいつといいアキレスディードといいなんか悪役の方が高待遇な気がしないでもない。


> 明日で最終回ですが、どんな終わり方をするのか楽しみですね。
> で、結局ムラクさんに変なチップ渡していた怪しい人は何だったんですかね。

チップの人は結局ウォータイムを実際の国家が干渉している事を印象づける為だけの人ってのがFAっぽいですね。
せっかくアニメオリジナルキャラでオーバーロードも知ってたっぽいのでもう少し出番があっても良さそうでしたが…
ところで彼は散々援助してやったムラクがホイホイジェノックに移ったと知ってどう思ったんだろうか。それどころかゲームだとその日のうちにハーネスに移籍したりするし

こんにちは。

>だから戦争問題について考えさせるために生徒を殺さなきゃいけない理由を教えてよ。

もはやセレディはなんやかんや適当な理屈付けてドsプレイしたいだけでは…。

>山野親子に関わらなければ彼の計画ももうちょっと上手く言ってただろうに。

サイバーランスの開発チームがちょうどいいのでは。
ヤマジュンのことを「タイニーオービットのやつだから潰すの手伝ってくれるよね!」と言えば喜んで手助けしてくれると思いますww

>屋根裏から、海から、岩の中からメタ沢の大群が溢れ出る。

岩の中のやつはこういう事態の時のためだけに配備されてたんでしょうかww
あの石像はたぶん考える人ですね(どうでもいい)。

>例えば散々自分に罵声を浴びせてきたカイトのポッドだけは本当に致死量の毒ガスが流れ込む作りになってるとか。

なるほど、アニメ・ゲームともにキョウジの末路が描かれていないのはそういう理由だったのか…(おい)

Re: ソフィアさん


> もはやセレディはなんやかんや適当な理屈付けてドsプレイしたいだけでは…。

このセレディが正義や道徳心だけでテロリストをやっていると思っているのかァーー!
僕は『楽しみたい』からやっている!



> サイバーランスの開発チームがちょうどいいのでは。
> ヤマジュンのことを「タイニーオービットのやつだから潰すの手伝ってくれるよね!」と言えば喜んで手助けしてくれると思いますww

ヤマジュンは元TOのスタッフですけど現在は半隠居の身なので西原さんがどう判断するのか…
ていうかあの人自分がお世話になった会社のお披露目会で容赦なく新型暴走させて倒産の危機に追い込むとかマジぱねぇ。


> 岩の中のやつはこういう事態の時のためだけに配備されてたんでしょうかww
> あの石像はたぶん考える人ですね(どうでもいい)。

ゾイドでもなんかアイアンコングの石像が自動操縦のロボットになってた的な話がありましたし権力者はそういうの作りたがるんでしょうね。
しかしアレメンテナンスどうしてるんだろう。
壊さなきゃ出てこれなさそうだから整備できそうにないしそうすると緊急事態にちゃんと動いてくれるか怪しいし…



> なるほど、アニメ・ゲームともにキョウジの末路が描かれていないのはそういう理由だったのか…(おい)

そういえばアニメ感想にも彼に触れるのすっかり忘れていました。
マジで今頃ひっそりとカイトのポッドで息を引き取ってるかもしれません