2012/01/02

ドラゴンの年

新年一発目は干支ネタで行くぜ!!
辰年だけにドラゴン型ゾイド?いや、違うッッ!!















P1020033.jpg

こいつはな・・・モンスター!!!



という訳で新年早々のネタはインフェルノモードのメッキ仕様のイフリートだ!!
エエーーーッッ!こんなん売ってたの?と思われる方。
こいつは一般販売しておりません。
じゃあ限定品?
いえいえそもそもコイツは正規品ではないのです。


一部モデラーの間では既に結構知られている事ですが世の中には市販されているプラモデルをメッキ加工してくれるという業者さんが存在するのです。
今回はキラキラ工房さんにお願いをしましたが、ココ以外にもいろいろあるみたいです。




P1020025.jpg

で、今回俺は来るべき辰年に備えてイフリートさんのメッキ加工をお願いしたというわけだ。
見たところは通常のメッキプラモデルとほぼ違いはなく正規品といっても通用するレベルです。






P1020026.jpg

ノーマル仕様と比較。






P1020036.jpg

インフェルノモードを再現できた事によりオーディーンとのバトルが一層映えるぜ!






P10200190.jpg

メッキプラ共通の弱点としてゲート処理ができない事が挙げられますがゲート跡は丁寧にニッパーで切り落とせばこのくらいにはなります。
ダンボール戦機のプラモデルは全てニッパー不要のタッチゲートですがメッキ使用のプラモデルを作る際はニッパーの使用をお勧めします。
後メッキ加工した分厚みが出るのでダボピンが上手くはまらない場合があります。
ピンをはめる場合はカッターなどで表面だけ削ってやったほうが良いでしょう。
無理にはめ込んでボキッとやると代わりがきかない分悲惨な事になりますので・・・






P1020037.jpg

以上、メッキ使用の俺式特注イフリートでした。とはいえ実は今回注文したのはこれだけではなくてですね・・・ダンボール戦機のプラを自由にメッキ加工できるというならどうしたって『アレ』は外せませんよなァ・・・
























P1020042.jpg

ゼノン!オルタナティブモード!!!

Vモードアキレス、Xモードオーディーンときたらもうコイツを作らないわけにはお天とさんが許しやしねぇ!
そのうちキャンペーンとかでやるかも知れねーが・・・




P1020054.jpg

オリジナルと比較。
ゼノンハルバードは色が違えば圧倒的にカッコイイ


P1020052.jpg

残念な事に自分、このようなサイトを持ちながらXモードオーデーンは外れてしまいまして完全な原作再現とは行きませんがアニメ版でのルシファー2戦目を再現




P1020058.jpg

二体を並べてみる。
うおッ!まぶしっっっ!!!




P1020060.jpg

メッキ加工はランナーごとの処理になるので当然、ダイスもメッキ使用になります。
やだ・・・カッコイイ・・・///






以上、新年一発目のネタでした。
VモードやXモードに外れてしまった人もこういったサービスを利用すれば手軽にメッキ使用のプラを作る事ができますよ!
しかもランナーごとに色の選択が出来るので二色以上のメッキ加工をほどこした超贅沢なLBXだって作る事が出きるのが大きな特徴ですね。
ダンボール戦機以外にもHGゴッドやシャイニングをハイパーモードにしたりメッキ使用のホイホイさんなどの変り種を作るなどアイデアしだいで驚きのアイテムが作れちゃいます。
物珍しさからプレゼントにも最適です。
そのうちセラフィックモードのルシファーなんかも注文しちゃうぜェ~~~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント