2013/09/11

イーストエンドブリッジの決闘


img436.jpg
img443.jpg

シリアスな展開が続いたので箸休めの日常会だ。
こういう緩急のつけ方は悪くないですね。
ネウロもシックス編に入ってからシリアスとギャグを交互にやりつつギャグ回にさり気なく伏線を仕込んだりして感心したものだ。



img441.jpg
img440.jpg
img444.jpg

今回の部隊は太平洋上の小さな仮想国、ポルトンとなる。
列記とした国家でありながら戦略的価値が認められず他国に無視されているので、活躍の機会に飢えている。
位置的に考えてポルトンのモデルはハワイだと思われる。
現実世界のハワイは領有権をめぐって多数の国が争っていた歴史がある。
かの有名な真珠湾爆撃が行われたのもアメリカが日本に進軍するにあたって重要な拠点になり得たからに他ならない。
でもセカンドワールドの戦闘は補給が必要ないので中継地点としては機能しないっぽい。
というかジェノックがロシウスと、アラビスタがハーネスと戦っていたのを見るに基本的に隣国としか戦わないのかもしれない。
海戦、空戦の概念があるかどうかも疑問だ。
後は景観が優れてるとか希少な動物が生息してるとかがハワイの特徴だが生物が住んでいないセカンドワールドではどれも全く意味がない。


そんな訳で他国にとってポルトンは弁当に入ってるバランくらいのどうでもいい扱いを受けるのだった。




img455.jpg
img464.jpg

現状を打開すべく、ポルトンのメリッサ司令は秘策を考える。
ズバリ!現在破竹の快進撃を続けるジェノックとの同盟だ。
だが美都先生に『ポルトンと同盟を結ぶメリットがない』とあっさり断られるのだった。
これはメリッサ先生の勉強不足だな。
美都先生はイケメンとしか同盟を結ばないのを知らないのか!?
海道ジンクラスのイケメンを用意してから出直せッッ!!
あ、でもポルトンには女性しかいないんだっけか。
そのへんにオスカルでもウロついてないだろうか…




img481.jpg
img491.jpg
img496.jpg

ポルトンの不遇はウォータイムのみに収まらなかった。
キャサリンに洗濯物を撤去されるわ、飯食ってたらロシウスに机を占領されるわ、遊んでたら大国に追いやられるわ、挙げ句の果てに司令官まで他国から雑用を押し付けられる始末。
国土が狭いというだけで徹底的に理不尽な目にあってます。
いや、まだだ。生徒にとってのオアシスである屋上が残っている!
でも、屋上に行ったらバンデットに絡まれて泣くというオチがつきそうだ。
“大国”のヤツらは裕福な生活を送りながら、くだらない思想をぶつけ合っている。
私達は、そのしわ寄せでこんな生活を……強いられているんだッ!(集中線)





img503.jpg
img507.jpg
img528.jpg

そんな強いられ人生のポルトン第一小隊隊長、沖田ヒナコにとっては憧れのプレイヤー、郷田ハンゾウだけが心の支えだった…
って郷田!GOUDAかよッ!?
タケルやジンのような前置きなしに出てきたからビックリした。
とにかくプロプレイヤーになったと言う郷田にヒナコはメロメロだ。
なんか大学デビュー失敗したみたいな格好で、何故か機体がハカイオー王牙に退化してるがそんな事は気にならないらしい。
絶斗は欠陥の多い機体だったけど超我王砲が使えるから王牙よりは強いと思うんだが。
後、郷田はプロメテウス所属のプロプレイヤーだと思うので、よその技術で魔改造された怒愚魔は使用できないのだろう。
我王砲を勝手にパクッた山野博士を未だに恨んでいるという可能性が無くはないが。




img535_20130913002900b14.jpg
img537.jpg

そんなささやかな幸せを噛み締めているヒナコの放課後は、キャサリンの『郷田って微妙じゃね?』発言により台無しになる。
テメー、今私の郷田くんのことなんつった!?(プッツン
キャサリンは郷田の戦い方が『必殺ファンクション撃ちまくるだけのワンパターン』と非難する。負けじとヒナコも『アスカの戦法は卑怯くさい』と言い返す。
戦争だろうが…思ってるだけならまだしもそれを口にしたら、戦争だろうが…ッ!
後、目の前に郷田恋人親友の妹がいるのに思いっきりディスるのはどうなんだ?
キリカとダイキの関係は未だに明らかになってませんが実は冷え切った関係なのか?
やっぱり彼女が神威大門に来たのは新婚生活を邪魔しないためだったのかも…


あやうく店の中でLBXバトルが始まる雰囲気になりましたがオーナーの捨て身の懇願でひとまず両者鞘を収めます。
まぁ、店の中でLBXが戦ったらヒドイ事になるだろうし、最悪店そのものが消滅しかねないので正しい判断です。
それにしても巻き添えくらって重賞を負う危険性があったのに二人のあいだに割って入ったマスターは店主の鑑ですね。怒鳴られてスゴスゴ引っ込んだアラタも見習え。
とは言えこのままでは腹の虫が収まらないヒナコは翌日のウォータイムでキャサリンに決闘を申し込む。



img567.jpg
img555.jpg
img577.jpg

ノリと勢いで私闘を引き受けてしまったキャサリンですが当然そんな勝手な真似が許されるはずもなく、お仕置きとして3日間の謹慎を喰らってしまう。
まぁ、残念ながら妥当な判断です。セカンドワールドが現実世界の戦争に反映される以上変な揉め事を起こされるのは困る。ましてや外交問題に発展しそうな他国のゴタゴタなら尚更。
だがポルトンの司令官、メリッサ先生は『日の目を浴びる機会ができた!』狂喜乱舞していた。
…大丈夫なのかこの人?
なんで私闘を申し入れたヒナコを褒めてるんだよ、虎眼流剣士ですかあなた達は?
笑うという行為は元来獣が牙をむく行為に由来するんですか?
メリッサ先生はここでジェノックをコテンパンに叩きのめしてポルトンの立身出世を目論む。
負けたら国家消滅なのに随分のんきなことを考えてます。
もう、目立ちさえすればなんでもいいんだろうか…


翌日、ポルトン第一小隊は指定ポイントで待機する。
…が、キャサリンは現れない。そりゃそうだ、謹慎くらってるし。
だがそんな事情を知らないヒナコはキャサリンが逃げ出したと思い込んでしまう。
ここでキャサリンが遅れてやってきて巌流島の宮本武蔵戦法を見せるかと思ったらそんなことはなかったぜ。
結局、ヒナコたちは時間を無駄にする事に…と思ったけどこいつら、海を眺めてウォータイム終了まで待つのが日常だったな、いつもと変わらないじゃん。





img604.jpg
img593.jpg

流石に気まずかったのかキャサリンは日も暮れた頃にこっそり寮に戻る…
だが、玄関先でポルトン第一小隊が待ち構えていた。
誰も覚えていないだろうけど、ジェノック、ハーネス、ポルトンは同じ寮です。
ヒナコは隊員のウミが導き出したジェノックへの侵入ルートを突きつけ、キャサリンが来ないならこっちから出向くと言いだす…
って作戦前にネタバラシする奴がいるか馬鹿ッッ!!
敵国内に堂々と入り込み、白昼堂々の決闘。
腹にダイナマイト巻きつけてヤクザの賭博所に殴り込みするレベルの暴挙ですが、自称、失うものが何もないポルトンに怖いものは無いらしく、作戦決行を強引に決定する。
いや、あるよ?失うものあるよ。
君らが負けたら国がひとつ滅びるんだよ?
『洗濯物が干せなかった』なんて理由で国家が滅亡したら暴動モノだよ。
でも、彼女たちセカンドワールドの真実知らないしなぁ。
知らないあいだにハワイの住人が大ピンチだよ。


なんかもう色々と凄すぎます。活躍の機会に飢えるあまり頭のネジが2、3本緩んじゃったような凶行だ。
後、作戦会議にも第一小隊しかいないけど他の小隊は納得してるんだろうか?
シャーロットちゃんがポルトンからの引き抜きだったのを見ると、第一以外にも小隊はあるはずなんだが…
あ、という事は大国相手に互角に渡り合える超貴重な戦力であるシャーロットちゃんをエゼルダームは強引にかっさらっていったのか。
セレディの鬼畜っぷりは本人が登場しなくても遺憾なく発揮されるレベルに達しているらしい。
うおおおーーー!貴様どこまでも腐りきってやがる!!




img615.jpg
img620.jpg

翌日、キャサリンが投登校するとヒナコが下駄箱の前でキャサリンのネガティブキャンペーン真っ最中だった。
痛い!これは痛いよ!!やってる方もやられる方もイタすぎるッッッ!!!
なんか、言ってる方が逆に恥ずかしいんじゃないかというレベルですが失うものが何もない人らは違いますね。
地位も名誉も捨ててただキャサリンとの戦いを望むか。
さすがのキャサリンも『ひょっとしてヤバい奴らとかかわり合いになったかもしれない…』と頭を抱える。
だが、謹慎処分をくらった以上戦闘することは出来ない。
かと言ってこのまま放っておくのも…





img623.jpg
img643.jpg
img661.jpg
img650.jpg

悩んだ末、キャサリンは一計を案じる。
名付けて、第一小隊のクラフトキャリアーをカーゴジャックして決闘に向かいます作戦だ。
ユノを欺いてハルキを閉じ込め、命令すり抜け司令の隙をつけ!
折角新機体になったのに早速活躍の場を奪われる隊長涙目だ。
コレは酷い。新機体が活躍できるのは最初の2、3話くらいなんだよ?
イーストエンドブリッジに向かうとポルトン第一小隊が既に侵入していた。
ウミの予想ルートはハッタリではなく、ジェノックでさえ気づかないような抜け道を正確に把握していたのだ。
彼女の頭脳があればどんな小さな隙間からも気づかれずに侵入できるかもしれない。
なんか例えがゴ○ブリみたいになってしまったが、一応褒めてます。




img662_20130913003249da7.jpg
img663.jpg
img685.jpg
img679.jpg
img695.jpg

ともあれどうにか決闘の舞台が整った。
後は両者が心ゆくまで戦うだけ…だったがなんとロシウスの兵士たちが強襲をかけてきた。
ロシウスは東から侵入すると見せかけて西からの奇襲が本命だった。
これにはドヤ顔で東から来ると言い切った美都先生も苦笑い。
とにかく邪魔者を片付けなければ始まらないということで一時休戦して両者はロシウスと交戦する。
ロシウスの雑兵を4体まとめてブチのめすなど、ヒナコの強さは本物のようだ。
国の存亡を掛けてまで決闘に乗り出した自信は伊達じゃない、ちゃんと勝てる見込みがあって勝負を売ったのだ。
まぁ、司令官は何も考えずに送り出した可能性が極めて高いのですが…





img718.jpg
img719.jpg
img735_2013091300351205c.jpg
img737.jpg

結局、ロシウスを片付けていざ勝負と言うところでウォータイムが終了し、勝負はお預け。
命令違反、独自行動、隊員の幽閉などを行ったキャサリン達は美都先生からキツ~イお仕置きを受けるのでした。
まぁ、確かに一歩間違えれば極めて危ない状況だったには違いない。
ブラスライザー、トライヴァイン、バル・スパロス、ドットフェイサー、ライディングアーマーが全て使えないとなるとジェノックの総戦力は半分以下になるんじゃないか。
こんな時にバンデットが襲ってきたら間違いなく大損害だったので、幸いだったと言える。
まぁ、美都先生も読みを大外ししたと言う負い目から始末書くらいで済ませたのかもしれない。





img767.jpg
img766.jpg
img771.jpg
img768.jpg
img772.jpg

次回!復活のヒカル!だが…
来週もヒカルのターン!
復帰したヒカルだがどうやら電気ショックがトラウマになって思うままに戦えないようだ。
なんだかパブロフの犬みたいですが繊細でか弱いヒカルには相当なショックだったようだ。
頑丈なランだったらせいぜい肩コリが治るくらいで済んだろうに…
それを何とかするために立ち上がるのはあの男!
最近急激になりを潜めたのでバンデットと繋がってる疑惑が持たれていたがやっぱりいい人だった。
これがきっかけでヒカルはKATANAに目覚めるのか!?



それにしても第一小隊を乗っとって出撃は意外な展開だった。
私はキャサリンがアラタの手を借りに来た時にてっきり、ヒカルの代わりに第一小隊として出るつもりだったのかと…


美都先生『キャサリン・ルース!?どうして第一小隊と一緒にいるの!』
アラタ・ハルキ『キャサリンじゃありません、電気ショックで身長が縮んだヒカルです!!

二人共色白だし、金髪だし多分イケるッッ!!
退院後ヒカルは実は女の子だった展開に持って行って代わりに第四小隊に配属すればアフターケアも完璧だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今回は良回!!
しかし少数からの差別的な扱いやら過度なネガキャンやら笑いで済みそうの無い命令違反やらで個人的には賛否両論でもありました…。

>屋上に行ったらバンデットに絡まれて泣くというオチがつきそうだ
よく考えたらバンデットの作戦会議は大抵が屋上ですね。
元々教室が無かったのもありますが、監視カメラが無いというのもあるんでしょうか?

>沖田ヒナコにとっては憧れのプレイヤー、郷田ハンゾウだけが心の支えだった…
見よこの顔をッ!!
アスカ様に惚れているキャサリンのような、恋する乙女の顔になっているッ!!
キャサリンに匹敵するほどの乙女になれるのであれば、キャサリンのライバルになるのはある意味相応しいと思いますね。

GOUDAさんに関してはある意味妥当な所だと思います。
僕はWから見始めたので無印は詳しくは知らないんですが、相当モテてるようです。
たとえ『どこかのヤ○ザの若旦那のような格好』だったり『進化する男なのにLBXは退化』しても。
まぁそういう点があるからキャサリンにダメだしさせる事が出来るんですが。

とまぁそれがきっかけ(原因)でウォータイムで決着を付けることになったんですが、これは普通のLBXバトルでいいんじゃないでしょうか?
もし負けたら(というか制圧されたら)、ポルトンがジェノック領になるし…
と考えたらポルトン滅亡させてさっさとジェノック領にした方が日本にとっては有益じゃないでしょうか?(暴論)
日本は領海増える上にハワイ(?)という観光名所を現実世界で手に入れれますし。
そう考えると司令官の怒る喜ぶの立場は逆のはずなんですが…メリッサ先生はともかく美都先生が怒ったのは下手に滅亡させて世界情勢をいじる事を避けたいのでしょう。
まぁこんな酷い推測をせずとも『セカンドワールドに私情を持ち込むな』で終わる話ですが。

>美都先生『キャサリン・ルース!?どうして第一小隊と一緒にいるの!』
>アラタ・ハルキ『キャサリンじゃありません、電気ショックで身長が縮んだヒカルです!!』
どちらにせよセイレーンでバレる気がしますが…バルスパロスは修理中なので代理として操作することにすればなんとかごまかせそうですね。

Re: 宮藤椿さん

> 今回は良回!!
> しかし少数からの差別的な扱いやら過度なネガキャンやら笑いで済みそうの無い命令違反やらで個人的には賛否両論でもありました…。

しょうしょう辛口な言動が目立った今回ですがギリギリセーフな範囲で済んでいると思います。
これもひとえにギャグオーラを放ちまくっているポルトンの面々による癒し効果でしょう。



> 見よこの顔をッ!!
> アスカ様に惚れているキャサリンのような、恋する乙女の顔になっているッ!!
> キャサリンに匹敵するほどの乙女になれるのであれば、キャサリンのライバルになるのはある意味相応しいと思いますね。

どっちの恋も実りのなさそうな想いと言うのが悲しいところです。
二人共バンさんがフリーだからどっちか振り向いてくれれば・・・
W初期は各方面からモテモテだったのにいつの間に独り身になっちゃったんだろう。


> GOUDAさんに関してはある意味妥当な所だと思います。
> 僕はWから見始めたので無印は詳しくは知らないんですが、相当モテてるようです。
> たとえ『どこかのヤ○ザの若旦那のような格好』だったり『進化する男なのにLBXは退化』しても。
> まぁそういう点があるからキャサリンにダメだしさせる事が出来るんですが。

リコとミカに慕ってもらえる辺り公式イケメンのジン並にモテオーラを放ってますね。
しかしキャサリンの話ぶりが本当なら彼は4年間全く戦闘スタイルを変えていないことになり、機体が退化してるのを含めてどの辺が進化する男なのか激しく疑問です。
むしろ4年も戦法を変えずにプロやってけるあたりを褒めるべきなのか?


> とまぁそれがきっかけ(原因)でウォータイムで決着を付けることになったんですが、これは普通のLBXバトルでいいんじゃないでしょうか?
> もし負けたら(というか制圧されたら)、ポルトンがジェノック領になるし…

ヒナコ本人の私闘をさり気なくポルトンVSジェノックに仕立て上げ、名声を得るのがメリッサ先生の思惑なのでヒナコ個人でなくポルトンとして戦う必要があったのでしょう。
正直メリッサ先生は負けた後のことなんてこれっぽっちも考えてなさそうです。
もう本人としては出番さえあればじジェノックの属国でも植民地でも構わないんだろうか…



> >美都先生『キャサリン・ルース!?どうして第一小隊と一緒にいるの!』
> >アラタ・ハルキ『キャサリンじゃありません、電気ショックで身長が縮んだヒカルです!!』
> どちらにせよセイレーンでバレる気がしますが…バルスパロスは修理中なので代理として操作することにすればなんとかごまかせそうですね。

じゃあセイレーンにバル・スパロスの着ぐるみを着せて…
個人的にはカイトよりもキャサリンの方がすパロスが似合うと思うんですよね。
セイレーンと体型似てるし、並んでも違和感ないから小隊にもよくなじむと思うし。