2013/06/19

不必要




今井神「NEEDLESS」連載10年で完結、新作は来年初頭



毎月19日はウルジャンの発売日なんで毎度立ち読みしてくるわけだが、私がジョジョ以外で唯一読んでいたNEEDLESSが今月ついに終わってしまった。
ていうか10年もやってたのか‥・時期的にはSBRが移籍してくる少し前からか、しかし10年で全16巻と言うのは結構短い気もします。



この漫画を知らない人のために説明すると、いわゆる能力バトル物でして主人公は相手の能力をコピーする能力、派手な必殺技、大剣持ちの美少女等中二心をくすぐる要素に個性豊かな仲間と共に自分らのシマを荒らす悪の組織をブッ潰せ!的なストーリーと言う非常にわかりやすい世界観をしています

‥・まぁ、こう書くとどこにでも転がっていそうなお話ですが上記の内容に加え、チャンピオンRED顔負けのエロ&グロ展開が怒涛の展開で押し寄せる点が特徴的です。
無駄に高い画力から描かれる内蔵ゴバァで脳みそブチャァなシーンが強烈なインパクトを読者に残す。
オッサンだろうが幼女だろうが容赦なくひでぶ。女性キャラが首チョンパされる事がやたらと多くご丁寧に切り飛ばされた首の断面図まで鮮明に書き込むという芸の細かさ。


エロ方面でも裸にソックスだったり褌だったりはいてなかったりと作者の趣味嗜好丸出しな上、女性キャラのダメージは服の破れ具合で表現というまさかのクイーンズブレイド方式、その為戦闘中はほとんど半裸。
でもしょっちゅう脱げるからかえってエロくない。アレだ、たまに見せるからイイんだよこういうのは。



まぁ、こんな感じで以前ネットで見かけた表現を借りるならエロ&グロ成分が過剰に増したボーボボと言うのが一番的を射ている表現かと‥・
真剣なシーンでも急にギャグが入ったりして緩急の差が激しいです。
そのへんを許容できるなら楽しんで読める作品だと思うので興味を持たれた方は一度読んでみてください。
全16巻という数字も結構手頃な量だと思うし。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント