2013/02/21

ミゼルの秘密


pa1361356344226.jpg
1361356077566.jpg


明かされる真実!!




ミゼルの正体はアンドロイドだった!!
ッッッ~~~~~~!!!
ッッ~~~~!
ッ~……




……別にそんな意外でもないな。
いやだってホラ、この世界には過去に人間と区別がつかないアルテミスのスタッフとかメ海道先生とかいたし丁度30分前もメカ円堂とか出てきたじゃないですか。
なんか円堂監督って前作主人公の割に異常に扱いが悪い気が…
新作になったらバンさんも死んだり石になったりメカがでてきたりすんの?




1361356155500.jpg
1361356143791.jpg
1361356461425.jpg

正確に言うとミゼルはアダムとイブが作り出したコンピュータウイルスだった。
アダムとイブがパラダイスで処刑される寸前、死の恐怖からパニクった二人はオメガダインへ向けてデタラメなデータの羅列を送信した。
そしてそのデータが組み合わさり、ミゼルが生まれたというのだ。
んな無茶な。だいたいプログラムで感情を持った人間を作るなんてできるのだろうか?
PLUTOでもそれが困難だから天馬博士も困ってたわけだし。
しかもハルカさんによると1秒にも満たない時間でそれをやってのけたと言うんだからもうスゴすぎですよ。
まぁ、この間のジョジョは『谷底に落下するまで約5秒!』とか言いながら5分ぐらい戦ってた位ですし些細なことかもしれませんけど。





1361356587735.jpg

最適化を目指すミゼルは人類は愚かだと嘲る。
有史以来、人類は戦いをやめたことはない。それは人類が不完全だからだ。
争いが格差を作り、貧富の差が繁栄するコロニーと衰退するコロニーを極端に分別する。
寿命や生活水準に極端な差が現れたり、一部の人間が過剰に資源を独占することが非合理的だというわけだ。
だから、人間より優れた自分が管理する。

『安定した平和』とは平等なる者同士の硬い握手よりも絶対的優位に立つ者が収めることで成り立つのが人の世の現実だ!
ミゼルの考えはSBRの大統領に近いものがある。





pa1361356369153.jpg
147959.jpg

ミゼルの驚異と説得力によりヒロやハルカはすっかり弱気になる。
『自分たちの考えは間違っていたのか?』『たとえ管理された檻の中でも絶対に安全な生活の方が人類のためではないのか?』だが、山野博士は否定する。
『管理され、自由を奪われた人間に未来はない!』
要約すると『お前に管理されると好き放題できなくなるからブチのめす』といった所でしょうか。
さすが世界を自由自在に振り回した人は言うことが違いますね。
言ってることは別に間違ってないんだけどヤマジュンが言うと『人の命令なんざクソ喰らえだぜ!』みたいなニュアンスで聞こえる。日頃の行いって大事ですね。





pa1361357075318.jpg
1361357171427.jpg
1361357177462.jpg

一方でハルカは自分の息子(ていうか孫)とも言えるミゼルが世界規模の反抗期に陥ったことに激しく落ち込む。
人類を正しい方向へ導くために作ったのに人類はゴミだから俺が導いてやるとか言い始めちゃった。
ハルカは自分の研究は間違っていたのではないかと今になって考え込んでしまう。
どちらかと言うとアダムとイブを作ったことより嫌がってんのに無理やり殺した事のほうが問題なんですけど。
従わない→デストロイじゃなくてもうちょっとステップを挟んでから凍結なりなんなりするべきだった。
高町なのはじゃないんだから即ブチのめすんじゃなくてもうちょっと対話を大事にしようよ。



1361356861129.jpg
pa1361357057880.jpg
pa1361357149697.jpg

息子の説得でなんとか立ち直ったものの、もうひとりの息子は早くも次の一手を打っていた。
トキオシア近海に建造中のエターナルサイクラーを応用した発電所が次のターゲットになる可能性が極めて高いというのだ。
早速八神さんがエージェントと番長二人を連れて防衛に乗り出す。
折角日本が舞台なんだからマー君とかヤマネコとか連れてこればいいのに。
ていうかバンはまだキングなんだから配下を有効に使ってあげてもいいと思うんだ。



1361357269696.jpg
1361357371417.jpg
1361357439443.jpg

八神さんの予測通りゴーストジャックされたナズーとシーサーペントの大軍が発電所を襲う。
無印の8話以来、約90話ぶりにエージェント三人の戦闘シーンが書かれる。
なんかすげぇ懐かしい気分になったよ。
全員レーザーガンでの先頭ですが郷田が大雑把になぎ払うのに対して仙道は一体一体を細かく狙い打つ辺りが性格の差が描かれていて細かい演出だなと思いました。
そして止めの超我王砲だ!
雷属性なので伝導率はバツグンだ!!容易いぞ!水中を超我王砲が伝わるのはーーーー!!
でもそれって自分たちも危なくないか?




1361357637068.jpg
1361357663125.jpg
pa1361357735439.jpg

必死に防衛を貼る番長ズだが果たして発電所を守り切ることができるか?
次回、ついに希望のLBXが誕生する!!
オーレギオンが出撃しているということはミゼル自からが戦場に現れるということか。
なんにせよ、決戦の時は近いと見た。
しかしそうなるとMk-2とD9は思った以上に活躍が少ないな。
劇場版で初登場したのが2ヶ月前だから結構引っ張ったなー。




今回のミゼルの主張は過去に色々な作品で扱われたテーマだ。
機動戦士ガンダム00でもリボンズ・アルマークが正しくミゼルそのものな思想を持って人類を管理しようとした。
ビリー・カタギリみたいに管理を受け入れる人間も現れたので発想自体は悪の思想と言い切れないかもしれない。
まぁ、ビリーは元カノに釣られてコロッと寝返っちゃったんだけど。




後、私の最も好きなアニメのサイボーグ009でもミュートス編とミュータント戦士編の二回にわたってこのテーマが取り扱われてました。
神を自称する圧倒的な力を持ったミュートスと呼ばれる集団がミゼルと同じような思想の元、人類の支配を目論む。
人は神にあらずという考えのもと、00ナンバーサイボーグと激しい戦いを広げるが終盤でミュートスサイボーグは従者のふりをしていたガイア博士が神を作った創造主を気取るために神話になぞらえた改造を施した人間であることが判明する。
しかも、ガイア博士は都合良く操るために人間だったときの記憶をすべて消去していた。
全てを知ったミュートスサイボーグは、それでも頑なに自分たちは神であると主張し続けた。
記憶も、人としての肉体も失った彼らは神であるという役割にすがることでしか自らの存在価値を見出すことができなかったのだ。
『俺たちは神だ、神でなくてはならない、そうでなかったとしたら俺たちは、この体はなんだというのだ?』というセリフが彼らの悲壮感を一層表していてとても好きなエピソードだった。



ミュータント戦士編でもこのテーマは扱われていて、平和を願っていた人物が人類の愚かさを嘆き、勝利して支配する喜びに囚われていく悲劇を描いていた。
なんにせよ、人より優れた存在が人類を支配しようとするのに対し、それを認めず対立する主人公というのはさまざまな作品で使われた設定なのでダンボール戦機という作品がこの問いに対してどのような答えを出すのかが非常に興味深いです。



まぁ、敵であるミゼルが『争いのない世界を作りたい』と主張しているのに対し、主人公側に今作品のあらゆる問題の根源と言える様な山野博士がいると言うのは他の作品にない珍しいパターンかもしれない。
どう考えても山野博士は争いの存在しない世界から一番縁遠い存在だし。
その上前も書いたけどこの世界はサッカーすら殺人遊戯に昇華させてしまうのであらゆるものを規制しないと真の意味での戦いの根絶は不可能だろう。
結局、ミゼルがどう頑張っても人類滅亡しかミゼルの望む世界は作れなかったりして・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

(笑)

ミゼルがロボット!私は驚きましたでも、アルテミスのスタッフやメ海道やメカ円堂もロボットです、エージェントが戦闘確かにレアですね。(90話ぶりってケロロロボも90話ぶりに登場!ってかんじでした)以上

>高町なのはじゃないんだから
「少し頭を冷やそうか」とか言いつつ即デリートする遥さんを想像して笑ってしまいましたw

たしかにあの時の遥さんって対話らしい対話はしてませんでしたよね…;
「私の言う事が聞けないの!?」的な言葉ばかりでしたし^^;

やはりまずは相手の緊張を和らげるためにも「ハッピー・うれピー」から入るべきでしたね(笑)

Re: (笑)

> ミゼルがロボット!私は驚きましたでも、アルテミスのスタッフやメ海道やメカ円堂もロボットです、エージェントが戦闘確かにレアですね。(90話ぶりってケロロロボも90話ぶりに登場!ってかんじでした)以上

この世界のロボットってホントに人間特別がつきませんね。
なのに誰よりも人型ロボを必要としたであろうキリトのお手製がなぜあんな出来だったのか…
それだけレックスやオメガダインの技術力がケタ違いという事でしょうか。
メカ円堂を見るにこの世界のロボット技術はイナイレの未来より更に上っぽいですね(メカ円堂の外観は読者投稿だから仕方ない点もありそうですが)

Re: タイトルなし

> >高町なのはじゃないんだから
> 「少し頭を冷やそうか」とか言いつつ即デリートする遥さんを想像して笑ってしまいましたw

正確には彼女も「お話」はするんですけどね。
フルボッコにして身動き取れなくした挙句無理やり要求を聞かせているのでとても対話とは言えませんが。


> たしかにあの時の遥さんって対話らしい対話はしてませんでしたよね…;
> 「私の言う事が聞けないの!?」的な言葉ばかりでしたし^^;

少なくともあの時点では彼女にとってアダムとイブは子供のようなものであっても子供そのものではなかったのでしょう。
どうしてもAIであると言う認識が抜けていなかったんでしょうね。
なまじ本物の子供がいる分どれほど優れていてもAIと人間が違うことを理解していたのか…
結果的にそれが悲劇につながってしまいましたが。



> やはりまずは相手の緊張を和らげるためにも「ハッピー・うれピー」から入るべきでしたね(笑)

究極生物からも逃げ切ったジョセフならAIを説得するぐらい造作もなきこと!
やはり人間の最大の武器は武力ではなく知力だってことですね。
そういえば露伴先生のヘブンズドアーはAI相手には有効なのかな?