2012/08/19

ダンボール戦機EXPO2012 スクラッチモデル編



ダンボール戦機EXPOの記事も3つ目になります。
私が一番見たかったものは各プロモデラーによるスクラッチ作品の数々。
今回は未製品化のLBX達を載せていきたいと思います。









P3150085.jpg
P3150176.jpg
P3150174.jpg
P3150173.jpg
P3150087.jpg
P3150086.jpg
P3150084.jpg
P3150083.jpg

まずは多くの人が気になっていたであろうジャンヌD。
実際のところ開場してしばらくはジャンヌDの前にスゴイ人だかりが出来てて撮影ができない状態だった。
ファンがジャンヌDにかける思いは熱い、早く製品化するんだ!間に合わなくなっても知らんぞー!
とりあえず可能な限り様々なアングルからとってきました。
頭の飾りがクリアーパーツになってるのは興味深いです。
これは公式設定なのかモデラーの独自解釈なのか…
写真だと分かりづらいのですがちゃんとバイザーの中のフェイスも作ってあるみたいです。











P3150016.jpg
P3160261.jpg
P3160260.jpg

続いてウォーリア。
これはHJ発刊のモデリングガイドにも載ってたので比較的有名ですね。
まぁ、特に目新しい部分は見あたりませんでしたがナマで見られてよかったです。
写真がボケてしまうので撮影できませんでしたが足裏はモールドなしでした。
ただ、アニメだとウォーリアは足裏のモールドが存在するので(アルテミス選手控え室でケイタ君がウォーリアをバンに見せるシーン)再現するかどうかはモデラーのこだわり加減に影響されそうです









P3150018.jpg
P3150019.jpg
P3150073.jpg
P3150147.jpg
P3160298.jpg


同じくHJムックに掲載されたプロトゼノン。
注目すべきはプロトゼノンの武器が設定通りオベロンになっている所。
HJ掲載時は納期に間に合わなかったためゼノンハルバードを装備しており、ムック掲載時でも追加されずついに竹本氏が制作したオベロン装備のプロトゼノンを見ることは叶わなかったのですがよもやこんな形でお目にかかることができようとは…
このイベントに来て良かったと心底感じた瞬間でした。
そこ以外は特に変更なしという感じです。






P3150076.jpg
P3150077.jpg
P3160297.jpg
P3160296.jpg

デクー砲戦型、軽装型2種。
こちらもムック掲載作品。
砲戦型は多くの人が『こんなやついたっけ?』と口にしてました。
いつまでたっても図鑑登録バグを直さないからこんなことに…








P3150021.jpg
P3150022.jpg
P3160292.jpg
P3150023.jpg
P3150026.jpg
P3150024.jpg
P3150025.jpg

アニメに登場して早くもスクラッチ化されたハカイオー怒愚魔&ナイトメアフィアー。
だいぶ印象が変わって見える二体ですが顔以外いじった部分はなさそうです。
これならプレバンで出せそうな気がするけどなぁ
怒愚魔は顔の正面アップを撮ったのですがボケてて使えませんでした…orz













P3150148.jpg
P3150149.jpg
P3150009.jpg
P3150166.jpg
P3150162.jpg
P3150161.jpg
P3150160.jpg
P3150159.jpg
P3150157.jpg
P3150155.jpg
P3150154.jpg
P3150153.jpg
P3150150.jpg
P3150010.jpg


いつか誰かがつくるだろうと思ってたイジテウス。
実物を見るとやはり感激します。
もちろん、サイズがサイズなものだからスクラッチ作品中最大の大きさを誇っていました。
と言うわけで写真の量も最多。
後ろの爪のシリンダーが折れてプラ棒露出してます…
欲を言えばコクピットは展開状態にして中に霧島さんを作って欲しかった
つーワケで誰かチャレンジしてくれませんかね…?(他人任せ







はい、と言うわけでプロモデラーによるスクラッチ作品でした。
他記事に載せましたがこれ以外にもアキレスⅡ、暗黒騎士アキレス、シーサーペント2号機(赤)など未製品化LBXが数多く展示されてました(シーサーペントはプレバンで出すみたいだけど)
ただ個人的にはシャドールシファーとエンペラーM3、かつて静岡ホビーショーに展示されたかなりの数のLBX達がなかったのは少し残念でした。
またこのようなイベントがあったら是非とも展示して欲しい作品たちです。





今回の展示物を見て改めて、ダンボール戦機プラモの懐の深さに感銘を受けた次第です。
ダンボール戦機プラモは塗るだけで再現できる(暗黒騎士アキレス、通常版ブルド、クノイチ)一部改造で再現可能(ナイトメアフィアー、デクー軽装型)改造箇所は多いけどある程度は製品版を使える(ジェネラル、プロトゼノン)徹底したスクラッチ技術が必要(ジャンヌD、ウォーリア)等、手軽にできるものから手のかかるものまで実にモデラーの腕に合わせて原作にある機体を再現できる点が嬉しいところです。
勿論、ゲームで自分が使ってたMGの色違いを再現するのもアリですよね。
ハッキリ言って写真を撮るのはそんなに得意ではないんですがこの記事を参考にして少しでも役立てることがあれば幸いだと思います。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

撮影お疲れ様でした!
うーん・・・こうして見るとジャンヌD尖ってる箇所多いですね・・・
確かにLBXはバリエーション多くて見てて楽しいですね♪
今度、またナイトメア買ってフィアーに改造してみようかな?顔難しそうですけど。

ほたるさん、いつもコメントありがとうございます。
LBXはひとつの機体でも様々なバリエーションを楽しめるのがいいですよね。
そこにオラ設定なども含めるとまさに可能性は無限大。
フィアーは顔のモールドを丁寧に埋めればそこまで難しい造形ではないと思います。
口を丁寧にかけるかどうかがキモっぽいですね・・・
でも丁寧にやればバリエーション機の中では最も楽そうなので是非挑戦してみてください~

はじめまして。
いつも楽しく拝見させてもらってます。

はるばる遠いところ(?)、「ダン戦EXPO」参戦、お疲れ様でした。
当方は、近場ながら、仕事の都合参加できず、妻と息子に依頼して
会場限定商品だけは、辛うじて確保した次第です。
また、当日はカメラも持っていってもらったのですが、ほとんど撮っておらず
会場の状況や様子がほとんど分からない状態でしたので
会場の写真をアップしていただき、とても参考になりました。

今後共、よろしくお願いします。

Re: タイトルなし


はじめましてyamasyさん、こちらこそよろしくお願いします。
池袋が近場とは…イベントが都内である度限定品を指で加えてみているしかない地方住民的には羨ましい限りです。
限定品はどれも普段のイメージとはガラリと変わるので作りごたえがありますよね。




>会場の写真をアップしていただき、とても参考になりました。

今回遠出を決意した理由はまさに未参加者の方々にもできるだけ雰囲気を伝えるようにしようという考えからだったのでお役にたててたいへん喜ばしく思います。
通路とか展示コーナーの詳細とかほかの人が写真撮ってなさそうなところもできるだけ取るようにしていました。おかげで現場ではかなり変な人になっちまいましたが…
ダンボール戦機のイベントはこれからも行ける範囲は行くつもりなのでその都度写真を上げていこうと思います。