2012/08/15

ダンボール戦機EXPO2012 ブース紹介編




P3150001.jpg

さて予定より一日遅れましたがダンボール戦機EXPO2012の感想を書いていきたいと思います。
写真は池袋駅内の広告、大々的に宣伝してますねぇ。
実は池袋へ行くのは生まれて初めてだったりしますが…渋谷や新宿とはまた違った雰囲気がありましたね。
バスの到着が5:30だったのでしばらく暇つぶしがてら歩いてたら鳩の惨殺死体(モツチラ)を見つけたりして軽く欝になったりしましたが。
うへぇ、朝飯前になんて物を見せてくれるんだ。
持ってる漫画のジャンルがパンチラよりモツチラの方が圧倒的に比率の高い俺でも流石に生は勘弁だよ。
ただマックで時間潰したあとは綺麗に片付けられてました、さすが都会は清掃が迅速だな。










P3160219.jpg
P3160221.jpg

余計な話は置いといて会場前の様子。
でっかいゲートのすぐ横にチケット売り場があるので手ぶらできた方も安心です。
中に入ると次世代WHFにも居たでっかいエルシオンとペルセウスがお出迎え、すぐそばにアキレスもいます。
中央画面は作中のLBX製作メーカーのロゴが一定間隔で映る仕様。竜源やオメガダインもありました。








P3150141.jpg
P3150143.jpg

入ってすぐのLBX大集合コーナー。
ダンボール戦機のこれまでのあらすじをジオラマで再現してあります。







P3160257.jpg
P3150125.jpg
P3160258.jpg
P3150004.jpg
P3150011.jpg
P3150129.jpg

中にはプロモデラーたちのスクラッチ作品もあり、非常に見ごたえがあります。






P3150066.jpg
P3150134.jpg
P3150067.jpg

また、各場所に展示されたバトルステージでは大型ジオラマが。
このサイズを雑誌で細部まで見るのは不可能なので肉眼で見れたことは非常に嬉しい!
材質はスタイロフォームかな?アップで写した画像もあるので別項で掲載します。






P3160195.jpg
P3160193.jpg
P3160187.jpg

それ以外にもバンのLBX、ライバル同士などテーマを決めた立体展示が置いてありました。
劇中再現や戦闘シーン以外にもオブジェ的に飾るのもカッコイイですね。
発売したてのホーリーランスエフェクトも早速使われてます。







正面eps

…っていうか最強の系譜にイプシロンがいないんですがコレはどこへ行ってしまったのでしょうか?
私結構いろいろなイベントへ行ってその都度コロコロ掲載作品などを見かけたことがあるのですがこのイプシロンだけはどこへ行っても見たことないんですよね。
是非一度生で見てみたいのですが。






P3150060.jpg
P3150062.jpg
P3150063.jpg

さてお次のコーナーはLBXイカロスの全て。
画面では一定時間おきにウザタクの声でイカロスのプロモーションムービーを流していました。
ムービー中はあたりが暗演出が。
内容としては高次元多関節機構というシステムによりウェポンフォームの変形と宇宙空間での活動も可能になった等のイカロス本体の説明とLBXのメーカー紹介などでした。
ムービーが終わると左右のパネルが光ってイカロスの必殺ファンクション『メテオブレイカー』『00(ダブルゼロ)ソード』のイラストが表示されます。
新主人公機という事もあってか全体的にかなりイカロス押しでいたるところでイカロスが展示されてました。








P3150032.jpg
P3150027.jpg

P3150031.jpg
P3160245.jpg

その脇には必殺ファンクションを再現したジオラマが。
なぎ倒されるデクーのダメージ表現が非常にリアルです。
地味に脇に配置されているLBXも丁寧に塗装されているのがポイント。








P3160230.jpg
P3160231.jpg

コーナーの出口付近にダンボール戦機Wのパッケージが展示されていました。
PSP版、Vita版で特に違いはなさそうです。
初回特典としてセンシマンカラーのペルセウスのパスワードが付属。







P3150092_20120815220541.jpg
P3150093_20120815220540.jpg

さてそこを抜けると一気に明るくなります。
プラモ展示コーナーではこれまでに発売されたLBXやカスタムウェポンなどが一挙に展示してあります。
その先は限定品販売コーナー。
抽選券がなければ並ぶこともままならない激戦区です。





P3160273_20120815220708.jpg
P3160277_20120815220711.jpg
P3160278_20120815220710.jpg
P3160303_20120815220708.jpg

イベント限定品や抽プレも多数展示。
特にプラチナカラーの三体はプレゼント数の少なさも相まって実物をお目にかかれる機会はほぼ皆無と言えます。
まあ、某工房に頼めばほぼ同じ物が容易に手に入りますが…




P3150100.jpg
P3150099_20120815220709.jpg

上の方ではコロコロに載っていた作例やブルド発売記念(?)のキャタピラ祭り。
ていうキャタピラ祭りは販促以上に絶対スタッフの趣味だろう…







P3150107.jpg
P3160280.jpg
P3150105.jpg

その横のショーケースはHJ発行のLBXパーフェクトモデリングに載ってた暗黒騎士アキレスやアキレスⅡが。
ムック本掲載時のみ装備していた聖剣エクスカリバーもしっかり装備。
その下にはえらくカッコイイオリジナルLBXが。
なんかどっかで見たことある気がするけどHJ関係だったっけ??







P3150088_20120815221027.jpg

丁度全エリアの中心部には特設ステージが設けられています。
時間毎に様々なイベントが開かれてお客さんを賑わせていました。






P3150058_20120815221026.jpg
P3150057_20120815221025.jpg

特設ステージの真後ろに位置する場所ではダンボール戦機Wの体験試遊コーナー。
一人でストーリー序盤を進めていくものと三人一チームでキラードロイドと戦う二種類のモードーがありました。
基本的なシステムは前作とは違いなさ気に見られましたが…
キラードロイドに炎崩しが効かなかったのですがそういう仕様なのか外れただけなのかは不明。
あと何故かブレインジャックされてるのがノーマルじゃなくてポール専用タイタンでした。







P3150059.jpg
P3150089_20120815221028.jpg

こっそりミネルバ改が展示。
LBX人気投票では私的にナンバーワンのエジプトを差し置いて模型化祈願の意を込めてジャンヌDに投票してきました。
ほんとに作ってくれよ…





P3150094_20120815221235.jpg

その脇ではTCG&DCDのカードゲームコーナーが。
やっぱり今の主力はDCDですね、個人的にはTCGの方が好きなんですが…
入場するときにもらえるパンフレットと同時にエルシオンとペルセウスのデータカードがもらえるので誰でもすぐ参加可能。
終始40分近い待ち時間ができるという人気ブースでした。







P3150044_20120815221234.jpg
P3150041_20120815221233.jpg

さてお次に出くわすは世間での評価がなんとも微妙なバトルカスタム。
とはいえこれだけ一斉に並べられると壮観です。
新製品情報にビビンバードゴールド&シルバーにハカイオーキリトカスタムが。
比較的プロポーションがまともかつ肘が動かなくても問題ないキリトカスタムは中々良い出来になりそうです。






P3160198_20120815221408.jpg

体験コーナーでは限定カラーのカスタムグレードを使って遊ぶことができました。
クリアファイルをもらえるスタンプの一つはコイツ…ッッ!!
と言うわけで恥を忍んでやりました。
まぁ、あまりほかの人も気にしていなかったのが幸いか。







P3160201.jpg

んでできたのがコレ。
カスタムグレードやるのは初めてだったんですがカチッと嵌る所は気持ちいいですね。
すぐ飽きそうだけど。








P3160203_20120815221439.jpg

有料コーナー最後のブースはライディングソーサー体験ブース。
文字通りライディングソーサーで遊べるコーナーです。
子供と一緒になって遊べるコーナーなので親子連れが楽しそうにしてました。
とりあえず俺はというと何かを察したスタッフの人が一緒に遊んでくれました。
当イベントは二人組が作れないぼっちにも優しい仕様となっております。
対戦するのは初めてだがやっぱりフィールド狭い気がするぞ。







後は無料ブース(チケット無しで入れる)のキタジマ模型店とRS大会会場があって出口となってました。
キタジマ模型店では販売中のLBXプラモ(全種類ではなかったきがする)やバトルカスタム、一部プレミアムバンダイ限定商品となぜかカードゲームの2弾、3弾のブースター。ひっそりと置いてあるガシャポンはカードゲーム5,6弾とスイングのミニフィギュアというラインナップでした。
ちなみにダンボール戦機EXPOの隣ではプリキュア店がやっているという男女両方に対応した完璧な布陣ッ!!
その二つの子供向け玩具の間に生じる真空状態の圧倒的破壊空間はまさに歯車的砂嵐の小宇宙!
結構のんきしてたお父さんも流石に財布の中を根こそぎむしり取られるほどの威圧感には流石にビビッた!
…とまぁ、そんな感じで親子連れの賑わいがすごかったです。
特に大変そうだったのが限定品の抽選券待ちに付き合わされる保護者の皆様。
うたた寝している人も結構いました、お疲れ様です。
しかし子供たちにとってはホント夢のような場所だよなぁ、俺も東京に生まれたかったよ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>なんかどっかで見た気がする

それってたしか、
Σオービス発売当初に貰えた、LBXパンフレットに載ってたハカイオーカスタムだよ

あれですよそのどっかで見たことあるやつは
プラモを買うともらえた冊子に載っていたハカイオー改…
ハカイオーなのはいったいどこなのか探すのが難しいレベルですが…

TSR>
ddmrさん>

二人共コメントありがとうございます。
ddmrさんに至ってははじめてですよね?今後とも宜しくお願いします。
ああ、言われてみれば確かにあれに載ってましたね。
手元にある上ほかの作例は覚えてたのになぜかこれだけスッポリ脳内から消えていました。
なんかもうどっからどう見てもハカイオーの面影が微塵も残ってないんですが・・・
これをハカイオーと言うのは緑色のボールをキャベツと言い張る位無理がある気がします。