2012/06/06



ロトの紋章とダイの大冒険ってどっちが面白いの?



昨日ドラクエの話をしたのでちょいとこんな話題でも。
ロト紋とダイ大と言えばドラクエ漫画の二大巨頭であり、先週発売された3DS版DQMでもこれらの作品から必殺技が逆輸入されるなどゲームとの関連性も目立ちます。
当然ながらクロコダインは大好きなキャラなので獣王撃烈掌が採用されたことはメチャクチャ嬉しい事でした。
真ミストバーン相手に足止めすらならなかったことはこの際忘れろ。





この二作品はドラクエなので当然ながら『魔王』が存在します。
ダイ大の魔王と言えばご存知、大魔王バーン様でしょう。
力を認めれば例え自分より弱者であっても敬意を払う人間性、自分の寝首をかこうとするものですら手元に置いてしまう大胆な器量など上に立つものとして文句のつけようのない能力を持ち、やもすれば迫力を減少しかねない老人の姿もかえってバーン様の底知れぬ本領や高い知能をイメージさせるのに一役買っており、上手くマイナス面をカバーしています。


加えて初戦での圧倒的な戦闘力に『今のはメラゾーマではない、メラだ。』『知らなかったのか・・・?大魔王からは逃げられない』等の明台詞の絨毯爆撃によりもう読者からのバーン様の株はうなぎ登りでジャンプ三大悪役の一人にたびたびあげられるのも納得できます。
実際、読者の大半はフリーザ様やDIO様と比較しても何ら顕色ない実力者であると認識しているでしょう。
残念ながら完全体になってからはやや魅力が薄れましたがそれを差し引いてもラスボスとして素晴らしい魅力を持っていたのは疑いようのない事実です。






・・・一方ロト紋のラスボスはその強さ故魔界からも追放された邪神、異魔神ですが個人的にロト紋がつまらない原因の4割くらいはこいつがショボいことだと思います。
最初は謎の存在として強そうなオーラを漂わせ、明らかに他の魔王とは別格であることを読者に認識させた点は成功だと思います。
更に肉体を取り戻してからのとてつもない怪獣っぷりは半端ない絶望感を醸し出していました。






・・・が、よかったのはそこまでで最終形態になってからは転落の一途です。
わざわざ倒しやすい大きさにダウンサイジングした上『魔力・スピード・攻撃力ともに桁違いになっている!』などと豪語しておきながら誰がどう見ても魔神形態から完全劣化しております。
その上登場して数ページで主人公の頭をつかみ『このまま握りつぶすのは簡単だがそれではつまらん、じっくりと殺してやる!』などと悪の手先が最大のチャンスをみすみす逃して逆転勝利を喰らう黄金パターンを確立した時点で大半の読者が「こいつはもうダメだ」と思ったことでしょう。
加えてやたらおしゃべりになった上に魔神形態の時は屁でもなかった戦艦の大砲でダメージを受け、折角無限に体力を回復できる幻の月を持っておきながら自分の呪文で全部壊しちゃうと言う底抜けのマヌケっぷり。
ついでに言うなら再生能力を持ってなかったら最初の方にアルスに頭斬られた時点で死んでます。
その際にも『油断したぞ・・・貴様らは時に予想外の力を発揮するらしい』などと言っておきながら数ページ後にはペラペラしゃべってる間にヤオにあっさり後ろに回られるというなんか切られたときに脳に障害が残ったんじゃないかと思うような失態を見せています。




そして最後は「ミナデインとか俺きかねーしwwww」と余裕ぶっこいてたら想像以上ににデカいミナデインを目の辺りにし冷や汗ダラダラでプルプル震えだす等もはや何も言えない状態になり、最後はあんなに憎んでたルビス様に許してもらい世界樹の苗床になって死亡というあんまりな扱いを受けました。






そういった点を考えると同じドラクエ漫画でもラスボスのカッコよさは天と地ほどの差があります。
とはいえ異魔人も途中までは悪くなかったんですよ、最後が酷過ぎただけで。
なんかコイツを倒せたのってアルスたちが頑張ったっていうより異魔神が勝手に弱くなっただけみたいな気がしてならないんですよね。
ちなみに本当にショボイ所しかない最終形態ですがデザインだけは個人的にドラクエのどの魔王よりもカッコいいと思います。
麻呂眉毛もムー大陸の人間が東方系だったことの名残を感じさせますし。
ですのでDQMでは使えるようになってたらうれしいなぁ・・・などと思ってしまう。
でもバーン様は使いたくないなぁ・・・
やっぱりどうしたって人間に使われるバーン様を想像できない。
逆に言えば異魔神ならテリーに顎で使われてもいいやって気がしているといえば、そうなんだけど。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント