2016/06/21




■マクロス⊿ 11話 追憶のジェリーフィッシュ


コーラを飲んだらゲップが出るってくらい確実に死亡描写を書いたメッサーくんにとっておきのダメ押しというヤツだッッ!!
葬儀シーン&機体のレストアも済んでこれでもうメッサーが生きているという希望は1%も無くなってしまった。
こうなったら劇場版で華麗にルート切り替えで生存フラグを立てるしかない。
マスクをかぶった謎のパイロットとして復帰すれば堂々とカナメさんのライブでハジケる事もできて一石二鳥だぞ!!
出撃する前、メッサーは既に身辺整理を業者に依頼していた様だ。死ぬ覚悟だったのだろう。
とりあえず遺品整理に来た⊿小隊がカナメさんの抱き枕とか等身大人形とかを見つけて微妙な空気になる展開は避けられた。
おそらく、HDDも自分の心臓に同期して自爆するようにしてあったに違いない。
ちなみに白騎士はメッサーの心臓を正確に撃ち抜いていたらしい。
いくらなんでも凄すぎる。他人が飛ばしたハナクソを自分のハナクソで撃墜するに匹敵する偉業だ。
に・・・人間技じゃねェッッッ!!!ただでさえ遠い存在の白騎士がますます遠い存在になってしまった。


死神を倒したといえ白騎士キースも無事では済まなかった。
ボーグはメッサーを身の程知らずとバカにするものの、キースにメッチャ怒られる。
お前なんかMTGのカードに例えるなら悲劇的な過ちで墓穴に落ちかけてるオッサンだとでも言いたげな対応だ!
穴に落ちかけてブザマな姿を晒すのがお似合いだぞッ!
実際メッサーはボーグが殺されかけたハヤテが3人掛りでも瞬殺される腕前だ。
ボーグくんがタイマンで戦ったら5分間で13回は殺されるだろう。


一方⊿小隊は戦力の大幅削減という問題に悩まされる。
メッサーの戦力はデルタ小隊の37%分だったらしい。
さ・・・さんじゅっぱあせんとぉ!?ただでさえ数の上で負けてんのにその上戦力が1/3ダウンかよ。単純に見積もっても1.5倍くらいの戦力差が生まれてそうだ。
むしろ今まで白騎士をメッサーが抑えてくれたことを考えると白騎士が自由に暴れ回れたら実際の戦力差はさらに広がるだろう。
富士山のてっぺんの如く遠い存在だった空中騎士団の強さはもはやエベレスト並と言っても過言で無い。
完膚なきまでにメッサーの生存を打ち消した展開でこの事実は余りにも辛すぎる・・・ッ!


その夜、⊿小隊たちはクラゲ送りなる儀式でメッサーに別れを告げる。
いろんな人に悼んでもらえてメッサー君は幸せ者だ。
そして⊿小隊各メンバーの正確な飛行記録・長所・欠点を記録していたことが明らかになる。
メッサーは確かに重度のカナメさんバカだったかもしれない。だがそれ以上に飛行バカだった!!!!
メッサーーーー!君ってやつはーーーーー!!!
ハヤテに辛くあたっていたのもいざ自分が暴走したときは躊躇なく撃てるようにするため・・・
厳しい態度の裏側では実はハヤテの実力を認めていたのだ。バカヤロ~・・・お前かっこよすぎるよ!


一方ウィンダミア側では発掘したなんか凄そうなプロトカルチャーの船を使って本格的に球状星団への侵攻を開始した。
そしてついにお爺ちゃん出動!!!
・・・この人先代の白騎士なんだよなあ。
白騎士、(先代)白騎士、プロトカルチャーの船・・・・・・
もうマジムリ、勝てない。
メジャーリーグの優勝チームにバットも持ったことのない茶道部か何かが挑むレベルの圧倒的戦力差を感じる。




■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 11話 レッド・ホット・チリ・ッパー その①

3話から因縁の敵として書かれてきた中ボス、チリペッパーがついに本格始動だ!
冒頭で仗助がプレイしてるゲームがSFCから64っぽい機種に変わってますね。
億秦のバイクも90年代風にリファインされてますしこういう細かいところで時代設定の統合を拾うスタイルは好きですね。ハイウェイ・スター戦の携帯電話もその時代っぽい機種になるのかしら?

何といっても今回の見所は味方になってから初の億泰の戦闘シーンでしょう。
考えてみればもう1クール目に入るというのに億泰がまともに戦ったのは初登場時だけです。
仕方がないとは言えやはり当たったら即死攻撃は強力すぎて活躍させるのが難しいのでしょう。
ポップのメドローアだって完全に決まったのはシグマだけだったのを思うと、バトル漫画での即死攻撃がいかにバランス崩壊を招きやすいかが如実に理解できます。
フーゴなんて出番そのものがケジメくらったし。
そんな億泰ですがバカキャラに似つかわしくない中々高度な頭脳プレーでチリペッパーを追い詰めます。
ポルナレフと言いジョジョのバカキャラは戦闘時になると異様に頭が回るようになるので油断できません。
まあ億泰が知恵を回したというかチリペッパーが油断しすぎって感じですが。
バイク削ったのも空振りを瞬間移動に繋げるのも注意してみればすぐに理解できたろうに・・・
そんな感じで珍しく頭を使った億安ですが最後はチリペッパーの巧みな弁舌によって形勢逆転されます。
途中までは冴え渡ってたんですがどうも彼は一回ペースが乱れると後が続かないタイプっぽいですね。
ボーリングで最初は調子よくても一回ミスるとガーターが続いたりするに違いない。
もっとも、この場合は死ぬ寸前だったのに口先三寸だけで窮地を脱出したチリペッパーの狡猾さを褒める場面だと思いますが。
最後の最後で兄貴超はならず、チリペッパーに完全敗北した億泰に対して康一くんは『仇討ちとかじゃなくてこの街を守るという気持ちが大事』と暖かい励ましを送ります。
まあ、人が好いというか悪人向きでない億泰は人殺しよりも人助けの方がモチベーション保てそうですし、ナイスな助言ですね。
それに比べてジョースター二人の態度といったら冷え切ったピザ並です。
まあ承太郎先輩は3部で結構根に持つタイプと自称するくらいですから、忠告を聞かずに勝手に先走った億泰に対して地味に怒ってるのかもしれません。
そうは言っても早まって電線掘り起こした億泰も大概ですが、結構のんきしてノコノコ歩いてたせいでまんまとチリペッパーに逃げられた承太郎さんもかなりの失態という気がしないでもありません。
そういえばポルナレフがとても3歳児と思えないほどの頭脳プレーを見せたアレッシー戦でも承太郎は以上にカンが悪かった。
バカキャラが急に頭良くなるとそれに比例して承太郎さんの知能指数が低下する補正でもかかってるのかもしれん。

スポンサーサイト
2016/06/15

総選挙



少し前になりますがポケモン総選挙の結果が発表されましたね。
ポケモン総選挙!それは現在720種類にまで増えた全てのポケモンの人気を集計する超ガチンコのセメントマッチ(真剣勝負)!!
この激しい争いに買ったものこそまさにキング・オブ・ポケモンと呼ぶにふさわしい!
以外にも長いポケモンの歴史でここまでシンプルかつディープな投票って行われなかったんですよね。
で、その気になる結果、まずはベスト5!!




1位 ゲッコウガ

719体ものライバルを押しのけ見事首位を獲得したのはカロス御三家にしてスマブラでの出演も果たしたゲッコウガ!!
「何だかんだ言ったって結局1位は電気ネズミなんだろ?」という下馬評を覆すファンタスティックな結末!!
中間結果の1位から見事に逃げ切り勝利だ。
決まってからこんなこと言うのもなんですが私もゲッコウガは第6世代屈指の良デザインだと思います。
飛び回るカエルと身軽なニンジャという設定的にもデザイン的にもマッチしたオイシイファクターを持ちながら名前もカエルの鳴き声(ゲコ)+月光+甲賀というトリプルミーニング。
加えて進化後の姿も進化前を踏まえた正統進化で美しい。
そして何といってもこいつは時期に恵まれていた。
スマブラ参戦もそうだが、アニメでも猛プッシュを受けておりゲーム以外での注目度が非常に高い時期だったのが大きく働いただろう。
もし総選挙の時期が今でなければこの結果はなかったかもしれない。
あと直接は関係ないかもだけど人気が高いという以上にヘイトを集めてないのがいい。
強いポケモンは人気が高くなるが得てして同じくらい憎まれるもの。
そこにくるとこのゲッコウガは弱すぎず強すぎない程の強さで隠れ特性の変幻自在も攻撃から防御まで応用可能ながら使うには腕が必要という絶妙な調整だと言える。
さらにはニンジャというキャラクターが多くの外国人の心を掴んだであろうことは疑いようがない。
やはりニンジャの神秘性はモータルを狂わせるのですよ。
ニンジャのポケモンが人気投票一位という事実は紛れもなく古代ニンジャ神話の・・・おお!不用意に歴史の闇に触れるのは得策ではないのでこの話はここまでとしておこう。



2位 アルセウス

続いてシルバートロフィーを手にしたのは宇宙を想像したという途方もない設定を持つアルセウス!
合計種族値720というケタ外れの戦闘力は伊達ではなく、やはり強いものはそれだけでカリスマ性を持つということがよくわかる。
通常の対戦では使用されないのであまり知られていないがマルチタイプは特性に干渉する技を一切受付ないという唯一無二の耐性を持っている。



そんな!?シンプルビームによってアルセウスの特性はたんじゅんになるはず・・・!
(ポケット)モンスターではない・・・神だ!!!




これほどの神秘性とカリスマ性を持ち合わせているのだから2位という順位も妥当であるといえよう。



3位 ミュウ

アフリカ大陸の奥地で発見された元祖・幻のポケモン、ミュウが貫禄の3位にランクイン!
ミュウに至ってはベスト3の中で特に高年齢層からの支持が厚いと思われる。
ミュウ!その響きに我ら赤緑世代はなぜここまで心を震わせるのか!?
それはポケモンが社会現象になりつつあった20年前において特別な地位を持っていたポケモンだからに他ならない。
ゲッコウガでも書いたがミュウもまた時期に恵まれたポケモンだったかもしれない。
ミュウが第二世代以降のポケモンだったならこれほどまでに特別視されることはなかったはずだ。

設定的にも全てのポケモンの子孫でないかとされ、全ての技を覚えるという唯一の存在であるのがデカイ。
アルセウスでもそうなんですけどパッと見てスゲエ!と思える要素があるのは大事ですよね。
へんしんを使えるのはこいつとメタモンだけでまたレベルアップで覚えるのもミュウだけなんですよね。ザッツ・特別感。
正直20代半ばくらいの男性に話しかければ5人に一人くらいはで子供の頃にバグ技でミュウを出したと言うんじゃないかと思うほどです。
僕も御多分に漏れずミュウのバグ技には詳しいですからね。それに、タマムシデパートの2回でミュウを釣る裏技なんていうのは日本の若者なら「もう飽きたよ」という様な手法です。



4位 ピカチュウ

世界一有名なポケモン、電気ネズミことピカチュウは4位にランクイン!!
以外にも下馬評では1位との予想が多かったピカチュウだったがトップ3を逃すとは誰が予想しただろうか。
しかしそれでも4位に食い込むあたり20年以上アニメで主役を務めた実績は伊達じゃない!!
もともとピカチュウは151匹いるうちのなんでもないポケモンの1匹でした。
しかし!アニメ化に際し角が立たないように御三家以外で、かつ視覚的に派手な演出ができて可愛らしい外見を持つという条件を満たしていたことで彼の人生は動き出す。
あっという間にポケモン会の顔となり、スマブラに参戦し、単独でゲームが作られ、子供たちを病院送りにした責任をポリゴンに擦り付けわずか数年でミッキーマ○スに勝るとも劣らないほどの世界的知名度を誇るネズミとなったのです!!!
まさにシンデレラストーリー!
そんな彼であったがいつしかその特別すぎる地位は視聴者の目に『あって当たり前』と言う風に映るようになった。
すると自然に視聴者たちの注目はより新鮮に映る別のポケモンたちへ注がれることになった・・・なんてのがトップ3に食い込めなかったことの根拠じゃないかと邪推したりして。
まあともかこの結果は意外でしたが、ここでピカチュウが1位だったとしても『やっぱりな』って感じで面白みがなかったと思います。
そうなると高くもないけど低くもないという順位は良い塩梅だったんじゃないかなと思う。
ポケモン=ピカチュウのイメージがあまりにも強すぎたものですからそれを覆すような新しい風が入ってきている事は肯定的に捉えるべきだとぼかぁ思うね。



5位 ニンフィア

歴史の浅い第6世代からまさかの二匹目!
ブイズの先輩たちはどーーーーしたァ!?期待の新星、ニンフィアがベストファイブの最後を手堅くキープ!!
全世界のポケモントレーナーに激震を与えたフェアリータイプ。
思えばその存在が明らかになったのもこのニンフィアによってだった。
また我々の前に初めて姿を現した第6世代のポケモンでもあります。
成程そう考えるとニンフィアがポケモン会に与えた影響というものは無視できぬ程の大きさであるといえよう。
見た目の可愛さも大きく働いたのだろうがそれでもなお、登場して日が浅いにも関わらずこれほどの人気を獲得したのはすごい。
ましてやイーブイの派生形はどれも厚いファン層がいるにも関わらず・・・!
むしろ、派生が多いからこそ人気が細分化してニンフィアが出し抜く素地が生まれてたりして。



と、ここまでベスト5を紹介しましたがその下の順位もおおまかに載せておきます。

6位 ゲノセクト
7位 レックウザ
8位 ジガルデ
9位 リザードン
10位 メロエッタ


やはり伝説・幻系は人気が高いようで6~10位はリザードンを除き全てが伝説系だ。
一般的にデザインの評価が宜しくない第五世代から二体もランクインしてるのは意外だった。
ゲノセクトは映画でのメカポケモンという葛藤が受けたのかな?レックウザはゲンシカイキで超強化されましたね。
ジガルデはマジでわからん。だが特にテコ入れなしでこの評価ということはフォルムチェンジが導入される第七世代ではさらなる飛躍もあり得るか・・・?
リザードンの人気の高さはもはや説明不要だが、さすがに今回は相手が悪すぎた。
まあ、彼は主役というかここぞという時に活躍する切り札的なポジションが似合ってるからこれでいいんだ。




11位 ミュウツー
12位 イーブイ
13位 ジラーチ
14位 ダークライ
15位 ルカリオ
16位 ディアンシー
17位 フーパ
18位 ケルディオ
19位 ビクティニ
20位 マナフィ


ミュウツーがトップ10に入っていないという事実に衝撃を覚える。
我ら赤緑世代にとってはあるいみミュウ以上に特別な存在だというのに・・・!これも時代の流れってやつか。
ニンフィアに上回れたもののブイズの中で本家イーブイがしっかりと高ランクに入っている。
それでもなお伝説率が高めですね。
道場主として多くのプレイヤーにボコられたビクティニはともかく幻のポケモンの中でもかなり地味なマナフィがこの順位なのはかなり意外です。フィオネ?知らんな~




21位 レシラム
22位 カイオーガ
23位 キュレム
24位 コイル
25位 シェイミ
26位 イベルタル
27位 ギラティナ
28位 ルギア
29位 グラードン
30位 ディアルガ


伝説のラッシュはまだまだ続く!グラードン、カイオーガの二匹が揃いRS世代の伝説は初代に続き30位以内に3匹とも収まる好成績だ。
キュレム、レシラムを要する第五世代も負けてはいない。
そんな中で異彩を放つコイルの存在感。
ここで場違いなほど存在感を放つ姿は紛れもなくあの事件があったからこそなのは疑いがない。
そしてなんという運命の悪戯だろう、あの時勝てなかったシェイミに今度こそ勝ったのだ。
しかも僅差、紙一重の勝利である。
輝かしい上位陣の栄光の下で目立たないが静かな戦いが繰り広げられていたのだ。



31位 デデンネ
32位 アーケオス
33位 ゼクロム
34位 スイクン
35位 ゲンガー
36位 ホウオウ
37位 ゼルネアス
38位 サーナイト
39位 セレビィ
40位 ポッチャマ



30位代のトップを飾るのは第六世代の電気ネズミ枠、デデンネだ。
地味に高い耐久と強力技のほっぺすりすりが侮れない電気野郎だ。
32位はアーケオス、ジュエルアクロバットを没収されたものの大した健闘ぶりと言える。
セレビィはミュウに比べて大分水をあけられた。
そういえばアニメのGSボールに入ってるのはセレビィだとかいう噂を当時はよく聞いたな。
・・・結局中身なんだったんだ、アレ。



41位 パルキア
42位 レジギガス
43位 ガブリアス
44位 アグノム
45位 バシャーモ
46位 ランドロス
47位 グレイシア
48位 ラティアス
49位 プリン
50位 デオキシス


対戦を嗜む者なら必ず出会う超人気ポケモン、ガブリアスがようやく登場だ。
対戦勢からは絶大な支持を持っているけど一般人気を考慮すると50位前後というのは妥当な立ち位置か?
49位のプリンはオールドファンならアニメでの活躍が印象的だ。
現在もスマブラで活躍している。
あと、夢特性のお陰でなにげにダブルでの人気が高い。
とは言っても若干ニッチな重要だし、基本的には弱いのでギリギリ50位滑り込めたのは幸運というべきか。


とりあえず、あんましやると長くなるのでこのぐらいにとどめておきます。
ちなみに53位はなんとフリーザーだったりする。
参考までに私の人気順位は53位です。ですが勿論、フルパワーであなたと戦う気はありませんからご安心を。
なにげに三鳥の中ではサンダーとファイアーよりも上である。
やはり初代で発揮した絶大な強さが今も根強く皆の心に残っているのか?ファイアーが一番したというのを見るに初代の印象が強いってのは案外あたってたりして・・・
でも今じゃフリーザーは見る影ないしファイアーも睨みつけるは覚えないんだけど。
それと一部の界隈で大人気(?)なフライゴン君は65位だ。
ここでも彼はガブリアスの後塵を拝する結果となる。
ちなみにひとつ前の64位はよりによって同期のドラゴンであるボーマンダだったりする。
~~~~~~~ッッッ!!!フライゴンよッ・・・・・・・・・!
いや・・・何も言うまい・・・




調べた結果は100位までしか乗ってませんでしたが、一応最下位のポケモンは確定してるらしい。
名をバオッキーという。
お前かよ!!!
・・・・・・いや、でもまあ、うん。なんとなく納得できてしまうのが悲しい。
一応ストーリー上で序盤に手に入る可能性のあるポケモンなのにどうしてこうなった。
でも私的な案件ですがコイツにはやたらと失望させられた記憶がある。
何を隠そう私がBWを初めてプレイしたときもらったのがこいつだった。
そして「やきつくす」というなんかスゴそうな技を覚えて私の胸をときめかせた。
やきつくすの威力はたったの30(※たいあたり以下)だった。私はガッカリする。
それでも一応パーティに入れてしばらくしたある日、ネットか何かでこいつの進化条件を知る。
貴重な炎の石を使わなければいけない。・・・私はそっとパソコンを起動しボックスにバオップを放り込む。
そして時は流れ第六世代、私のフレンドサファリはテールナー、メラルバという超当たりの組み合わせだった。
そしてフレンドコード交換で明らかになった最後の一枠は・・・・・・・・・バオップだった。
なんか、点睛を欠いた気分になって再び私はガッカリするのだった。
そういう経緯もあるので可愛そうだがこいつが最下位だと聞いたときとてもシックリきてしまった。
別に嫌いというわけではないんですけどね・・・
あと夢特性が猛火という面白みのない物なのが良くない。
というか、そんないゴウカザルと比べて欲しいのかゲーフリは。
とはいえ良いのか悪いのか知らないがこの不名誉な順位は結果としてバオッキーの認知度を大きく引き上げた
第七世代はなにかの間違いでメガシンカを授けられ環境を激変させる活躍を見せてくれる可能性だってゼロじゃない。
・・・でも、こいつとゴウカザルを比べると間違いなく後者のほうがメガシンカ来る可能性高いんだよな。
あと、メガシンカ必須になると特性のくいしんぼうが全く役に立たなくなる。
バオッキーの明日はどっちだ?

2016/06/08

アニメ雑感



代わり映えのない日常ばかり送っていると毎回書く事に悩みます。
ダンボール戦機の情報が毎月のようにとめどなく溢れていた数年前が懐かしいなあ・・・
という訳で唐突ですがアニメ感想でも書いておきます。
言うまでもないかもしれませんがネタバレを含むので未見の方はご注意ください。



■マクロス⊿ 10話 先行のAXIA

あーん!メサメサが死んだ!!!
前回フラグを際どいところで回避したと見せかけてこの仕打ちはインパクトがデカイ。
しかも生存の可能性を完膚なきまでに叩き潰す容赦ない死に方だ。
コクピットの中はバーニィより酷いネギトロがぶちまけられてるに違いない。
今回のメッサーはこれまでで最大限のパワーを引き出した状態だったにも関わらず相打ちにすら持ち込めなかったキースが強すぎる。
せめてキースが戦線を退くレベルの重症を負ってくれれば復帰するまでの間にハヤテやミラージュが成長するという展開が見込めたんですけどね。
カナディアンマンがこの場にいたら「メッサーのうすのろめ、どうせならキースを撃ち落としてから死にゃあ良かったんだ!」と言い放ったに違いない。
しかし本当にこれからどうするんだろう。
ただでさえ空中騎士団側はケイオスよりも戦力が一人多いのに一番強いメッサーが抜けてどうすりゃいいんだ。
居るんだか居ないんだかわからないアラド隊長がキースと互角の腕という可能性もあるけどそれでも数の不利は消えないだろうし。
そうなるとハヤテかミラージュの覚醒に期待するしかなさそうだ。
無敵のジーナス家の血筋でなんとかしてくださいよォーーー!
こういう事言うとミラージュは曇るし困りそうだけど。
後は8話で見せたハヤテとフレイアの共鳴が鍵になるのかな。
歌姫として美雲に劣るカナメさんの歌でメッサーのヴァール化が収まったのはメッサーがカナメさんに特別な感情を抱いているからだろう。
同じ歌でも愛があれば効果が何倍にもなるって事かもしれない。北斗の拳だって愛でパワーアップしてたし。
ここでハヤテにフレイアの歌とミラージュがなんかして愛のパワーがかけ合わさって100倍のフォールド反応だ!みたいな感じで勝ち目を見いだせないだろうか。
向こうは女の子がいないから同じ手段で対抗できないしこれならイケルぜ!!
ダメだ、真面目な解決策が全く思いつきません。




■ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない 10話 イタリア料理を食べに行こう!

4部で最も本筋に関係ないエピソードでありながら最も4部らしいエピソード、それがイタリア料理だ!!
私も御多分に漏れず4部アニメ化決定の告知を聞いた時からこの回を楽しみにしていたクチです。
結果として見事に動画に落とし込んでくれたスタッフには敬意を評する!!!
冒頭の暗い厨房で怪しげな笑みを浮かべるトニオさんはアニメオリジナルだ。
いかにも悪そうな雰囲気でミスリードを誘うって寸法ですね。
実際今までに善人らしく振舞うスタンド使いで真っ当に良い人だったケースが全くないのでこの仕込みは新規の視聴者に効果バツグンでしょう。
私も漫画で初めて見たとき絶対トニオさんは悪党だと思ったし。
それとメシの描写が妙に気合入ってて深夜放送と相まって強烈な飯テロと化していましたね。


その昔ジョジョ料理再現部屋というサイトがあってトニオさんのコース料理を再現している方がいました(現在は閉鎖されています)
高校生だった私もそれを見てチーズとトマトとオリーブオイルを買ってきて自分でモッツァレラチーズとトマトのサラダを作って食ったものです。
どれも安物でしたが簡単に作れるし確かにチーズ単体では味が薄いのにトマトと食べると急に引き立つのがわかって感激した覚えがあります。
今じゃサイゼリヤに行くとかなりの確率で頼む料理になってしまう位お気に入り。
ちなみに上記のジョジョ料理再現部屋はトニオさんのコース以外にもサンジェルマンのサンドイッチやジョセフが作った離乳食なんかを再現していてとても興味深い内容でした。
また簡易ではありますがジョジョの奇妙な冒険究極読本という本にもジョジョ料理の再現レシピが載ってます。
しかしトニオさんって原作だと出番はこれきりなのに岸辺露伴は動かないに出てきたり恥知らずのパープルヘイズで詳細な生い立ちが追加されたりなにげにスピンオフ作品での扱いがいいキャラですね。
それだけ読者の間にこのエピソードの印象が強く残ったという証拠なんだろうな。



2016/06/05

進水


IMG_3420.jpg

今日は駆逐艦・如月の進水日だったから今日こそはACで如月ちゃんをゲットできる!(現在5回連続空振り)と思い、いざ挑んでみたものの結果は上の通り。
朝潮は持ってなかったから良かったものの追撃戦を二回もやってこれは・・・
もう物欲センサーはマジでOFFにする機能が欲しいんスよ。
如月ちゃんは全くでないのに姉と妹は普通に出てくるというのがもうね。

実は如月ちゃんのカード自体は持ってはいるんですよね。
というのは同僚が大須で回した艦これカードガチャに入ってたらしく好意でくれました。
できれば自分で出したかったけど諦めてこっちを使おうかな・・・ブラウザ版ならいざしらずカード一枚に100円かかるACだとマラソンがきついぜ・・・



IMG_3421.jpg

それとゲーセンつながりでもう一つ。
プライズ品の放課後のひと時シリーズの真希ちゃんを取ってきました。
設定甘めに釣られてプレイしたもののなんだかんだで2000円くらい使いましたがまあ許容範囲かな?
座って休憩中というなかなか珍しいシチュエーションのフィギュアです。
開封して気がつきましたがこれ階段をつなげられるようになってて他シリーズのメンバーと一緒に飾れるようになってるんですね、面白い試みだと思います。
ところで脚組みしてるフィギュアって右足を左足に載せてるポーズが多い気がする。
そうするとこの真希ちゃんは左足を上に組んでるので珍しいんでしょうかね?そんなに詳しく調べたわけでもないので完全な予想ですが

2016/06/02

王様






そういえばfigmaの闇遊戯が早いところだと既に発送して手元にある人がいるとか。
figmaを最後に買ったのは確か去年出た制服ことりちゃんだったと思うけどこいつは久々に購入することになりそうだぜ・・・
とはいえデュエリストである以上対戦相手が是非とも欲しいところなのですが残念ながらほかのキャラのアナウンスはないんだよな。
一応ヴァルカンログから社長と相棒が出るんですがデザインが結構違うからなあ・・・
リボが悪いとは言わないけど結構造形の癖が強いからfigmaや超像可動と並べると違和感感じることが多いんだよね。



既にふたばではレビュースレがたっていたのでチラリと覗いてみましたがデュエルディスクは腕と一体化してるらしく他のfigmaに取り付けるのが難しいのが残念だ。
デュエルディスクは単品で売っても充分需要がありそうな小物なのでほかのキャラにつけて遊べるようにして欲しかった。
まあ、キャラによって腕のサイズが違うからこういう形の方が自然なんだけど・・・
遊戯王シリーズは今後も続くかわかりませんが続くんだったら是非とも獏良、城之内、十代、遊星あたりは出て欲しいところ。
ガルパンが今になって再稼働してまさかの黒森峰隊長ズの製品化が決定したというミラクルを見れば可能性はあると信じたい。
というかfigmaといえばニンジャスレイヤーは早いところダークニンジャかヤモト=サンを販売してもらいたいですね。
現状4種類出てるけど全部フジキドじゃねーか(服部半蔵は微妙なところだが)


2016/06/01

梅雨の季節


またしても不在になっていてすいませんでした・・・更新速度は落ちてもブログをやめる気はサラサラないんだからね!
ダンボール戦機が復活するその日まで・・・
ていうかもうちょいしたら初代発売から5年か・・・早いなあ(遠い目




さて梅雨の季節がやってきましたが本日付でアビ・インフェルノのマッポーカリプスを醸し出していた艦これ春イベントが終わりました。
・・・もう最初の一週間はどうなっちまうんだと不安で仕方ありませんでしたが航空基地修正とE6のギミック追加後は目立ったバグもなく、先行組の後追いプレイをしていた私としては後半は驚く程楽にクリアできました。
E6なんて一日で終わったしE7のボスも航空部隊が焼き尽くして開幕で終了。
甲だとゲロを吐きそうな難易度の様ですがさすがに丙だとこんなもんか・・・ネームド艦載機が少なくてほとんどノーマルの彗星や流星を使ってたけど何とかなるもんですね。まあ熟練度だけはキチッと全部つけてから行ってたけど。
結局今回の海域難易度は甲乙甲甲丙丙丙になりました。
なんだかんだで一番難しかったのはE5かな・・・今思えばラスダンだけでも戦艦連れてけば良かった。
Wikiだと戦艦無し編成のほうがオススメされてたけど丙だと戦艦アリの方が楽だと思うんだよね。やっぱコピペするだけじゃなくて編成もちっとは自分で考えにゃならんかな。



E3クリア3
pola.jpg
春風
親潮
U-511.jpg

さて戦果の方は意外なことに文句なしの100点満天!
突破報酬の神風、Pola、Iowaは勿論、親潮、春風、さらには2隻目のU-511と未所持だった伊401まで掘れて最高のサティスファクションを味わったぜ。
Iowaだけは画像スクショした際に保存する前にうっかりPCのコンセントを抜いてしまって画像が用意できませんでした。
クリア時の画像は嫁の如月ちゃんがMVPだったのに勿体無い!!!
ゆーちゃんは秋にゲットした方がろーちゃんになってしまったのとWUGの確保で狙いました。
今までにないほど楽にドロップできる条件だったし。
・・・とは言え一番WUGが欲しいであろうE2を突破した直後に取れるという配置は些か意地の悪さを感じます。
ていうかE2とE3のマップ逆だったら良かったのに。あれはどう見ても2番目って難易度じゃねーぞ!!



母港
大和2

現在は航巡不足を痛感したので三隈を育成中。
ついでに今回出番無かった大鳳と五航戦を改二甲にするためレベリング中。減るぜ~、ボーキが超減るぜ~。
結局資材も溶かしきるほど頑張る前に目標を達成してしまったので武蔵狙いで大型回したら・・・出ました、姉の方が。
グググ・・・8時間の表示が出たときは超テンション上がったのに。
あと武蔵だけで大型建造卒業なのになあ・・・
焼きまんじゅうと焼きそばを頼んだら焼きそばが食いたかったのに焼きまんじゅうしか無いと言われたゴローちゃんの気持ちが言葉でなく心で理解できたぜ。