2014/02/28

スペシャル


ついに公開!特別アニメ!!!



まだ見てない人は今すぐチェックだ!!
当然私はもう見ました。感想は・・・最高だ!!!ゲームもアニメも終わった作品でよくこれほどのクオリティでアニメを作ってくれた物だと感涙ものです!!
詳しい感想は明日書く予定ですが、感想書く前にもう一回見直したいなぁ~~~!




IMG_0630.jpg

続いてすでにほとんどの方がご存知だと思いますがアキレスⅡのプラモデルが発売決定!
事前情報にあった『幻の主人公機』とはアキレスⅡの事だったのか!イプシロン来るか?と思ってたんですがやはり知名度的に厳しいところがあったんでしょうね・・・
まぁ、最悪ジ・バニャンがくるんじゃないかと心配していた身としては(ダンボール戦機の主人公機とは書いてなかったし)妥当な期待チョイスだったので一安心です。
HFではなく通常のプラモデルのようですがベースとなるアキレスは現在の目で見ると設計思想が古く、さらにあの複雑な形状のマントをいかにして処理するのかに注目が集まりそうです。





IMG_0627.jpg

ところでフレームアームズのグライフェンが完成しました。
この鉄臭い重厚感!!!う~むカッコイイ。
パイプむき出しとか馬鹿でかいエネルギータンクとかこれみよがしに主張するファンとか男のロマンが満載だぜ。
こういうの良いよなシンプルで、リアルロボットって男の子だよな。





IMG_0631.jpg

あと同僚に現在ダムAで連載中のSEEDの漫画を借りました。
予てよりMSの書き込みがすごいと聞き及んでいましたがいやはや素晴らしいです。
まるでRGがそのまま動いてるような迫力だ・・・
思わずHGCEのストライクを買いに行きたくなるがルージュが出るまで我慢だ俺。
スポンサーサイト
2014/02/25

FA



土曜はマイティ・ソー/ダークワールドを見に行きました。
毎度思うんだが何故こいつは3までMVCに出なかったんだろう、ウルヴァリン、スパイディー、ハルク、Cアメリカ等の鉄板メンバーで固めた1はともかくキャラが増えた2ならマロウとかシルバーサムライよりは優先順位が高そうなもんだが。




で、一緒に行った先輩から少し早めの誕生日プレゼントをもらいました
フレームアームズのグライフェンです
フレームアームズはラピエールを持ってるのですが1年以上積んであるのでFA童貞はこいつで捨てることになりそうです。
現在上半身まで組んだ状態ですがなんか組み立ててる時にパーツがやたらヌルンヌルンするんだよな。
噂には聞いてたけどブキヤのキットは離型剤がきついな…
ちなみに自前でエクステンドアームズを買ったのでこれは是非フル装備で組みたい




ついでにデスティニーが完成しました。
『本体ができたから武器とバックパックだけだしすぐ終わるやろ』などと甘い考えでいたら結局二時間くらい掛かったという…
さらに言うと写真撮ろうと思ったんですが、駄目…こいつ一度肩関節が外れるとプラップラや…
アロンダイトを持たせても力なくヘタれる悲しい有様
なんとかしようとすると他のパーツが取れてそれを治そうとすると(以下略
でどんどん強度が落ちていき気がつけば泥沼…っ!
少なくとも今日は写真乗せられそうにありまへん…

最もそこに目をつぶれば制作の疲れも吹っ飛ぶほどのカッコよさでしたが
最近じゃメタルビルドのトッキントッキンのアレンジが受けてますがやはり、スタンダードなものも悪くない。
とりあえずグライフェンを作り終えたら積み消化は一旦停止していくつかのキットを塗装準備に入ろうかなと思案中。
春が来て暖かくなってから塗まくってやるぜ


2014/02/21

紹介します!



Bgrkb1MCYAEcCXF.jpg

既にご存知の方もおられると思いますが今年の秋より米国にてダンボール戦機のキットが展開されるみたいですね。
我らがダン戦もついにアメリカ進出か!うーん、胸が熱くなるな。
Wでアメリカが悪役になってるのはこの際忘れるとしてこれを期にアメリカンチックな意匠の溢れるジャンヌDがプラモ化したりしねーかなーと淡い期待をもったりして…
ってよく考えればジャンヌDを作ったのはイギリスのメーカーだった。
画像をみるとアメリカ版と思しきパッケージが展示されてますね。
こいつぁ、ファンとしては是非とも入手したいところ。
し・か・しだ、私のブログで海外版のダン戦グッズといえばこれしかないぜ






IMG_0335.jpg

激闘アクションオーディーン&フェンリル!!
今回の東京遠征は空振りに終わったが実はそれよりも前にすでにこの二体は入手していたのだ!
親切な2chの精霊たちが名古屋のまんだらけにこいつが売ってることを教えてくれたのさ!!!
フィギュア製作に押されてなかなかレビューが書けませんでしたがこの度、ようやくお披露目と相成りました。
てなわけで早速紹介していきたいと思います。






IMG_0558.jpgIMG_0559.jpg

まずは正面と後ろ姿。
プロポーションは上々、塗の方も太腿のグレー部分が省略されている以外は概ね再現されています。
このシリーズに共通して言えることですが黄色い部分がゴールドになっているのが程よいアクセントになっています。
カメラアイはプラモだとメタリックレッドでしたがややくすんだ色合いに。
とは言え、全体的に彩度が低めなのも相まってなかなか似合ってます。




IMG_0560.jpg

翼の接続部分はこうなってます。
惜しむべきは機首と翼の連結部が棒軸であることでしょうか。
ここはプラモデルだとボールジョイントで翼に角度をつけることができたのですがそれができないのは少々残念




IMG_0552.jpg

プラモデルと比較。
激闘アクションはもともとプラモよりやや小柄なのもありますが、身長にはかなりの差が見られます。
並べてみてもハカイオーやフェンリルと比べると独自のアレンジが目立つこともなく設定に忠実な姿であることがわかります。





IMG_0588.jpg

武装はリタリエイターとビームガーターが付属
ビームガーターが標準で付いてるのはプラモにはない長所ですね。
しかしコストの問題などあったのかリタリエイターに比べて随分控えめなサイズになっています。






IMG_0565_20140221010303e59.jpg

適当にアクション







IMG_0567.jpg

持たせてみると意外と盾の小ささは気になりません。





IMG_0569.jpg
IMG_0573.jpg

可動範囲は他の激闘アクションとほぼ同じで若干狭め。
プラモのオーディーンは変形の都合上他のLBXより可動部が優秀だったのでそれに比べると一層可動が狭く思えてしまいます。





IMG_0576.jpg

当然ながら飛行形態に変形可能
変形シークエンスはプラモデルとほぼ同じ




IMG_0579.jpg
IMG_0583.jpg

とは言え可動範囲の狭さ故後ろから見た時が残念なことに…
特に惜しいのが太ももについてるデュフューザーが横を向かないこと。
ここが機体と平行になることでいかにも推進力を得られそうな形状になるのが特徴だったのに、上向きだとその機能が再現されないのでこのパーツの意味がなくなってしまうんですよね。





IMG_0587_201402210104579c9.jpg
IMG_0585.jpg

ちなみにプラモだとこのようになります。
両者を比較してみると比較してみると可動の狭さゆえモヒカンがコックピットに見える部分が中途半端な感じになってるのが惜しい。
デュフューザーの件もそうですがオーディーンの変形に際して飛行形態に違和感のないよう工夫されてる部分の再現度がことごとくイマイチなのはやはり残念です。
何よりスタンドが付属しないというの最大の欠点でしょう。
基本的に飛んでることが多い機体の上、スタンドがないと飛行形態は地面に置いておく位しかできなくてどうしても見栄えが悪くなってしまうのだ。


このシリーズ、出来の良さではかなりのものがありますがオーディーンに関してはあらゆる点でプラモ版のほうが優秀であると言わざるを得ないですね。
とは言え激闘アクションの出来が悪いのではなくプラモデルの出来が今の目で見ても可動、見た目ともにハイレベルであることのほうが大きいでしょうが。
流石発売して二年たった今尚、リデコで販売するだけあるわ…
シリーズで最も売れたプラモデルは伊達じゃない。





IMG_0593.jpgIMG_0591.jpg

お次はフェンリル。
激闘アクションのハンターはシリーズの中でもかなりお気に入りな一体でしたがこのフェンリルもかなり良い感じです。
肘の突起もちゃんとクリアーパーツですししっぽもボール軸になっておりフレキシブルに動きます。




IMG_0590.jpg

プラモデルとの比較
オレンジ部分の黄身がプラモデルに比べてかなり強く、加えて本体色も明るい感じです。
オーディーンとは逆にフェンリルの場合、激闘アクションの方が彩度の高い印象ですね。
特筆すべきは白い部分が全て銀色になっている所。
この色合いなら白より銀の方が周りと比べて浮かないと思います。




IMG_0595.jpg

武器はお馴染みのドミニオンライフルになぜか一度しか使わなかったシャイニングダガーが付属という妙に豪華な扱い。
プラモデルではシャイニングダガーが出てないので代わりにシャドウダガーと比較してます。
ハンターにも出来の良いスナップリボルバーが付いてたしなんかハンター系はやけに優遇されてるな…





IMG_0596.jpg

アクションを決めてみます。






IMG_0598.jpg

もっともコイツの場合可動範囲がかなり狭く、肩に至ってはほとんど可動がしないのでライフルを構えるだけで一苦労と言うのが弱点ですが…





IMG_0601.jpg

スナイパーらしく伏せ撃ちのスタイル。
そういえばダン戦のスナイパーはなぜかみんな立った状態で狙撃するよな…
ビルドファイターズだと大体伏せ撃ちなのに




IMG_0603.jpg
IMG_0605.jpg
IMG_0608.jpg

シャイニングダガーを装備
ライフルよりはポーズが決めやすいです。
…だからつけたのか?





IMG_0610.jpg

そしてこの商品最大の目玉がコレでしょう
なんと、ホークアイドライブの再現パーツ付き
日本ですらリリースされていないホークアイドライブのエフェクトがまさかこんなところに!!
本当になんでフェンリルだけこんなに内容がゴージャスなんだ。
オオカミ系は向こうで受けがいいのか!?





IMG_0614.jpg

PET樹脂に印刷という簡易な作りですが出来は文句なしの再現度。
ハーデス戦、アキハバラキングダム戦を再現可能




IMG_0615.jpg

当然ながらプラモデルに使わせるのもOK
ドットフェイサーを用意すればあら不思議、簡単にドラガンゼイド戦が再現できちゃうスグレモノ。
うわ、この汎用性の高さは惚れるわー。
毎度言ってる気がするけど、頼むから日本でも出してください




と言うわけで以上二点の紹介をしていきました。
やはり今回も広告などが入っていなかったため結局このシリーズの全貌が明らかになることはありませんでしたが、これまで発見したものはいずれもアニメ前期の期待ばかりだったのに対し、今回これらの商品を発見することによって乗り換え後の後期に登場する機体もリリースされているのが判明したのは大きな収穫です。
これで手持ちの激闘アクションは8種類になりました。
いつの日か叶えてみせるコンプリートにまた一歩近づけました。
目下の目標はジョーカーMk-2を発見することかな…



2014/02/20

コロコロコミック2014年1、2月号感想


はい、さんざ遅れましたがコロコロコミックの感想を書きます。
なんせ12月に発売した号の記事なんで、乗せられてる情報なんざとっくの昔に出揃ってるものばかりですがご容赦ください…



ディ・エゼルディ1
サイロンガーター

まずは1月号
ディ・エゼルディの記事とサイロンガーターの情報です。
エゼルディに関してはあまりにも普通のことしか書いてないのでなんか反応に困ります。
あえて言うなら『平手も付属!』のアピールは”両手の”平手も付属にして欲しかったくらいか。
平手がついてきたキットはこれまでいくつかあったんですが両方とも平手なのはエゼルディだけですからね。


サイロンガーターはもう読者のみんなもとっくに戦ってんじゃないだろうかという匂いがプンプンしますが…
とは言えこいつが4種類の属性を使い分けてたのはこの記事を見て初めて知った。
なんか適当に殴って終わらせた覚えしかないから全然気がつかなかったぞ
左にメタロイドの公式絵という一見貴重っぽい情報が載ってますがこれより10日後に発売されたホビージャパンにも普通に載ってたのでいよいよ12月号は魅力の薄い号となっている気がする。
まぁ、一応3ページも割いてくれてる分扱いはまだいいほうだろうか。
昔ビックリマン2000が末期の頃は80種類以上のシールをむりやり1ページにリストとしてまとめただけといういい加減な広告が載ってただけな上に、デカデカと誤植が掲載された(グランドフィナーレがクランドフィナーレになっていた)というシリーズの終焉をイヤでも感じさせる物だったしな…





名称未設定 1

続いて2月号
ページ数こそ減ってますがオレ流プラモグランプリの結果発表ということで内容の充実度は明らかに1月号より勝っています。
優勝作品はΣブラスライザー ジ・ギガント
ドットブラスライザー、Σオービス、グルゼオン、オーレギオン等主役級のLBXをふんだんに使ったド迫力の形状が審査員の心を射止めたようだ。
個人的にはエルシオンのトサカとブラスライザーのツノを組み合わせたのがなるほどと思わせてくれた。


それ以外でもパンドラのベースを車輪に見立てたバイクやDCオフェンサーのスクラッチに果敢に挑戦するチャレンジャー、更にガイロス帝国の魂を感じさせるサソリロボ等、魅力的な機体でいっぱいだ。
詳しい内容はこちらを参考にしてもらいたいが、それにしても応募者の年齢を見てみると下は年齢1桁から上はアラフォー男子までいかにダンボール戦機が幅広い世代に愛されているのかを如実に物語っている投票結果といえよう。
ガンダム以外でここまで多様な世代に親しまれてるプラモはそうそうないですよ。
親子で夢中になってる家族とかもいるんだろうなー。
息子が『親父が夢中になるわけだ!』なんて言っちゃったりして。
ちなみに本当にさりげなくだが下のver、ディ・エゼルディの広告にはリフレクトビットの数が増加してる事がきっちりと示されている。気づいた人は少ないと思うが…




IMG_0546.jpg

近頃日課になっているプラモ製作ですが今度は10ヶ月ほど放置してあったRGデスティニーガンダムに手をつけました。
流石に平日だと一日で組むのはしんどいので、昨日今日でようやく本体の完成まで漕ぎついたという感じですが…
しかし背負ものがないデスティニーというのもこれはこれで珍しい構図だ。
スマートなMSが好きな身としては羽つけた状態よりこっちのほうが好みかもわからん…
明日にはバックパックと武器を組んで光の翼をつけたいと思います


2014/02/18

WF2014冬 レポート的なもの(一般ディーラー編)



さて随分後回しになってしまいましたがWFの写真を晒したいと思います。
かえって確認したところ今回はいつもより少なめでしたね。まぁ、ちょいちょい卓に座ってたからでしょうけど…




IMG_0367.jpgIMG_0368.jpg
IMG_0506.jpgIMG_0508.jpg
IMG_0379.jpgIMG_0519.jpg
IMG_0509.jpgIMG_0513.jpg
IMG_0382.jpgIMG_0383.jpg
IMG_0384.jpgIMG_0459.jpg
IMG_0460.jpgIMG_0483.jpg
IMG_0481.jpgIMG_0469.jpg
IMG_0455.jpgIMG_0457.jpg
IMG_0456.jpgIMG_0385.jpg
IMG_0437.jpgIMG_0451.jpg
IMG_0452.jpgIMG_0453.jpg
IMG_0454.jpg



IMG_0447.jpg
IMG_0448.jpg
IMG_0400.jpg


ジャンル別に分けようとも思ったけどバラけすぎてるんでざざっと貼っていきます。
しかし展示台ですがmeetsの100均でフリーマルチパネルが多いですね。
安価でたためば邪魔にならず、背景としても適切であるのを考えれば当然か。
私も今度出るときはコイツを仕入れておこうと思うんですがmeetsが近くにないんですよねー。
尼にも似たようなのがあるらしいので探してみるか。




IMG_0365.jpg

ここからは個人的に惚れ込んだものを貼っていきます。
まずはバカボンドの伊藤一刀斎。
15000円の高額商品でなければ間違いなく買っていたほど渋く、カッコイイ。
しかしバカボンドはようやく農業が終わったと思ったら休載に入っちゃうしいつになったら終わるんだろうか…
これといいベルセルクといい長期連載漫画はいつ回想が始まって更なる引き伸ばしが来るんじゃないかとビクビクしながら読まにゃならんので心臓に悪い。大体回想だの外伝だのやりだしたら数年は戻ってこないしな。




IMG_0446.jpg

桜前線のセイバーリリィ。
ワダアルコのイラストを見事に再現したその造形力は流石業界トップクラスの技前。
本当に上手い人の作品は商業製品並の精密さに一点モノの塗装が合わさり最強に見える





IMG_0490.jpg

こちらの島風は3D造形での制作だそうです。
Z-brushを使用していたそうですが皆3Dに興味が尽きないのか絶えずディーラーさんに話を伺っている人の姿が見受けられました。





IMG_0393.jpg
IMG_0394.jpg
IMG_0398.jpg
IMG_0396.jpg

メダロット達。
国分寺美食倶楽部さんの物は芋寺ことローランドICのi-moderaで原型を制作されているとブログに書いてあった
安物でも使い方次第で良いものが作れるという見本ですね。
販売物は少し気になっていたけどまだ夏に買ったブレザーメイドを組んでないから今回はパス
ちなみにウィンドクラップを出しているところはディーラーさんがロボロボ団の格好をしていた…



IMG_0464.jpg
IMG_0467.jpg

ULTRAZONEさんの秦こころ
…どうしよう、俺が作りたかったのそのままのキットがここにあるんだが。
そして思い知らされる圧倒的実力差…ッ!!!!
しかも仮面やオーラまで作りこんである。
付属品どころか本体すら満足に完成させられない私には眩しすぎる作品だ。




IMG_0462.jpg
IMG_0461.jpg

ちなみに同氏はスカーレット姉妹も出していました。
フランちゃん作る人はよくあの面倒な羽を見て作る気になるよな。
その心意気に痺れるし憧れるゥー!!





IMG_0449_20140218005105f19.jpg

藍色空色さんの香霖堂verの霊夢
まるで漫画から飛び出してきたかのような再現度の高さ!!
髪の毛や着物の空間演出が醸し出すふわっとした雰囲気はため息でるなぁ~~~~~
ホント、髪の毛を繊細に作れる人ってすごく憧れる。




IMG_0492.jpg
IMG_0494.jpg

月の裏側さんのほむら&早苗さん。
いかなる状況であろうと早苗さんを必ず出店するその執念!僕は敬意を表する!!!!
なんといっても氏のフィギュアはお尻の造形が最高にマーベラスな出来なのであります。
フフフ…下品なんですが…(以下略
原型製作にはエポレジンを使われているそうですが、コストの面から私もエポパテからの切り替えを検討しています。




IMG_0392.jpg
IMG_0510.jpg
IMG_0512.jpg

進撃の巨人もまだまだ元気!
エレンゲリオンは今にも動き出しそうな躍動感と完成度!
ていうか超大型巨人の立体物は企業などでひっきりなしに見かけますが(グッスマブースに実写映画のプロップが展示されてたし)鎧の巨人の立体物はほとんど見たことない…
みんな超大型のインパクトに目を奪われがちですが壁破壊した彼の事を時々でいいから思い出してください…

ピンキーの方は立体機動の作り込みが非常に丁寧!
直前に販売したfigmaミカサの立体機動装置が資料として大いに役立ったという苦労話を伺いました。




IMG_0472.jpg
IMG_0376.jpg
IMG_0375.jpg

TOEからファラにメルディ!!
それぞれ別ディーラーからの出店ですが、テイルズ事態見かけることが少ないのに更にシンフォニア以前のキャラのフィギュアが二箇所からも展示されるなんて一体どれほどの奇跡なんだ!?
エターニアは名作ですよ、私も好きなテイルズです。
けどな…バンナム、俺はお前らがTales of VSで散々Eを冷遇したことを忘れないからな…ッ!




IMG_0497.jpg
IMG_0496.jpg

こちらは我が後輩ディーラーの2作品
今までアダルトを縄張りとしてきたお主が一般ディーラーに現れるとはどういう心境の変化かな!?
ともあれちゃんとボディラインを出せていることに感服
こりゃ本格的に彼への弟子入りを検討するか




IMG_0390.jpg
IMG_0518.jpg

そして今回もっともツボにはまった2作品
スーパーロックマン改造パーツになんと切札勝舞君。
ええええええ!コロコロ系のフィギュアなんて初めて見たよ!やっぱ版権元は小学館なのかな?
そういうのには厳しそうなイメージがあるんだがよく許可が下りたなー。
という事は勝負くんのおまけという題目ならで飛びかかるジャガーとかシヴ山のドラゴンとかのフィギュアを出店することが可能…なのか?





IMG_0503.jpg
IMG_0504.jpg
IMG_0498.jpg
IMG_0499.jpg
IMG_0500.jpg
IMG_0501.jpg
IMG_0502.jpg

最後に個人的に気に入ったオリジナルロボ作品の紹介
メダロットにもLBXにも似てるデフォルメちっくなデザインがイカす。
版権モノの人気が強い中オリジナルで勝負を仕掛ける人たちは偉いなぁ。





IMG_0391.jpg

なお、当日は大雪によりコスプレスペースが二階エントランスに移っていた模様。
そのことに全く気づかず『なんか上の方にやたら人がいるけどなんだろう』とか呑気な事を思っていて真相を知ったのは終了一時間前だったとさ…
まぁ、どの道コスプレを見に行く時間はなさそうだたがガンプラビルダーズのコスプレ集団がいたらしいのでそれだけでも見たかったなぁ。



以上でおしまい。
やっぱりWFは企業を見て回るより一般ディーラーを見回る方が楽しい!
なんというか作品を作りだすエネルギーのようなものを直に感じ取れるというか…
『こんなふうに工夫してるんだな』とか『え?こんなもの作ったの?』という発見や驚きは何より次への創作意欲を掻き立ててくれます。
次に参加するときは私もだれかのブログに載せてもらえるような作品を作れたらいいな…
2014/02/17

土日に作ったもの達




突然ですが、左腕を負傷しました。
いや、正確に言えばいつの間にか肉離れを起こしていたと言うのが正しいのか。
何を言っているのかわからないと思うが本当に私自身、全く思い当たるフシがないのに突然左腕が痛くなり、接骨院に行ったらそのように診断されたのでそう信じるほかあるまい。
今は結構マシですが、金曜日はちょっと動かしたりコーヒー缶をもったりするだけで痛かった・・・
おかげでプラモデルが作りづらいじゃねぇか。
でも考えてみれば利き腕の右がこうならなかっただけでもマシだったかもしれない。
そもそも作りづらいだけでやろうと思えばできないこともないしな。
左腕が全く動かない状況だったらいよいよエロゲぐらいしかやることがないぞ。
あれは他のゲームと違ってクリックしてるだけで進むし・・・





IMG_0537.jpg

さてそんな訳でほとばしるプラモリビドーに赴くまま、積んでいたドットブレイズを作りました。
事前に模型裏を見て知ってはいたが確かに膝の可動範囲が狭いな・・・
まぁ、設定上ホバー移動する期待なんで膝なんて動かなくても別に問題ないのだろうけど。
とは言え紙マントはイマイチ質感に欠けるので・・・




IMG_0541.jpg
IMG_0542.jpg

エポパテで自作してみました。
WFが終わったからといってパテを触らずにいると見る間に腕が落ちそうで・・・
しかしちょっと盛りすぎたかもしれん。
どうやら私にはパテ造形をするとき必要以上に盛りすぎるクセがあるらしく、経済的にも不便だから改善しなければと思ってるんですが中々うまくいきません。
癖は直そうとしても治らない、宿命のようにな・・・





IMG_0543.jpg

で、お次はジョーカーMk-Ⅱ!!
去年の誕生日に同僚にもらって以来大事にしまっておいたがようやく作りました。
もらいものなのに、ずっと放置じゃあまりにも失礼だしな・・・
それにダン戦プラモの中でトップクラスに高額な商品だし。
こいつを譲ってもらってから彼へのWFの土産が1ランクアップしたとかしないとか・・・
コイツはちゃんと手をいれて塗装するつもりです。
シール使わずのっぺらぼうなのもそのためなのさ。




IMG_0539.jpg

さて最後は・・・
MGガンダムX!!!
店先やネットでその雄姿は何度も見たことがあるがやはり自分で作るとなると格別!
これほどカッコイイGXがこれまでに存在しただろうか!?
まるで夢を見ているみたい・・・
忘れかけた夢が今動き出す様です。
しかし最近のMGはすごく組みやすくなってるね、これなんか何も考えず走るようにたったの3時間くらいで作れちゃったよ、これこそ僕らの望んだMGだ!
給料が入ったらもう一体買ってこよう。





結局WF記事やらコロコロ記事やら溜まりまくっている状況。
なんだかんだで今週末は免許の更新やら病院やらで忙しかったので今週こそ溜まってる記事をちゃっちゃと書き上げたく存じます・・・




2014/02/13

フェニックス


IMG_0536.jpg

WFから解放されたせいかプラモ作りたい病が爆発している今日この頃。
本日の獲物は以前同僚にお土産でもらったユニコーンガンダム3号機・フェネクスです。
こいつにえらい時間を取られたものだから予定していたWFレポートが書けなくなってしまったぞ。
しかし改めてみるとやっぱユニコーンはデカイな。
横のアルヴァアロンとスケールは同じはずなんだが





さて無事放課後生ウォーズの最終回を迎えた今日ですが、別れ話と入れ替わるように嬉しいニュースが!
ついにスペシャルアニメの情報が開示されたぞ!
神威大門を去ったはずのアラタとバンが出会う!?
公開されたシーンを見る限りバンが使うのはオーディーン?
教壇に立つバンを見上げるアラタ達の周りにいるのはなぜかロンドニアの生徒。
そして二人はどんな会話を交わすのか!?
近日公開予定とのことですが待ち遠しくて仕方ないぜ!!
ここ二日ガンプラを作ったがそろそろ積んであるLBXたちにも手をつけてやろうかな…
ククク…いいのかよ…俺が行くとなったら…遊びじゃなくなる…
組ませてもらうぜ…限界(衆望ボックス上限)を超えて…っ!!


2014/02/12

WF2014冬 レポート的なもの(企業編)



IMG_0532.jpg

あ、ありのまま今日起こったことを話すぜ!
俺はWF後にゆっくり作ろうと取っておいたMGガンダムXをつくろうと思ったのにいつの間にかHGバクゥを作っていた…
何を言っているのかわからないと思うが俺自身何をされたのかわからなかった…

と言うわけで気の向くままに罪プラを消化し始めました。
ガンダムXは今週中くらいには作りたいけどどうなるだろう。






IMG_0527.jpg

そういえばまだ戦利品をアップしてなかったので上げておきます。
値段が張ったのはおで屋さんの009と月の裏側さんの制服早苗さんくらいのものか。
そういえば昨日009は劇場版と書いたが後々製作者様のブログを見てみると009 RE:CYBORG(漫画版)のフィギュアだということが判明、大変失礼いたしました…
ていうか袋にも思いっきり書いてあるのに気づかなんだのは失態である。


月の裏側の早苗さんは私がフィギュア製作する際に随分参考にさせていただいたフィギュアです。
特にこの髪の毛の表現などエポレジンでよくもここまできめ細やかな髪の毛を作り出せるなという感じでただただ脱帽するのみです。
造形自体に魅せられたのもありますが今後の資料としての意味合いも兼ねて買わせていただきました。
午後14時ごろの到着だったようですがお疲れ様です。





IMG_0529.jpg

こちらはエグゾスカル零のキーチェーン。
山口先生大好きな身としては覚悟のススメ関係というだけでもう見境なく買いたくなるのですが、なんと零だけでなく霹まで作られているのが素晴らしすぎる。
エグゾスカル零に登場する強化外骨格はどれもデザインが鼻血が出るほどかっこいいんだが立体物が乏しく、さみしい思いをしていたところにこれなのだからもう、買わないわけがない。
ちなみに額の文字が光輝ではなく悠久なので復活以前のモデルなのかな。





IMG_0530.jpg
IMG_0533.jpg

後はガイアカラーのガラスパール(赤、青、黄)とちょっと気になったのでイージーペインターを購入。
それ以外ではサークルの後輩が出したフィギュアと秋葉で買ったビッグガンくらいか。
後輩が作ったやつは私なんぞより遥かによくできていて軽く凹む。
よく趣味のサークルだと完全年功序列みたいなのがあるがアレが全く理解できない。
年取ってるだけの役立たずより若くて力あるやつの方が発言権を得るべきだろうに…
つくづく自分は情けない先輩だと感じるのだった。
ディーラーが少ないのもあるけど過去もっとも金を使わないWFになったな…
まぁ、最近金が厳しいからこれぐらいが妥当か。
あまり買い込んでも積みガレキが増えるだけという気がしないでもないしな…






IMG_0411.jpg
IMG_0425.jpg

さてとりあえずは気になるところからアップしていきましょう。
まずはなんと言ってもマジェプリが元気だったのが最大の収穫でした。
なんと、コトブキヤよりレッドファイブのプラモデル計画が始動!!!
よっしゃあああああ!マジェプリのプラモは渇望していたからブキヤには大感謝!!!
確定じゃないのが少しばかり不安だけどまぁ、Z-ナイトとかマジで出しちゃう会社だし旨みが少ないから没っていう線はないと信じたいな…




IMG_0429.jpg
IMG_0427.jpg

一方近日発売予定のヴァリアブルアクションはというとメガハウスのブースに展示されてなくて『なっとらん!』と憤りを感じたもののすぐにHEROSのブースに展示されていたことに気づく。
うーむ、可動が心配だがこっちもカッコイイ。
でも13,000円の高額商品なのにアサルトイエーガーのパージギミックがないのは少し寂しい気もします。
ちなみに去年の夏コミで325万円で売られていた巨大レッドファイブも一緒に置いてありました。
レッドファイブの立体化を放映当初から望んでいて最初に出たのがコイツなんだもんな…
商品展開までザンネンにしなくてもいいのに…
あとこれまた近日公開予定のスマホゲームも試遊台があったので少しプレイしてきました。
感想としてはまぁ、こんなものかという感じ。
できればレッドファイブだけでなくブルー1、ゴールド4なども使えるようにして欲しい。





IMG_0430.jpg
IMG_0431.jpg
IMG_0432.jpg
IMG_0433.jpg

ちなみにフィギュア関係はと言うと限定カラーのリンリンは無事完売したようだ。
リンリンとタマキはあまり心惹かれないがケイは可愛くできてるのでちょっと欲しいな…




IMG_0420.jpg

さてお次は毎度大量の商品発表があるグッスマ。
なんとfigma 井之頭五郎発売決定。
うおォん!!
マジか、大雪のせいで前日の夕食がやむなくコンビニ飯になり、『ほほう、生みそ仕立てか』とか『うわぁ、なんだかすごい事になっちゃったぞ』とか孤独のグルメネタを連発していた翌日にこれだよ。なんというシンクロ二シティー。
やはり気になるのはアームロックができるのかということ。
あと、付属品は何がつくんだ?デパートの屋上で食ってたフランクフルトとか?





IMG_0418.jpg
IMG_0419.jpg

ゴローちゃんに続くのは俺が今回も続報を得るために見に行ったファイアーエムブレム覚醒のfigma ルキナ
さりげなく商品名が仮面の剣士からルキナに変わってます。ネタバレしてええのん?
9月発売予定ということは夏のWFくらいには完成品見本が見れそうだ。
そして1/8スケールフィギュアでティアモが発売決定!
ダサい手槍さんキターーー!!!
よっしゃぁ!サーリャで終わるんじゃないかという不安を見事に吹っ飛ばしてくれたぜ!
順当に人気の高い順からフィギュア化されてるんで順当に行けば次はノノかセレナあたりが来るか?
サーリャはエロエロなアレンジが最高だったのでティアモさんも期待してもいいんですよね!?





IMG_0421.jpg
IMG_0422.jpg
IMG_0423.jpg
IMG_0424.jpg

さてマックスファクトリーといえばなぜか唐突にダグラムを発売したのが記憶に新しいがなんとソルティック、ブロックヘッド、アイアンフットのサンプルが展示されていた。
おいおいソルティックくらいは出ると思ってたがそれ以外のやつも出すのかよ!!!
一体何が起きてるんだってばよ。これはヤクトタイプダグラムも出そうだな。
それどころかクラブガンナー系統も出るかもしれん…




IMG_0410.jpg

ちなみにコトブキヤは全ゾイダーを大混乱に落とし込んだ衝撃の新製品、Z-ナイトが展示されていました。
当初は『フレームアーキテクトを流用できるからこんなマニアックな物を起用したんだ』とか言われてたけど画像を見る限りどう考えても新規造形なんだが…どうも力の入れどころが盛大に間違っている気がしてならないぞ。
別に出すなとは言わないけど売れる算段があるんだろうか…?ちなみにその上に設置されていたテレビ画面からはZ-ナイト発売当時のCMが流されていた。どこから引っ張ってきたんだこんなもん。






IMG_0417.jpg

写真に撮ったのはこれくらいですが後は巨大連装砲ちゃんが印象的だった。
ついでに撮影禁止だったが進撃の巨人実写映画版に使う超大型巨人のリアルなプロップも飾ってあったぞ。
しかしマジでやるきなんだな、実写版。邦画業界はいい加減漫画の実写化は題材選びの時点で9割勝敗が決まるというのを覚えろよ…なんで実写化に不向きなものばかり映画化するんだか。






明日は一般ディーラーの方をアップしたいと思います。










2014/02/11

WF2014年冬・レポート的なもの


名称未設定 1

WF2014冬に行ってきました。
既にご存知かもしれませんが今回は45年ぶりの大雪という悪条件での開催に相成り、前日から当日まで混乱を極めました。
以下、そんな過酷な環境で上京を目指した私たちのレポートになります。




2014年2月7日12時頃、WF前最後の出社日私はいつもどおり出社し、昼飯を食っていた。
普段WFに向かう際は前日の夜行バスに乗り、その後早朝から並ぶというプランなのだが今回は土曜の朝から車で東京へ向かい、夕方現地についてホテルに泊まってから悠々と並ぼうという話になっていたのだ。
そこへともにWFへ行く先輩から電話がかかってきた。内容は雪が酷くなりそうだから予定を前倒しにして金曜の夜中に出発になるかもしれないという話だった。
そういえば大寒波が来るとかニュースで言っていたような…まぁ、ドライバーがそういうのならそれに従えば良いだろう。寝るのは車の中でもいいし早く着くならそれに越したことはないしな…
そう思って深く考えずに了承したのだがこれが過去最大級の苦難に満ちたWFの始まりだった…






そして18時、仕事をとっとと切り上げて家に帰ってきた私は状況が思った以上にヤバイことに気がつく。
ネットで天気予報を調べたところ降雪どころか超猛雪などという見たことも聞いたこともない情報が掲示されているではないか。
超ってなんやねん、超って。サイヤ人じゃあるまいし…
おまけにどこを見ても『無理な外出は絶対にしないでください』などと書いてありやがる。
普段なら『あー、そうですか』で済ませられるのだがよりによって年に二回しかない絶対に外せないイベントである以上、行くしかないじゃないか。その上いつもなら急遽新幹線に切り替えても良かったが前述したとおり今回に限ってホテルの予約をとってしまっているのだ。
こうなるともう出発するしかない、私と先輩は覚悟を決めて同行する他の二人に連絡し、金曜の夜に発つことにしたのだった。




さてそうなると車内で寝るなどとノンキな事を言っている場合ではない。
ドライバー役の先輩にしても仕事終わりに直で東京まで向かう強行軍なのだ。
おまけに途中で交通規制に引っかかったら一発アウトなので事実上、途中のSAで一眠りとかできない状況だった。
この時点で体力面の心配が懸念されるのに更に雪で視界が悪くなったり路面が凍結したりする恐れがあるのだ。
そんな何が起こるかわからない状況でドライバー一人に任せっきりにするわけにもいかない。
話し相手になって眠気を紛らわすとかスマホで道路状況をチェックするとか助手席に座る身としては色々役割がある。
そんなこんなで大慌てで名古屋を出て、静岡で同行者を拾い予測通り殆ど休むまもなくホテルのある千葉まで向かう私たちなのであった。
逐一室外計をチェックしつつ、新東名の交通規制をギリギリかわして高速道路に滑り込み、山間での大雪を警戒して途中で東名高速に切り替えるなど(結果的にこの判断が大当たりでなんとか規制を免れた)とにかくドライバー、同行者ともに冷や汗の絶えない旅路となった。
海老名あたりで私がダウンしたがその間は同行者であるもう一人の先輩がドライバーの話し相手をしてくれたりしてなんとか千葉までたどり着く。
が、朝の7時くらいに到着したものだから立体駐車場が空いてなく、極寒の中車内でエンジンを停止してしばらく仮眠を取ることになったのだった…
まだ明日が本番だというのに土曜の朝までにこれほどいろいろなことが起きて一体この先どうなるんだろう…
『これからが本当の地獄だ…』私の頭の中でベジータがそう呟いた。





IMG_0526.jpg

首都高速から撮影した東京タワー。
帰りはもっとはっきり見えたけど写真撮れんかった…






その後立体駐車場に車を置き、秋葉原まで向かう私たち。
だが、ここにきて私自身の体調がかなり最悪な感じになり、意識が朦朧としながら秋葉原を彷徨う羽目になった。
それでも目当ての中古トイやらMTGのカードを見るくらいのことはしたが。






NEC_0017.jpg
NEC_0022.jpg

体調は最悪だったが大雪の秋葉原という珍しいものが見れたので記録しておく。
またまんだらけで激闘アクションが売ってないか期待したが今回はなかった。
しかしアキバのまんだらけはゾイドの品揃えが豊富だから嬉しい。欲しいもんはなかったが…
結局成果としてはHGサンダーボルトのビッグガンだけが単品で売ってたのでそいつを買ったくらいだった。
ポピニカが出していた009のドルフィン号は買おうかどうか最後まで迷ったが…





その後電車で船橋に戻り、駐車場から車を回収してホテルへ。
行きも帰りも電車が止まったりしないか心配だったが無事出発してくれて何より。
駐車場からホテルまではほんの3km程度なのだが凄まじい吹雪によって路面が凍り、視界が遮られ渋滞が多発し一時間くらいかかった。
私は途中で寝てしまったので記憶に残ってないがドライバーの先輩は大変だったろうに。
ホテルでチェックインをしたときは心底安心しました。




IMG_0358.jpg

ホテルの窓から撮影した様子。
SWEP5のホスを思い出すほど雪まみれ



その後はホテルでカードゲームしたりポケモンで対戦したりダラダラ過ごし、翌日は6時に起床。
車が帰化冷凍法をくらったダイアーさんの如く凍結していたので雪を払い、あらかじめ沸かしておいた熱湯をかけて解凍。
後は会場入りすれば少なくとも17時までは安心できる…
だが、路面状況はこの時が一番ヒドかった。
雪が完全に氷になり、ろくにスピードが出せやしない。
おまけにそこいら中でトラックがタイヤを取られて停止している。
もし道を遮るような形で停車してやがったら別ルートを通って行くなどとてもできない…
本来なら20分もしないでたどり着くはずの幕張メッセが尋常じゃなく遠くに感じる。
雪と氷で揺られまくりながらもなんとか幕張の駐車場付近に到着するも、ついに我々の車も雪でタイヤを取られて動けなくなる。
なんとかドライバー以外の三人でアクシズの如く車を押して動き出したが危うく会場を目前にしてアウトになるところだった。
本当に今回のWFはいったい何段階仕立ての試練が待ち受けているのだろう…
しかも大雪でメッセの駐車場が使用禁止になっており、代わりの場所を探すため、少しでも動きたくない状況にかかわらずメッセ付近をぐるぐる回るハメに…
なんとか県営の地下駐車場にたどり着くが、その間に再度雪でタイヤが空転した。
いいかげんにしろよ…でも人力でなんとかなるレベルで良かった…




後は会場へ向かうだけ…なのだがここでも試練が待ち受けていた。
積雪量45cmの白い悪魔が俺たちの足を襲う。
一歩歩くごとに深々と足が雪に埋まるので歩きにくいことこの上ない。
また悪いことに途中で私が道を間違え、無駄に遠回りした挙句陸橋の方が車を気にせずに行けて楽なのではと上に登ったところこれがとんでもない間違いで階段は全て雪に埋もれてどこに足を置けばいいのかわからないし、そもそも雪に覆われて本当に階段なのかもわからない。
実は大きめの段差に雪が高く積もっただけとかだったら足を踏み入れたとたん生き埋めになりかねない。
そんなわけで数百メートルの距離を疲労困憊しながらの行進となった…





どうにか8時前後には会場に入ることができたが、やはり雪の影響でかこれまでに見たことないほど人が少ない。
最初は開場前だったので人がいないだけかと思いきや時間になっても一向にディーラーが増える気配がない。
どうやらほとんどの人が遅れているらしい。
死ぬほど大変な思いをした私たちだったが会場にたどり着けただけでもかなりの幸運だった。





IMG_0458.jpg
IMG_0363.jpg
IMG_0405.jpg

どの卓を見てもスカスカ。
企業は一部の広告などが遅れたようだが基本的に会場限定の品は間に合っていた様子。
人も少ないし今回は企業に並ぶ人にとってかなりの好条件だった様だ。


また、人がいないことが災いして私が買いに行こうとしたブースが3箇所あったのだが、どこも開場時間に来ていなかった。
しかも直前まで制作の悪あがきをしていたため、どこに何が売られているのかという下調べをほとんどしておらず、買いたいものがなくてどうしようかと思った。
いきたいところもまるで思いつかないし思わずふと目にとまったティラノサウルスのガレキでも買おうかとか思ったりしたが私の目の色が変わる品が現れる!!!







IMG_0372.jpg

サイボーグ009の島村ジョー!
うおおおおお!カッケェ!!!しかも一昨年公開された押井版の009じゃないか!
石ノ森版の009は過去にいくつか見かけたが押井版のガレキを見たのは初めてだった。
S.H.Figuartsの付属品が全くないジョーにガッカリした身としては満足のいく押井版ジョーのフィギュアが是非とも欲しいと思っていたのだ。
もちろんその場で購入、後々もう一度覗きに行った際は既に売り切れていたので運が良かった。





その後は色々回りつつ気に入った品を見つけては財布と相談して購入という流れになった。
会場自体も時間が経つにつれて遅れて到着するディーラーさんがちらほら現れ、徐々に活気を取り戻していた。
だが惜しむべきは私が真っ先に行こうと思っていた所が午後に出展開始したのを遅れて発見したため目当てのモノが買えなかった所だ。
ぬぅ…本来なら真っ先に向
かって購入するはずだったのに。
だがこの悪天候の中しっかり到着して販売したディーラーさんに文句など言えるはずもない。
全て雪が悪いのだ。冬のせいにして温め合おう。





IMG_0521.jpg
IMG_0522.jpg

ちなみに欲しかったのはハヤテライガー。
製作者は以前ホビージャパンにデススティンガーの作例を公開したことがあるほどの技巧派モデラーとあって混雑するのが容易に想像できたため、最初に並ぼうと思ったのだ。
blogで製作過程を公開していて『これ売ってくれないかなぁ』と思っていた所本当に出してくれてビックリした。
うーむ、次回はムゲンライガーをお願いします…





IMG_0525.jpg
IMG_0524.jpg

そんな感じで会場内は雪に悩まされることなく人が少ない以外はいつもどおりのWFを楽しめました。
コスプレスペースが移動してるなどど多少の違いはあったようですが…
帰りには雪もだいぶ溶けていて比較的穏やかな帰路となりました。
もっともそれは道路の話で歩道とか建物はごらんの有様ですが。
とは言え結構休憩を挟んだし静岡在住の先輩を家まで送っていったりなどしていたので結局10時間近く車中で過ごしました。
本当に運転してくれた先輩には感謝する以外ありえない。
ヘトヘトに疲れた私はそのまま倒れるように眠り、翌日目が覚めたのは昼の2時近くだったとさ…
展示されてたガレキなどは明日アップします

2014/02/05

WF2014展示作品について

どうもご無沙汰です。
ついにWF4日前になりました。




販売予定でした秦こころですが・・・










IMG_0353.jpg
IMG_0355.jpg
IMG_0356.jpg


間に合いませんでした!
申し訳ありません。写真の状態まで来たところでタイムアップという感じです。
ちなみに友人も販売までは漕ぎ着けられなかったとの事で、今回ガイドブックに記載されていた【1/8 秦こころ】と【SDサイズ 東方風オリジナル】の二点は当日の販売分がございません
ガイドブックを読んでこちらに訪れてくれた方々、本当に申し訳ありませんでした。




正直本当に落胆しています、間に合わせられなかった自分が情けない・・・
去年不覚をとったので今年こそはリベンジするぞと夏ごろから作り始めてたのですが、それでも間に合わず。
怠けていたつもりはないのですがやはり至らぬところがあったのだと思います。
これを機に、自分の制作方法とか、やり方を根本的に見直すべきなのかなと思いました。
思えばプラモの改造ですら気に入らないところがあるとどうしても見過ごせなくて作り直しを繰り返すうちにエンドレス、気がつけば積みということを何度もやってしまいました。
今回もそれの延長で、ある程度のところで見切りをつけるべきだったと反省します。
結局俺のつくり方というのはただひたすら足し算を続けるだけで引き算と言うのが全然出来ていなかったのだった。
上手い人は省略できるところ、できるだけ簡単に済ませられるところはちゃんと作業量を最小限に抑えるのだというのがよく理解できた。
胴体部もかなりボディラインが出るようにこだわったりもしたが結局服を被せたので無駄になってしまったし今思えばその分の作業を別のことに回せば幾分作業スペースも上がったのではないかと思う。
更に言うならロングスカートにロングヘアーという組み合わせも私の技量では手に余るのだと痛感した。
結局一番時間食われたのがスカートと髪の毛だし…
次作るならもう少しシンプルな服装にしようと思いました
まぁ、何を言ってもどんな後悔をしても結局落としたという事実は変わりません。どんなにこだわり抜き、時間をかけても完成しなけりゃ意味がないんですよね。
納得できなくてもちゃんと間に合わせるのが一番大事だと、そんな簡単なことすらわからなかったこの大馬鹿者を笑ってやってくれ。




とにかくここ数ヶ月これのみに邁進してきたという感じなのでなんか今は空虚な感じです。
製作してる間は『終わったらあれ作るぞ!』と自分をはやし立てたりしましたが途中退場とも言えるこの中途半端な結末のおかげでなんだか心が宙ぶらりんだ。
まぁ、ひとまずはWFが終わったあとに考えるとして、書いていなかったコロコロ記事とかを再筆しようと思う今日この頃なのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。