2013/07/30

WF2013夏の戦利品


昨日は思わぬアクシデントのため公開が遅れてしまいました。
接続できなかった原因なのですが指定のUSBケーブル以外のものを使っていたのが原因だったようです。
『指定のやつなんてどこいったか分かんねー!!』と諦めかけていたところ、今朝1年以上前に職場で充電するために会社のPCに付けっぱだった奴がそれだと分かりました。
やれやれ、これでmicroSDハブを買わんで済むわ。




1375111683206.jpg

さて今回入試した品はこんな感じです。
デジカメ故障のため、今回の記事はスマホでとった写真で掲載しますがサイズが小さいのはご了承ください‥・
ガレージキットは

T`s System、冷泉麻子
国分寺美食倶楽部 ブレザーメイツ
リミット ペッパーキャット


の3点です。
T`s Systemのガレキは2009年に買った東風谷早苗以来になります。
水着ということで大御所・宮川氏の作るフィギュアのボディラインがじっくり眺められ、大変貴重な資料であります。
メダロット二体は以前から買おうかと迷っていたもので、どちらも今回が最終販売になる可能性が高いという話なので思い切って買っちゃいました。



それ以外だと在庫が心配だったので、雲母堂からビスマスパールを購入。
博麗霊夢のフィギュアに超音波カッターのクジで貰った缶詰パン二つ。
カッターは私が引いてからしばらくあとに大当たりを引いた人を目撃しました
ぐぬぬぬ、羨ましい‥・
そして縞々デカール、これを使えばあらゆるものがシマシマに!
真っ先にパンツを思いついたそこのあなたは心が汚れています。


今回買ったガレキはどれもカラーレジンなのでこれなら積まずに済みそうだ!
まぁ、メダロット系は関節仕込むのがちと難儀だったりしますが‥・
しかしカラーレジン&ベルグ抜きは本当にここ数年で増えたな。
これに続くブームは間違いなく3D造形に違いない!というのが私の持論なので今回いろいろなディーラーさんにお話を伺ってきました。
急なお話にも丁寧に答えてくださったSKINNED MAN様、火星大王飯店様、この場を持ってお礼を申し上げます。





さて、そろそろ本題に入りましょうか。
今回手に入れたWFでのダン戦関係の戦利品は‥・








1375111683647.jpg

バァーーーン!!



デクー×3にデクー監視型です。
と言っても実は下の二つは秋葉原で入手したのですが。
わかりづらくてすいませんが上の韓国版パッケージのデクーは以前購入しそびれた品です。
後はアキレスのみなんですが既に在庫を切らしている状態とのことです。う~ん残念。
と言うか今回はデクー数体とハンターが1体売ってるのみでした。




下の激闘アクションは初めて見る方も多いのではないでしょうか。
日本語表記ですが国内流通の品ではないようです。
まぁ、そのへんも含めてレビューしていきます。




1375111674350.jpg
1375111675247.jpg


まずはデクー。
本体とスキャッターガン、タイディシールドが付属。ここはプラモデルと同じですね
プラモとの比較画像を取ろうと思ったのですが、残念ながら現在手持ちのデクーが全て原型をとどめていないため断念させていただきます。
ただ、ハンターの時と言い金色が豪華なのがいい感じなので
色合いはかなり薄い感じでカスタムグレード(セブンイレブン限定流通のミニプラ)に近いです。




1375111673879.jpg

武装装備、シールドの持ち手が軟質プラだったので若干苦労しました。
エンペラーランチャーの柄と言い何故負荷がかかる部分がこれなんだろう‥・



1375111674758.jpg

適当にポージング。
可動はフロントスカートが動きませんがそれなりに良好です。



1375111675625.jpg

プラモの武器と比較
本体同様、どちらも一回り小さい出来。
これは以前購入したものにも言えることです。




1375111676110.jpg

韓国版と激闘アクションの比較。
双方に差異はなく、全く同じ形状です。て言うかあまりにも似すぎているんで遊んでるうちにどっちなのか分からなくなってくる。
パッケージ以外は付属品も同じです。




1375111677881.jpg

お次はデクー監視型。
仕様上、仕方ないことなんですがバイザーが透明じゃないんで目隠ししてるようにしか見えない‥・




1375111677454.jpg

バイザーは取り外し可能。
デクーの方は耳の取り外しができないので、同じように見えて別タイプの頭みたいです。





1375111678698.jpg

プラモデルと比較。
こうして見ると同じモチーフとは思えないほど形状が違います。
フィギュア版はサイドスカートが切り落としたような形状、頭部の横幅が狭い。脚が狭く分厚い等‥・
カラーリングもデクー以上に変更されてます。
パッと見デクー改っぽい感じ。


1375111679792.jpg

武装はAMBライフル、スキャッターガン、スクエアガードが付属。
意外なことにプラモデルと比較してもAMBライフルの大きさは変わらないという。
本体がやや小ぶりなので装備した時の迫力はフィギュア版の方が大きいみたいです。
スキャッターガンはデクー付属の物と同様。




1375111676571.jpg
1375111678294.jpg

適当に装備。
やはりAMBライフルの砲身が軟質プラ‥・
手が干渉する様な持ち方だと砲身がカッコ悪くゆがみます。
ええい、なんで大事なとこばかり軟質なんじゃ。



1375111680252.jpg

通常デクーとの比較。
頭部と武装、カラーリングの変更のみですがかなり印象が異なって見えますね。
やはりデクーの持つポテンシャルの高さは侮れない。






さて、購入してきたのは以上なのですがもう一つ紹介したいと思います。





P4010120.jpg
P4010122.jpg
P4010122.jpg

上と同じパッケージのVモードアキレス。
実はこれ、3月の感謝祭に行ったとき、アキバで入手したものだったんですがブログに掲載するのをすっかり忘れていてそのままズルズルと‥・
2ちゃんのスレに上げたので見ていただいた人はいるかもしれませんが‥・
これに限っては以前の撮影したものが残っていたため、大きい画像で掲載できます



P4010114.jpg
P4010117.jpg

何と言っても金の質感がカッコイイ。派手すぎず、かつ上品な色合いはまさに特殊モードって感じです。
ハカイオーアームがデフォルトで付属するのも見逃せない。
アキレスランスもしっかりと穂先が大きめに作られています。




1375111682781.jpg

ちなみに名前を聞いてピンと来た方もいるのかもしれませんが激闘アクションといえば国内でも展開されたPVCフィギュアシリーズの名称です。
ところがこの二つはラインナップも仕様も全く異なり、名前が同じというだけで全然別物と言う不思議なことになっています。
画像右のアキレスディードが国内版激闘アクションです。
海外版よりやや小ぶりながらディティールや塗装は文句ないのですが、下半身マヒしてるアクションフィギュアという訳のわからない商品なので全然売れずに気がついたらシリーズ終了していた不遇の製品です。
大体腰から下にまるで可動が無いという意味不明さは売る気があったのかどうか疑わしい。




P4010118.jpg

で、これらの製品なんですがどうも中国か香港あたりで展開されていたようです。
その証拠にパッケージ裏面は中国語と英語で注意書きが書いてありますし、同封されていたアンケート用紙(?)も中国語でした。
パッケージが日本語なのはおそらく、当初は国内での販売を想定していたからだと思います。
で、なんらかの理由で企画がポシャったのでそのまま外国に流したのではないだろうか‥・




1375111685245.jpg

そんな馬鹿なと思われるかもしれませんがプレバンとかだとたまに海外向けパッケージで製品が届くことがあるんですよね。(画像はプレバン限定のフリーザ様、勿論日本で購入)
古くは韓国で作られたミニサイズのガンプラが国内では情景シリーズの一部として流用されていたように、他国の製品をそのまま流用して売り出すのは決して珍しい例ではないと思います。
ちなみにVモードアキレスのみプレミアムバンダイ限定と書いてありますが、おそらくバンダイアジアと言う海外向けのバンダイ通販サイトで取り扱っていたものと思われます。






いずれにせよこれらが正規品であり、韓国版デクーが激闘アクションと全く同じものだった事から見ても韓国版パッケージが正規の品であることが確定しました。これは大きな収穫です。
ちなみにディーラーの方にお話を伺ったところ、韓国版は第二弾の企画自体はあった様ですが販売までには至らなかったそうです。
ライナップにはクノイチ等が入っていたそうですが詳しいことは分からず終い‥・
韓国版のラインナップがアキレス、エンペラー、デクー、ハンター、ハカイオーだったことから激闘アクションのパッケージで販売されていた方にもそれらの品があるかもしれません。


また、同じ仕様でありながら、激闘アクション版のみにデクー監視型が存在するというのはもしかしたら中華圏あたりでは企画がポシャったという第二弾が存在しているのかもしれません。
更にプレミアムバンダイでの限定品が少なくとも一点はあるということなので他にウェブ限定の品がある可能性も残ります。
そもそも激闘アクションはパッケージのどこにもラインナップが載っていないので一体全部で何種類あるのか全くわかりません。
ただひとつ言えることはまだ世界には我々の知らないダンボール戦機の製品が数多くある可能性が極めて高いという事ですね。
ファンとしてはますます収集欲が刺激されてきたぜ!!
これらの商品につきましてなにか情報を持っている方は是非とも一報下さい。
当ブログは今後もこの謎の製品を追い続けていきたいと思います。
それにしても写真が小さくてこれらの詳細が伝えづらいのが残念だ。
新しいカメラが来たら取り直して再アップしたいと思います


スポンサーサイト
2013/07/30

不調




WFの記事なのですが現在、何故かスマートフォンがUSBを認識してくれません。
どうやらmicroSDより直接読み込むしかなさそうです‥・
しかし私の家にはmicroSDをPCに読み込ませる端子がないので買ってくるまで画像のアップができません。
そんな訳で大変申し訳ないのですが、報告記事は明日までお待ちください‥・
2013/07/28

鎮魂歌



こんばんわ、ただいま秋葉原のネカフェなう。
聖☆おにいさんを読みながらくつろいでおります。




今回のWFも存分に楽しんだしだいなのですが実は私が長年愛用してきたデジカメが遂にイカレてしまった・・・
カバーからぽろっと落ちて膝の高さから地面に落下しただけでもうあぼん。何にも映りません。
ディスプレイが故障した以外は問題なく動いてるみたいなんですがカメラとしてはいい加減買い替えの時期かな、と。
初めてWF参加した2008年からずっと私の模型ライフを支えてくれた相棒にそっと黙祷をささげたいと思います。




さて読者の皆様はダン戦関連の戦利品が気になるところだと思われますが、今回も新しいネタを用意できたので楽しみに待っていてください。
では、また明日。
2013/07/27

WF2013夏前日!



さていよいよあと数時間でWFに出発です。
学生時代はガイドブックの隅から隅まで目を通したりしたもんだけど社会人になってからめっきりソーシャルサイトと過去のデータに頼りっぱなしだなぁ‥・



私は通常WFに行く時は一般販売オンリーで企業ブースは見れたら見る位の扱いなんですが今回は個人的にいくつか気になるものがあるのでいつもより積極的に行くつもりです。
私が注目してるものとしては‥・


■figma ファイアーエムブレム覚醒 マルス

冬に発表され私のテンションが有頂天になったこの商品。
未だに続報がないのですが今回は彩色見本くらいは置いてあるといいな‥・
そんでもって第二弾の発表とかあればなお良し。
ただ、figmaのクオリティはやる気のあるやつとない奴がはっきりしてるので、是非とも気合十分で出して欲しいなと思う次第です。
まぁ、今までのを見る限り任天堂系にハズレはないから今回も期待してるけど



■1/8 ファイアーエムブレム覚醒 サーリャ

またしても覚醒ですいません。
その圧倒的尻造形によりプレイヤーは愚か作品を知らない人ですら購入に走らせるほどの圧倒的員力を持ったこの製品、発売は12月予定ですが是非とも一足先に見たいというもの。
そんでもって第二弾の発表とかあればなお良し。
ノノか手槍かリズあたりが来てくれれば‥・ッ!


■ヴァリアブルアクション RED FIVE

銀河貴公隊マジェスティックプリンスのリーダー機がアクションフィギュアに!
この発表を聞いたとき思わずガッツポーズをすると同時に『PURPLE TWOはまだですかい!?』と質問したくなりました。
マジェプリは最近のロボットアニメの中では特に一押しで、ストーリーも見所あるし戦闘もダン戦に負けず劣らずの動きを見せてくれるので現在、一週間の中で最も楽しみな作品です。
ギャグが合う、合わないで若干評価が異なるかと思われますが‥・
なんにせよ作中で多数の武器を使用しバリバリ動くロボなのでアクションフィギュアは注目しています。



■HMM 1/72 ゴジュラス

コトブキヤがゾイダーに向けて放ったデストロイヤー砲弾、1/72ゴジュラスが遂にその神秘のベールのカーテンを脱ぎ捨てる!
その圧倒的デカさは尻尾を見るだけで途方に暮れそうなレベルですが私の周りのゾイダーは次々に購入を決意しております。バカヤロ~~~、無茶しやがって‥・
私はというと、うーん気になるところですが何よりまずライトニングサイクスとサイコジェノザウラーを作ってしまわないと‥・




‥・こんなところでしょうか。
後は巷で噂のお手頃価格の立体出力機、i-moderaを販売してるローランドdgも行きたいですね。
一応、毎年見てはいるのですがやはり今後はアマチュアモデラーといえどもCGの普及率が増えると思われるので今から色々勉強しておきたいですね。
ともあれ、2013年最後のWF、悔いのないよう目一杯楽しんでこようと思います。

2013/07/25

姿なきLBX

pa1374661800386.jpg
pa1374662778913.jpg


見えざる驚異!





pa1374661661167.jpg
pa1374661710166.jpg

今回は珍しくあらすじ無しでのスタートになります。馬鹿な‥・あらすじが最適化されただと‥・!
前回、デスフォレストの驚異を目の当たりにしたジェノックの面々は早速要塞攻略のために知恵を絞る。
普段は地中に身を隠し、現れると対空砲火の嵐がお出迎えというまるでジャブローとダモクレスのいいトコ取りみたいな極めて厄介な相手だ。
デスフォレスト攻略作戦は生徒たちの宿題という形で決めることになった。
‥・毎度思うんだが先生は作戦考えなくていいのか?
放任主義を超越して職務放棄になりかけてるぞ。
まぁ、イナイレの監督も特に仕事してないし似たようなモンなのか。
とりあえず思わせぶりな表情でニヤッとしておけば鬼道あたりが『そうか!監督はこれを見越して‥・』みたいに勝手に汲み取って作戦立ててくれるし楽な仕事だよな。




pa1374661848453.jpg
long1374661902444.jpg
pa1374661920518.jpg

その頃ムラクは学園長に呼び出しをくらっていた。
個人的にこの人と一対一になるのは色々な意味で危険そうなので誰かについてきてもらったほうが良かった気もするけど。
呼び出しの理由は最近のムラクの成績不振についてだった。
教師の呼び出しとしてはごく普通の理由だが学園長が直々に言うほどだろうか?
ムラクはとりわけ優秀だからというのが学園長の弁だがムラクがスランプに陥っている理由を知りたがってたしちょっと怪しいなぁ。




pa1374661933556.jpg
pa1374661941951.jpg

結局、特に詮索はされなかったがムラクがアラタについて思うことがあるのは周知の事実である様だ。
そんなムラクの心中を察したのかミハイルが自分の過去を話し出す。
自分はかつて仲間内で誰よりもLBXが強かった、しかしある日見知らぬ男に初めて負けた。
しかし不思議と嫌な気分はなく、以前にもましてLBXが楽しくなったという‥・
とりあえずミハイルが『ある日、初めて負けさせられた』と言い出した時、ひょっとしてその相手というのはスーツで、仮面つけてて、名前にJが付いてる人だったのではと邪推したが回想シーンを見る限り普通の男の子の様で何よりです。
まぁ、なんにせよムラクのセカンドワールドに対する不満は小隊の面々も理解してくれてるようで一安心です。
LBXの本来のあり方を追求するムラクと、ロシウスとしての勝利を追求する他メンバーで対立したりしないかちょっと不安だったので‥・
でも、いきなり過去を語り始めると死亡フラグのように思えて違う方向に危険を感じてしまう。
頑張れミハイル。




1374661997945.jpg
pa1374662139818.jpg
pa1374662075603.jpg

その晩、第一小隊がデスフォレストの攻略法を考えていると突如、キャサリンが押しかけてくる。
『アスカ様の弟が本当にいたんだって!?会わせなさいよ今すぐ!!』
どうやらユノあたりからアラタがタケルに接触したという話を聞きつけたようだ。
それにしてもアスカ様とはどうゆうことだ?みょ‥・妙ぞ!其は如何なる‥・?
実はキャサリンはアスカの大ファンだった。
そのため、アラタがアスカの弟と知り合いだと知ってサイン貰おうと思ったらしい。
それにしてもキャサリンは見たこともない程の剣幕だ。特に『会わせなさいよ今すぐッ!』の当たりがバキでガーレンが『すぐに私の出場ワクを作るんだ!すぐにッッ!!』と凄んだのと同じくらいの迫力を感じる。
あと、『弟が本当にいたんだって!?』というのも妙な言い方だな。
タケルは名前だけ知られていても実在するとは思われてなかったんだろうか。
ジェノックにとって古城タケルの存在はチュパカブラとか雪男みたいなもんだったのか?





long1374662023337.jpg
long1374662027476.jpg
long1374662030677.jpg

ちなみにこれがアスカの現在の姿。
ちょ‥・長髪!しかも胸がある!!
最早昔日のアスカではない。かつてのボーイッシュな雰囲気はなりを潜め、ルージュを入れるなどかなり大人っぽい見た目になっている。
写真集も出しているということは世間一般的に見てもかなり美人というのが伺える。
ちなみに現在はサイバーランスお抱えのプロプレイヤーらしい。
ジンが神威大門へ来てたのでサイバーランスはどうなったのかと思っていたらアスカをスカウトしていたようだ。
きっと西原さんがトラック一杯にトマトジュースを積んで直々に交渉へ趣いたのだろう。
そういえばプロメテウスはまだアーミーチャリオットを雇ってるんだろうか。
タイニーオービットは‥・激務によって逃げ出してなければ多分まだキリトさんがいる。
キャサリンによると今のアスカは『強くて美人で女性らしい憧れの人』らしい。
なんか、昔のアスカからはまるで想像ができんのだけど。
特に女性らしいってところ。女なら誰でも釣られるオタクロスが唯一興味を示さなかった相手だし。
もしかして内心そのことを気にして身だしなみに気を使うようになったとか。





pa1374662153951.jpg
1374662216088.jpg

突然キャサリンに詰め寄られるも、タケルの部屋も連絡先も知らないアラタは困り果てる。
いや、あの他国の人には不要に干渉してはいけないのでは‥・
ていうかお前んとこのメカニックの兄貴がアスカと知り合いだろ、そっち当たれよ。
でも仙道さんはトマトジュース飲み比べの時以外アスカと絡みがなかったから無理かな。
それ以前にあの人の携帯って郷田以外の連絡先入ってるんだろうか。

だが、心配ご無用、いつもニコニコアラタのそばに這いよる混沌、古城タケルの登場がソファーの影から身を乗り出す。
お前いつからそこにいたんだよ。そういえばアラタのことをずっと見てるとか言ってたしネウロの浅田忠信みたいに私生活も余すことなく監視してるんだろうか。
見守る‥・僕は‥・見守る‥・
タケルはアスカにサインをもらうことを約束するが神威大門から出られないので卒業までムリという話になる。
そのくらい郵送してもらえばいい気もするけど‥・ていうか帰省もできないとか鑑別書みたいな学校ですね。





long1374662838799.jpg
pa1374662448616.jpg

翌日、ヒカルが立案した作戦によりデスフォレストは一先ず置いといて、先にギガントの壁を落とすという方向に決まる。
と言うのもギガントの壁はデスフォレストから近く、ここを制圧できればデスフォレスト攻略において重要な拠点になるのと、ここを落とせばデスフォレスト攻略の際に敵の援軍が来る危険性を軽減できるからだ。
そんな訳でジェノック総力を挙げてギガントの壁攻略作戦が開始される!





pa1374662677293.jpg
pa1374662674114.jpg
pa1374662689755.jpg

第1、2、4小隊が攻め込み、第3、5小隊が周囲を警戒する。
殿として第一小隊が前線に躍り出る。
最近勢いに乗りつつある彼らの前にもはやガウンタやグレイリオなど相手にもならない。
湧き上がる増援を片っ端から片付けつつ進軍する。
それにしてもドットガトリングの威力が凄まじい。
適当に掃射するだけでバタバタ敵が倒れていく。
回転式機関砲(ガトリングガン)半端ねぇ~~~~。
お前はるろ剣の武田観柳か?後に『LBX撃ちガトリング斎』と歌われる伝説の誕生であった(ウソ)



破竹の快進撃を続けるジェノックだったがそうは問屋がおろしません。
要塞から降り立つ紫の影、バイオレットデビル北条ムラクが戦場に割り込んできた。
新装備であるベリアルライフルとベリアルシールドを引っさげての登場だ。
近接戦闘が得意だったムラクだが、飛び道具の扱いはどれほどのものか?
落下中に放ったレーザーの一閃がゲンドウのDCエリアルの肩を吹き飛ばす。
続く連続射撃で圧倒言う間に第二小隊を壊滅させた。
弘法筆を選ばず!武器が違えどバイオレットデビルの威光はいささかの衰えなしッッ!!
まさかゲンドウさんがこんなに簡単にやられるなんて流石はムラクだ。
多分、見えないところでカイトが盛大に笑い声を上げている。






pa1374662731305.jpg
pa1374662784240.jpg

要塞の内部にまで侵入したアラタだったが後から来たムラクに追いつかれた。
互いに飛び道具を扱う今、盛大な銃撃戦が繰り広げられる。
アラタはランディングギアで、ムラクはホバー移動で滑るようなドッグファイトを展開する。
おおおおこの形は新しい!普段の殺陣もイイけどこういうのもかっこいいなぁ。
ホントにこのアニメはロボの魅せ方が上手くて惚れ惚れするよ。
互いに互角の工攻防に見えたがドットガトリングの性能が割れている今、やはり実力的に上回るムラクが勝負を制した。
前回に変わって今度はロシウスの新兵器の前にアラタが沈んでしまうのか!?





long1374662754395.jpg
pa1374662788732.jpg
1374662792805.jpg

‥・だがその時突如上空から激しい光が襲いかかる。
空間がゆがむと何もない空間から見たこともないLBXが出現した。
どこの仮想国でも確認されていない謎の姿、突然の事態に観覧席にいた生徒たちまで動揺する。
なんとキョウジすらも驚愕している!>ファントムはバンデットの機体ではないのか!?
まぁ、キョウジもバンデットの全てを把握してるわけじゃないだけで、実はバンデットという可能性もあるが。






pa1374662835700.jpg
pa1374662838949.jpg

二人が佇んでいるとファントムが突如翼を広げ、ムラクに襲いかかる。
猛禽類が獲物に爪を立てるが如き動きでガウンタ・イゼルファーをメッタ打ちにする。
ムラクもベリアルライフルで反撃するが全く当たらない。なんという早さだろうか。
先程までの二次元的な戦闘とは打って変わって三次元的な動きをするファントムに夢楽はすっかり翻弄される。
アミさんだったら独歩みたいに華麗に飛び上がり、ケリの一つも入れてくれるに違いないんだが。
どうやら重量級+ホバー移動という特性上、横方向には俊敏に動けるものの上からの攻撃には弱いようだ。



バイオレットデビルと謳われ、校内最強の座を守っていたムラクが成す術なくやられてしまう。
信じられない光景だが今、目の前で起きていることは紛れもない現実だ。このままではムラクがロストしてしまう。
するとドットフェイサーがガウンタ・イゼルファーを庇うように前に立ち、ドットガトリングで迎撃する。
だが、ビーム砲ですら軽々と避けるファントムに速度の劣る実体弾では‥・
ファントムはデモンズランスで二体を串刺しにし、そのまま崖下に突き落としてしまう。




pa1374662988514.jpg
pa1374662963175.jpg
pa1374662985142.jpg
pa1374662990600.jpg

外部と連絡が取れなくなるほど損傷した二人だったが辛うじてロストは免れたようだ。
何故自分を助けたのかと聞くムラクにアラタはここでムラクがやられると前に言っていた『LBXが最も輝くのはセカンドワールドではない』という言葉の意味がわからなくなってしまうからだと答える。
ムラクは自らの目標をアラタに語る。
ムラクの最終目標はシルバークレジットを貯め、司令官試験に合格する事だ。
そして行く行くはセカンドワールドの運営側にたちたいのだと言う。
何故そんなことをするのか疑問に思うアラタにムラクは衝撃の事実を語る。
セカンドワールドで行われるのはシミュレーションなんかじゃない。
現実世界に反映される代理戦争。それこそがウォータイムの真の姿だった。

ええええ~~~~!!??まさかと思ったがホントに代理戦争だったよ!
ムラクが言うには以前セカンドワールドで滅びた国があり、その後現実世界でもそこに該当する国が消滅したとのことだ。
ムラク君!キミが何を言っているのかわからないよ!
誰かポルナレフ呼んできてくれー!!





なんか物凄い話になってきたが色々とツッコミたいところがありすぎる。
大体、LBXバトルに負けたからなんて理由で国が潰されていいんだろうか。
普通に生活してたらある日いきなり家に政府の人間が来て『ジェノックが負けたから今日から日本なくなるわ。つー訳で出てってくれない?』なんて言われて納得するとでも思ってるのか。通るか‥・!こんなもん‥・!
そもそもハーネスなんてブラジルの一部なんですがここが滅んだらどういう扱いになるんだ。
ブラジルの半分以上はアラビスタ連合が所有してるのでここが消えない限りは安全なのか?
ついでに言うとポルトンは現実世界で言うと領土がハワイのみなんだがハワイは超ヤバイ状態ってことなのか?
後、万が一ロシウスが負けたら世界の半分が無法地帯になるんだがそれでいいのか?
ついでにアラビスタも滅ぼうものなら経済やら流通が完全に麻痺しちゃうと思うんだが。
とにかく、現状理由がさっぱり見えてこない。
もういいや、後日考えるとしよう。




1374663198999.jpg
1374663213324.jpg

次回!明かされた真実!


ムラクの発言が外部に漏れれば大激震が起きること間違いなしだ。
サブタイトルからすると少なくともジェノックの面々はこのことを知るのかもしれない。
うへぇ、自分のせいで国を追われた人がいるとか分かったら凄い凹みそうだ。
生徒たちはこの事実を受け止めることができるのだろうか。
しかし、これが事実なら神威大門は教育機関の皮をかぶった狂気の施設だよ。
こんなところから開放してくれるんだからバンデットって実はいい人たちだったりして。
ていうかバンデットが悪と見せかけて正義側ってのは普通にありえそうなんだよな。
その場合、バンデットと敵対しているリクヤが悪側ってことになっちゃいそうだけど。
あくまでリクヤは父親からの指令でバンデットを追ってるだけで実情は知らないとか。
で、中盤くらいで親元から離脱してリクヤが自由に戦えるというイベントが挟まれる。
うーん先の展開が結構予測できなくて面白くなってきた。
そうなるとファントムの使い手はバンだったりして。
空中戦にこなれた様子だったし武器が槍だし、マジでありえるかもしれん。
で、プラズマバーストを炸裂させて正体明かす‥・とかだったら凄い燃える。

2013/07/24

ミステイク



昨日の今日ですいませんがWikiの編集を行ったという本人様からの情報によりバン=ポルトン司令官説はガセネタであることがわかりました。
まぁ考えてみればバンの行動理念はセカンドワールドと全く逆方向だしLBXで戦争行為を推奨するっていうのは前作までの行動の否定にもなりかねんよなぁ。
ジンが神威大門にいるのはその裏にある何かを探るためであって決してLBXによる仮想戦争に賛同してるってわけじゃなさそうだし。
後、どうでもいい話ですが今日ニコ動でウォーズの16話を見ていたら私が感想で書いた『掟破りのガウンタ・イゼルファー With Zランサーだァーーー!!』というコメントが使われていてちょっと嬉しかった。
いやー、毎回戦闘シーンの描写って悩むんですよ。
何と言ってもボキャブラリーが貧弱なので表現かぶりの問題が特に‥・
80回も感想書いてるとネタ切れが深刻です。
でも長期連載漫画の感想書いてる人だと500回位感想書いてるのもザラなんですよね。
そう言う人は純粋にすごいと思う。



後、今更ですが来る7/28のワンダーフェスティバル2013夏には当然行ってきます。
前回はそれほど買い物できませんでしたが今回は気合入れて買ってくぞー。
丁度アレを見つけたのが去年の夏だったので今回も同じものが見つかるとうれしいけど‥・
それ以外でも珍しいダン戦グッズは目を血走らせて捜索するのでなにか見つかったらまたブログで報告したいと思います。


2013/07/23

気になるウワサ!



1373687799961.jpg

すっかり書くの忘れてましたが今ダンボール戦機ウォーズの公式サイトでやってるパッケージ投票で普通にアラタの後継機が映ってますね。
EDの一枚絵とかでただでさえラスボスのオーラを醸し出していたドットフェイサーがますます凶悪なツラ構えに‥・
個人的にはモヒカンがアキレスに近い感じになったかなと感じます。
しかし候補にある3種類のパッケージ、どれも今までのやつと雰囲気違いますねぇ。
SRPG好きとしては一番右のヤツがツボですがパッと見てダンボール戦機とわかるのは真ん中だしな‥・
うーん、まだ投票してませんが迷うところです。



あともう一つ、これは話半分に聞いて欲しいんですけど昨日、知人から偶然『Wikiペディアのダンボール戦機ウォーズの項目に山野バンがポルトンの司令官って書いてあるよ』と言われ、慌てて見てみたら確かに書いてありました。
馬鹿な!ダン戦の情報は逐一チェックしてるがそんなことはどこにも載っていなかった‥・
どっかからのネタバレリーク情報か!?
などと考えつつ今日改めて見たら、消えてました。
単に書いた人がガセネタ掴まされてて訂正したって可能性が高いと思うんですが、実はマジ情報だけど時期尚早だから消されっていう可能性も無くはないか‥・?
ちなみにキャラクター紹介の『ダンボール戦機』、『ダンボール戦機W』からの登場人物という部分にある、山野バンの項目で山野博士の手記に幼少時代の姿で登場する。の部分の後に書いてありました。



まぁ、明確なソースがないので何とも言えませんがこの記事をご覧にあっている皆様は、もしポルトンの司令官がバンだった時はこの記事のことを思い出してくれると嬉しいなって‥・


あ、違ったときは、記憶から葬り去ってくださいね。
2013/07/17

眠れる森、ギラン

pa1374057067366.jpg
1374056994347.jpg

ついにハーネス登場!
OPも若干バージョンチェンジしてますますヒートアップしていくぞー!







pa1374057085152.jpg
pa1374057115295.jpg
pa1374057117345.jpg

夜も更ける神威大門の寮で一人制作に勤しむ生徒がいた。
我々はこの帽子を知っている!いや!この金髪とこのトマトジュースを知っている!
少年はスパナで缶の蓋を開け、トマトジュースを一気飲みする。
ってプルタブ無しのタイプっすか、ジュースまで60年代の構造にするとは神威党の60年代押しは徹底してますね。
最初承太郎みたいに底の方から飲むこだわりの飲み方をするものかと思ったよ。
実はジュースと見せかけてトマトピューレ一気飲みだったりして。





tv1374057241691.jpg
pa1374057248794.jpg


翌朝、アラタは早速注目の的となっていた。
何と言ってもあのバイオレットデビルに勝ったのだ。そりゃ、噂になる。
それどころか圧勝したとかムラクがロストしたとか事実よりも大分デカイ話になっている。
圧勝どころか紙一重の勝利だったんだけど皆戦況観覧室にいなかったんだろうか?
一番すごいのはガウンタ・イゼルファーを穴だらけにするガトリングを作ったサクヤなんだけどな。
実質あの勝利は『アラタ4割、サクヤ5割、カイト1割』位の功績だと思うし。
サクヤもそうだがカイトも功労者なのになんか無かったことにされてるし。
結局先週本人が言ったとおり引き立て役になってしまった。
今頃娯楽室でオレンジジュース片手に愚痴を吐いているに違いない‥・



pa1374057326676.jpg
pa1374057323359.jpg
pa1374057260583.jpg
pa1374057262784.jpg
long1374057391054.jpg

登校中、アラタにサインをねだった女子生徒がヒカルをアラタと勘違いする何ていうほのぼのな一幕があったりしつつ、学校へ到着する。
ここで、第三小隊に新たな補充員が入る。
ロイ・チェンと篠目アカネだ。
ついに第三小隊にも女の子が!アカネは痣面(スカーフェイス)が特徴的なワイルド系女子だ。
新たなる女の子の登場にいやがおうにも(俺が)盛り上がる。
しかしロストして翌日に即座に補充要員が用意される第三小隊に流石の昨夜も怪しみ始めた。
そして心なしかハルキ隊長の顔が羨ましそうだったのは気のせいだろうか。
『いいなぁ、あんなに早く隊員が補充されて。俺なんて何ヶ月も二人っきりだった上に入ってきたのがアレとアレだぜ?
そんなことを考えてるのかもしれない







pa1374057357272.jpg
pa1374057374740.jpg
pa1374057377541.jpg

勝利の美酒を堪能しているアラタとは裏腹に、賊軍のムラクは冷たい仕打ちを受けていた。
バイオレットデビルのうすのろめ!どうせ死ぬんならドットフェイサーを倒してから死にゃあよかったんだ!
そんな感じのブーイングを受ける。
そんなカナダみたいな口の利き方、およしなさい!
お前らのモチーフはロシアだろうが!ロシアだったらコーホーとかアワワとか言ってりゃいいんだよ!
ごめん、それはウソだ。
国辱超人は置いとくとして頑張ったムラクに対してこの仕打ちはあんまりだ。
お前らムラクが司令官の反対も押し切ってバンデットの猛威から撤退させてくれたのを忘れたのか。
この恩知らずどもめ。負けたにしたってジェノックの総力を相手にして一小隊で粘ったんだからそんな情けない姿を晒したわけじゃない。

そもそも決戦兵器を持ち出した野獣先輩があんなに簡単にやられなければ‥・
野獣先輩がムラクを応援しに来たのも人徳が大暴落する前に印象を良くするためだったりして。
でもムラクがここまで言われてるんじゃ野獣先輩もタダでは済まんよなぁ。
今頃はトキオシア沖の海底に沈められてたりしたらどうしよう。






pa1374057705493.jpg
pa1374057440479.jpg
long1374057452588.jpg

その頃ジェノックでは『死相が浮かんでない人が補充されたことで第三小隊も少しはよくなるかもしれない』という明るい話題で和やかなムードになっていた。
OPにいるって事はそう簡単に死にはしないだろうから暫くはリクヤもディスられずに済みそうですね。
そんな他愛のない話をしているアラタだったが、自分にホモ特有のねっとりとした視線が注がれていることに気づく。
ペロッ‥・これは恋する季節ッ!
アラタを見つめていた人物は同国の仲間に話しかけられるとそそくさとその場を立ち去る。
こっそり金箱スズネと乾カゲトラが初登場する。
彼らはハーネス第一小隊、つまりゲーム版主人公の仲間という事になりますね。
多分、発売日が近づけばまた出てくるだろうからCV発表はその時までお預けかな‥・






pa1374057521769.jpg
pa1374057583496.jpg
pa1374057587657.jpg
long1374057553402.jpg

授業が終わる頃には少年のことを忘れていたアラタだったが帰り道、校門で待ちガイルしているタケルを再び発見する。
そういやムラクさんも同じところで待ってたよな、アラタを釣るにはここが一番いいのか?
『俺、男に告白されるかもしれない‥・』と貞操の危機を感じるアラタ。
うわぁ、ゴールデンタイムでそれはマズいよ!ビーストウォーズメタルスじゃあるまいし。
このままじゃ水着エプロンとか部屋でイカ焼いたりする羽目になるかもしれない‥・悩むアラタだったが正妻のユノは『男でも女でも好かれるのはいいことでしょ?』余裕の表情。
ユノさん一夫多妻制推奨派っすか。まぁ、昨今はハーレムアニメが多いし‥・(何の話だ)




pa1374057600609.jpg
pa1374057615891.jpg
pa1374057625269.jpg

思い切って話しかけるアラタだったが返事を聞く前にサクヤが反応する。
この少年の名は古城タケル前作Wでのメインメンバーだった古城アスカの弟だ。
設定上は前作の時点で存在してましたけどね。レベルファイブには珍しく兄弟なのに病気じゃないのな。
ハーネス所属の天才メカニックであり、小国であるハーネスが破竹の快進撃を繰り広げるのは彼の活躍あってこそとまで言われる凄腕の様だ。
そんなタケルがどうしてアラタに着目していたのかというと、どうやら自分が作ったLBXのテストプレイヤーを探していそうだ。



タケル『ところで僕のヴァンパイアキャット・ミリタスを見てくれ、こいつをどう思う?』

アラタ『すごく‥・ (頭が)大きいです‥・』

タケル『うれしいこと言ってくれるじゃないの。それじゃあとことんプレイしてもらうからな』






pa1374057942685.jpg
pa1374057863983.jpg
pa1374057917064.jpg

そんなやりとりの末、『敵国に塩を送るなどと‥・』と渋るハルキをなだめてアラタがヴァンパイアキャット・Mのテストプレイヤーを務めることに。
まぁ、噂に名高い天才が手がけた機体を間近で見ることができればジェノックにとっても悪い話ではないしね。
開始早々突っ込むアラタだがあまりの反応の良さにバランスを崩してしまう。
殺人的な加速だ!トールギスみたいな機体だな。
その凄まじい瞬発力はサクヤをもってしてもAIなのか関節の性能なのか分からないらしい。



pa1374058054663.jpg
pa1374057913873.jpg


機体に振り回されるアラタだが次第にコツを掴んでいく。
操作に慣れさえすればヴァンパイアキャット・Mの驚異的な運動性は大きな武器となる。
変幻自在の動きでバル・スパロスを翻弄する。
そしてヴァンパイアキャット・Mの一撃がバル・スパロスの足を止める。
いまだ!正義のとどめさ、体当たり!!




pa1374057972891.jpg

咄嗟の判断でバル・スパロスは宙に逃げ、哀れバンパイアキャット・Mは派手にクラッシュ。
漫画みたいな人型を残して崩れ落ちた。
まぁ、分かっていたけど早すぎて止まれないのが弱点みたいね‥・
しかしちゃんと使いこなせばドットフェイサーやガウンタ・イゼルファーに劣らない性能を見せてくれそうだ。
古城タケル‥・恐ろしい子!!





pa1374058056572.jpg
pa1374058144314.jpg

翌日、エンジェルピースを落としたジェノックは本格的にロシウスへの進行を決断した。
そのためにはまず、大陸東部に面するギランの森を制圧する必要があるらしい。
そうだろうか?普通に迂回すればいい様に見えるのは気のせいだろうか。
まぁ、美都先生も考えなしに言ってるわけじゃなさそうだしなんかあるんだろう。
そんな訳で第一小隊がライディングソーサーで偵察を開始する。
森の上空まで到着しても辺りはLBX一体いない静かな森林だった。
なんだこれなら楽勝‥・と思った次の瞬間






tv1374058214813.jpg


『ところでこの要塞をみてくれ、こいつをどう思う?』

『すごく‥・(ry』







pa1374058242603.jpg
pa1374058272501.jpg

やはりロシウスはビックリメカを用意していた。
地面からニョキニョキ生えてきた巨岩に余すことなく対空砲火が設置された秘密要塞、フェスフォレスト。
その姿は見るからに難攻不落だ。
すかさずハルキが撤退を指示し、第一小隊は慌ただしく逃げ延びる事となった。
相変わらずロシウスはいろんなもの作ってますね。
なんかLBX以上に力入ってる気がするんだけどセカンドワールド的にはどうなんだろう。
好意的に解釈すれば退学者が出にくい安全な武装と言えなくもないけど。
順調にロシウスに勝利してきたジェノックだが、やはりロシウスの本土ともなると一筋縄ではいかないようだ。
新たなる驚異を前にどう出るか?ジェノック!!





pa1374058470667.jpg
pa1374058467293.jpg
pa1374058474309.jpg
pa1374058476497.jpg
long1374058474297.jpg

次回!ギガントの壁再び!
デスフォレストは一先ず置いといて別ルートからの進行という計画になったのだろうか。
アラタ達にとって因縁深いギガントの壁が再び戦場となる。
ムラクも出るみたいだし、これは今週示唆されたガウンタ・イゼルファーの新兵装のお披露目だろうか。
同じ手が二度通じることもないだろうし、ドットガトリングがなければアラタが再び勝てる保証はどこにもない。
更にはバンデットまで乱入してくるとのことで再び血が流れる予感がする。
そして見えざる脅威、謎のLBXファントムがついに登場する!
三つ巴の壮絶な戦いの末、ジェノックとロシウスの運命やいかに!!




今回はようやくジェノックとロシウス以外の仮想国にスポットが当たった感じだ。
ハーネスはゲーム板の自国ということもあって存在感たっぷりだし今後の活躍が期待される。
スズネちゃんとカゲトラ君も出てきたことだし、他の人物も早く出てこないかな。
巴シズカ、白小路オトヒメ、二宮スイ&フウ、シェリー・マキシマム‥・etc
どう見ても全員女の子です、本当にありがとうございました。
バカがっ・・・・・・! 足らんわっ・・・ まるで・・・!!
わしは・・・・・・
もっと もっと・・・・・ 欲しいんじゃっ・・・・・・・・!
女の子を・・・!
邁進せよっ・・・・・・・・!
掻き集めるんじゃっ・・・・・・! セカンドワールド中の女の子をっ・・・・・・!






long1374058331757.jpg
long1374058341584.jpg

そうえいえばEDもきちんと変わってましたね。
さようなら、シン、アキト、モブ×2‥・
安らかに眠ってくれ(※死んでません)

2013/07/17

ローゼンメイデン2話 簡易まとめ


今更ではありますがローゼンメイデンの二話をまとめていきたいと思う。
感想というより漫画との相違点とかを主に扱っていこうかなーと言うノリですが。
その他、初見の人が疑問に思いそうなことなど‥・
とにかく書き連ねていきます



7b64c7e0c3194d2982b1fdf5877b06a9372008841373630807.jpg
42Gb2a7dnb5cb.jpg

Q:今回の話は1話の未来なの?

A:未来ではなく、平行世界です。

冒頭、ジュンが『まきます』を選ぶ→巻き戻って今度は『まきません』を選ぶ演出がポイントです。
ギャルゲー的に言えばここがルートの分岐点で、ここで選んだ選択により2通りのジュンの人生が生まれます
『まきます』を選んだジュンは翌日真紅と出会い、1話の展開へ進みます。
で、今回の話は『まきません』を選んだジュンのお話。
彼はローゼンメイデンと出会うことなく、そのまま成長して大学生になって現在一人暮らし中というわけ。




a9e653ebd8015ecf2c61c425ce09b84ff7b6e5291373630910.jpg

Q:メールの送り主は1話のジュンなの?

A:『まいた世界』のジュンです

1話ラストで鏡から何処かへ旅立ったジュンです。
彼は雪華綺晶の策略によりリタイアした薔薇乙女を救うために、『まかなかった世界』のジュンに助けを請います
まかなかった世界のジュン的には平行世界の過去の自分といった感じでしょうか。
彼がどうしてローゼンメイデンに関係のない世界へ助けを求めるのかは後ほど明かされます。



d198eeb5b58a8239c3f65aa03490e7a856757ada1373630807.jpg


Q:ジュンの夢はどう言う意味?


A:アニメオリジナル演出なので詳しいことは不明です。

個人的には寝る直前にジュンが『あの頃に戻れたら‥・』と言っている点と、赤い花びらが手元から散っていくというシーンから察するに、『まきません』を選んだ事によりこの世界でジュンと真紅の出会いが消失しているという演出じゃないかと推測します。




591-thumbnail2_convert_20130717004427.gif

Q:宙に浮いた赤丸は何?

A:アニメーターさんによるとミスではないらしいのでなんかの演出でしょう。

またしても個人的な見解になりますが↑の夢で『真紅との出会いがなかった世界』と言うことを強調し、ここで無意識的に『まきます』を選択して再びシ真紅とのフラグが立つと言う事ではないでしょうか?



75Gb2a7dnb5cb.jpg

Q:船に乗る絵本はどう言う意味?

A:アニメオリジナルの演出なので以下同文

正直こっちに関してはサッパリわかりません‥・
原作ではそれらしき点が全く見当たらないし、今後の展開と照らし合わせても何か意味のあるような事が書いてあるふうには見えません。
ただ、船に掲げられた白い旗が一つだけ赤だったので雪華綺晶と真紅に何か関わりがあるのではないかと思うんですが‥・



cd008c7e8e6dbc90189980da86386cdc83341dcc1373630841.jpg

Q:斉藤さんの態度が前回の予告と違うんだけどこれって演技?

A:斉藤さんは天使です

なんか1話の予告だと腹黒チックになっていましたがそんなことはないのでご安心を。
それどころかこの作品では極めて貴重な普通の可愛い女の子です。




■原作との相違点



cece9525cd678f4a9ba321a99b8d51996e4407fe1373630807.jpg

・店長がつぶらな瞳になっている。

原作だと見た目は普通に嫌なDQNて感じでしたがアニメではなんか人間とアザラシのキメラみたいな何とも言えないツラにされています。
ついでに性格も若干柔らかくなり、予告でボケかますなど憎めないキャラに作られてます。
中卒発言もホントは陰口をジュンがバックで聞くという形だったんですがアニメでは斉藤さんがそんなこと言ってたとジュンに伝えるというふうに、若干オブラートに包んだ表現にされてます。
おそらく原作店長はあまりにもウザすぎるので公共の電波に流すのに不適切と判断されたんでしょう。




6c28ff509f216288dc96ad8c2d6d27a526e4a4441373630910.jpg

・休刊のお知らせ

原作では休刊のお知らせの下に『第七ドールの妨害により送り届けることが不可能になった』という説明が載ってます。まぁ、アニメでは省いたのではなく、次回語られるかもしれませんが。



ちなみに今回は原作1話~2話冒頭位の話です。
結構原作に沿った展開で安心して見られます。
ちなみにこれはどうでもいいことですがまかなかったジュンのCVがアラタといっしょ(逢坂良太)なのでなんかジュンが神威大門を追放されて落ちぶれたアラタに見えなくもない。
同じ声なのに性格が180度違うから凄いギャップを感じるよ。
手先が器用っていう共通点もあるし、ジュンもLBXがある世界だったらこんな非リア一直線でなくてサクヤみたいな道もあったんだろうなぁ‥・

2013/07/14

コロコロコミック2013年8月号



月に一度の我がブログメインコンテンツ、コロコロレビューはじめるよーー!







新機体

さて今月は先月号の『ゲーム板主人公はアラタニ非ず』に負けず劣らずの超メガトン級スクープだ。
第一小隊、新機体堂々公開!!
いやー、予想してなかっただけにびっくらこいたわー。
こんなに早く来るとは思ってなかったぜ!
去年(W)の頃なんてやっとΣオービスのプラモが出たくらいじゃん。
トライヴァインは爪状の武器やトサカが増えた頭が恐竜型からドラゴン型になった印象だ。
バル・ダイバーは忍者から武者というか侍のような姿に出世(?)している。
そしてアラタの機体はシルエットのみだが背中から映えるX型の意匠がすごいボリュームを感じさせる。
MGSに続く新ギミックが搭載されるということで、これは来月の続報が楽しみになってきたぞ‥・








ハーネス

衝撃情報はまだまだ続く。
まずはゲーム板で主人公が所属する小隊の仲間が公開された。
やはり、市井の噂通り、タケルが主人公のメカニックだった。
それ以上に驚きなのが司令官:海道ジン!
ええええええーーーっ!お前ジェノックじゃなかったのかよ!
美都先生と親しげに話してたじゃん!司令室にはジェノックの人間以外入ってこれないんじゃなかったの!?
あ、だから猿田教官が居着いても文句言わなかったのかも。
なんにせよ他国との干渉を頑なに拒否していた美都先生がハーネスの司令官と親密な仲というのは何か裏を感じさせる。
あとパッケージ投票コンテストやアニメがイナズマGOとミキシマックスして1時間の特別枠になるという情報もしたの方に掲載されている。
このページ密度濃すぎィィ!!


肝心のゲームの方はシミュレーション形式で進んでエンカウントするとバトルモードになるという感じらしい。
『バトルがアクションだったらシミュレーション形式にする意味ないじゃん』とか思ったそこのお前、なりきりダンジョン2の文句は俺に言え!!
なに?『ミラクルボイスを連発するだけの簡単なお仕事です』だと?あああ~~~聞こえんなぁ~~





ファントム8

余談は置いといてLBXファントム&ライディングアーマーの情報が公開。
アオリに『プラモだからできる最新マシン夢対決!』とあるのでアニメでファントムとライディングアーマーがカチ合うことはなさそうか?
そしてトライヴァインは8月10日に発売!
以前の情報に書いてあったLBX Bてのはコイツのことだったのか!!
あれ?『ライディングアーマーがつかないからLBX Bは量産機の可能性が高い!』とかドヤ顔で抜かしてた恥知らずがいるそうですよ?
ス、スイマセンでしたァァァァァ!!

てことはRSがつくCが新たの最新機なのか?ハルキとアラタの機体はどっちも4月発売だったし。
あれ、Cについて『ムラクの新機体に違いない!』と抜かしていたウスラボケが(ry




ビルドファイターズ

あと、ダン戦とは直接関係ありませんが『ガンダムビルドファイターズ』の情報が載っていました。
モデラー垂涎物の設定と、私の大好きなGXが注目を浴びるという事で個人的に超楽しみにしてるタイトルなのですが、ブログでは一度も話題に出してませんでしたね‥・
今度いろいろ展開の予想とか書きたいと思います。
さっき、思いっきり新製品情報の予想を外したばかりですが。





第二小隊

さて漫画ではウォータイム(漫画版の設定では全国家の小隊が入り混じってのトーナメント)の真っ最中。
順調に勝ち進むジェノック第一小隊の次の相手はなんとゲンドウ率いる第二小隊。
ハルキが『我がクラス最強の男』と太鼓判を押すほどの相手です。
どうやらゲンドウさんの威光は漫画版でも健在のようですね





ゲンドウ

で、そのファイトスタイルはストロング・イズ・ビューティフル。
相手の弾丸を真正面から受け止めるタフネスに、弾切れした相手に弾を装填する猶予を与え、対等な条件のもと打ち負かそうとするなどその器のデカさはハンパじゃありません。
なんか、将来は磯谷財閥の跡取りではなく世紀末覇王にでもなりそうな勢いです。






第四小隊

さてジェノックどうしの対決というだけあって第四小隊の応援にも熱が入ります。
何気にハナコとキヨカは初登場だったりします。ていうかそもそもユノとキャサリンがしゃべること自体今月が初めてだったりします。






リクヤ

その一方でひっそりと佇む負け組コンビ。
リクヤ君はあれだけ非道な真似をしたのによくもまぁ、ヌケヌケと学校に残れますね。
ていうかアニメだと味方を残して撤退しただけでも叩かれまくってたのを思うと漫画版で文字通り部下を盾にして切り捨てたという真似はもう殺されてもおかしくない暴挙だと思うんですがいいんでしょうか。
しかもカッコつけてる割にセリフが僕たちはもう負けたんです。誰が勝とうが~』であり、負けたくせにこの偉そうな態度と言うのが情けなさに拍車をかけます。



バトル開始早々、ジェノックのメンバーはゲンドウをフルボッコにする。
『ゲンドウを殺れば後は雑魚二人だぜヒャッハー!』作戦だ。
キャサリンも『ゲンドウを叩きさえすればあのチームの戦力はなくなったも同然』と断言する。
ほか二名の扱い悪ッッ!





トライアングル

だがタイガとセイリュウもゲンドウに負けず劣らず漢であった!
機動力を奪われたゲンドウの足となって支える二名!
ゲェー!これは友情のトライアングル!
ど、どこまでかっこいい男なんだゲンドウというやつは!
8年前に始めたあった時からあ‥・あいつはいつもカッコよかった!








Kinniku_34_129.jpg
まんまこれやね







串刺し

友情パワーを炸裂させて立ち向かうも第一小隊のコンビネーションが一枚上を行った。
Zランサーを深々と突き刺して‥・って容赦なさすぎだろ!
最初見たときこれでゲンドウがロストして退学になるかと思ったじゃねーか!
ともあれ第一小隊と第二小隊の熱い戦いはじぇノックのメンバーの心を一つにまとめたというところで決着、来月に続きます。

2013/07/11

宿命の対決

pa1373452252741.jpg
pa1373452291999.jpg
1373452294345.jpg

エンジェルピースの戦いはフラッグを目前にしてバイオレットデビルに阻まれた。
決着は翌日のウォータイムへ持ち越しとなる。
その晩、アラタは再びリクヤのやり方を講義しに行く
『仲間が四人も犠牲になったのになんとも思わないのか!』
だから一人は事故だっつってんだろ。ていうかアレ下手したらお前らが死んでたかもしれんのやで‥
だがリクヤの態度が不服だったのはアラタだけではない、第五小隊隊長の風疾カイトも意義を申し立てる。
カイトにすれば第三小隊の不審な動きでジェノク全体のチームワークが乱れるのは困るらしい。
なんだろう、同じことを先週ユノが言ってたのに受ける印象がまるで違う。
言ってることは最もだけど露骨に第一小隊をディスったり私的な理由でゲンドウを敵視してるコイツが言ってもいまいち説得力に欠ける。






pa1373452333633.jpg
pa1373452372876.jpg

そんな周りからの苦情にも相変わらず『第三小隊内の問題』で片付けるリクヤ、第二小隊のゲンドウもそれに同調する。
カイトは『御曹司は気楽でいい』と詰るがゲンドウさんに睨まれてビビって退却する、情けねぇ。
まぁ、貧しい出自のカイトにしてみれば常に執事を連れて歩くゲンドウさんはこれみよがしに金持ちアピールしてるみたいで気に入らないんだろうな。
ただ、執事の方もゲンドウの傍にいるのは特例を受けているかららしい。
第三小隊と同じように第二小隊も人には言えない秘密を持っていたりして。
リクヤの考えに同調するのは他チームへの口出しをよく思わなかっただけでなく、同じ秘密を抱えるもの同士で通じ合う何かを感じたからなのかもしれない。





1373452384024.jpg
1373452387071.jpg
1373452396713.jpg

とは言え、リクヤにしても平成を装いつつも次々と仲間が死んでいくのは堪えている様子。
アラタもそのへんの機微を見抜けないのが、年相応というか‥・
結局第三小隊の謎は分からずしまいに終わった。
ヒカルもサクヤもこの件については詮索不要と言う考えでアラタも渋々引き下がる。
とは言え二人共隊長を守るため進んで犠牲になると言うスタンスには疑問を感じているらしい
お前らは全く隊長を守ろうとか考えないもんな。
ハルキがアラタとヒカルに助けられる日はいつ位に来るんだろうか‥・





pa1373452530544.jpg
pa1373452582248.jpg
1373452645847.jpg

翌日、決戦を間際にしたムラクの前に野獣先輩が訪れる。
前回の醜態に関して逆ギレでもすると思いきや素直にエールを送る野獣先輩。
顔に似合わず以外に良い人だ。辺境で流氷を見つめるだけの生活をしていてもちゃんと部下は慕って付いてきたんだろうなぁ。
先輩から友情パワーを受け取ったムラクの前に今度はアラタが訪れる。
『正々堂々、勝負をつけよう』
ギガントの壁からの因縁にケリをつけたいのはお互い様、ムラクはこの条件を素直に引き受ける。
‥・どころか屋上で密会までしてしまう。
ここ、覚えてる?あなたと最初に出会った場所‥・
ギャルゲーなら告白一歩手前の状況だよ、クラスどころか学年で一番目立つ王子様がアラタを狙うのか!?
アラタは自らがLBXにかける思いを素直に伝える。
戦う時のワクワク感、強敵を前にした胸の高揚‥・それはLBXがホビーとして有していた本来の魅力だろう。
それを聞いたムラクは『そんな日を迎えるために俺は戦っている』と言い残し立ち去る。
ロシウス第6小隊の面々は敵であるアラタに対し必要以上に接触するムラクの行為を良く思わなかったようだが‥・




pa1373452779786.jpg
1373452837014.jpg

‥・で、やっぱり問題に発展する。
アラタの行為が『ジェノックの機密事項漏洩』に該当するとみなされたのだ。
9話でブンタがロシウスの生徒と接触したのを見ただけでリンコはスパイ行為を疑った。
機密漏洩はそれほどの重罪なのだ。ていうか現実なら問答無用で銃殺です。
オマケにアラタは白昼堂々決闘を申し込んだばかりかあまつさえ密会までしてしまう。
しかもジェノック期待の新鋭という立場で相手はロシウスのトップエースだ、何を噂されるかわかったもんじゃない。
最悪、他国からジェノックは密かにロシウスと通じていると捕らわれかねない。
他勢力を敵に回すばかりか、ジェノックの中立発言もデマカセとなってしまう。
これには流石のハルキ隊長も激おこプンプン丸だ。


1373452912063.jpg
1373452942003.jpg

勝手なことばかりするアラタに対し、ついでにカイトもムカ着火ファイヤーに。
『君さぁ、いい加減にしてくれないか?』『勝手なことばかりされて不愉快なんだよ』『君も将来の事を考えたことがあるだろう?大手メーカーに就職するにはポイントを稼がなきゃならないんだ』『逃げてばかりの第三小隊、偉そうなゲンドウ、どいつも勝手すぎる』‥・etc
アラタの素行を咎めていたのに途中から就職の話とか周囲の愚痴で飲み屋でくだ巻いてるOLみたいな発言になっていますが、とにかくアラタの勝手な振る舞いは我慢ならんと言う事だ。
意外に将来設計がしっかりしてますね。
でもLBXの大手メーカーなんかロクなもんじゃないぞ。
才能を買われてスカウトされたと思ったら仲間が休暇中なのに一人だけ一日中モニター監視を命じられて、休む間もなく戦闘させられた人だっているんですよ!!
他にも社長が車に轢かれたりテロ組織に襲撃されたり無人LBXの群れに襲われるような職場なんですよ?全部同じ会社の話ですが。
なんにせよ大手メーカーに入りたいんならジンやキリトみたいにド派手で目を引き活躍をするのが一番手っ取り早い気がします。
そうはならずにコツコツと成績を稼いで普通に就職活動をするというのがカイトの庶民臭さというか‥・






1373453048520.jpg
1373453072627.jpg
1373453061120.jpg
pa1373453089846.jpg

何はともあれエンジェルピース攻防戦が再開された。
宣告通りアラタはムラクと一体一の戦いを始める。
残ったヒカル、ハルキ&第四小隊はフラッグを守るヴァネッサ、ミハエルと交戦する。
その間にサクヤは新兵器ドットガトリングガンを制作し、第二、第五小隊は造園を迎え撃つというまさに全員集合の総力戦だ。
第一&第四小隊は数と勢いもあり、次第にロシウスを押していき、第二、第五小隊も順調に敵を押さえ込む。
だが、ジェノック攻勢の状況の中ムラク一人のみアラタを圧倒していた。
さすがバイオレットデビルの名は伊達じゃない。ギガントの壁で見せた一撃はまぐれだったのか?





1373453198166.jpg
pa1373452872268.jpg
1373453223884.jpg

一方、ラボではサクヤの手によってドットガトリングガンが完成した。
だがクラフトキャリアーで持ってこれるのは要塞手前までだ、誰かがアラタに運ばなければならない。
投げ出されたドットガトリングはカイトの手元に落ちてきた。
アパム!アパム!弾!弾持ってこい!アパーーーム!
『なんで僕がアラタを助けなきゃならないんだ!』と反発するが『フラッグを抑えたくないのか』!というゲンドウの一喝で要塞の中へと進んでいく。
まぁ、さっきチームのために動いてくれといった手前、ここで嫌とは言えんわな。
アラタはガウンタ・イゼルファーの胸に切り傷を入れるが伸びきった手を狙われてZランサーを弾かれてしまう。
Zランサーはドットフェイサーの武装すべてを組み合わせた武器だ。これを失うという事は丸腰になるのを意味する。





1373453308672.jpg
pa1373453148897.jpg
1373453252234.jpg
pa1373453302981.jpg

トドメの一撃がまさに下されんとするその時、カイトが間に合った。
アラタ!新しい武器よーーーー!!
新兵器、ドットガトリングガンの威力は絶大だった。
これまで3回しか傷を追わなかったガウンタ・イゼルファーの装甲がみるみる破壊されていく。
しかしムラクも最後の意地を見せる!
掟破りのガウンタ・イゼルファー With Zランサーだァーーー!!




pa1373453306935.jpg
1373453314229.jpg

ムラクが放った一撃により、ドットフェイサーは膝をつく、だが同時にガウンタ・イゼルファーがブレイクオーバーする。
ついにアラタがバイオレットデビルに勝った!!
この人は勝ったんだ!大げさかもしれねぇが世界は救われたんだーーーーーー!!!
‥・でも正々堂々とか言っときながら9割9分負けた状態で味方が持ってきた新兵器により一方的に射殺ってのはどうなんだろう。
これ、カイトとサクヤが居なかったら問答無用でアラタの負けだよね‥・?




pa1373453432293.jpg
1373453373536.jpg
pa1373453452005.jpg
pa1373453469496.jpg
1373453486399.jpg

敗れたムラクだったがその顔は晴れ晴れとしていた。
ムラクは『LBXが最も輝く場所はセカンドワールドではなく、Dキューブのはずだ』と語る、そしてアラタに『お前はそのままのお前で居ろ』と忠告をする。
本当はムラクもアラタのように純粋にLBXバトルを楽しみたいのかもしれない。
でも国の代表として、一小隊を預かる身として私情を挟むわけにはいかないんだろうな。
セカンドワールドで戦っていく度にプレイヤーは兵士として熟練していく。だがそれはLBXバトルにおいて勝利のみを追求するようになるのと同意義だ。
学園が今のままである限り、LBXはホビーではなく兵器。ムラクはそのあり方を変えようとしているのだろうか?
アラタと別れたあとムラクは謎の人物と接触する。皆忘れてそうだけど3話ラストに出てきた意味深な人です。
謎の男はムラクに失敗は許さないと警告し、使うようにと指示を出して何かのチップを渡す。
ムラクは怪訝そうな顔をして、チップを即座に踏み潰した‥・



やはりセカンドワールドは何者かの思惑が絡んでいる。
バンデットの行動もそれに関係しているのだろうか。
謎の男が属する勢力はムラクの敗北を快く思っていなかった。
だが学園長はムラクが負けたことに対して特に何も言わなかった。
敵は学園の外にいるのか!?
またしても新たな謎が生まれてしまった。






pa1373453657903.jpg
pa1373453667488.jpg
pa1373453661201.jpg
pa1373453674615.jpg
1373453750495.jpg

次回!ついにロシウス以外との戦闘が!!
そして登場するのはあの男!!
設定上、名前のみ確認されていたが神威大門へ入学していたようだ。
姉の実力から察するに相当優秀そうな予感だが‥・?
ジンに続き第二の旧キャラの登場なるか!?

それにしても今回はムラクの心情がよくわかる回だった。
本心では何も囚われずに戦いたいのに立場やら世間体やらで思うように行かないジレンマを抱えている。
なんか企業の中間管理職の悩みを抱えていますね。
この年にしてそんなことを気にしなきゃならんとは彼も大変だなぁ。
ムラクだったらヒカルの父親の気持ちもすぐに理解できたんだろうな、それはもう痛いほどに。


2013/07/09

新訳薔薇乙女



さてさて夏アニメも一通りで揃った感じですがついに始まりましたよ新ローゼン!
いやーもうね、ファンとしては薔薇乙女が再び喋ってくれるだけでありがたいもので誰かが何か言うたびに『キャアアアアアシャベッタァァァァァァ!!』状態になるわけですよ。
ネット上じゃ演技が変わったとよく言われるが正直そこまで違和感なかったけどなぁ‥・
私の耳がボケてるわけじゃなく、声優さんの頑張りだよねきっと。



‥・ただ、『じゃあ1話の評価はすごく高いのか?』と聞かれるとなんとも言い難いものがあります。
初見の人はさぞかし頭がポルナレフになった事でしょう。
ていうか、あの作りだと原作知っててもなんで蒼星石が死んだのかサッパリ分からない。
なんか、出てきて会話して勝手に死んだ様にしか見えないぞ。
後の展開を考えるとあの場面は必須だからどうしても入れなきゃならんのはわかるけれども‥・
まぁ、言いたいことはいろいろあったけど銀様が可愛かったから全部許す。


c6543d91.jpg
76b8b715.jpg
image_20130706105719.jpg
5da154a5_convert_20130708234610_convert_20130708234856.gif

『もらっちゃった♪もらっちゃったぁ♪』がアニメで見れる日が来るなんて‥・
い~い時代になったものだ‥・





とは言えもしこの今作で初めてローゼンメイデンに触れて、且つこの記事を読んでいる方がいればご理解いただきたいのですが、あれはもう仕方ないんですよね。
なんたって僅か30分のあいだにコミックス8冊分、話数にして43話分を圧縮してあるんだからそりゃ、そこら中無理が生じるというものです。
劇場版∀ガンダムは大分端折ってある印象を受けましたが最早比べ物になりません。



ではなぜこんな新規に優しくない作りになっているかというと、それはこれから始まる物語はBIRZ版コミックの展開をある程度知っていないと分からない点が多いからです。
ローゼンメイデンはもともとBIRZコミックスで連載をしていたのですが、一度出版社がとんでもないミスをやらかして作者と揉めた末に打ち切りをくらい、その後ヤングジャンプで連載を再開しました。
その為ローゼンメイデンは『BIRZ版1~8巻、YJ版1~8巻(現時点で)』の二種類が存在するのです。
で、YJ版は急な路線変更があったとは言え、基本的にはBIRZ版の続きにあたります。
つまり、早い話が今回のアニメは単行本9巻の時点からスタートしてるわけでいきなりYJ版1話から始めると原作読者以外話に全くついていけなくなってしまうのです。
ガンダムAGEを知っているのなら『フリット編、アセム編を一話でまとめてキオ編からスタートしてる状態』と思って頂ければわかりやすいと思います。



本来ならBIRZ版の話を何話かでまとめてやった後にYJ版をスタートするのがベストなんですが、尺の都合で出来なかったのでああいう形になったのでしょう。
少なくとも新規の人に『詳しく知りたきゃ原作を読め』と突き放すよりかはまぁ、妥当な構成だと思うのですが‥・
スタッフもその辺を分かっているのかニコニコ動画で一期、二期の一斉放送を行って新規の人を呼び込む努力をしていたのですがややこしい事にアニメの一期、二期を見ても今作には繋がらないんですよ。
何故かというとこれは単純な話で一期も二期も結末はアニメオリジナルでいずれも原作とは異なるからです。
なので折角アニメ一、二期を見て予習をしても今後の展開を理解するうえでほとんど役に立ちません。オーノーだズラ。



とは言え『なんで?二期のラストはBIRZ版ラストとほぼ一緒じゃん』と思われる方がいるかもしれませんが、ある点が決定的に違います。
以下、アニメ版二期(トロイメント)トロイメントを見た方のみどうぞ



--------------------------------------------


トロイメントのラストは真紅、水銀燈、金糸雀、翠星石が復活、雛苺、蒼星石が死亡、雪華綺晶誕生で締めくくられ、生き残ったドールとそうでないドールを見比べると確かに原作と一致しています。
しかし重要なのはトロイメントで蒼星石が生き返らなかった理由です。
彼女が復活しない理由は『正当なアリスゲームで敗れた』からです。
復活した他のドールは全てニセモノである薔薇水晶に敗れたので不正とみなされて復活しましたが、彼女のみ本物のローゼンメイデンである水銀灯に倒されたので復活しなかったのです。(ちなみに雛苺が復活しない原因も真紅に敗れたからです)
一方、原作だと水銀燈が蒼星石のローザミスティカを手に入れたのは翠星石に敗れた蒼星石の物を横取りしたから、つまり不正行為です。
一見するとなんともない事ですが、今後の展開で水銀燈が蒼星石のローザミスティカを横取りしていないと話がつながらないのです。
ちなみに雛苺もボディがジュンの下にあるか、雪華綺晶が所有してるかでアニメと原作で異なります。
ですが雛苺のボディの所在はおそらく、今回アニメ化する範囲ではかかわらないと思うのでここは気にしなくても結構です。
それ以外は多少の差異があれど、まぁ二期のラストから今作に一応繋がります。
逆に言えばアニメで予習された方は『水銀燈は蒼星石のローザミスティカを不正な方法で入手した』という点を抑えておけば今後の展開がスムーズに見られるという事ですね。



--------------------------------------------





‥・つい長々と書いてしまいましたが私としては本当に先が楽しみです。
と言うか改めて書き連ねると再アニメ化するにあたりコレほどまで難点があったにも関わらずアニメ化してくれただけでも奇跡という感じです。
もしこのブログを見ていて『ローゼンメイデンでここがわからないんだけど!』という方がいましたらお気軽にご質問下さい。今回のアニメ化で少しでもファンが増えてくれれば同じファンとしてそれはきっと嬉しいことなんだよ!



2013/07/08

カミング・スーン



最近はすっかり暑くなってきて外出するのが億劫になってきました。
そんな私が散髪のついでに珍しくいつもの行きつけの店に行くと‥・またしても店頭告知用の広告がダン戦キットの前にぶら下がっていました。
なんてこった、この調子だと毎回やってるな。こりゃ、定期的に足を運ばねば



んで例によってアップはできないのですが気になる情報としてLBXファントムに続き、8月は2体のLBXが発売される様なんです。
名前はLBX BとLBX C。シルエットもアキレスだったのでおそらくネタバレ防止の仮称かと。
それ以外の情報はないのですがBが上旬、Cが下旬に販売するようでCはライディングソーサーのセットも同時販売と書いてありました。
過去の例を見る限りRSとセット売りになるのはいずれもキーキャラクターの機体であったため、8月の下旬に新キャラの機体、もしくは既存の誰かの後継機が登場するものと思われます。



ここで最も可能性が高いのがズバリ、北条ムラクだと思われます。
何と言っても現在使用しているのが量産機のカスタムであり、実力から見て専用機を与えられる可能性は極めて高いこと。
もう一つの理由は次回、ガウンタ・イゼルファーとの因縁に決着がつくようですのでライバポジション的に新しい機体を手に入れての再戦という可能性が考えられることです。
実は結構前から『ムラクの後継機で可変型のLBXがある』という噂は登っていましたので、それも相まって私は8月下旬にムラクの新型が登場で確定だと睨んでいます、可変機かどうかはわかりませんが。




とは言え、私としてはもう一つ予想がありましてそれはゲーム板の主人公が使うLBXです。
ご存知のとおり、ゲームだと主人公はアラタではなくアバターキャラになります。
所属国もジェノックではなく、ハーネスになるのでドットフェイサーを使うというのはまず有り得ないでしょう。
となると当然、別の主人公機が存在する可能性が浮上してくる訳で、ゲームの発売日が9月26日なのでタイミング的にもここで主人公機の立体化というのは、十分考えられるかと。



以上が私の予想でした。
結構イイ線言ってると思うのですがいかがでしょうか?
まぁ、フツーにアラタの新しいLBXとか、新キャラの機体という可能性もあるんですけど。
無印も3月にアニメが放映して、8月の下旬にオーディーンのプラモが出てたし、使用期間で考えるとそのくらいの時期に乗り換えっていうのも割とありえる話なんだよなー。
でもやっぱりムラクがずっとガウンタ・イゼルファーだとは考えづらいしやっぱり、敵がパワーアップしたあとにこっちも強化された方が燃えるじゃない。
なんにせよ早ければ今月のコロコロに情報が乗ると思うので私の予想が当たるかどうかは、その時のお楽しみということで。



あ、そういえば『ライディングソーサーⅡ ジェノックカラー』とか言うのもラインナップに載ってた様な‥・
まぁ、これはあってもいらないからどっちでもいいや。

2013/07/04

エンジェルピース攻略戦



pa1372847451618.jpg
long1372847523744.jpg

今回は珍しくロシウス側の視点からスタートだ。
バイオレットデビルことロシウス連合第6小隊隊長、北条ムラクはタンデムの港を陥落された責任を問われていた。
いや、あれは別にムラクさん悪くないだろ、むしろ一番頑張ってたやん。
そもそも51機投入して15期まで撃墜された時点でどう頑張っても無理ゲーだろ。
ていうか司令官であるアンタの責任では?
作戦は全部生徒に丸投げだわ責任取らないわでホントこの学校の教員って何のために存在してるんだよ。


まぁそうは言っても上官の言うことは聞かなければなりません。
第6小隊は第66小隊の傘下に入るという異動を命じられる。
ムラクは仲間たちに『肩身の狭い思いをさせてすまない』と謝罪するのだった。
まぁ、そもそもムラクがタンデムの港を放棄したのは仲間の被害を拡大させないためだしなぁ。
ムラクはプレイヤーだけでなく隊長としても一流だ。






pa1372847583780.jpg
long1372847770802.jpg
pa1372847663708.jpg

その頃ジェノックではロストした人員が早速第三小隊に補充された。
通常、ロストした生徒はなかなか補充されないらしい。
にも関わらず仲間を見捨てるという隊長にあるまじき失態をしながら即座に人員が確保されるなんて不公平だ!
そんな感じでキャサリンが異議を申し立てるが美都先生は『偶然転校生ができたから第三小隊に編入したまで』と返す。
なんとなく、この問題には口出し無用と釘を刺すような言い方だ。
まぁ、美都先生がバンデットの機体を鹵獲しろとか言い出さなければ少なくともアキトは退学にならずに済んだ訳だしこの話題には突っ込んで欲しくないわな。
ていうか、あれは誰がどう見ても事故なのにリクヤが見捨てたみたいな形になってて気の毒だ。
あと、アラタとヒカルが転入するまで第一小隊はずっと二人だったことが判明した。
ていうかサクヤはメカニックだから実質一人だ。
第三小隊に比べて扱いが悪すぎるわ!先生のカバッ!泣いてやるぅ‥・
なんか、アラタたちがいてもいなくてもハルキ隊長が苦労人なのは変わらないらしい。
マジ、なんでこんなにあらゆる方向から冷遇されてんのこの人‥・




long1372847851138.jpg
pa1372847909702.jpg
pa1372847894659.jpg
pa1372847884091.jpg

さてそんなこんなで今日のウォータイム。
ロシウスの司令官は『ジェノックはタンデムの港から北上してくるはずだからその隙に本国を叩くぞ』という作戦を想定していたがあっさり読まれて逆にジェノックによるロシウスの攻めの起点、エンジェルピース海上要塞を攻略するという任務が与えられる。
やっぱ、ダメな人だったよあのロシウスのヒゲは。
しかしエンジェルピースは大口径のレーザーガンに対空砲、果ては分厚い壁に機雷まで仕掛けられるという鉄壁のガードを誇っている。
だが少なくとも上陸さえしてしまえば対空砲と機雷は意味をなさなくなる。
問題は、いかにしてロシウスにバレずに近寄るかだ。





pa1372847736342.jpg
1372848163346.jpg


上層部の思惑により、意図せずにアラタ達が責めてくる要塞へ赴任されたムラク。
このエンジェルピースにも二つ名を許されたエースパイロットが存在した。
野獣のような獰猛な戦い方をする白兵戦の猛者、グレイビーストの異名を持つアンドレイ・グレゴリーだ。
長ったらしいので野獣先輩と呼ぶことにします。
ムラクよ、先輩がアイスティーを勧めたら用心せい。
流石に一施設を任せられるだけあって『バイオレットデビルといえども俺の命令には絶対服従だ』『LBXなど初戦は玩具』『おもちゃの戦争にこれだけ金をつぎ込むとはよくやるぜ』などと威勢の良い口上が目立つ。
ジェノックのメンバーも知ってたみたいだしそれなりに有名な人なんだろう。
少なくともデスワルズブラザーズを位の強さはあるとみた。
それにバイオレットビルも加わるとなると、成程、確かに驚異かもしれない。
ムラクの引き立て役として道化になる可能性もあるが。



long1372848203810.jpg
long1372848345657.jpg

‥・とか思ってたら何かを察したムラクが流氷にバズーカを打ち込む。
流氷に偽装して接近してきたジェノックの作戦を基地の上から見抜いたのだ。
一方、野獣先輩はハトが豆鉄砲くらったみたいな顔で驚いてるだけだった。
早くも野獣先輩の立ち位置が危うくなってきました。
アラタが考案した流氷偽装作戦が功をなし、ジェノックは全く苦労することなく基地への潜入を成功させる。
しかし流氷に化けて近づくなんてまるでウルトラザウルスみたいなことをやるな。





pa1372848341004.jpg
pa1372848427013.jpg
1372848349954.jpg
pa1372848393101.jpg

だが、基地へ潜入できても要塞への扉はLBXの火力では破壊できない。ここを如何にして突破するのか!?
キャサリン率いる第四小隊が対空砲を潰し、制空権を確保したところでライディングアーマーを投下する。
完璧な作戦だッッ!!
アラタ、ヒカル、ハルキ、サクヤの主人公勢と作品に華を添える第四小隊の華麗な連携プレーによって戦況は一気にジェノック有利へ傾いていく。
あれ、この作戦第三小隊いらなくね?どこで何してるんでしょうかあのメガネとモブ二名は





pa1372848429365.jpg
pa1372848546046.jpg

明日にでも壁殴り代行として仕事が出来そうな見事な壁パンによってエンジェルピースの扉を強引にこじ開けるアラタ。
だが、中が見えてきた瞬間、何かの衝撃がライディングアーマーを襲う。
場にそぐわないBGMと共に登場したのは野獣先輩が操るロシウス性のライディングアーマーだった。
なんか、登場に際して自分で音楽流してるみたいで限りなくマヌケに見えます。
まさかキラードロイドに続いてライディングアーマーまで開発してしまうとは。
ロシウスの科学力はァァァァァァ世界一チィィィィィッッ!!
圧倒的なパワーを前に野獣先輩も絶好調だ。
子供の遊びがどうとか言ってた割には随分と楽しそうで何よりです。






pa1372848534833.jpg
pa1372848526659.jpg
pa1372848528787.jpg
pa1372848531027.jpg

思わぬ強敵の登場により、アラタ達が押され始める。
鋼と鋼のぶつかり合いの傍ら、背景と同化しかけていた第三小隊はその隙をついて基地へ潜入しようとするが野獣先輩に見つかりガトリングの猛射撃を喰らってしまう。
すかさず転校生二名がリクヤの盾となるが、またしてもリクヤはエスケープスタンスを取り、一人だけ脱出してしまう。
哀れ転校生は蜂の巣にされてしまい、僅か一日で退学。
ひでぇ、今後彼らは就職面接を受けるたびに中学を一日で早退した件について突っ込まれるんだろうな‥・
ていうかリクヤはエスケープせずに二人が盾になってくれてるあいだに基地に入っちゃえばよかったんじゃないの。
ボサッとしてるから進むのも退くのもできなくなってエスケープするしかなくなっちゃうんだよ。
沿岸でジェノックの侵入をボーッと見てたと思ったらいつの間にか姿を消して基地の中でライディングアーマー着て待機してた野獣先輩を見習え。






pa1372848562587.jpg
pa1372848566820.jpg

仲間を二人潰されてアラタの怒りが有頂天になる。
渾身の右ストレートが炸裂し、野獣先輩はライディングアーマーごと海に沈められた。
白兵戦が得意なのにそんなもん乗ってくるから‥・
せめて、ガトリングじゃなくて近接武器を主体の装備にすればよかったのに。
幸いにもブレイクオーバーで済んだので今後もタイムボカンの悪玉三人衆のような憎めない敵キャラポジを確立して欲しいものです。





pa1372848607167.jpg
pa1372848596606.jpg
pa1372848604960.jpg

無事、要塞内部へと潜入した第一&第四小隊だったがフラッグを前にしてガウンタ・イゼルファーが立ちはだかる。
こっちは6人+ライディングアーマーまであるのに、サクヤの反応を見る限りムラクはそれほどの戦力をもってしても油断ならない相手の様だ。
これだけでよってたかってボコられて海に沈められた野獣先輩よりムラクの方が遥かに格上なのがよくわかりますね。
アラタとムラクがぶつかり合うのはこれで三度目、内2回はどちらも勝負がつかなかった。
三度目の正直となるか、二度あることは三度あるになるのか。
アラタに待つのは勝利か!?敗北か!?




pa1372848894107.jpg
pa1372848891804.jpg
pa1372848936476.jpg
pa1372848901068.jpg
pa1372848904669.jpg

次回!宿命の対決!!
ついにアラタとムラクが邪魔なしの一騎打ちで戦う。
気がつけばウォーズも1クールやったしここで一度二人の因縁にケリをつけるということだろうか。
以前は傷ひとつ付けるのがていっぱいだったアラタだが確実に成長している。
ムラク相手に善戦するのは決して夢ではないだろう。
だがムラクのガウンタ・イゼルファーは量産機のカスタム機であることを考えると仮に彼が専用機を持ったとしたらまたアラタとの戦力差は開くと考えられる。
ただでさえ強いムラクだが、まだ伸びしろを残しているのだ。
予告ではDCオフェンサーが映ってたので第二小隊も援護に駆けつけるかもしれない。
今週はノルマになってたゲンドウさん株上げタイムがなかったので来週は今日の分まで活躍しそうだ。




あとモブっぽいと思ってた転校生二名だがまさか一周で退学とは思わんかったぞ‥・
個人的にアキトとシンの代わりに入ってくる奴が今後の主要人物になったりするのを予想してたので、モブ顔が入ってきたときは予想が外れたと思ったものだが、まだわからなくなってきた。
しかし相変わらず第三小隊は謎が多い。
美都先生が必要以上に語らなかったのも明らかにこの転入生が何者かの息がかかったものであると言ってるようなものですしリクヤは世間帯を犠牲にしても成し遂げなければならない何かがあるようだ。
しかし、いかなる犠牲を払っても前に進む覚悟は立派だが肝心のリクヤの実力が低すぎる。
この様子じゃ今後何人代わりが補充されたところで未来永劫リクヤを庇ってロストの繰り返しだろう。
しかし何故そんなにリクヤを守る必要があるのだおるか。
第三小隊が何者かの思惑通りに動いているとして、その目的を遂行するのは第三小隊の本当の目的を知っている誰かであればいいわけで、それなら無理にリクヤを庇うよりも腕の立つ奴を転入させてそいつに頑張らせたほうがよっぽど効率がいいと思うんだが。
リクヤが一番使えないんだから任務は誰かに任せてこいつが盾役をやればいいと考えるのはダメなんでしょうかね、やっぱり。


2013/07/02

僕のいる場所

pa1372242816547.jpg
4dc94ec3.jpg


失意の底に落ちたヒカルは一人アルテミスの優勝写真を眺める。
そういえば前にガウンタ・イゼルファーにボコられて黄昏た時もここだった、お気に入りのスポットなんでしょうか。
ヒカルはアルテミスで優勝した時の写真を撮り出す。
ヒカルの黄金期、輝かしき栄光の時代だ。
無印じゃアルテミスなんて鼻くそみたいな扱いだったのはこの際忘れます。
『僕は一番だ!ナンバーワンだ!』
何故、そうまでして勝つ事にこだわるのか?そこには父親の影があった




pa1372242902053.jpg

その昔、ヒカルは純粋無邪気な子供だったようだ。
今のヒカルなら頭を打ち付けて脳がエラーを起こしても浮かべなさそうな満面の笑みを浮かべている。
ヒカルは父親にLBXで遊ぼうと誘う。だが休日出勤を強いられる父は仕方なしにと断るのだった。
どうやら有り触れた出来事のようでヒカルは不満そうな顔をしながらも渋々引き下がるのだった‥・



pa1372242992695.jpg
pa1372242998521.jpg
pa1372242995945.jpg

それから数年が経ったと思われる頃、ヒカルはすっかり今の正性格になっていた。
練習にならないからもっとしっかりやれと怒るヒカルだが、周囲の友人は彼の実力について行けずにチームは崩壊する。
なんか解散寸前のバンドマンみたいな状況だな。
だが、この一連のやり取りを偶然、ヒカルの父親が見ていた。
その日の晩、ヒカルは父親から叱責を受ける。『チームには役割というものがある』『お前の友達もその役割を果たそうと頑張っていたんじゃないのか?』『わかってやらないとな』
厳しくも暖かく息子を諭すヒカル父。いい父親だなー。これがどっかの博士だったら友人たちが超精密な動きができるスレイブ首輪を作るとか斜め右上を行く解決法を測りそうです。
いや、さすがの博士もそこまでは‥・だが息子の友人を指令コンピューターの防人にしていた前科があるし、油断できん。
そんな親心を見せるも、ヒカルは『僕はお父さんのようにはならないから!』と言い残し部屋を去ってしまう。
周りより飛び抜けて実力のあるヒカルにとっては仲間を頼ることなど弱者の考えということだろうか。
仲間だの‥・信頼だの‥・そんなものはお前たちだけで共有したらいい‥・
お前たち‥・とは‥・?
俺を除く『全て』

そんな感じの地上最強理論が脳内で展開されていそうだ。




213971.jpg
pa1372243025263.jpg
pa1372243047274.jpg

結局友人たちとはよりを戻せなかったのかヒカルは一人でアルテミスへ出場し、優勝する。
そういえばジンやジェイソン・クロサワも一人参加だったけどソロプレイヤーって珍しいものなんだろうか。
あの仙堂さんですら友人連れて来てたわけだし実力があっても基本は副数人で参加するもんなんだろうな。
彼も番長としての立場がある以上、ひとり寂しく参戦してぼっち疑惑が沸くのを防ぎたかったのかもしれない。
結果的に仲間がいない方がマシだったかもしれない負け方をしたけど。


まぁ、それは置いといてヒカルは優勝を見事飾れたもののそのせいで自分の考えが独善的なことに気づかないまま神威大門まで来てしまった様だ。
だが、ここに来て初めて挫折を経験しようとしている。
ヒカルの夢に出るドットフェイサーの凶悪そうなツラ構えから察するに相当驚異を覚えていそうだ。
しかしヒカルはアラタのライバルを自称しているが今のままだとそれすら厳しい。
アラタをベジータに例えるなら彼にとっての悟空はムラクであってヒカルなんていいとこキュイ位の扱いだろう。
昔はライバルだったけどより強い宿敵が現れておいてけぼりをくらったみたいな。
プライドの高いヒカルにとって汚い花火扱いされるのはさぞ屈辱だろう。むしろヒカルがベジータっぽい性格だし。





tv1372243177770.jpg
long1372243777863.jpg

バンデットの乱入により、ひどい有様となった今回のウォータイム。
生き残るために美都先生が立てた作戦は『フラッグに近い第三小隊を第一小隊が援護する』というものだった。
数の差が圧倒的な以上、長く戦えばその分不利になる。第一小隊がムラクから逃げきれるかが鍵となる。
そしてアラタ達には特別にもう一つミッションを与えられた。ブレイクオーバーしたバンデットの機体を鹵獲することだ。
本来なら鹵獲は違法行為となるが、バンデット自体が違法集団なので法的措置から外れた扱いをしても構わないらしい。
あ、やっぱ鹵獲ってダメなんですね。だとしたらハーネスは一体どうやってDC系を仕入れているのやら‥・





さまざまな思惑が渦巻く中、いよいよウォータイムが開始される。
スタート直後すぐさま後方に引く第一小隊。だが当のガウンタ・イゼルファーはバンデットを探しているのあさっての方向を見据えている。
今こそ勝機!バイオレットデビルを振り切って第三小隊のもとへ行く千載一遇の大チャンスだ!
よし、この隙に全機方向切り替え‥・








pa1372243429589.jpg

あーーーっと!ヒカルが行った!ヒカルが行ったーーー!!







何さらしとるんじゃオマエ。
よりにもよってこのタイミングで。
いやいやいやいや、君先週アラタになんて言ったのか忘れたの?馬鹿なの?死ぬの?
そんな訳でヒカルの大暴走により折角見逃してくれそうだったガウンタ・イゼルファーと本気でやりあわなければならない最悪の事態に。
『バイオレットデビルは僕が倒す!』と意気込むヒカルだが冷静さを失った今のヒカルがムラクに適うはずもなく、一方的にあしらわれ、挙げ句の果てにアラタに助けられる始末。
ああ、だから言わんこっちゃない。
魔人ブウを蘇らせちゃったけど自爆でブウごと心中して責任とったと思ったらブウだけ再生して結局自体を悪化させただけだったベジータみたいだ。
そんなとこまでベジータリスペクトすんなよ。
そのうち連続エネルギー弾を撃って高笑いしたりしないだろうな。




213960_20130703004708.jpg
213986.jpg
long1372243572553.jpg

一方、第一小隊のアクシデントで支援が受けられない第三小隊も窮地に陥っていた。
しかもそれに追い討ちをかけるかの如くいなくなったと思ったバンデットが再び戦場を荒らし回る。
今はまだロシウスの相手をしているがその矛先が第三小隊に向けられたら今度こそおしまいだ。
第三小隊、絶体絶命!

だが、ここでバル・スパロスがどうにか間に合う。
ハルキの必死の説得により、ヒカルはガウンタ・イゼルファーとの戦いを諦め、援軍とに駆けつけたのだ。
テンパりまくってたヒカルだが、辛うじて仲間を見捨てないだけの理性は残っていたらしい。
だが、結局は納得づての行動ではなく言われたから仕方なく従っている状況だ。
精神面が安定するわけでもなく普段ならものともしない雑魚にすら苦戦する程、動きが乱れていた。
しかしヒカル君キレすぎ、ガンダムブレイカーPVのカミーユかよ。
このままでは第三小隊はおろかヒカルまでもが危ない!





pa1372243628463.jpg
pa1372243585460.jpg
pa1372243720963.jpg

苦戦するヒカルに第一小隊カウンセラーメカニックのサクヤが檄を飛ばす。
『僕たちは四人で第一小隊』『アラタが先陣を切り、ヒカルが続き、ハルキが援護する。僕らは四人で一つなんだ!』
そう、アラタもハルキもサクヤも仲間なんだ。
皆、ヒカルを心配している。第一小隊だけではない、観覧席で見ている第四小隊やゲンドウさんも皆ヒカルを気にかけているのだ。
だから武器を失った上に部下が暴れまくって現在進行形で大ピンチなハルキ隊長も誰か心配してやってください。
拾った武器でいじらしく援護射撃してる姿がなんとも涙ぐましい。


サクヤの言葉でヒカルが思い出すのはかつての父の言葉、『チームというものは協力しあわなければならない』
今がその時ではないのだろうか。かつてヒカルはチームメイトに『そんなんじゃ勝てない、もっと真剣にやってくれ!』と怒ってしまった。あの時は言う側だった、しかし今のヒカルは‥





8b312a87.jpg
6f11ec58.jpg
long1372243657397.jpg

自分のポジションを受け入れ、気持ちに余裕が出来たからか星原ヒカル完全復活だ!
先ほどとは見違える程の素早い動き。まさにファンタスティック!アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?



cf120f55.jpg
pa1372243727189.jpg
bf8c7a64.jpg

一方、アラタとムラクも互いに譲らない攻防を展開していた。
だがこの局面で三度バンデットが強襲してくる、グルゼオンの一撃がガウンタ・イゼルファーの片腕を切り落とした。
だが、続けざまの攻防はグルゼオンのヘルサイスが空を切り、変わってガウンタ・イゼルファーが一撃を見舞った。
第一小隊が全力で攻撃してカスりもしなかったグルゼオンに片腕で手傷を負わせるとは‥・しかもナイフで
やはりムラクは天才だ。校内一の実力は伊達じゃない。
度重なるバンデットの襲撃により、味方の被害が甚大だと判断したムラクは撤退を命ずる。
こうして全滅してもおかしくない状況の連続だったタンデムの港攻略戦が終わった。
犠牲者も出てしまったが最悪の結末は免れた。よかったよかった。
あ、そうだキャリパーの回収忘れてた。おーい、谷下くんとってきてくれ‥・








long1372243793028.jpg
1bcd01b5.jpg

デデーーーン!





ば‥・馬鹿な‥・簡単すぎる‥・あっけなさすぎる‥・
バンデットの機体を鹵獲しようとした瞬間、キャリパーの自爆によりアキトがロストした。
これでも退学になんのかよ。もうセカンドワールドじゃ一秒も油断できねぇな。
なんにせよこれで第三小隊はふたりぼっちになってしまった。
いっそメカニックも切り捨ててリクヤ一人で一人旅団とでも名乗ればどうだろうか。
いや、名乗ったところでどうにもならんけど。
まぁ、予告を見る限りでは来週既に補充要員がいるみたいですけど。
ここは是非ともカズとマングースを転入させてドキッ!浪川だらけの第三小隊を‥・
あれだ、野沢雅子さんだって3キャラ同時に演じてたりしたしなんとかなるだろう。





pa1372243876634.jpg
pa1372243879936.jpg

ウォータイム後、ふっきれたヒカルは冒頭で見ていた写真を撮り出す。
その裏には父親と一緒に映る写真が入っていた。
ヒカルは父の言うことを本気で理解してなかったわけではなく、正しいとわかっていても認められなかっただけなのだ。
高すぎるプライドを捨てることでヒカルはひと皮剥けたかもしれない。
ともあれこれでハルキ隊長の胃にも少しは平安が訪れそうだ‥・
マジェプリのアサギなら胃に10個くらい穴があいて病院に担ぎ込まれるレベルの負担だったし






pa1372244140653.jpg
pa1372244142672.jpg
pa1372244090304.jpg
long1372244082786.jpg

次回エンジェルピース攻略戦!
今回に引き続きガウンタ・イゼルファーが再び立ちはだかる。
バズーカ装備は初めてなのでどんな戦い方をするのか楽しみです。
そして何故ロシウスがライディングアーマーを持っているのだろうか?
やはり、リンコが危惧していたようにスパイが存在するということだろうか。
正規品VS模造品、勝つのはどっちのライディングアーマーだ!?

2013/07/02

アーサー



ダン戦13話の感想を書いていたのですが9割書いたところで記事が吹っ飛びました。
あ、あ、あ、あ、あ、ぁあぁあんまりだァァァァァ!!!
FC2は基本的に画面が切り替わっても記事が自動的に保存されるのですが、どうやら一時保存した記事を再編集中に画面を閉じると以前一時保存した状態に戻ってしまうようだ。
心が折れる音が聞こえたのであすまでお待ちください。あああああ2時間くらいかかって書いたのにぃぃぃぃぃぃ‥・かんぴろぴろぴろぴろばくたーーー!!




さてそれはさて置き前回のダンボール戦記生ウォーズにて我らモデラーにとって捨て置けぬ情報が出たというのは知ってる方も多いと思うのですが、当然見逃す訳もなくキャプチャをしっかりとったのでアップしておきます。


イプシロン
イプシロン(背面)
イプシロングレイブ
イプシロンガーター
海賊王トリトーン
キャプテントリトーン
Kアーサー
Kアーサー(背面)
Kアーサー(変形)


イプシロンの足裏、キャプテントリトーン、Kアーサーの公式イラストは本邦初公開の激レア情報。
キャプテントリトーンってゲーム画面だとダサく感じましたがイラストで見るとかっこいいですね。
後Kアーサーの変形って鳥型になるのか。気にしてなかったから全く知らんかった。
今回はこの4種類だけでしたがいつか公式イラスト集出して欲しいですねぇ。