2013/03/31

アルテミス&ホーリーロードwithファン感謝祭(アニメ感想編)



さてある意味今回最大の目玉とも言える『ダンボール戦機ウォーズ 第一話先行放映』だ。
と言ってもあと3日すりゃぁ普通にテレビで見えるようになるんだけど。
とは言え一日でも早く見たいと思うのがファンというもの。
直前のインタビュー含め以下、感想。


※ネタバレ含みます。
スポンサーサイト

続きを読む

2013/03/31

アルテミス&ホーリーロードwithファン感謝祭(展示物編)




P3300119.jpg
P3300161.jpg

と言うわけで行ってきましたアルテミス&ホーリーロード。
当日はまさかの曇天でやや肌寒く、小雨がちらつく中大勢の人が駆けつけた。
私自身はゲームの大会ってのはギャラリーでも初なんですがこんなに人が集まるものなのか!?
開場が10:30予定だったのだが8時に現地入りしたときは既に当日参加枠に長蛇の列が!
10時近くなる頃にはもう最後尾がどこかわからないレベル。
スゲー、当日枠があるのは知ってたけど通常大会のオマケ程度だと思ってたよ…






P3300122.jpg
P3300123.jpg

本当は10:30会場なのですが何故か10時前には会場に普通に出入りできました。
この時間帯に来場した方は当日参加の列に並ぶのがほとんどのようで会場はガラガラ。
お陰で写真をとるのが非常にはかどりました。
入口前には関係者各所から送られた花が。






P3300130.jpg
P3300131.jpg
P3300133.jpg
P3300138.jpg

気になる新作プラモの情報としては、近日発売予定の主人公勢のLBX4体が展示
ガウンタ・イゼルファーは展示してる台座がグルグル回転してたためブレた写真しか撮れなかった…
バトルストラクチャーでもウォーズのLBXが登場するようです。写真撮影禁止だったため掲載はできませんが。
ちなみにRSⅡの体験コーナーでは早くもドットフェイサーのキットが上に乗せられてました。






P3300152.jpg
P3300150.jpg

来月発売予定のコロコロコミック5月号には『神威大門統合学園校章』の引換券が付くらしい。
無印の頃の鋼鉄混&オートマチックガンと同じく指定のショップで引き換え可能な様だ。
ボーナスギミックとしてLBXに盾として持たせられるのが面白い。
前回の鋼鉄混&オートマチックガンは結局他のイベントなどでは一切配布されなかったので欲しい人は今回の配布を見逃さないのが吉かと。







P3300127.jpg
P3300129.jpg

等身大のドットフェイサー
ウォーズLBX最大の特徴である瞳もしっかりと作りこまれている。
東京国際アニメフェアにも展示されてたみたいですね。







P3300163.jpg
P3300164.jpg
P3300165.jpg
P3300201.jpg
P3300202.jpg

最早おなじみとなったアキレス、ペルセウス、エルシオンの三体も当然展示されている。
そういえばこいつらは後ろから撮る機会があまり無かったような…
今回は後ろからでも撮影しやすい展示だったので助かります。
まじまじと見るとマントがビニール製であるのがよくわかるね。








P3300139.jpg
P3300191.jpg

物販コーナー。
特にこれといった限定商品もなく、通常流通品が並んでいます。
なんでもいいので一品購入するとクリアファイルがもらえるという有難いコーナーだが大きな落とし穴が…これは別件で書きます。
ちなみにLBXプラモはやけに品揃えに偏りがあり、具体的にはハカイオー、ジョーカー、フェンリル、ナイトメアなどはたくさん用意してあるがインビット、アミ専用クノイチ、ルシファー、リュウビ、ゼウスなどが極端に少ない。
なんかよく分からん分類だ。売れそうなものが多いかと言われればハカイオーやフェンリルが微妙だしリュウビやルシファーがそれほど人気ないとも考えづらい。
どっかの倉庫に在庫で残ってたものをそのまんま引っ張り出してきたのだろうか?






P3300181.jpg
P3300170.jpg
P3300182.jpg
P3300177.jpg
P3300172.jpg
P3300178.jpg

現在発売中のLBX達。
これといった改造はないが、つや消しや丁寧な色分けで完成度の高い作りだ。
無印シリーズのプラモもちゃんと展示してるのが評価高い。
というか目玉商品のHFが一番下に飾ってあったんですがいいんだろうか…
既存のアキレスやエンペラーもしっかり作ればこれくらいの完成度になるよ!というアピールか?





今回はファン感謝サイト言うことでそれほど目立った展示物はありませんでした。
そもそもゲーム大会がメインだし、EXPOの時と違って完全にダン戦だけのイベントってわけじゃないしね。
展示物や販売品にこれといってめぼしい物はありませんでしたがそこはファン感謝イベントだからということで割り切るか。
先行放映のアニメ感想と大会については別記事にて。

2013/03/29

出撃準備

さて、もうちょいしたら出発します。
しかしいつも東京行く時は土曜発だから体を休めてから行けるんだが今日は仕事終わってそのままなんだよなぁ。
逆に考えるんだ、寝やすい状況になったと考えるんだ。
でも、一番最初にWF行った時寝れるようにと8時間バイトしたあとバス乗ったけど全然寝れなかったな…
まぁ、あの時は初WFでテンションが上がってたからかもしれないけど。



夜行バスってどんだけきついのか教えてくれwwwwww



ところでよくこの手の記事を見かけますが個人的な感想を言うならばそこまでひどいもんじゃないと思う。
寝づらいのは確かだけどケツに深刻なダメージを受けたり関節に酷負荷がかかったりすることはあんまり感じませんでした。ちなみに最安の4列シートで名古屋-東京間の話ね。
大体5~6000円も払ってバスに乗るくらいならちょっと位上乗せしても新幹線を使ったほうが賢いと思いますよ。

ただ、スレを見てると隣人がアレだと苦労するというのが結構ある。
成程、これはあるかもしれん…私が夜行バスを使うときはほとんどが友人たちと一緒なので隣の人に苦労するということがほとんどなかった。
どんな奴か分からない人が乗るというのは精神的に来るものがあるし、マナー悪かったりすると最悪だからな。
そのリスクが全くない状態で載っていたから不自由に感じなかっただけかもしれない…



なんにせよ『二度と使うかバカヤロウ』と思ってしまうほど酷い事はありませんでした。
『二度とこの会社のバスには乗らねぇ』って思ったところならいくつかあるがな。
そう、スレの中ではあまり触れられてないが私が思う夜行バス最凶の敵はやかましい隣人でも眠りづらいシートでもなく態度の悪いバス会社なのだ。
今までの経験上ほとんどの会社はまともな対応をしてくれたが、やはり例外は存在するものだ。
夜行バスを利用したことのある人なら分かると思うのだが、待ち合わせ場所は殆どの場合他のバスの待ち合わせも兼ねているのでどれがどこに行くのか非常にわかりづらい。
そもそも○○ビル周辺とか書いてあったとしてもビルの外周がやたら広かったり数10m離れていても平然と周辺扱いだったりするので案内人を見つけられないと非常にヤバイ。
また、予約する際に大抵『出発前にバスにいなかった場合、連絡しますので携帯電話の電話番号を記入してください』という項目があるのだが以前、私が乗り損ねたときはそんな電話は一切なかったぞ。
というか周囲の話を聞く限り本当にそんな連絡があるのか怪しい物でやはり自分で見つける以外は基本的に安心できないだろう。



もし自分が乗るバスが見当たらなかった場合は近くにいる別外車の案内員に聞いてみるのも手だ。
経験上、案内員やってる人はどこにどの会社が止まるのか把握している可能性が高い。
闇雲に探しまわるよりかはよっぽど見つかる可能性が高くなるだろう。
たまにキレられたり舌打ちされたりするがな。



最悪だったのは以前ブログにも書いたが案内員を見つけて話しかけたら『○○観光ですね?でしたらあちらに停ってますよ』と言いつつ全然違う場所へ案内しやがった事があった。
こうなるともうこちら側としては回避不能で近くに目当てのバスが止まってなければその時点で試合終了です。
流石にこんな酷いケースは一度だけだったが本当に心臓に悪かった…


なお、これらの悪いパターンだが従業員の質は値段に左右されるわけではないらしい。
私が今まで名古屋→東京間で最も安く行った時が片道2500円だったのだがあまりの安さに『バスが欠陥品だったり高校生が運転してたりするんじゃないだろうな…』と内心不安だったが(なら乗るなよ)いざ乗ってみれば何の問題もなく目的地へ付いたばかりか歯ブラシやらマスクやらの備品が整っていてやたらサービスが良かった。ちなみに、ここではないが空気枕をくれたバスがあって私は今でもバスに乗るときはそれを愛用している。
要は破格の値段だからといって必ずしも内容が杜撰なわけではないという事だ。
逆に言えば4000円近く払って上に書いたような態度最悪なバス会社に当たる可能性もあるが…




とりあえずまとめておくと夜行バスに乗る際は二人以上で隣同士、待ち合わせ場所はしっかりと確認する、受付開始時間の10分以上前には必ず到着しておくと言うのが特に重要だということだ。
これだけ守っているだけでもかなりのトラブルを回避できるはずだ。
ちなみに私は身長180cmオーバーで車の中であまり眠れないと深夜バスと相性最悪な体質なのですが、それを含めても利用する分には問題ないという事を覚えておいてくれ。
そうは言ったものの金に余裕があれば新幹線の方があらゆる面で上回っているのは否定のしようがないけどな。
正直新幹線と比べた場合、メリットは安さだけです。
資金的に問題がなければ新幹線を利用しましょう。

2013/03/29

きたか…



【ゲーム】PSP「スーパーロボット大戦OE」 『ケロロ軍曹、パトレイバー 、無印ゾイド』がシリーズ初参戦







48.jpeg

ついにゾイドが来たかッッッ!!


情報を聞いたときは『まさか…』と思ったが画像を見てみてマジだったァーーー!!
ようやく私もスパロボをプレイする時が来たか…
シミュレーションは好きなんだけど今までなんかこう、やるきっかけが今ひとつ無かった私にこれは朗報。
おっしゃ、ミィ様をグスタフに乗せて俺特カスタムで最強にしたるで。
同じくパトレイバーも待ち望まれての参戦だ。
太田さんの射撃スキル低そうだなぁ…
ZZが久々に出るわけだし忍さんとハマーン様の絡みはぜひ欲しいぞ。



さてこうなると気になってくるのが我らがダンボール戦機は将来的にスパロボへの参戦が可能なのかという点だ。
最大の壁は何と言っても大きさなんだよな…
これまでの参戦タイトルの中だと一番小さくてもせいぜい人型程度だったと思うのだが、LBXは人型どころか手のひらサイズだし。
サイズ的に釣合いそうなのはミゼルトラウザー、イジテウス、バルドーマぐらいか…
そうは言ってもバルドーマはロボットっていうか戦車だしイジテウスは重機だしミゼルトラウザーは作中で確認できる攻撃が槍投げだけ…
やはり、メダロットや武装神姫と組んでスモールサイズのスパロボを作ってもらうしかないのだろうか。
戦力的には申し分ないと思うんだけどなぁ。




後、話が全然変わりますが明後日3/30に東京ビックサイトで開催される『アルテミス・ホーリーロード 超絶ゲームトーナメント』に行ってきます。
一応ダンボール戦機のファン感謝祭も兼ねてるのと、前回のWFは会場以外どこも行けなかったから少し東京を彷徨きたいという願望から行ってくることを決意したのさ。
正直、模型的にはあまり面白い情報が出ないかもしれませんが、一応レポートは書くつもりなんで会場の雰囲気が少しでも伝わるよう頑張ります。



2013/03/25

ダンボール戦機デザイナーインタビュー


今日はホビージャパンの発売日です。
HJは以前お話した通り、ダン戦を熱烈にプッシュしてくれる有難い雑誌なのですが当ブログは基本的に記事の紹介はしていないんですよね(整理したのでそのうちまとめるかもしれないけど)
だが、今回は是非とも取り上げなければならない!なぜならば、ダンボール戦機 キャラクター&LBXデザイナー園部 淳氏のインタビューが載っているからだ!!






0331_06_20130325213614.jpg

これよ、これ!こういうのが見たかったのよファンとしてはさぁ!!
いや、ダン戦の公式情報ってあんまり出ないから毎月雑誌とか必死に追いかけてても中々『それにしか載っていない』という様な情報が少なくて…
特にモデラーとしてはデザイナーの言葉ってのは一言一句見逃したくないわけでしてね。
詳細は是非とも雑誌を購入して確認していただきたいところだがここでは掻い摘んで内容を一部紹介させていただきたい。


■園部さんはダンボール戦機が初のメカデザイン

当初、園部さんはキャラクターデザインのみを担当する予定だったが、企画段階でLBXのデザイナーが決まっていなかったためそのまま園部さんがメカデザインも手がけたとの事だ。
確かにLBXはメカニカルな要素よりもキャラクター的な記号が多く主張されている気がする。
動物、機械、騎士などが入り混じった自由度の高いデザインはそういった要素から来ているのかもしれない。
それにしても初デザインでこれだけの機体を手がけるなんて凄いことだ。
旧ビックリマンシールは31弾に及ぶキャラクターデザインのほとんどをディレクターの反後博士が手がけたという逸話が残るが個人的にはそれに匹敵する偉業だと思うよ。



■アキレスのトサカはLBXの象徴


イカロス以外の主人公機全てに共通するトレードマークの巨大なトサカ。
これは園部氏があえて強調した部分であり、ガンダムの二本角の様に誰がみてもダンボール戦機の機体だということが分かるという意味合いを込めて付けたものだと言う。
トサカに関してはアキレスが公開されてから今なお、賛否が分かれるパーツだが実際、プレゼンでも各所からは難色を示されたらしい。
個人的にアキレスのトサカは最初見た時から結構好きなんですけどね…
とは言えシリーズが進んでいくにつれアキレス→オーディーン→(イプシロン)エルシオン→ペルセウス→オーレギオン→アキレスD9、オーディーンMk-2とトサカが継承されて行くに連れ、目論見通りトサカが主人公機のトレードマークとして定着した感はあるだろう。
これからも、トサカの系譜は受け継いでもらいたい。



■園部氏の一番のお気に入りはジ・エンペラー。


プラモデルの出来が初期シリーズでは随一の完成度を誇り、晴れてハイパーファンクションも販売されたエンペラーがデザイナーのお気に入り筆頭に挙げられた。
悪役が好きという氏の言葉通り黒いボディにトゲトゲしい全身、大型のハンマーなど強敵のオーラがバリバリ出ていた傑作機だと思う。私も大好きな機体だ(でもジンの機体の中で一番好きなのはプロトゼノンだけど)
正直、エンペラーがかっこよすぎてウォーズのライバル機であるガウンタ・イゼルファーにはちょっとライバルのオーラが足りてないように感じてしまう。
まぁ、これは今後の魅せ方次第なのでむしろどう化けてくれるのかと期待している面もありますけどね。


逆に最も苦労したデザインはエルシオンとペルセウスらしい。
個人的な想像だと無印のヒットは制作陣の想像以上だったと思うんですよ。
特に無印のラスト付近なんてゲームも行き渡ってるしかなり盛り上がってた時期だと思う。
そんな中で大人気のオーディーンの次に来る機体というからにはこれはかなりプレッシャーがあったと思うんですよ。
しかもオーディーンは変形というこの時点で唯一無二の個性を持ってるので余計に新型機を作るのが難しかったと思います。
デザインにあたって意識したところはより力強く、シンプルなデザインとの事。
確かに歴代のバンの機体の中で最もアキレスに似ていると思う。
他にはイカロスの変形機構は日野社長との話し合いから生まれたアイデア。
アキレスD8、オーディーンMk-2は原点回帰を意識したと書かれてました。



■ウォーズの機体はキャラクターモチーフ+αを意識している


新作のウォーズはこれまでと随分毛色の違うデザインだが意識したのはミリタリーっぽいこと。
キャラクターモチーフに実在するものを混同したデザインであるとのこと。
例えばオーヴェインが恐竜+戦車といった具合らしい
バル・スパロスはツバメ+戦闘機だろうか?胸や足回りがイカロスに似ているのも気になるところだ。
後、瞳は最もこだわりを見せた部分らしい。
瞳があることでキャラクター性や表情に幅を持たせることができるというわけだ。
瞳があるLBXって実はシン・エジプトという前例があったりしますがコイツは特に表情を見せてたイメージはないなぁ。
むしろプレイヤーの顔が全く変わらなかったし。
ドットフェイサーやオーヴェインはそれこそSDガンダムの様にコミカルな面も見せてくれるのだろうか。





インタビューのまとめは以上ですが他にもHFエンペラーの徹底改修&簡単工作やミゼルオーレギオンの作例も載っているぞ!!
超個人的なことを言わせてもらえばジョジョ二部のメインキャスト、杉田智和&佐藤拓也氏のインタビューも見逃せない!超像可動・東方定助のサンプルや彩食されたスタチューレジェンドのプロシュート兄貴も必見だ。
ちなみに電撃ホビーマガジンは同じくHFエンペラー&ミゼルオーレギオンの作例にHF版の暗黒騎士アキレスが作られているぞ。

モデルグラフィックスはまぁ、ダン戦は基本的に扱ってないのだがHGUCでメッサーラが発売することに関してお祝いのコメントが載せられていた。
しかし『初登場時には圧倒的な性能を見せつけたが、早々にジ・Oに乗り換えられ…』とか書いてあるがジ・Oが出たのはクライマックス間際だぞ?
まぁ、どっちにしろメッサーラがあまり活躍しなかった事実に変わりはないがな。
個人的にはメッサーラよりEz-8の発売の方が気になるところ。
今週はアニメなしで寂しい一週間ですがその分、来週からは完全に未知の新作がスタート。
今のうちに色々妄想しておくとするか。

2013/03/23

ダンボール戦機  放課後 生ウォーズ(第一回)感想

今週から毎週水曜夜20:00にニコニコ生放送でLittle Blue Boxの生ラジオが放送されています。
かく言う私も直前までコロッと忘れていて…もっと早くに知ってればブログで皆様にお知らせすることができたのに!オーノーだズラ。
ちなみに次回放送は4/3の20:00からなので興味のある人はお忘れなく。
以下、見逃した人のために簡易まとめです。



~主な内容~

・放送開始前はSモード発動時のペルセウスのキャプチャが映る
・OP(?)の映像はキラードロイド戦、エルシオンのKモード発動→Σオービスへの合体
・放送開始しばらくはBGMが流れるが声が聞こえない(マイクのミスか?)
・漫画、プラモ、ゲームの紹介
・ダンボール戦機W最終回の感想
・ゲストにイナダンテレフォンさん(イナダンtwitterの中の人)が登場
・ウォーズの内容についていくつか触れる。




・yuiさんはゲームが強いらしい


そういえば夏のダン戦EXPOで一人でランバト制覇したと言ってましたな。
同僚にさんざん手伝ってもらってクリアした身としては素直にすげぇと思いました。
ちなみにhieさんはあんまり強くないらしい




・yuiさんの一押しシーンはミネルバ改の肉壁
・hieさんの一押しはハルカに向けてヒロが言った『自分が正しいと信じたことなら最後までやり遂げなさいって言ったのは母さんじゃないか』のシーン


ミネルバのアレはネット上でも評判良かったですね。
ヒビ割れした時にブレイクオーバーしなかったので何かしらやってくれるかとは思いましたが、まさか盾になるとは…
でもよく考えればΣオービスになったときミネルバは盾に変形してたな。
ああ見えて結構頑丈なのかもしれん。




・hieさんの好きな期待はアキレス、yuiさんの好きな機体はトリトーン

yuiさんはhieさんに『この前ゼノンって言ってなかったっけ?』とツッこまれる。
超うろ覚えですが夏のダン戦EXPOの時にそんな事言ってたような…
まぁ、好きな機体って割とアニメの進行とともに変わってくるもんですしね。
特にトリトーンは最後まで前線で活躍し続けたわけだから途中で印象が変わっても不思議ではあるまい。
hieさんはスタンダードにアキレスでした。
ちなみに私もバンの歴代の機体の中ではアキレスが一番好きです。
HFの出来が良すぎてもうこれ毎月一体づつ買ってもいいんじゃないかと思えたほどだ。

ちなみにイナダンテレフォンさんの好きな機体はウォーリアだそうです。
なんでも汎用性が高く、あらゆるLBXのスタンダードである点が好きだとか。
この人、ガンダムよりジムかザクが好きなタイプですね。




・バン、ヒロからアラタ『新しいからアラタ』

新主人公、アラタの名前ですがやはり『新しい』から来ていたようです。
すると苗字の瀬名はなんだろう?
瀬名って言われても俺の頭だと俺妹位しか出てこないんですが。
まさかアラタは男でありながら超絶BLマニアだったりするんだろうか。
ここに来てお姉様型のハートを露骨に鷲掴みにかかる作戦か!?




・ウォータイム=バトルの事

CMにあった『ウォータイム開始!』という掛け声ですがどうやら生徒たちのバトルをウォータイムというらしい。
これは呼び方が違うだけで従来の『LBXバトル』という単語とと同一に扱っていいのかな?
なんにせよ、それほど特別な意味はないので脳の片隅に置いとく程度で良さそうですな。



・バトルシーンだけでなく学園生活も力を入れている

学園は神威島という島の中で全寮制の生活を送っているらしい。
つまり日常がそのまま学園生活になるというわけだ。
学園描写が空気中の二酸化炭素よりも薄かった(約0.035%)前二作と比べるとグッと学校での生活が増えそうですね。

ただレベルファイブには前科があるのでくれぐれも学園生活はEDでダイジェストとか
3話で卒業とか、最終決戦でライバルが56秒で瞬殺されるとかはやめていただきたい




・時代設定は2055年。バンたちは『おそらく』いるとの事

おそらく旧作からのファンが最も気になっているであろうことにほんの少しだが触れてくれた。
『おそらく』という言い方は含みを感じるがわざわざこう言ってくれたという事はバン達が居る可能性はかなり高まったんじゃないでしょうか。
イナダンテレフォンさんも『まだ放送前なので勘弁してください(笑)』と流石にこれ以上は言及してくれませんでした。
勿論、アニメには登場せず、ゲームだけとかのイプシロン状態になるかもしれませんが。
とは言え、これは個人的には朗報です。
なんでもいいからアミさんを画面に出すんだ。




・LBXバトルはヒーロー然としたものからよりリアリティを追求したものに。

機体自体がミリタリー色を押し出している以上、やはりバトルもそれに伴ったイメージへ変わっていくようだ。
CMや漫画を見る限りでは今作はコントロールポッドでの操作が主力になりそうなのと、フィールドが10kmと巨大であると言うのがこれまでのバトルと大きく違う点なのでそのあたりがキーになりそうだ。
公式サイトを見るとジャンルが『プラモクラフトSRPG』となっている。
今作はこれまでの様なアクションスタイルではなく、シミュレーションゲームになるかもしれない。
そうすると今までのような限られた範囲の中、少数で戦うスポーツライクなバトルから多数のLBXが入り乱れての総力戦になったり、陣取りゲームの様に領土を奪い合うスタイルへと変貌するのだろうか?
個人的にシミュレーションは大好物なのでバランスが良ければ歓迎したいところですが子供受け的にはどうなんだろうなぁ。


・Yuiくんの希望…LBXで音楽とか面白そう。


戦うだけでなく音楽をするLBXがいてもいいんじゃない?というような意見がyuiくんから出た。
つまりファイヤーボンバーで突撃ラブハートなダンボール戦機も新しいんじゃない?ってワケだ。
確かにLBXって使いようによっては色んなことができそうなのに作中じゃほとんど限られた運用し化されていない。
具体的には破壊活動とか潜入工作とか。
これじゃぁ確かに兵器と呼ばれるのも無理のない話で、平和的な活動をするLBXと言うのは私も見てみたい。
伊奈だんテレフォンさんによると3DCGにギターを持たせるにはギターのCGを新規で作らなければならないので結構手間のかかるという事。
そこはホラ、マクロスFのVF-25Gだって1話だけサウンドブラスター積んでたし、どうにか頑張ってもらいたいかなーなんて思ったりして。




後はホーリーロード&アルテミスの宣伝等で締めくくりでした。
初動画ということもあって中々始まらなかったり途中で止まったりと多少のアクシデントがありました。
とは言え、コメントを読み上げてくれる等リアルタイムならではの楽しみがあるのもまた事実。
好きなLBXの話題になったとき『僕はエジプト!』とコメント打ち込んだらhieさんが読み上げてくれてひっくり返りそうになったわ。
他にも主題歌をLBXが歌うのか?という話題の時に『白状せぇ!白状せぇ!』と打ち込みましたがこれは言及されませんでしたね(何してんだよ)
とは言え、貴重な情報を聞きつつも楽しい30分を過ごさせていただきました。
この番組では視聴者からイラストやプラモなどを募集して動画内で紹介するなどのコーナーもある様ですのでモデラーの方は腕の見せどころかもしれませんよ?
そんなこと聞くと私もなにか作りたくなるじゃぁないか。
積んでるのが山ほどあるっていうのに、ギギギギギ。


2013/03/21

LBXよ永遠に



1363775482098.jpg
1363776230587.jpg
1363777500222.jpg

堂々完結!さらば宿敵(とも)よ!






1363775284243.jpg
1363775531365.jpg
1363775530399.jpg
1363775510538.jpg
1363775547670.jpg

コントロールポッドの故障により、バン、ヒロ、ランの3人はミゼルを討つためにミゼルトラウザー内部へと突入を開始した。
依然として外では護衛LBXとベクターの激闘が広げられている。
皆の努力を無駄にしないためにも、三人は必ず勝利しなければならない。






1363775577498.jpg

ところでコウスケくんよ、君は何故OGP端末を持ってフィールド展開班にいるのかね。
どう考えてもお前は戦ったほうが役に立つだろう。

三週間にわたりネタを提供し続けた偉大な男神谷コウスケ。
僕は彼のことを一生忘れない。






161226.jpg

なんの妨害もなくミゼルトラウザー司令部まで到着した三人。
そこにはミゼルの抜け殻が…ってこれそのまんま放置してたのかよ。
なんか、ポーズが荒巻スカルチノフみたいで笑ってしまった。






161227.jpg

ミゼルは最適化される人類に個々の主義主張など必要ないと言う。
あくまでもミゼルは人類を地球の一部品としか見ていない。
ミゼルにとっては適度に管理されて順調に子孫繁栄していく事こそ、人類にとって幸福だと考えているのだろう。
でも人間はただ子孫を残すためだけに生きるわけじゃない。
哺乳動物の場合つがいになれるのはごく一部であり、個体のまま生命を終えても不完全とは言い難かろう。
童貞だって生きる権利があるんだ!
でもミゼルの管理社会だと童貞は失敗作の烙印を押されるんだよな。
そりゃ(俺が属する人種が)困る。
成程、確かにミゼルの主張は間違っているようだ。
いけ!バンよ!ミゼルを倒して住みやすい世界を取り戻すんだ!(何か違う





1363775708386.jpg
1363775698198.jpg
1363775741135.jpg
1363775720812.jpg

かくしてバン、ヒロ、ランVSミゼルオーレギオンの戦いが幕を開けた。
明日の夜明けが照らすのはバンたちか!?それともミゼルか?
さすがジンも太鼓判を押した選ばれし三人、全く同時にミゼルオーレギオンを攻撃する。
…だがミゼルオーレギオンはそれをいともたやすく受け止めた!
なんというパワーだろうか。
しかしアキレスD9には『これ』がある!
うおお!!必殺ファンクション!ソードビット!!







161232.jpg
161233.jpg
1363775758752.jpg
161234.jpg

はい、まもるーっ!
全てのLBXの頂点に立つこのミゼルオーレギオンにナイトモード位出来ないと思ったか!!
そしてお次はストライクモード。
射撃戦の間合いを一瞬で切り詰めてD9を襲う。
次の瞬間にはカットに入ったミネルバ改にバーニングモードで強力な一撃を叩き込んでいた。
ミゼルオーレギオンはハンターやハカイオーだけでなく、三体の特殊モードまでも搭載されていた。
まさに王者の貫禄、LBXの究極体だ。
人類はこのままミゼルにひれ伏すしかないのか?




161236.jpg
1363775937450.jpg
1363775949767.jpg
1363775966028.jpg
1363775980561.jpg
1363775988550.jpg

まだだ!まだ終わらんよ!!
オーディーンMk-2が飛行形態でミゼルオーレギオンとドッグファイトを広げる。
もとより可変機であるオーディーンの正統進化系のMk-2、飛行戦ならミゼルオーレギオンに優位に立てるか?だがMk-2になくてミゼルオーレギオンにあるもの、即ち飛び道具であるスティンガーミサイルが襲いかかりMk-2は撃墜されてしまう。
間一髪、ヒロが助けに入るがそれでも弾かれてしまう。
そしてダメ押しの我王砲!もはやこれまでかーーーー!!




1363775995906.jpg


くれてやる!俺の命!!




14.jpg
161239.jpg

二体の危機を救ったのはブレイクオーバー寸前のミネルバ改だった。
しかし元よりD9,Mk2には一歩劣る機体性能。
ミゼルオーレギオンの必殺ファンクションに耐え切れるはずもなく…
ミネルバは改修を受けただけで期待そのものが変わったわけではない。
第3話より常に前線で戦い続けたミネルバは仲間を救い勇敢な最後を遂げた。
バカヤロ~~お前カッコ良すぎるよ…






1363776030128.jpg
1363776036169.jpg
1363776040669.jpg

1363776049607.jpg

ミネルバの捨て身の行為すらもミゼルにとっては無価値なものとしか映らない。
だが、ランはミネルバの犠牲は無駄ではないという。
仲間を助けるための行為が無駄であるはずがない。
ランは確かにバンとヒロにバトンを渡したのだ。
そしてそれを無駄にならないため、二人は全霊で迎え撃つ!
WVモード&WXモード発動!!



161244.jpg
1363776101056.jpg
1363776120869.jpg
161246.jpg

伝家の宝刀を抜いた二体の猛激すらもミゼルオーレギオンは捌いていく。
だが次第にバンとヒロの攻撃が当たり始める。
予想外の事態に驚愕するミゼル。
分かるまい!戦争を遊びにしているミゼルには、この俺達の体を通して出る力が!
動きの止まったミゼルオーレギオンにグロリアスレイとビッグバンスラッシュが叩き込まれる。
だが、王者は決して膝など地につかぬ!なおも堪えるミゼルオーレギオン。
なんという執念だろうか、こいつを倒すには一人の力では叶わないのか?
ならば二人ではどうか?






1363776168995.jpg
1363776175322.jpg
1363776183628.jpg



1+1の答えは無限大!
必殺ファンクションWレイウイング!!



これがWの力だ!!








1363776196207.jpg
1363776201270.jpg
1363776208270.jpg

ぐおおおお!!こんなもの…こんな…もの…
Wレイウィングによってミゼルオーレギオンは完全に粉砕された。
最後にマスクが剥がれ、オーレギオンの素顔が露呈する姿が哀愁を漂わせる。





tv1363776230307.jpg

オーレギオンと共に滅んだかと思われたミゼルだったが完全には消え去っていなかった。
元のアンドロイドのボディ側が行動を再開する。
ひょっとしてバックアップとか取ってあったんだろうか?どこまでも抜け目がなさすぎていよいよ恐ろしい存在だ。
ミゼルは不完全な人間に完全たる自分が敗れた事実を素直に受け止める。
そして『なら、好きにすればいい』と言い残し、再び活動を停止した。
ミゼルは生きているのか死んでいるのか、人類を認めたのかそうでないのか最後まで分からないまま消えていった。
外ではベクターたちが次々と活動停止していき、これで全てが終わった…と思いきや。






1363776362579.jpg
1363776358708.jpg

ミゼルトラウザー崩壊の危機!
そりゃ、あんだけ派手に関節ぶっ壊せばそうなるわな。
むしろ突入を提案した時点で誰かしら気づきそうなものですが…
しかし自体はそれだけでは終わらなかった。
セト50の発射シークエンスが発動してしまった。加えてバン達が入ってきた入口がきれいに瓦礫で塞がれている。
単にミゼルがいなくなったからシステムが暴走したのか負けを認めないミゼルの最後っ屁なのかは不明ですがこのままでは三人とも死んでしまう。
スーパーコーディネーターじゃあるまいし至近距離で核爆発なんか起きて生きていられるはずがない。
いや、この場合だとキラでも死にかねん。






foi-39103.jpg
foi-39106.jpg

ふさがった壁はランが蹴りで破壊して一行は脱出を開始する。
虎殺しは生きていた!常識的に考えれば鉄板をぶち破ったのと同じ衝撃が足首にかかっているはずだ。
にも関わらず元気に走り回るランの頑丈さは規格外すぎる。
このまま爆発してもランだけは頭がアフロになるくらいで済むかもしれない。
とにかく一行は必死に走り、ついに出口が見えた!だがしかし




1363776446419.jpg

ところがどっこい…嘘じゃありません…これが現実…ッ!
外の光が差し込んだのはとても飛び降りれる高さではない場所だった。
思わず声を失う一行。
なんかこの展開は全部ミゼルの計算通りなんじゃないかと疑いたくなる。
セト50を起動させてわざと外への出口を残しておく、で、とても降りれない高さで絶望させる。
オーレギオン完成祝い中に即効でゴーストジャックしたりとなんかミゼルって他人を陥れる事がものすごく好きそうだし。
そうこうしている内にセト50の起爆まで残り30秒を切る。
もはやダックシャトルでも間に合わない。
もう駄目だぁ…世界観一新するみたいだし今まで頑張った旧主人公チームはここで殉職という展開になるのでは…







1363776527203.jpg
1363776517742.jpg
1363776554960.jpg

霧島さんの予測通りセト50の爆発はグランドスフィアにより全て吸収された。
ミゼルオーレギオンは完全消滅した。
バン達は光る空間に浮かんでいた。
よもや涅槃に行ったのではあるまいな、だがどうやら生きているらしい。
これは一体…





1363776566349.jpg
1363776588028.jpg

ふと周囲を見渡すと仲間たちのLBXが。
爆発の間際、OGP端末を持ったLBX達が小型グランドスフィアを展開してバンたちを爆発から守ったのだ。
グランドスフィアって内側からでなく、外側からの衝撃まで無効化するのか。
霧島さんの技術力は世界一ィィィィィ!!
ランが盾となり、バンとヒロがミゼルを倒し、残りのメンバーが脱出を手伝った。
戦闘シーン的には無印のラストバトルの方が迫力があったけど、仲間たちに何かしらの見せ場があるという点ではWの見せ方も悪くなかったかな。




161263.jpg
1363776708462.jpg
1363776714834.jpg
1363776724212.jpg
1363776736171.jpg
1363776729227.jpg
foi-39109.jpg
foi-39110.jpg
foi-39111.jpg
1363776740779.jpg
1363776746879.jpg


そしてEDはまさかの前川紘毅さん復活。
無印は普通に終わっただけに特殊EDは嬉しい限り。
それぞれのメンバーのその後が書かれている感じでいい締めだと思います。
仙道さんはおとなしく列整理してるしヒロの部屋にある写真が新しい物に変わっていたのも印象深い。
キリトは財前総理と面会していたが、エージェントの引き抜きだろうか?
ウォーズに新キャラが出てくるかはわからないが、この描写がのちのちの伏線になったりするといいなぁ…





1363776782562.jpg
1363776798036.jpg
1363776792009.jpg
1363776810691.jpg

ラストは家に変える山の親子で締め。
2011年3月2日に放送開始したダンボール戦機は、今日2013年3月20日に最終回を迎えた。
実に二年の閒、バンたちは戦ってきたわけだ。
思えばいろいろなことがあった。カズが洗脳されたりカズが警備員に捕まったりカズが肉体改造したり…
どれも懐かしい記憶だ。




1363776815664.jpg

そんな訳で無印33話から続けてきたこの感想も今回で終わりということになる。
飽きっぽい性格の自分がよくぞここまで続いたなぁとつくづく思います。
それもこれも日々応援してコメントを残してくれる皆様の暖かい心遣いがあればこそですね。
色々と思うことはあるし書きたいことも山ほどあるけれどとりあえず別の機会にということで。
最後に一言、アニメスタッフの皆様、OP、EDテーマを手がけたlittle blue box、前川紘毅さん、Dream5の皆様、本当にありがとうございました!!!






1363776849915.jpg
1363776873550.jpg
1363776829829.jpg
1363776892617.jpg
1363776839211.jpg

だがダンボール戦機自体はまだまだ続く!
二週間後には早くも新番組、ダンボール戦機ウォーズが始まる!
勿論、アニメ感想も引き続き書く予定です。
ある事ない事適当に書き連ねていくだろうと思いますが暖かく見守っていてください。

2013/03/19

いよいよ・・・



ついに明日はダンボール戦機Wの最終回ですね。
放送開始が去年の1月…長いようで短い期間でした。
去年の今頃はまだユウヤが仲間になった辺りだったような…
ジョーカーのカスタマイズ機に一喜一憂していたのが懐かしい。
1年後はウォーズも最終回間近くらいまで来てるんでしょうか?どんなLBXが出てくるんだろう…



なんにせよ1年と3ヶ月近くにわたり楽しませてくれた作品ですので心して視聴しようと思います。
バン、ヒロ、ランの最後の活躍。目に焼き付けておくぜ。
2013/03/19

ジャケコレ



P3200105.jpg

昨日に引き続きファイリング作業です。
ようやく2012年12月分まで切り抜きが完了しました。
全部終わるとあらびっくり、4冊用意したファイルにちょうどピッタリ収まりました。
うおおお、狙ったわけでもなんでもないのにこれは感動だ。




ちなみにHJでダンボール戦機を扱い始めたのは2011年3月号から。
使用したのがA4サイズで40ポケット×4冊。んで両面印刷なので1ポケットにつき2ページだから…
驚いたことに22ヶ月で大体320P近く特集が組まれたことになる。
1ヶ月平均14.5ページかよッッッ!!!
いや、実際にはそんなにある訳ではなく少ない時では6Pくらいだった。
ただ特集を組むと1回あたり20P以上も使ってくれるししかも結構な頻度でやってくれるからこれだけページ数が稼げたといえよう。
何にせよ数多ある模型誌の中でもブッちぎりでダン戦を優遇してくれているのは間違いない。
と言うわけでLBXモデラーならホビージャパンは買っておいて損はないですよ。




イカロス・ゼロ
ゼノン
オーディーン(Xモード)
リュウ専用ブルド
パッケージ

あとそれと並行してプラモのパッケージもスキャニングして保存しておりました。
どうせ箱はいつか捨てなきゃいかんからせめて表紙だけでもと思って…
イベント限定品は特にそうですね。
一応カスタムウェポンやエフェクトもスキャンしてます。
ていうかシリーズ終了後を考えるとカスポンやエフェクトの方が再販されにくいだろうし後々手に入れづらくなりそうなんだよね…
しかし高校の頃『コラ画像とか作れたら面白いなぁ』と深く考えもせずに買ったスキャナーが大活躍だよ…
今じゃコロコロ記事を作るときの必需品だし。
世の中、何がどう役に立つのかわからないものですね。



2013/03/18

アーカイブス



先週の掃除の際、それはそれは色々なものが出てきましたが何よりも部屋を圧迫してるのが大量の雑誌でしたね。
ホビージャパンは2011年分までは処分したのですがモデルグラフィックスは2007年の10月からずっとある…
『どうせ薄いから捨てなくても大丈夫だろう』とか思ってた結果がこれだよ!
さっさと分別せねば…



P3190106.jpg

そんな訳で溜まったホビージャパンを処分する事になりましたが、有益な情報はできる限り保存しておきたいところ。
特にダンボール戦機関連はなんとしても死守しなければならない。
と言うわけでクリアファイルを買ってきてファイリング。
うーん、まとめるとやっぱり綺麗だね。
一応、ホビージャパンは定期的に雑誌作例をまとめたムック本を出してくれるのですが(ダン戦の場合はLBXパーフェクトモデリングという名前)ムック本として再編された際、明らかに雑誌掲載時より情報が減っているのが多いこと多いこと…
なので、より多くの情報を得るためには雑誌のスクラップは取っておく必要があるのだ。



P3190107.jpg

参考までにアキレス赤の作例。
雑誌とムックではこれほどまでに情報量の違いが…
下の文章の量が明らかに違うのが一目瞭然だろう。
例えば雑誌だと『口元をアニメ設定に合わせるためにタガネで彫り込んだ』という記述があるがムック本にはそれが載ってないぞ。
ついでに言うと雑誌はもう1P作例の続きがある。
パーフェクトモデリングを謡うならちゃんと細かい部分を載せて欲しいものだが…
そのしわ寄せを受けてわざわざ雑誌から切り抜く作業を強いられているんだ!!
と言うかよくよく考えればダン戦が取り扱われたホビージャパンは全部持ってるんだから、このファイルがあればムック本は別に買わなくても良かったような気が…
いや、ちゃんと雑誌作りおこしの作例があるので一概にそうとは言えないのだけれど。
まぁ、どっちにしろ私はダンボール戦機と名前が付くものは大抵なんでも買っちまうので同じことだが。




とりあえず2011年の作例は全部保存したから明日は2012年のHJを切り刻まなけりゃな…
ていうかこれが終わってもまだモデグラとかレプリカントとかが残ってるんだけど…
あと何気に困るのがコロコロ関連の記事。
これも結構な量が溜まってる上海道ジン外伝漫画とか同保管すればいいのやら…
サイズが小さいのも地味に面倒でA4クリアファイルだとなんか余白が多くてすっきりしないんだよな。
それ以外にもイベントとかでもらってきた冊子やらキャンペーンのチラシやらが山ほどある。
教えてくれ五飛、俺はあと何冊クリアファイルを買ってこればいいんだ。
アキレスは何も答えてくれない…

2013/03/14

コロコロコミック2013年4月号



コロコロコミック4月号発売!
注目は勿論、4月から新展開を見せるダンボール戦機ウォーズ。
ちらほら情報は出てきましたがやはり、公式からのアナウンスは気になるところです。
と言うわけで新連載の漫画も含め、早速レビューと行きますか。







ウォーズ

しょっぱなから3Pブチ抜きで広告という気合の入ったスタートダッシュ。

とりあえず情報を拾い上げてまとめると

・LBX大会で三回以上優勝したもののみが入学できるLBX名門校、神威大門統合学園が舞台
・主人公の名前は瀬名アラタ、第一小隊というチームに所属する
・出雲ハルキ(第一小隊隊長)、星原ヒカル(ルームメイト)、法条ムラク(ライバル)の存在が判明
・全長10kmの巨大ジオラマで戦う
・ゲームは3DSで発売予定
・3DS版『ダンボール戦機W 超カスタム』発売決定



アラタの使用するLBXは『ドット・フェイサー』和訳すると点顔か?それだと全然意味がわからん…
ドットには『小鳥の目』という意味があるようだが目といえばウォーズの特徴としてLBXに瞳があると言うのが挙げられる。
やや強引だがそれらを踏まえて『瞳のある顔』という意味か?
瞳があることがわざわざ主人公機の名前に使うほど重要な情報とは考えづらいが…
まぁ、この問題は後々考えることにしよう。




マルチギミックサック

裏面はウォーズの象徴的ギミックになると予想される『マルチギミックサック』(MGS)の紹介
以前日記に書いた情報とほぼ同じ。
各武器はゼットシューター、ゼットソード。ゼットランサー、ゼットハンマー。ゼットライフルがそれぞれ正式名称になる様だ。
MGS自体はシールドになるが、これの名称は書いてない。
4/24発売で1260円、第一弾からいきなりオーレギオン級の値段とは結構強気だ。
この判断が吉となるか裏目に出るか…第一弾だけにそこに対する期待は大きい。






オフェンサー
槍
白

詳細は載っていないが新LBXも小さく写っている。
注目なのは一番上の明らかにデクー系デザインのLBXだ。
アルテミスがある事といい、これまでの世界観をある程度は引き継いでいる可能性が高まった。
下二体はどう見てもライバルの機体のバリエーション機に見えるが…





??
キャサリン
バネッサ

あと、メインキャラは全員男という噂が流れてましたが女の子もちゃんといるのでご安心を。
ふむ、こういうタイプか。どの子もなかなか…
コスチュームが制服だというのは正解だ。
スカートの有無で性別が一目瞭然なので性別詐欺師に騙されずに済む。
個人的にはバネッサちゃん(褐色)が好みのタイプだ。
まぁ、唯一神アミ様を超えるとは思えないが…



あ、あともう一つ。ダンボール戦機Wの完全版がやっぱり出ました。
俺の知っている日野晃博はもっと澄んだ目をしていた…なぜ狂った!(もとからこんなんです)
ん~~?なんの事かな?フッフッフ・・・
まぁ、無印であんだけBOOST商法やらかした後で『完全版出しません!』なんて言われても誰が信じるかボケェという感じなのですが。
いや、正確に言えば『BOOSTに値するようなバージョンは出しません』だから機体やイベントの追加がない純粋な移植なら嘘はついてない事になるんですがわざわざ超カスタムなんてつけておいてただの移植なんてことがあるかなぁ?
レベルファイブは今は悪魔が微笑む時代だと思ってやがる。




ライディングソーサー2

仲間たちのプラモも既に試作見本は完成している様子。
バレ情報が正しければ左がオーヴェイン、真ん中がガウンタ・イゼルファー、右がバル・スパロスのはず。
まぁ、ドットフェイサーが当たってた時点でこれでほぼ確定かな。
とは言ったもののハンターも初期設定では名前がソルジャーだったりするから油断はできないぞ。


ライディングソーサーⅡはドットフェイサーと同時発売。
値段は3990円。オイオイ、ゲームソフト級の値段じゃないか。
いくらなんでもこれは高すぎないか?バックと右旋回をつけただけでそんなに値段が上がるとも思えないんだが。
旧式が安いとこなら500円くらいで買えるんだしあまり高いのはどうかと思うぞ。





表紙
アラタ

さて、漫画は一足早くダンボール戦機ウォーズの物語に突入だ!
主人公の瀬名アラタは神威大門統合学園へ入学し、世界一のLBXプレイヤーを目指す。
テロリストの殲滅とか人類存続の為とかに比べるとスケールダウンはしていますが、純粋なLBXバトルをメインに据えてくれるならむしろ歓迎したい展開ですね。
Gガンダムやゾイド/0の様なストーリーを期待したいところだ。





クラス

さて、早速新入生の自己紹介で『僕は一番が好きだ!ナンバーワンだ!誰にも負けない男になる!』と意気込みを発表しますが(やや表現に間違いがあります)
クラスメートは殺意の波動を向けて威嚇オーラムンムンです。
まさか新入生の歓迎としてパラシュート部隊やネジリン棒が待ち受けているのか!?(どこの鑑別書だよ)
それもそのはず神威大門学園は弱肉強食、力こそがパワーの世界。
他人を頼るなど軟弱者の発想!という修羅の国なのだ。
きっと、校舎の周辺はおかっぱ頭の砂蜘蛛が警備しているに違いない。
ともあれ、アラタが蔑ろにされているのはもうひとつ理由が…




ヒカル

同日に転校してきた、星原ヒカルの存在だ。
ヒカルは過去7度のLBX大会での優勝経験の持ち主でアルテミスの優勝者だ。
いきなり世界一が現れちゃったよ。

おい、喜べアラタ。目標は目の前にいるぞ。
でも考えようによってはアリアハンから出たらいきなりゾーマが出てくるような状態だ。
何気にピンチか!?主人公!!
ヒカルもアラタと同じく『世界一を目指す』発言だ。


…ん?いや、今『世界大会アルテミス優勝者』って紹介されたじゃん。
世界大会優勝者が世界一じゃないっていうのか?
おかしいですよ!カテジナさん!!



世界には大会に出ないだけでもっとスゴイ奴がいるということだろうか…
まぁ、でもアルテミスなんて所詮秋葉原の町内大会以下の祭りですし
世界一でもただの通過点だし、
アルテミスの優勝者なんてのは漢字検定二級程度の扱いなのかもしれない。



だが最強を目指す雄が出逢えば争いは必然。
アラタとヒカルは早速ぶつかり合う。
バトルの舞台は後者の地下にある範囲10kmの超巨大ジオラマ、セカンドワールド。
これまでのLBXバトルでも最大の範囲と言えるだろう。
これは、新たな戦い方が期待できそうだ。








DCオフェンサー

ヒカルはバル・スパロスではなく、デクーっぽいLBXを使っている。
頭部はバスターに似ているが両腕は見たことのないLBXだ。それと背中にMWSを背負っているのか剣、バズーカ、片手銃を使用する。
ヒカルのテクニックに圧倒されるアラタ。
あまりに余裕なのでヒカルはサービスで『このDCオフェンサーの背中を地面につけることができたら君の勝ちにしてあげるよ』とハンデを与える。
DCオフェンサーっていうのか。プラモ出てくれるかな…
ともあれ舐めまくりんぐなアラタ。このまま終わってしまうのか?
否!ドットフェイサーの真価はここから発揮される!





ゼットランス

それはー
剣と呼ぶにはあまりにも大きすぎた(※槍です)

ゼットランスを片手でブン回す超パワー、身をすり合わすほどの接近戦がドットフェイサーの間合いと見た。
しかしヒカルは冷静に脚部の走行ユニット(KMFのランドスピナーみたいなの)を撃ち抜く。
足を止められては折角のパワーもただの飾り。
アラタ絶体絶命!






地面

だが、ドットフェイサーは一体何をしているのか?
地面を掴んで微動だにしない!!何をする気なのか!?









何?アラタ。
DCオフェンサーが動き回って地面に寝かせられない?
アラタ、それは無理に寝かせようとするからだよ。
逆に考えるんだ
地面を動かせばいいさと考えるんだ。










地面2

これがドットフェイサーの必殺技、磐石返しじゃーーーーい!!

ヒカルは背中を地面につければ良いと言った。
地面を背中につけちゃダメとは一言も言っていない、まさに逆転の発想だ。
FF7のタイタンか花山薫の様なとんでもない戦法だ。
柔軟にして大胆な発想。これが瀬名アラタだ。



バトルはアラタの勝利で終わり、死力を尽くして戦った二人は友情で結ばれる。
…ん?あれちょっと待て。アラタは世界チャンピオンに勝っちゃったよ。世界一だよ、目標達成しちゃったよ。
おめでとう!アラタは世界一のLBXプレイヤーになれたんだね!
ダンボール戦機ウォーズ完!藤異先生の次回作へご期待下さい!!




ってんなワケねーだろッ!!!
何はともあれ、いよいよ始まった新連載。
当ブログも全力で追いかけていきたいと思います。


2013/03/14

最終決戦 トキオシティ

1363170660551.jpg
1363170939471.jpg

テレパシー送りあうみたいに
遠くへいても繋がっている




1363170477527.jpg
1363170799946.jpg

ミゼルトラウザーを無効化するため、24時間以内に一万体のLBXを用意しなければならない。
しかしプロメテウスやサイバーランスのような大手メーカーを宛にしても全然数が足りない。
これは用意するのがプレイヤー&機体だから数百程度しか用意できないということだろうか?
あるいは度重なるLBXの暴走によって生産を自粛していたからかもしれないが。



1363170740862.jpg
1363170748836.jpg
1363170765138.jpg

今どうにかしなければミゼルを倒すチャンスは永遠にやってこない。
そう考えたバンはオタクロスに頼んで世界中の通信機器をハッキングしてもらい、世界中のLBXプレイヤーへ協力を呼びかける。
地球のみんな!オラに元気を分けてくれ!!
それにしても『ミゼルのせいでLBXが破壊をもたらす悪魔にされようとしている!』とか言ってますがLBXに兵器レベルの破壊力がある件についてはミゼルは全く関係ないんだが。
むしろその原因は作った山野博士にあるような気が…
なんか、どさくさに紛れて兵器に転用できるという問題をさり気なくミゼルに押し付けているような感じがするぞ。
ミゼルを倒す頃には日本のTPP参加問題や相次ぐ不景気までミゼルのせいにされてるかもしれない。





1363170870528.jpg
1363170852046.jpg

世界中のプレイヤーに呼びかけはしたものの、本当に来てくれるかどうか不安になるバン。
そんなバンを山野博士は『人間は間違いを犯すかもしれないが、それでも前に進まなければならない』と諭す。
要約すると『俺のテロも仕方ないことだったからノーカンで』って事でしょうか。
信念があればセカンドムーンにプラズマダイバーミサイルをブチこんでも許されるんだ!多分!!
いや、流石にそれはマズイ。





1363170891674.jpg

そして翌日、タイニーオービットの入口で一人佇むバンの姿が。
さすがに1万人ムリだったか…東京ドームで斗場と猪狩が試合しても1万人は厳しそうだし。
劇場版からサンを連れてこれば一人で一万体くらい操作してくれるだろうに…
ついでにフランちゃんを呼んでミゼルトラウザーをどっかの次元に放り込んでもらおう。
仕上げにアスタが蹴りでミゼルオーレギオンを破壊すれば万事解決!…ってそれだとバン達の出番がなくなってしまうじゃないか。
そんなことをバンが考えたかは不明だが、諦めかけたその時、あの男の姿が!!











1363170903487.jpg


誰だーーーっ!?(ガビーン





なんか、知らない人が出てきたんですが。
いやいやいや、ちょっと待って欲しい。
こう言うのって主人公のライバルとかお世話になった恩人とかそういうのが出てきて『お前一人にいいカッコはさせないぜ』みたいな事を言ったと思ったら辺り一帯を埋め尽くさんばかりの助っ人が現れるみたいなのが定石じゃないですか。
こんな見たこともない奴が来られても…どんな顔をしたらいいのか分からないよ。ホント誰なんだよこいつは。
でもバンの場合はライバルは味方ポジだし師匠は故人だからそれっぽい人がいないんだよなぁ。




1363170926308.jpg
1363170931491.jpg

謎の少年の後ろから続々と人が現れた。
でも世界は一つなんだ!オーエーオー!!!
バンの呼び声で世界中のLBXプレイヤーたちがこの地へ集ってきた。
なんかロト紋のラストバトルを思い出す展開ですね。





1363170956236.jpg

ビリー・スタリオン!



1363170952226.jpg

アリスちゃん、シャーリー!



1363170965026.jpg

オタゴールド、オタシルバー、首狩りガトー!



1363170961029.jpg

M.ゴジョー、アレキサンダーシスターズ!




1363170972620.jpg

神谷コウスケ!…ってお前は先週いただろうが!!
変にモブの中に混じってたゆえにスタッフが忘れてしまったんだろうか。
ホントなんでこいつこんなに扱いが悪いの…



1363171093054.jpg
1363171115170.jpg
1363171121837.jpg

今までミゼルの対応に消極的だった首脳陣もここに来て覚悟完了した模様。
いよいよ、ミゼルVS人類という構図が見えてきた。もはや、後には退けない!!
早速集まったプレイヤーがグランドスフィアを展開し始める。
っていくらなんでも堂々とやりすぎだ。ミゼルにバレるぞ。
…と思ったらミゼルは『何をしようとしてるんだ?』バカみたいに突っ立てるだけでした。
お前昨日の放送聞いてなかったんかい。
今まであらゆる情報網を把握してきたミゼルがこんなミスを犯すなんて…
と思ったがよく考えたらあれはミゼルの能力というよりミゼルが乗り移ってたアンドロイドの能力だったんじゃないか?
つまりミゼルはオーレギオンに乗り移ったばかりにこれまで使えた技を全部投げ捨てたことに…
ラスボスが変身して弱体化するってますますロト紋っぽいなオイ。




1363171348629.jpg
1363171375902.jpg
1363171131918.jpg

ともあれこれで敵の切り札セト50を封じることができた。
後はミゼルとラウザーの内部に侵入し、各部を破壊した後ミゼルオーレギオンを叩くのみだ。
だが敵だって黙って見てるわけではない、トキオシティにLBXプレイヤーが集ったようにベクターもミゼルトラウザー周辺に次々と集結してきた。
久々にシン・エジプトの勇姿を見られて感動した。私の名前の元ネタ、エジプトの発展機だし。




1363171281307.jpg
1363171386164.jpg
1363171394637.jpg
1363171390641.jpg
1363171715592.jpg

一方ジン達はミゼルオーレギオンの内部に潜入する。
両腕、両足を破壊して最後にミゼルオーレギオンがいる胴体部へ潜入するという作戦だ。
なんで胴体部にミゼルがいるって分かったんだ?そりゃ、つま先とかにはいないと思うけどさ。
だが、当然タダで通してくれるはずもなく番人が現れる。
キラードロイドワイバーン、ミノタウロス、ペガサス。そしてデクーOZ、ジョーカーキリトカスタム、ハカイオーキリトカスタムだ。
まさかのキリトカスタム再登場だ。
そもそもキリトが仲間になったのってこいつらを取り戻すためなんだよな。
その設定、もうとっくに忘れられたと思っていただけに意外な展開。





1363171471696.jpg
1363171328979.jpg

ルミナスシューターの御陰でベクター相手にも優勢を築く護衛メンバーたち。
だがミゼルが用意したのはキラードロイドとベクターだけではなかった。
CCMの電波を遮断してLBXを無効化する、ジャミングウェーブを発信した。
まるでダークスパイナーの様なえげつない攻撃だ。このミゼルオーレギオン容赦せん!
ミゼルの言うとおりCCMがなければLBXなどただの的に過ぎない。
このままでは成す術なくやられてしまう。だが、突如ジャミング電波をキャンセルする別の電波が流れてくる。これは一体どういうことなのか?





1363171537747.jpg
1363171565501.jpg
1363171570961.jpg


伝家の宝刀、『こんなこともあろうかと』炸裂ゥゥゥーーーー!!

なんとミゼルトラウザーの真下で山野博士がジャミングを打ち消す電波を発生させていた。
LBXの生みの親たる山野博士はこうなる事を既に予測していたのだ。
前日に用意していたのはこれだったらしい。私はてっきりもし世界中のプレイヤーが集まらなかった時のために1万人分のスレイブ首輪を用意してるとかそんなのかと思いましたが違ったんですね。
だが、ここは最前線の激戦区。こんな行為をベクターが放置しておくはずがない。
ベクターガンの標準が山野博士の眉間にセットされ…





1363171574904.jpg
1363171602219.jpg
1363171596611.jpg
1363171643157.jpg
1363171646171.jpg
1363171689447.jpg
1363171694590.jpg

しかしその時、横からルミナスシューターの一撃が飛んでくる。
留守番係だった番長コンビのファインプレーによって山野博士は一命を取り留めた。
一方キラードロイドと戦っていたメンツも今更キラードロイドごときに苦戦するはずもなく、難なく撃墜した。
さり気に初登場だったミノタウロスは一切活躍することなく退場した。
最弱キラードロイドの扱いなどこんなものよ。




1363171720002.jpg
1363171725047.jpg
1363171750344.jpg

キラードロイドがドミノの様にやられている傍ら、キリトのみ番人を倒せずにいた。
元から1VS3という不利な条件の上にこいつ等普通にキラードロイドより強そうだし。
さすが勝負を決めるのはスペックじゃねぇと豪語するだけあって素晴らしいカスタマイズです。
しかしその匠の腕が裏目に出るとはなんという皮肉か。
危うく、フェンリルフレアが倒されそうになった瞬間、またしても番長コンビが助太刀に参上する。
なんか今回はこの二人頑張ってるな!発電所の失態の汚名を返上せんばかりだ。
偶然なのか郷田と仙道はかつて使っていたLBXと戦うことになって燃える展開だ。
超我王砲でハカイオーKCを、デスサイズハリケーンでジョーカーKCが撃破される。






1363171756303.jpg
1363171762437.jpg

残ったデクーOZはキリトが直接引導を渡す。
『再会できて嬉しかったよ…でも、お別れだ!』



キリトさんまじKAKKEEEEEEEEEEE!!!
個人的にキリトはデクーOZの事あまり好きではないと思っていた。
使用回数も極端に少なかったし、オメガダインに与えられた辺りの事情もあってそれほど愛着があるという感じがしなかったんだよね。
でも、このセリフで本当はデクーOZの事も大切に思っているのがよく分かった。
キリトってホント、LBXを大切にするよなぁ。
エルシオンとかペルセウスはもう二度と画面に出てこないというのに…





1363171832675.jpg
1363171795741.jpg
1363171491924.jpg

皆の活躍でミゼルトラウザーを活動停止に追い込んだ。
だが、ダックシャトルへ忍び込んだベクターの工作によりコントロールポッドが使用不能に陥ってしまう。
つまり、ミゼルオーレギオンを叩くには直接乗り込むしかないのだ…
だがそれはあまりにも危険すぎる行為だ。
しかしヒーローは危険がわかっていても行かなければならない時がある。
愛する友の眼差しが倒れるたび、傷つくたび俺を強くするんだ!
大空ヒロ!未来を切り開く!!









1363172041125.jpg
1363172046143.jpg
1363172049105.jpg
1363172056683.jpg
1363172060924.jpg
1363172073407.jpg
1363172078457.jpg

次回


LBXよ永遠に。



ついに最終決戦。
勝つのはミゼルか?人類か?






1363172083871.jpg
1363172087899.jpg


そして一足早いがダンボール戦機ウォーズが4月3日よりスタート!

明日はコロコロも発売されるし早くも期待が高まります。
世界観の一新は色々とハードルが高いと思うが、是非とも頑張ってもらいたい。
2013/03/11

マウンテン・ティム・サイクル

今更ですが今週の日曜日、3月10日は私、エズフィトの誕生日でした。
この世に生を受けてかれこれ24年…順調にダメな方へ進んでいる人生ですがあと一年もすれば四捨五入して30。
世間的には若造と言われる年齢ですがなんだか年を取ったなぁと実感させられます。
そんな私ですがこれからも皆さん、どうぞよろしくお願いします。



さて、24歳を迎えるから…というわけではありませんが先週の土曜、天気も良かったので部屋の掃除をしました。
なにせ録に掃除しないくせにポンポン買い物をする性分。
部屋のマウンテンサイクルを漁ってるうちにかつて作ってたもの、買っていたもの、身に覚えのないものまで出るわ出るわ。
こんな部屋で今まで普通に生活していたことが恐ろしい…





P3130105.jpg

行方不明になっていたとばかり思っていたゾイドのカスタムパーツ。
何故かエヴァンゲリオン零号機の箱の中から発見された。
それにしても俺、これを無くしたと思ったのって4年くらい前だぞ…
どさくさに紛れてジェネシス時代に再販された趣味の悪い色のパイルバンカーも一緒に出てきた。
これは確か2年ほど前に大阪の日本橋で投げ売りされてたやつを買った記憶が…





P3130107.jpg

積んでいたガレキがわんさか出てくる。
放課後リボル部さんのヒーローマフラー。
なんだかたくさん出てきたがこんなにいっぱい買ってたのか?確か009のトレードマークだからと黄色は買った記憶があるんだが緑だの黒だの全然記憶にないぞ…


それ以外だとリリカル☆なのはの時空戦艦アースラにACの合体メカパーフェクトポポポーンにエヴァンゲリオン弐号機のザ・ビースト。やるオプーナ、寄生獣のミギーが出てきた。
グリズリーパンダ氏はパーフェクトポポポポーンを買った際に知ったのだがこの時既に大人気で俺が買った10分後に再び訪れたら完売状態だった。
アースラは一度買い逃して再販分をゲットしたものだった。
よく見たら真鍮線を打ち込んだあとが残っていたぞ。

そうそう、写真にはないけどKMFのサザーランドも出てきた。
コイツを買ったのは初めてWF行った時であの時はロボット魂なんてなかったからKMFは皆ガレキだったんだよな。どこのディーラーか忘れたけど2万円のガウェインを買うかどうか本気で悩んだものだ。
今じゃほとんどの機体がロボ魂で安く手に入るんだからいい時代になったもんだよ。




P3130108.jpg

東方系は昔買い漁っただけあって山ほど持ってるぞ。
問題はその大半が後に一般販売して軒並み作る気が失せたということなんだがな。
ええっとグリフォンの魔理沙、霊夢、射命丸、咲夜、レミリア(パチュリーだけ買い逃した)。
BURIVARY SYSTEMの八雲紫にStronger Workshopの洩矢諏訪子、T`s Systemの東風谷早苗にキューズQの紅美鈴だったかな。
って全部製品化してるじゃねーか。
せめて塗る前にアナウンスがあれば2Pカラーとかにできたものを…


P3130109.jpg

なお、私が買った中でおそらく唯一製品化しなかったこの西行寺幽々子だが実はこれ、前回ワンダーショーケースに選ばれたもえのり氏が初めて作った東方系フィギュアったりする。
あの時は妖夢とセットで売ってたはずなので妖夢よりさきに幽々子が作られた様だ。
買ったのは確か2010年の夏だった気がするがあの頃はこれほど有名になるとは思ってなかったなぁ…
しかし自分で言うのもなんだが後に製品化されてるものばかり買っている私って結構先見の明があるんじゃないかと思えてきたりして…
もといそうとでも考えないとやり切れない気分になってくるぞ。





P3100106.jpg
P3100107.jpg

積んでるものばかりじゃなくきちんと完成させたものも出てきました。
他にグリフォンの咲夜さんが見つかったが可哀想な状態になっていたので写真は無しだ。
具体的に言うと何故か胴体に入れた真鍮線が消えていてタルカスに惨殺されたツェペリさん状態になっていたのでそもそも自立ができず、写真が撮れないのだ…


なお、バニー委員長ですが網タイツが片方だけなのは確かこれ作ってる最中に卒研の締切が迫ってきていてそのゴタゴタで貼ってなかったような気がします。
早い話が卒研そっちのけでギリギリまでフィギュアに網タイツ履かせてたんですがなんと碌でもない学生なんだろう…



その後さらに漁っているとサンコーマークのデカールが出てきたぞ。
ああ、そうそうこれはガーターストッキングのベルト部分を再現するのにちょうどよく…
ってまた網タイツか。何故こんなものばかり…
それはともかく今年のWFはサンコーマークがいなかったけどもう出てないのか?
昔はタダでデカール配ったりと景気も良かったし売ってた品も使えるものが多かったので残念でならないが…


気を取り直し、物を動かしてると茶菓子の箱からなんか黒い塊が…
ああ、これは確かバニー愛佳に履かせた網タイツの余り…っていい加減にしろ。
なんでこんな網タイツばっかり出てくるんだ?
私がアミさんを好きなのは名前に網が入ってるからなのか?


P4200237.jpg

私の趣味嗜好はさておき、フィギュアに網タイツを装着するというのは簡単で金もかからずかつ、効果的というカスタマイズにはうってつけの手法なので興味がある人はやってみるのもいいかもしれない。
この写真は私が以前、FGにも挙げた紅美鈴の改造フィギュアだ。
ガレージキットは自分の好きなように塗れるのも楽しみの一つだと思う。
ちなみにメガネはエッチングパーツでこれも買ってきてつけるだけなんでおすすめの改造です。

具体的にはチュールを木工用ボンドで固定していくのだが詳しくは『フィギュア 網タイツ』でググってくれい。
なお、家族共用パソコンで調べる際には検索履歴を削除しておくのをおすすめするぞ。





P3130110.jpg

そして私にとってはこれ以上に思いがけないものだったんだが、おそらく5年近く動かしていないであろうKMFヴィンセントの箱をどけると裏からコダチの柄が出てきた。
こ…これは紛れもない、俺が初めて作ったLBX、クノイチの無くしたパーツじゃないか!!
当時かなり部屋の中を探したんだが結局出てこなくて型思いで型作ってポリパテで複製したなぁ…
そうなんだよ、私が初めて作ったLBXはクノイチだったんだよなぁ。
鋼鉄混とオートマチックガンの引換券が付いた号のコロコロと一緒に買ってきてさ…
ああ、懐かしい。






しかしコダチの柄もゾイドのパーツも完全に無くしたものだと思ってたのにひょっこり出てくるなんて。
本当にマウンテンサイクルみたいだ。まるで部屋全体がタイムカプセルになったかの様な…
なんだかここ数年の思い出が次々と蘇ってきました。
冷静に見ると単に駄目人間の衝動買いの軌跡でしかないけどな。
これだけ探してプラモ関係以外のものがほとんど出てこないのが恐ろしいわ。
2013/03/10

邪悪なる審判




1362565876048.jpg
1362566800993.jpg

裁くのは俺のオーレギオンだ!!



オーレギオンに対抗する力を手に入れたバンとヒロ。
だが話はそれほど単純ではない、D9とMk-2の性能を100%発揮しなければミゼルには対抗できない。
と言うわけでバンとヒロの特訓が始まる。



1362565832299.jpg
1362565993143.jpg
1362565934721.jpg

かくして究極のLBX VS 最強のLBXの戦いが始まった。
双方共に山野博士の最高傑作、ならば術者の技量が勝敗を分けるのか!?
オーディーンMk-2を簡単に吹っ飛ばすアキレスD9のパワーと一瞬で城砦のてっぺんまで飛び上がるMk-2の機動力がぶつかり合う、両者ともに凄まじい性能だ。
アミさんも『攻撃力、防御力、機動力の全てが高い次元で確立されたLBX』と太鼓判を押す。
アミさんがいうのなら間違いありませんね。それにしてもこの短い戦いで二機の性能を見抜くとはやはり天才か…
すかさず解説を行うあたり、アミさんは解説訳としても一流なのだ!


模擬戦の結果は両者引き分けに終わった。
だが結果としてヒロはD9のパワーに、バンはMk-2のスピードについていけないことが判明する。
W開始時はヒロがスピード型、バンがバランス型、ランがパワー型だったのでヒロがパワータイプの機体を使うのはちょっと意外な選択だ。
…パワー型なんだからランに使わせては?と言うのは言っちゃダメなんですかね。
ランだけ新機体ないし…と言ってもミネルバがバージョンアップしただけでも他のメンツより優遇されているが。






1362566068625.jpg

今のままではミゼルに勝てない、だが悠長に訓練してる時間があるのか…
現実主義の仙道さんは厳しい現状を憂う。
すかさず郷田が『ミゼルが来ても俺たちが何とかしてやるぜ!』と意気込むがお前は前回瞬殺されただろ。
俺たち(主にジンとかカズ)が何とかしてやるぜ!という意味なのか?
だが仙道は『ベクターの力を甘く見るな、俺たちだけでは奴に勝てない!』と、たとえ他のやつと組んでもダメなもんはダメだと提言する。
仙道は結構、傲慢というか敵を軽く見ることが多かったのですがこの一年でだいぶ人間的に成長したみたいですね。
オーレギオンだけでなく大量のベクターまでなんとかしなければならないのだ。
バンとヒロに残された時間が少ないばかりかちゃんと使いこなせても戦力的には厳しい、一体どうすれば・・・とその時






1362566085426.jpg
1362566089465.jpg


『NICSだけにいい思いはさせませんよ!』






1362566104751.jpg

懐かしの郷田三人衆が助っ人として現れた!
しかしほとんどいないも同然のような扱いだった奴が3人程度増えたところで戦局が変わるわけでは…
そう訝しむ仙道を呼び止めたのはオタレッド!!それに以下ブルー。ピンク、イエロー、ブラックも勢揃いしている。そしてなんという事だろう、イエローがポーズを間違えていない。
こいつらも画面に映らないところで成長しているのだ。







1362566117571.jpg
1362566122061.jpg
1362566126021.jpg
1362566143837.jpg

驚くバン達だったが部屋の外にはさらに大勢の人が集まっていた。
ようやく生存確認できたミカ、リュウ。
アルテミス準決勝でバン達と激戦を繰り広げたケイタ君、レイナ、コウジ。
秋葉原ハッカー軍団にマスターキング。
モブに紛れてさり気なく存在感をアピールする神谷コウスケ。
いや、なんでお前はそんな控えめなポジションなんだよ。
どう考えても集まったやつ全員の中でお前が一番強いはずだろうが!
ちなみにゲームだとクリア後にすぐ仲間にできる上、他の連中に比べて入手条件が格段に楽であり、その時点ではレベル70、AC80のリュウビホウオウに攻撃力450のレックスベルセルクまで持参するとう破格の性能を誇り、ランバトで苦戦する多くのプレイヤーを悉く助けてくれた救世主の様な存在なのだ。
おまけにミゼル編突入時に話の都合で郷田、仙道、ウザタクが離脱する中こいつだけは残って一緒に戦ってくれるというまさに救世主のような存在なのだ。
にも関わらずアニメだとあまりにもぞんざいな扱いだが…なんにせよ一年以上放置プレイだったにもかかわらず元気に復活したのは嬉しい知らせです。


一作目からのファンとしてはかつての仲間が再登場するという展開に思わずテンションが上がります。
とは言えぶっちゃけこいつら役に立つのかという最大の問題が残っているわけですが。
なんせ、性能だけなら最高クラスのヤマジュン製LBX、ナイトメアフィアーとハカイオー怒愚魔がなすすべもなくやられたのだ。
集まったプレイヤーの大半が市販機を使っているような状況では…
せいぜいが範馬勇次郎の討伐に現れ、35秒で全滅させられた噛ませグラップラー9人組位の存在でしかない。






1362566260908.jpg
1362566268953.jpg

しかし、タイニーオービットには不可能を可能にする救世主が存在する!
結城さんがライディングソーサー2の開発とルミナスシューターの量産に成功していた。
これならば機動力と攻撃力の性能差を一気に解決できる。プラス遠距離攻撃ならばゴーストジャックも無効!これでベクターの優位性をかなり崩すことができるはずだ。





1362566357846.jpg
1362566332324.jpg
1362566366074.jpg

時を同じくしてトキオシティにベクターの大群が押し寄せる。
これまでエネルギープラントの襲撃のみを行ってきたミゼルだがいよいよ本格的に人類を攻撃し始めた。
早速、バン達と増援部隊が迎撃に当たる。
実際、ここの戦闘シーンはアマゾネス、ナズーが陽動してクイーンがベクターを打ち抜いたりアポロカイザーの神速剣で怯んだところをブラッディーリボンが狙撃するなどちゃんと考えられた戦闘法が描かれていて素晴らしい出来だった。



1362566421730.jpg
1362566406913.jpg
1362566448249.jpg

街を混乱させるベクターに紛れてタイニーオービットへ襲撃をかけるベクターも現れる。
こいつらはジン、ユウヤ、ジェシカが相手だ!
ナノマシンを内包した特殊ポリマー製の皮膜によりゴーストジャックをシャットアウト。
更にD9,Mk-2の設計データを流用したチューンナップにより遂にイカロス以外でもベクターへ対抗可能となっていた。
いつまでもミゼルに舐められてたまるかよ!





1362566681761.jpg
1362566715376.jpg
1362566725490.jpg

その後も順調にベクターを駆逐していったが、各地の残存ベクターが一斉にタイニーオービットへ向かい始める。
ウザタクがすぐさま帰還を命じるがベクターたちは既に交通網を破壊しており、ほとんどのプレイヤーがすぐには帰れない状態だった。
分散して襲撃したベクターは囮であり、ミゼルの狙いはこちらだったという事か。
ジンやユウヤが果敢に応戦するがベクターは特殊機能を無効化してなお、手ごわいLBX、数の差を前にジャンヌDを残してブレイクオーバーさせられる。
そのジャンヌDもベクターに囲まれ、最早これまで!将棋やチェスで言うところの『詰み』に入ったと思われたがその時!




1362566730047.jpg

翼は再び天を翔ける!!
なんとジンとユウヤがブレイクオーバーした機体に変わり、イカロスを操作してベクターを攻撃した。



1362566747667.jpg
1362566751925.jpg

そして2スピリッツ!をバックミュージックに二人が放った必殺ファンクションは『インパクトカイザー』と『パワースラッシュ』
二人がかつて敵だった頃に使っていた必殺技だ。
この瞬間『秒殺の皇帝』が鮮やかに蘇ったのだ!!!
うおおおおおおおお超カッコイイ!!
勿論、この展開はアニメオリジナルでありスタッフの粋な心意気が存分に感じられる展開だ。
これは直ちにイカロスとトリトーンとリュウビをそれぞれ買ってこなければ!!!




1362566815065.jpg
1362566825182.jpg
1362566835544.jpg

浮き足立った残りのベクターは救援のために駆けつけたD9とMk-2によって殲滅させられた。
遂に人類がベクターに完全勝利した!
ヤッターバンザーイ!!だが勝利の喜びは儚いものとなった。
ミゼルトラウザーがトキオシティ上空へ出現した。
そしてその手にもつ槍上の武器を振り下ろした。
天から降り注ぐものが全てを滅ぼす!!




1362566842316.jpg


205X年!世界は核の炎に包まれた!!





1362566851684.jpg
1362566860696.jpg


思わずナレーションが藤本譲から銀河万丈へ変わるところだった(千葉繁でも可です)
Welcome To This Crazy Time! このイカれた時代へようこそ!君はTough boy Tough boy Tough boy…
遂にミゼルが人類を本格的に攻撃した。
奇跡的にも死傷者はゼロ(嘘くせぇ)という状況で、とんでもない規模の爆発が起きた割に各プレイヤーたちもなんとか無事だった。
呆然とする一同を前に、ミゼルは人類に対して降伏勧告を促す。
逆らったら皆殺しだ、『はい』か『Yes』で24時間以内に返答しろ。そんな感じの内容だった。
ここまで来て服従するなんて冗談じゃねぇ!とやる気十分な皆様だがミゼルトラウザーには超メガトン級核ミサイル、セト50が搭載されている。攻撃することすらできないのだ。
最早人類はなすすべなしか・・・


1362566997665.jpg

と思ったら霧島さんが『私にいい考えがある』とばかりにナイスアイデアを提示してくれた。
Dエッグを発展させたエネルギーフィールド、グランドスフィアを使えばミゼルトラウザーを閉じ込めることができるというのだ。
グランドスフィアは衝撃を吸収し100%無効化する特殊フィールドでたとえ核爆発だろうがギャリック砲だろうが耐えられるというとんでもない代物だ。
ってホントに大丈夫なのか?仮にグランドスフィアが爆発を封じ込めたとしても行き場をなくしたエネルギーが地面に向かって下からエネルギーが溢れ出そうな気がするんですが。
ん?でも吸収するらしいからエネルギーが密閉されるというわけではないのか?ってそれはそれでエネルギー保存の法則は一体どうなっているのか…
まぁ、霧島さんが出来るというからにはできるんだろう。
山野博士も体外だがこの人もとんでもない天才だよな…
にも関わらず一企業の開発員止まりなのは良くも悪くもまともな人だからって事かな。
巨大ブルドーザーで子供たちを攻撃せず、LBXだけを狙っちゃうような人の良さが今ひとつ世界相手にテロリズムを仕掛けたり人類滅亡させようとするコンピューターを作ったりといった行動に結びつかないのだろう。



ともあれ、セト50が無効化できるというならば残る敵はミゼルオーレギオンただ一人、勝ち目はある。
ところがどっこいミゼルトラウザーを閉じ込める規模のフィールドを発生させるにはLBXが1000対、護衛も含めて約1万体のLBXが必要になるということ。
無論、護衛なんだからプレイヤーもいなきゃダメです。
24時間以内に1万人以上のLBXとプレイヤーを集めることができるのか!?



1362567285498.jpg
1362567236274.jpg
1362567240019.jpg
1362567244003.jpg
1362567251195.jpg
1362567264550.jpg
1362567272936.jpg
1362567281440.jpg

次回!『最終決戦トキオシティ』
遂に、遂にダンボール戦機のクライマックスだ。
地球がダメになるかならないかなんだ、やってみる価値はありますぜ!
予告をよく見るとビリージョーカーがさり気なくいたりする。
これまでに出会った人すべてがトキオシティに集まるのだろうか。
同時に敵もペガサスにミノタウロス、ベクターの大群と全兵力を差し向ける気概だ。
あまりに気合を入れすぎてアニメには出ないはずのミノタウロスまで出しちゃったけど、最終回という事で勘弁してください。
足がけ二年にわたり繰り広げられた山野バンの戦いもここが終点だ。
全てが終わるその時、バンやLBXの運命は…
残る三週間は気合を込めて視聴しようと思う。




それにしても恐ろしいのはミゼルオーレギオンの破壊力だ。
ちょと前にアメリカ軍が『神の杖』という兵器を開発しているという事で話題になった。
威力は原子力兵器に劣らないという話だが、まさにあんな感じの武器なのだろう。
死傷者がゼロってのはかなり嘘くさい情報だけどひょっとしたら現地にいた人がみんな超次元サッカー選手だったのかもしれない。
超次元サッカーのプレイヤーなら原子爆弾の直撃くらい原チャリにはねられた程度のダメージにしかならないだろうし。
とりあえず描写を見る限りだとアミさんはカズの鋼の肉体により強固にガードされていたんだろうな。
さすがカズだ!なんともないぜ!よく考えるとあのメンバー分けはリコ、ギンジ、テツオ。ミカ、リュウ。仙道、郷田。オタレンジャー(イエロー)。ヤマネコ、マジョラム、マー君、グンソウといった感じにちゃんと肉壁要因が各チームにいるんだよな。(赤字が肉壁)
偶然か故意かは知らないが結果的に上手いチーム分けになっていたと思います。



gb 25-112

なお、女の子な上に、一人だけ肉壁要因のいなかったランですが彼女は空手家なので三戦立ちによって爆発の衝撃を耐えたと思われる。
さすが神心会のリーサルウェポン(※花咲流空手です)核爆発くらいで吹っ飛ぶほどヤワじゃありません。
最近の活躍の少なさを見るに案外ミネルバ改を使うよりランが素手で戦ったほうが強かったりして。


2013/03/07

誕生 二つの力

pa1361961066203.jpg
dcd283bd.jpg

ミゼルによるエターナルサイクラー発電所の襲撃はいよいよクライマックスを迎え始めていた。
頑張って応戦する番長ズ&エージェントだが如何せんたった5人ではどうしたって限界がある。
ていうかもっと人呼んでやれよ、世界のピンチだってのにやる気なさすぎだろ。
案外、世論はミゼルによる管理を受け入れてたりして…






pa1361961251345.jpg
1361961291604.jpg

もはや止めることは不可能となった今、残る方法はベクターを直接叩くのみ。
指揮官であるベクターさえ倒せば周りの雑魚どもは一網打尽に出来るので逆転のめどはある。
頑張れ、郷田!仙堂!ラスト間際で最後に一花咲かすんだ!!
…と思ってたらベクターに奇襲を仕掛けられ、エージェントともども一瞬でやられました。
全然ダメじゃねーか。
しかしよく考えてみたらルミナスシューターも合体ファンクションもないこいつらは仮にベクターを発見したとしてどうやって倒すつもりだったんだろうか?
それを思うと結局どうあがいてもこいつらじゃ無理という悲しい結論しか出てこないんだが…



1361961478593.jpg
1361961498146.jpg

発電所にLBXの侵入を許してしまった郷田たち。
だがメインシステムに到着される前にバンたちが発電所に滑り込んできた。
主人公到着まで時間稼ぎをしたというだけでも、郷田たちの活躍は無駄にはならなかったといえよう。ベクターが舐めプしたから時間が稼げたと言うのは禁句です。
同じく、ダックシャトルによるジェシカたちの援軍も到着し、次第に形成は塗り替えられていく。




pa1361961747586.jpg

一方、バン、ヒロ、ランのメイン三人はベクターをDエッグで捕獲することに成功。
後はこいつらを潰せばこの戦いは勝つる!
だが、そこへ待ったをかける存在が現れる。
最終兵器オーレギオンがまさかの乱入だ!
地元のゲーセンでほのぼのとアーケードモードに洒落こんでたらいきなりウメハラが乱入して来るようなものだ。
まさか、ミゼルが直接出向くとは。裏を返せばそこまでバン達が粘っている証拠だろうか?
だが降伏を勧告するミゼルの口調は余裕そのものだが『逆らえばデリートする』という発言にいよいよ本気でバンたちを始末にかかる素振りを見せる。



ここまでナメられて黙ってらんねーぜ!とヒロが果敢に特攻する!
いかん!無用心に飛び込むのは死亡フラグだぞ!
予想通りイカロス・フォースはオーレギオンに空中6連コンボを喰らい、あっという間に倒される。
な、何をしてるだァーーー!!
唯一通用する可能性があったのが合体ファンクションだったのにそれが使えなくなってしまった。
こりゃダメだ、ジョセフ・ジョースターじゃなくても逃げるしかあるまい。
・・・とその時!






pa1361961831845.jpg

皆の希望をその身に纏い、希望のLBX!アキレスD9見参!!
山野博士が直前まで開発していたアキレスD9がタッチの差でオーレギオンの前に立ちふさがる。
サイバーランス社の新技術とクリスターイングラムのアブソーバシステムを組み合わせた開発理論はオーレギオンすら上回るはずだ。
デュランダルの一薙ぎが。カミソリの如き切れ味でベクター二体を瓜のごとく両断した。





1361961882361.jpg
pa1361961896277.jpg

これならばオーレギオンのボディにも傷を入れられるか!?
ミゼルもそれを懸念したのか、スティンガーミサイルによる遠距離攻撃を仕掛ける。
飛び道具が使える分、遠隔戦ならオーレギオンの方が有利と読んだのかもしれない。
だが、アキレスD9にも飛び道具がある!背部のバインダーから無数の刃が躍り出る。
必殺ファンクションソードビットだ!!
決して合体してGNソードVになったりしないぞ。


ソードビットはスティンガーミサイルを切り裂き、そのままオーレギオンに襲いかかった。
その隙をついてアキレスD9がオーレギオンの胸元に切りかかる。
無敵の王者、オーレギオンが地に膝を着いた。これはとてつもない成果だ。
アキレスD9のスペックがオーレギオンを上回っていることを悟ったミゼルは撤退した。
これまで負け越しだった一行だが、今度こそ初めてミゼルの戦歴に土をつけた。
長い苦難を耐え、世界中の人々に協力を仰いで、それでもギリギリのところでようやく手にした勝利だ。
改めて、ミゼルの驚異を感じる。





1361961998352.jpg

なんとか発電所の防衛に成功したバンたちだが、イカロスフォースの損傷は激しかった。
修復に時間がかかりそうなので、ヒロは一時戦線離脱してバックアップに回るという。
いや、ペルセウスを使うという発想はないのかよ。まさか直してないってことはないだろうしそれともそんな旧式の機体ではミゼルに勝てないと申すか!?
三世代くらい前の機体と市販機で戦ってるアミさん、ユウヤ、キリトに謝れッ!
所詮、ペルセウスはΣオービスの部品に過ぎないというのか?
スーパーガンダムで言うところのGディフェンサーみたいな扱いだ。
いや、ポジション的にはどちらかと言うとミネルバがそうだな。




pa1361962199258.jpg
pa1361962206533.jpg

ここに来てまさかのヒロの戦線離脱かと思われたがバンはアキレスD9をヒロに託すことに決める。
二刀流に青いカラーリングで腰マントという辺りはヒロのトレードマークだ。
そりゃ、こんなデザインならヒロに渡さざるを得ないよな。
しかしこれでイカロスはゼロのみになった。
二体揃わないとベクターすらかなわないのだが、一体この現状をどうするつもりだろうか?
翌日、開発室を元気に飛び回るオーディーンMk-2の姿が!!
山野博士が一晩でやってくれました。
アキレスD9おデータをベースに人型での飛行も可能になったオーディーンの正統なる後継機だ。
って人型での飛行ならイカロスは愚かミネルバ改やアキレスディードの時点で既にやってるんですが。
まぁ、ディードは設定だと『短時間なら飛行できる』だったしイカロス二機もそんなに飛べないのかも。
人型のまま限定的でない速度と距離を飛行できるという意味での単独飛行可能という事なんだろうな。
とにかくこれで戦力の問題はクリアできた。
後はミゼルのもとへ攻め込み、オーレギオンをぶちのめすのみだ!!






1361962253346.jpg
1361962271223.jpg
1361962358814.jpg

だが光あるところに必ず影は現れるもの。
その光が眩しいほど、作られる影は一層色濃く…
アキレスD9を上回るため、ミゼルはオーレギオンに改造を施す。
邪悪の化身、ミゼルオーレギオンの誕生だ。

その方法はミゼルそのものがオーレギオンと合体し、自身がLBXと一体化することだった。
ミゼルはウイルスだからオーレギオンの中に入り込めるのは理解できる、でもインストールしただけで姿形まで変わるのはどういうことだよ。
なんかもう科学技術がどうこうというレベルじゃないな。
もはやゾイドレベルの進化をしてるよ。山野淳一郎製LBXは生命体レベルの機関を備えているというのか!?



その頃、A国ではタイニーオービットで作られた希望のLBXが世界中で破壊活動を繰り返す謎のLBXを撃退したというニュースが報じられていた。
さり気なくタイニーオービット製を強調するあたり、宇崎社長によるしたたかな計算が見て取れますね。
LBXが売れなくなると再び無職に逆戻りだからなんとしても印象をよくしたいんだろうな。
まあ、その暴れまわってるLBXもタイニーオービットで作った機体なんだけど。
…ディテクターの事と同じく、ミゼルが作ったことにしてシラを切り通すんだろうな。




pa1361962458602.jpg
pa1361962456127.jpg
pa1361962463969.jpg
pa1361962480346.jpg

バンたちとミゼル、両雄ともに最後の機体が出揃った今、いよいよ決戦の時は近い。
次回、『邪悪なる審判』
ミゼルの独善が牙を剥く!その時トキオシティはどうなってしまうのか!?
しかし本編登場前から新機体が発表されて噛ませ一直線かと思われたイカロスだが思ったより使われた。
初登場が10月で2月の終わりまで持ったから4ヶ月近く出番があったんですね。
さり気なく初代オーディーンよりも長持ちしています。
改めて考えるとオーディーンは三ヶ月くらいしか使われてないんだよなぁ…
最長はエルシオンの9ヶ月だけどなんか不思議とエルシオンはバンの機体というイメージが薄いな。
やっぱアキレスとオーディーンの刷り込みがそれだけ強いってことかな。


そして新機体の投入で遂にミゼルとの戦力差が埋まったかと思われたがミゼルオーレギオンの登場でまたしても差ができてしまったかもしれない。
ミゼルはホントギリギリまで弱さを見せつけないなぁ。
超然とした態度といい、ラスボスはこうあるべき、という姿の一つであると私は思います。
しかしさっき光と影の比喩表現を使ったけどコイツが悪役として輝くほど真美とガーダインの微妙っぷりが際立つ気がしてならないな。
ついでにゼウスも。なんかイフリートに比べてあまりに扱いが悪すぎる・・・



2013/03/05

天帝



P1010103_20130305000038.jpg
P1010104.jpg

昨日予告したから、というわけではないですがHGのプロヴィデンスガンダムを組みました。
何気にSEED系のHGはストライクとスローターダガーしか組んだことがなかったのですが…
やはり今の目で見ると厳しいところが多いですね。
ガンプラは古いやつでも大抵プロポーションはまぁまぁ良かったりするのですがコイツは明らかに寸胴というか脚が短い気がする。
一応、写真のものはHJ付録の関節パーツを組み込んで延長してるのですがそれでようやくこの長さ。
ちなみにこのパーツ『反対向きにすればプロヴィデンスに対応します』とか書いてあったが普通に付けるだけだと経が緩いためアゴに一発くらったボクサーみたいに膝がフラフラになってまともに自立しません。
瞬着で太らせるか何かしないと使いものにならん…


加えてすねもボリューム不足な印象が拭えない。
可動に関しては標準だと思いますがサイドアーマーが動かないのは何とかして欲しかった、HGUCのジムですら動いた部分だというのに…
あと、ドラグーンやフロントアーマーがそれぞれ左右同時にしか可動市内などもう一歩頑張ればより良くなったのに…という点が目立ちますね。
まぁ、なんせ10年前のキットですしこれでもSEED系では後発で出来の良い方らしいから文句ばかり言っても仕方なかろう。
パーフェクトストライクに並べるために作ったものの、違和感なく並べるためには結構な手を入れなきゃならなくなりそうだなぁ…コイツを改造するかどうかはまた後日決めよう。




2013/03/04

完璧ちょーじん


エディオン杯も無事終了し、束の間の休息となったこの土日。
二ヶ月くらい前から常に締切に怯えていた身としてはこんなにも安らかに土日を過ごしたのは一体いつ以来だったろうか。
時間制限がないと一日ってこんなに長いんだ…





P1010022_20130304013756.jpg

さて、このところダンプラ漬けの日々を過ごすあまり、すっかりガンプラがご無沙汰になっておりました。
あまりにもLBXばかり作ってるものだから最近はHGクラスですら素組みがしんどくなる有様。
これはイカンというわけでリハビリも兼ねてパーフェクトストライクを買ってきました。
話題になったとは言え片手で数える程しか出ていないコイツがキット化するなんて本当にSEEDは立体物に恵まれてるなぁ。
しかし各武装こそ新規であるもののやはり元は10年以上前のキット、HJ付録の関節パーツでグレードアップさせたとしてもやはり限界があります。
そうなると・・・








P1010020_20130304013755.jpg

RGパーフェクトストライク!作らずにはいられない!!

買って以来一度も蓋を開け無かったRGスカイグラスパーがついに日の目を見たぜ!!
これをやるためだけにRGストライクを追加で買ってきて作ることになったが後悔はしていない。
組立にMG並の手間がかかる印象がありそうなRGだがその気になれば意外に軽く作れたぞ。
改造ぬきなら本体+ランチャー&ソードを合わせてだいたい5時間くらいだろうか。
容量が悪い私が休憩を挟んででこんなものだったのだから普通なら4時間半もあれば作れるかと。
MGに比べれば屁でもない作業時間だったぞ。案ずるより生むが易いとはよく言ったもの。






P1010021.jpg

後方から見るとわかる通りエールストライカーパックのみ、HGから流用しました。
と言うのもおそらくパーツのすり合わせのためでしょうがエールストライクユニットをHG,RGで並べるとHGの方が若干長いんですよね。
この為、RGのユニットを使おうとすると長さが足りなくなってしまうという訳です。
コイツを幅増しするのはかなりの手間になりそうなので多少ディティールが少なくなることに目を瞑ってもHGのものを使ったほうがリスクが低いと判断したからです。
それにしてもこれ背面が無茶苦茶重い!!
分かってはいたがスタンドなしでは自立すら困難なほどの重量があるのだ。
HGの素組みはちゃんと自立するようになっているのだろうか・・・?





P1010015.jpg

さらにグランドスラムも持たせれば超欲張りな『ぼくのかんがえたさいきょうのストライク』が!!
再現するにあたってやはり多少の改造は必要ですが、詳しい改造法はまた後日書こうと思います。
と言ってもあまり難しい改造は必要ないので中々オススメです。時間も昨日今日でサクッとできたしな。
まぁ、復帰後のリハビリにはちょうどいい感じだぜ。
このノリで積んであるプロヴィデンスも組み立てようかな…

2013/03/01

お披露目





本日、ようやくエイデンにキットを持って行きました。
最終日だしもしかしたら私以外も誰か出してないかな…などと淡い期待を抱いて行きましたが結局オープン部門は私一人だけ…
ライバル―必要なし。 子供向けホビーのコンテストこそ子供の数は多い。大きなお友達に世間の目は冷たいからだ。 したがってコンテストの出店に子孫や仲間は要らない。 展示物は常にひとつ。みたいな感じで。
何を言っているのかわからないと思うが俺にもわからん。






P1190010.jpg

さて、結局このような感じになりました。
フフフフフ。名前がほしいな。『バスターカスタム』じゃあ今いち呼びにくいッ!このエズフィトが名づけ親(ゴッドファーザー)になってやるッ!そうだな…『加速するバスター』という意味の『アクセルバスター』というのはどうかな!
はい、と言うわけで名前はアクセルバスターで出してきました。捻りがなくてすいません…




P1190012.jpg
P1190013.jpg

側面と背面はこんな感じ。
ブースターの色がまんまキュリオスなのは特に意識したわけではなく単にオレンジの塗料が大量に余ってたからそうしただけなんですが。
いや、コレはあれだよ。かのシャアザクがピンクなのはたまたま赤いインクが余ってたから仕方なくそうなったというエピソードをインスパイアしたという設定で決して手を抜いたわけじゃないんだよ?(嘘をつくな)


ちなみに本体のカラーリングはかなーり悩んだ挙句に店まで行って目の前に置いてあったジェスタキャノンを見て脊髄反射的に青系統にしました。
今になって思うとウォーリアカラーとかでも面白かったかもしれませんね。




P1190014.jpg

顔のアップ。
バイザーの中にナットを仕込んで内部の目を作ってやりました。
HGAGEでジェノアスを組んだ時、折角中のモールドがあるのにクリアーパーツが濃くて見えづらかったのが気になっていて、バイザー系のキットを作る際は是非ともやりたいなと思ってた手法でした。
アンテナは金属パイプ、肩のモールドはマルネジを使いました。どっちもナニワネジさんのものを使用。
モデラーの間では有名なナニワネジですが何気に私の会社の取引先だったりします(何度も電話かけてる)




P1190017.jpg

脚部はHGUCゴッグのものを使用。
そのままでは寂しいのでスジボリで情報量を増やしてやります。
ブースターにつながっている増加ユニットはνガンダムのどっかのパーツだった気がしましたが詳しくは忘れた。




P1190016.jpg

武器はカスタムウエポンのロデオマシンガンを合わせ目を消してMrメタルカラーのステンレスで塗った後、エナメル塗料のフラットアルミでドライブラシをかけてやりました。
上手く使い込まれた感じが出てればいいんですが。





P1190015.jpg

ブースターの接続はかなり簡単でバスターのブースターの裏側を嵌める四角い凹穴にプロト・Iのブースター基部をそのまま差し込んでやっただけです。
GNアーチャーのブースターと基部はポリキャップの経が同じなのでイエローサブマリンのダブルボールジョイントで接続しました。
難しい改造なしで結構保持力もあるからいい感じ。



ちなみに可動に関しては腕をプロト・Iに変更したことで肘の曲がりが悪くなったのと、スプリングの接続により膝可動に制限があるのでぶっちゃけ死んでます。
まぁ、ドムみたいにホバーで移動する物と思ってみてください…




と言うわけでなんとか締切に間に合いました。
ちなみに持ってたのが7時半で店の閉店が8時。うーん、かなりギリギリだ。
ただ筋ボリのあととかもうちょいきれいにしたかったかな…次回への反省点です。
後、剥がれた部分のリタッチでちょっと塗膜に段差ができたのも失敗でした。
まぁ、これはもう剥がれちまった時点でどうしようもないことだけど。
何はともあれようやく自由の身になりました。
これでハイパーファンクションのアキレスを作れるぞー。