2012/12/31

2012年完ッ!!



いよいよ後1時間で2012年が終わりますね。
思えばこのブログを立ち上げたのが去年の11月で一年前はまだ数週間に一度人が訪れれば良い方という感じでした。
それが一年でこれほど多くの人に足を運んでもらえるようになったと言う点で、私は非常に運がいいと思うのと同時に、毎日読みに来てくれたりコメントを書き込んだりになっている皆様に感謝したいと思います。





丁度一年前は某所にてメッキ加工をしてもらったイフリートとゼノンを組み立てつつ新番組の『ダンボール戦機W』がどんな話になるのか、なぜアキレスが黒くなって敵側にいるのか、名前だけ出回っていたダークパンドラとは一体なんなのか、と言うような情報に色々想像を巡らせていました。
その時はブルドやジェネラルがプラモ化したり劇場版が制作されるなんてのは夢にも思ってませんでしたね。
なんだかんだ言って今年はダンボール戦機にとって結構躍進した年だったと思います。
ライディングソーサーとか絶対こけると思っててこのブログでも結構後ろ向きな予想を立ててたくらいですし・・・
その予想に反して全国大会が開かれるほどの盛り上がりを見せたのは単にダンボール戦機というコンテンツに秘められたポテンシャルの高さ故、といったところでしょうか。
ほかにもダンボール戦機Wのゲームが発売されたり新ブランドの立ち上げが決定したりとファンとしては嬉しいことがたくさんありました。
現在Wの放送が3月まで決定してはいるもののそれが終わってからどうなるのかは分かりませんが、来年もダン戦にとって嬉しいニュースが沢山ある事を願っています。まだアレもコレもプラモ化してもらいたいヤツ一杯あるもんねー。





さて私自身はというと・・・パチ組がほとんどで塗装してしっかり作ることがほとんどなかった年ですが曲がりなりにもスクラッチでジョーカーキリトカスタムを作ったりハカイオーキリトカスタムを制作したりといろいろ新しいことに挑戦できた年でした。
ただ、オリジナルカラーで塗ったり設定にとらわれない改造をしたりといった事をほとんどしてないので来年はもっと気軽にやれるやつを作っていきたいなぁ・・・と思います。
エアブラシもほとんど動かしてないのでかなりナマってそうだし。
後、2月くらいからはほとんど一年中『ジャンヌDを出せ』と言ってた気がする。


なんにせよ、来年も何事もなくダン戦を楽しめる毎日を過ごせたらいいなと思います。
来年以降も変わらずくだらないことを書き連ねるブログを継続していくと思いますが、どうぞ温かい目で見てやってください。
それでは皆様!良いお年を!!!


スポンサーサイト
2012/12/30

機獣



『ゾイド-ZOIDS-がニコニコ生放送にて第1話~第12話を1月11日より4週に渡って放送決定!





ゾイドキターーーー!!!
トミーテックの新製品といいゾイドが『攻め』の姿勢を見せてくれるのはありがたい限りです。
今のところ放送予定は12話までのようですが人気しだいではそれ以降もやってくれるかもしれませんね。
つーか12話って『黒のオーガノイド』かよ。なんつータイミングで終わらせるんだ・・・
どうせなら次の『激突!クロノス砦』までやってくれよ。ライバルとの対峙で決着を見届けずに終わるなんてあ、あ、あ、あああァァんまりだァァァ!!!




実は言うとゾイドのアニメはストーリーだけならジェネシスの方が好きだったりするんですがリアルタイムの思い出もあって初代も大好きな作品です。
何といっても第3話の『記憶』が最高だ。
もう、私の中ではこのエピソードなしでアニメ版ゾイドを語ることはできないというレベルで好きな話です。
何が良かったかというとこの話を3話に持ってきたというのが素晴らしい。
1年ほど前、某ガンダムが『3話まで見てください』と宣言して見事にアレしたのも記憶に新しいですが私はこの作品こそ、3話まで見て欲しいと強く思う。
まず、アニメのゾイドは1話がバン、ジーク、フィーネの出会いで2話が旅立つきっかけを作る話だった。
要するにこの2話は話におけるプロローグの様なものでその役割は登場人物や世界観を説明するための物だったといえよう。
つまり本格的に話が動き始めるのは3話からで、見方によっては3話こそがゾイドという話の本当の1話であると言える。
それ故、非常に重要なポジションであったのだがそこにこの話を持ってきたのがスタッフの素晴らしい采配だと思う。



話を大まかにまとめるとこんな感じになる、村を出たバンたちは閉鎖された遺跡で旧大戦時代から生き残る一頭の白いゴルドスに合う。
そのゴルドスは帰ってくるといったきり戦場から戻ってこなかった主人を待ち続け、長きに渡り遺跡を守っていた。その後シールドライガーとコマンドウルフの戦闘が発生し、移籍を囲っていた門が崩れ去る。
晴れて自由の身となったゴルドスだが、彼は振り返り門の中へ戻っていく。
『お前のご主人様は死んだんだ!もう待つ必要はないんだ!』バンの叫びを聞いてもゴルドスは歩みを止めず、遺跡の中へ消えていった・・・


なんと言ってもこのエピソードの素晴らしいところは最後にゴルドスが自分の意思で主人を待つことを選んだところだ。
考えても見て欲しい、このエピソードはゾイドでしかできないのだ。
ザクやスコープドックが一人で動いて主人を待ち続けるというのは不可能だからだ。
つまり、この回はゾイドが他のアニメと最も違う部分である『ゾイドは生き物』という設定を示してみせると同時に本作品のメインテーマでもある『ゾイドは相棒』という部分を明確に視聴者に訴えてきたのだ。
ロボットアニメは無数にあるけどそれらの中からその作品独自の良い部分を視聴者に印象づけるのは中々難しいと思うのだが、ゴルドスが砦に帰っていくシーンだけでそれを見事に表現したのは賞賛に値する。
私はこの回がアニメ版ゾイドのテーマそのものと言っても良いと考えてるし、それを物語が動き出す第3話に持ってきたのが最高にイカしてると思う。
後、さり気に最重要キーワードであるゾイドイヴが初めて出てきたというのも見逃せない。



後は個人的に10話の『雪の降る山』も好きな話だ。
変わり者の科学者が雪の降ったことのない山に雪を降らせようと奮戦する話で、本筋とは少し外れたサイドエピソード的な回だが・・・そのラストは是非とも自分の目で確認してもらいたい。



長々と語ってしまったがゾイドはそれだけ私におって思い入れのある話なんですよね。
今の目で見ると作画の乱れとか初期の戦闘のクオリティとかお世辞にも褒められない部分もあるけどそれを差し引いてもとても好きな作品です。
ただ途中、放送が延長された事もあってかGF編の中だるみが少々気になる部分もあり、個人的にその点で話の出来としてはジェネシスに一歩譲る形になってしまった・・・
見たことない人、昔見てたけど忘れてしまった人はこの機会に是非とも一度ご覧下さい。

2012/12/28

シンプル

今年も残すところ後3日、ようやく年内の仕事が終わりました。
長かった戦いよさらば!!
正月休みというひと時の休暇を手に入れたわけですが今年はコミケに行くこともないのでゆっくりと制作に励みたいですね。
とりあえず明日はオーディーンMk-2買ってこなくちゃな・・・





さてダン戦とは関係ないですが夏頃にグッスマに予約していたものが届きました。






P2030097.jpg

figma archetype:he&she!!
まだfigmaがそれほど有名ではなかった頃、秋葉原UDX AKIBA_SQUAREにて3000個限定で販売された素体フィギュアの復刻版(元は透明だった)です。
イメージ的にはfigmaの柔王丸とさくらから余分なものをすべてとっぱらったものって感じかな。
見た目が中々カッコイイし可動フィギュアを作るときの参考になるかな?と思って一つずつ購入しておいたのだ。
パッケージは簡素というか通常とは違うブリスターパックに入ったタイプです。
こっちの方がかさばらないから現行モデルもこのタイプにして欲しいぐらいなんですが。





P2050103.jpg

男素体は筋肉の造形美が美しので格闘が映えますね。





P2050105.jpg
P2050106.jpg

覚悟のススメとかが好きな私にとっては裸のマッチョ素体とかたまらんわけですよ。






P2050109.jpg

女性素体の方も引き締まったスマートな体つきでこちらもアクション栄えしそうです。




P2050113.jpg
P2050115.jpg

明確なモチーフがないのでどんな武器も似合います。
FF5ですっぴんがどんな装備でも付けられた的なニュアンスかな。





P2050119.jpg
P2050125.jpg
P2050130.jpg

二体あると互いに干渉する動きを再現できるので便利です。
元がfigma初期に作成されたモデルのため、可動範囲が今より狭かったり手首が棒軸だったりしますがそれを差し引いてもなかなかの動きです。
サブミッションもばっちり決まるのが嬉しいところ。





P2050131.jpg

お前は可動フィギュアを一体手に入れたらキチッとキン肉バスターを決めさせるよな?
誰だってそうする、俺だってそうする。
と言うわけでキン肉バスターで〆です。
本当なら腕は相手の足を引っ掛けてなきゃいけないので不完全な状態だったりしますけど。
あー、超像可動でキン肉マン復活してくれないかなぁ、せめて原型出てたソルジャーキャプテンは出して欲しいんだけど。
そしてキン肉バスターを決めるたび思うのだがアルティメットスカーバスターってどう考えても物理的に不可能なポーズで決めてるよね。
どんだけ腹が曲がれば再現できるんだアレ・・・
2012/12/26

設計図を手に入れろ

pa1356517906631.jpg
1356517954856.jpg

追憶の秘密基地!




バン達はAX-000の設計図を求め、再びイノベーター基地へとやってきた。
前回来たのが2011年12月7日放送の無印第40話『悪魔飛び立つ時』なのでリアルタイムで一年ぶりの再突入となる。
あの頃はそろそろナイトメアが出る頃だとワクワクしてたなー。
考えて見ればここから里奈が脱走した事で全てが始まったんでしたね。
そう言う意味では、ダンボール戦機という作品の原点に位置する重要な施設です。




1356518040904.jpg
1356518074253.jpg
pa1356518112804.jpg

ミゼルによって格納庫の入口は既に閉鎖されているため、海道義光専用の隠し通路から侵入することとなった。
木の根っこの中にあるスイッチを押すと撥ね扉が開くというゼルダの伝説チックな入口から内部へと突入する。
ミゼルの狙いは『イノベーターが開発していた優秀なLBXのノウハウを収集するため』『LBXの生産ラインをベクター量産に使うため』と予測された。
確かにイノベーターはいろんなLBX作ってたけどどれもベクターの性能には届かないものなので可能性としては後者かな。
その一方でヒロ達インドネシア班も現地に到着していた。
どうやらベクターは発電所を盾にしているため、戦車や重火器の使用が難しく、対抗するにはLBXが必要との事。
結局兵器としての性能はLBXがブッちぎりでトップに君臨してるんですね。
小型、高性能、入手が容易と悪用するにはこの上なく条件が揃ってるんだよなぁ。
なんだかんだ言ってファイヤースイーツ部隊みたいなのはこの世界だとガチで必要なんですね。






pa1356518214022.jpg
1356518142645.jpg
1356518146657.jpg

首尾よく基地内部へ潜入したバン達はバン、カズ、アミさん、山野博士とジン、八神さんの2チームに分かれる。
このパーティ分けは無印トリオにイノベーター基地脱出のコンビじゃないか!
いやースタッフもいい仕事してくれるねー。いいぞもっとやれ!!




1356518284973.jpg
1356518308322.jpg
1356518637132.jpg

八神さんとジンは元イノベーターという事もあって複雑な胸の内を思わせる表情を浮かべる。
二人とも過去には同じ過ちを犯したがそのお陰でここにいる。
イノベーターに加担した二人だが彼らがいたからこそイノベーターを撲滅できたのも事実だ。
海堂義光という存在に対しては、二人共未だに憎しみと敬意が混同していそうだ。
二人が侵入した部屋は皮肉にもかつて八神さんが黒の部隊の隊長として指揮していた場所だった。
脱出の際、なにか思いつめていたような八神さんは何を思っていたのだろうか・・・





1356518470960.jpg
pa1356518503725.jpg

その頃バンチームはこれといった襲撃もなくエレベーターへ向かっていた。
AX-000は究極のLBXであり、これの設計思想があったからこそAX-00も、アキレスも、オーディーンもイカロスもあったということらしい。
ほー、そういう事なのか・・・ってオイ、サラリとエルシオンを省くなよ。
あれが一番アキレスの後継機って感じがするんだけどなぁ。
変形以外これといって強力な機能がついていないのは唯一AX-000の設計思想を受け継いでいないからなのか?
それにしても『AX-000がミゼルに奪われたら大変なことになってしまう・・・』あたりのセリフはOPを見たあとだとギャグにしか聞こえませんね。





pa1356518528913.jpg

エレベーターの中で山野博士は改めてLBXが兵器として活躍している現状を嘆く。
『私は開発者としてどう責任を取ればいいんだ・・・』と暗い雰囲気だ。
いや、アンタはその前にテロの責任を取るべきだと思うんだが。
警察へ行こう!な?





1356518685576.jpg
1356518711046.jpg
1356518780936.jpg

無事サーバールームまでたどり着き、AX-000のデータをサルベージできた一行。
だが彼らの動向はなんでも知ってるミゼルには既にお見通しだった!
新シナリオと同時にラスボスからミゼルの使い走りへ華麗にジョブチェンジ!キラードロイドペガサス見参!
ゼウスがいないから今回はベクターがライディングして戦闘する。
おおー、これはなかなかにニクイ演出だ。
双六するだけだった本編をよくここまでアレンジできるな。





1356518829756.jpg
1356518863598.jpg
1356518872368.jpg

ベクターが乗ったことによりパラダイスで戦った時よりもペガサスは強化されていた。
なんか日に日にゼウスさんの株が落ちていく一方なんですが・・・
ゲームでも前作ボスのイフリートのが技性能的にも圧倒的に強いし。





1356518850138.jpg

ペガサスの猛攻でまっさきに脱落したのは八神さんのジェネラルだった。
貴重なジェネラルの活躍シーンが!!
まぁ、この中じゃパンドラに次いで古い機体だからなぁ・・・下手すりゃロールアウトもパンドラより先かもしれない位だし。
そしてイカロスが足で地面にはさまれてしまう。
なぜ破壊しないのか!?その答えはすぐに判明した。ミゼルがAX-000のデータを我が物にせんと狙っているのだ。





1356518910224.jpg
1356518917218.jpg
1356518926401.jpg

だがそんな事はさせないぜ!!
この状況を打破したのは意外ッ!それはカズッ!
一人だけクリスマスツリーの飾りにいなかった恨みじゃと言わんばかりにデモニックモードを発動し、ブラックストームを叩き込む!
一年前、効きもしない磁場爆弾を投げつけてフェアリーに真っ先にやられたカズがこれほどに成長するとは誰が想像しただろうか!!!
そしてこの時点でペガサスよ!お前は戦略的にミスを犯している!
それはジンの機体を半壊させたことだ!!ヒビ入った状態のジンの機体は通常の3倍くらい(当社比)は強くなるぞ!!
オーシャンブラストを叩き込んでペガサスを爆散させる。
まぁ、いいんだけどたまには他の必殺ファンクションも使ってくれると嬉しいなぁ。




pa1356518973079.jpg
1356518098796.jpg

データを回収して無事戻ってきたバンチーム。
同時にヒロチームもインドネシアでベクターの鎮圧に成功していた。
メテオブレイカーも00ソードも使えない状態でどうやって戦ったんだろう。
ともかく作戦成功でひと安心する一行だが、すぐに緊急事態が!
なんとタイニーオービットがベクターに支配されたというのだ!
ゲェー!なんという事だ!ウザタクはどうなってもいいけど霧野さんと結城さんの安否が気遣われます。




1356519249455.jpg
pa1356519307441.jpg
1356519331678.jpg
pa1356519350127.jpg


次回!新兵器ルミナスシューター登場!!

そして一年近くのロスタイムを経て遂にオーディーンが画面に復活だ。
だがその矛先が向けられる相手は・・・?



ルミナスシューターはゲームでもTO社でベクターへの対抗手段としてもらえる武器だ。
ウザタクを仲間にしている場合、即座に武器リストの肥やしか模型店に売り払われる悲劇の武器だがアニメではちゃんと活躍できるんでしょうか。
それにしてもTOが乗っ取られたらオーレギオンを作ることができなくなってしまう。
おまけにイカロス・ゼロが故障してるっぽいんで合体必殺技が使えず、ベクターに叶う手段がなくなった。
うーん、これは将棋やチェスで言う『詰み』の状態に入っちまったな。
もういっその事TO社は運がなかったものと諦めてもらって他の会社で作ってもらったらどうだろうか。



サイバーランスに頼んだ場合

・肩から粘液が射出される
・なんか角とか翼とかが無駄に生える
・何故か尻尾が生える
・時々透明になる
・無駄に水陸両用



プロメテウスに頼んだ場合

・当然のように足がキャタピラに換装される
・肩からドリルが生える
・我王砲が超我王砲にパワーアップされる
・でも撃ったら一定時間停止する。



神谷重工に頼んだ場合

・目がモノアイになる
・腹にドングリを仕掛けられる
・知らないあいだにオーレギオンエースとかオーレギオン監視型とかが作られる。




やっぱり、タイニーオービットに任せるしかないのか・・・



2012/12/26

お知らせ




クリスマスはKOTYの歴代動画を見るだけで過ぎましたエズフィトです、こんばんわ。
さて今日は丁度良い機会なので言おう言おうと思いつつ書いていなかったことを書きたいと思います。



おそらく読者の大半の方が思っていらっしゃる「ハカイオーキリトカスタムどうなったん?」という件ですが実は日記に書いてなかったのですが来たる造形の祭典、ワンダーフェスティバル2013冬にディーラー登録をしてありましてその原型製作の煽りを受けて制作がストップしている状態なんですよ。


何故もっと早く言わなかったというのは全くもってその通りなんですがいかんせん初めての作品ということもあってかなりアレな出来栄えだったりするので写真載せるの気が引けるという感じだったんですよ。
かろうじて元キャラがわかる状態で版権申請出してなんとか許可は降りたもののコレを晒すのはあまりにも恥ずかしい・・・
というちっぽけな自尊心の元ズルズルと公開が遅れて同時に報告もかけずに今に至るというわけです。
11月の初めにハカイオーにケリを着けると宣言したのも年末は造形に集中せざるを得ないからそれまでにハカイオーを片付けよう!と思った上での宣言だったのですがご覧の有様だよ。
改めて自分の能力の低さと手の遅さに泣けてくる・・・



以上がハカイオー停滞の大まかな理由です。
はっきり言えばすべてが私の怠慢と力不足であり、申し開きのしようもないという感じです。
楽しみにしていてくれた方々には本当に申し訳なく思っています。
とはいえ、ここまで来て投げ出すことは絶対にしないのでひとまずは原型に集中したいと思います。
とりあえず正月明けくらいにはブログに上げれる状態を目指して現在頑張っています。



ちなみに版権が降りなかったので残念ながらダンボール戦機は関係ない物です。
どうもLBXは現在どのイベントでも版権が降りていないようで、過去にパンフレットにWFにダン戦関連を出そうとしたディーラーの方にお話を伺うなどの確認したところ私が申請したのも含め、ウォーリア、ブルド、アマゾネス、ムシャはいずれも不可でした。
これらの申請があったのは去年の話でその頃はブルドの商品化など有り得ないと考えていたのですが実際のところは今年の8月に発売されました。
現在バスターの発売決定によりウォーリア商品化の期待が高まっている状況です。
可能性の一つでしかありませんが、これらの申請が蹴落とされたのはいずれも商品化の目処があるからという可能性がないとは言い切れないかもしれません。
もしそうなら非常に喜ばしい状況なのですが・・・
特にアマゾネスはもの凄く欲しい。バリエーションもノーマル、ミカ専用、ジャスミン専用など豊富ですし。



なんにせよ現状ガレージキットで製品化されないLBXを見るというのは厳しそうな状態です。
もしかしたらハンターⅡとかジョーカーXみたいなどうあがいても製品化しないであろうマイナーな機体やイジテウス、キラードロイドなどの非LBXのメカ、キャラクターフィギュアなどは版権降りるかもしれないですが・・・可能性は低そうですね。
ダンボール戦機という作品そのもので版権をおろしていない可能性が高そうです。
ダンボール戦機は魅力的な機体が多く、月1~2個のスパンでプラモデルが販売してもなお製品化して欲しいLBXが多い状況です。
ガレージキットは製品化されない機体の最後のオアシスなので是非とも版権をおろしてもらいたいものですね。
そうしたら有名原型師なんかが作ったLBXが出てきたりするかもしれないし。
もしそんなことになったらWFで吹っ飛んでく金が爆BOOSTされてしまうな、うん。


 
2012/12/24

ハイパーファンクションスタッフインタビュー


さて昨日の予告通り今月のHJについてちょいちょい書いてくよ。


模型誌というのは様々な種類がありますがとりわけキャラクターモデルを中心にしてる層からはホビージャパン、電撃ホビーマガジン、モデルグラフィックスの3本柱が代表格かと思われます。
中でもホビージャパンはダンボール戦機を最も積極的に取り扱ってくれる(ていうかモデグラは広告意外載せてくれない)のでダン戦モデラーとしてはありがたい限りです。
てなわけで今月も作例4つとボリューミーな内容に。うーん、HJ読者でよかった。






さて今回もっとも注目したいのは1月から展開される新ブランド、ハイパーファンクションのスタッフインタビューです。
ファンとしてもモデラーとしても興味深い記述が多いので一部抜粋してお送りいたします。




ハイパーファンクションというプロジェクト始動のきっかけとアキレスという選択について。


今LBXシリーズを買ってくれているユーザーにロボットやプラモデルの奥行を体感してもらいたいという狙いがありました。
ホビーショー会場でZモードのアキレスを手にとってコアスケルトンの重量感に熱狂するユーザーを見てLBXにはロボットの奥行を感じてもらう高いポテンシャルがあることを日々体感しました。

(中略)

タイミングについてですがどちらかというと2013年3月が本格的なシリーズ展開開始、と捉えてます。
1月に開催される次世代ワールドホビーフェアで正式に発表はいたしますが3月にアキレスの他、新商品を投入します。
劇中を振り返ってみてもAX-00のカバーパッドを外してアキレスのアーマーを装着するシーンがかなり印象的であることから、アキレスを選択しました。




今までのLBXプラモは関節やパーツ分割の進化こそあれど基本的には『安価且つ、手軽に組み立てられる』という大前提は共通していた。
しかしそれは子供向けとして非常に正しい方向を進む反面、代償として一部ディティールの省略や設定画との食い違いといった『大人目線でかゆいところに届かない』点もあったのも事実だ。
ハイパーファンクションはどうしても発生するそれらの欠点を解決するため、あえて今までの原則に逆らったコンセプトを採用した意欲的なシリーズであるといえよう。


その第一弾として、あえて今アキレスを出したのはAX-00のカバーパッドを外して、アキレスに換装するというダンボール戦機の象徴的なシーンが大きな要因のようだ。
ダンボール戦機がほかのロボアニメと大きく違うのはどこだろうか?
それはやはり、『自分で組み立てて、改造できるプラモデル』という点だろう。
AX-00をアキレスに組み替えるシーンはいわば『自分でロボットを組み立てる、アーマーを取り替えて好きなように改造できる』というダンボール戦機の魅力が凝縮されたシーンだと思う。
記念すべきアキレスのあの登場シーンはLBXがプラモデルという設定だからこそできた物だ。

ちなみに3月に発売される新商品は、情報が正しければジ・エンペラーのハズです。
早くも旧ライバル機が出揃うこの展開に胸の高まりが止まりません!!




既存のLBXきっととハイパーファンクションで一番違いを出そうとしたところは?またこだわり部分は?


変形機構を持っているロボットを完全再現するとか、色分けを完全再現するとかの「再現度」
ランナーユニット構造による組み立てやすさやカスタマイズできるという「遊びやすさ」の両立を狙っています。
再現性はあらゆる技術を投入してこれ以上ないアキレスの立体物になっていると自負しています。
コアスケルトンにはABS樹脂を使用することで、強度を保ちながら細身のシルエットを再現させ、マントを布製にすることでの質感の向上も心がけています。
マント基部におアーツを設けてマントにも可動部を作ったこともこだわりですね。

(中略)

しかし「遊びやすさ」の追求はやめていません。
フルカラー説明書、部位ごとに組み立てるランナーユニット構造、極力挟み込みをなくすことで組立工程のストレスをなくすことに気をつけてます。
さらに通常LBXシリーズとの互換も持たせています。




ハイパーファンクションは今まのLBXプラモの特徴をあえて脱却して再現性を高めた。
だからと言って既存のシリーズによって養われたカスタマイズ性やランナー構造を捨て去ったわけでないことがわかる。
つまり今までのLBXプラモの良い点だけを抽出して引き継いでおり、値段などの兼ね合いで一概にそうとは言えないが実質『上位互換』と言っても過言ではないクオリティに仕上がっていることを期待させる。
カスタマイズを捨てなかったのは当然といえば当然かもしれませんが最も嬉しい要素ですね。
特に私はハカイオーアームのアキレスが大好きなので無改造でハイクオリティなアキレスカスタムが手に入るのは本当に喜ばしい事です。




ではシリーズの核ともなる「コアスケルトン」をどのように展開してくのでしょうか?

LBXのフレームタイプはいくつかありますが、ナイトフレーム以外のコアスケルトンは見たことがないはずです。
コアスケルトンはLBXの各体型にあわせて自在に変形するという設定を、プラモデルとしての解釈で再現することで、LBXの世界観を現実に再現していきたいと考えています。


ファンなら誰もが考える、カスタマイズで足をワイルドやパンツァーに変えるとき、中のコアスケルトンはどうなっているのか?という疑問にバンダイが果敢に挑む姿勢を見せた。
私を含む大半の人が『そこまで考えて設定作ってない』の一言で切り捨ててきたであろうこの矛盾にあえて挑戦するというのはかなりの英断だったはずだ。
なんせ、ゲームだと明らかにコアスケルトンが伸びたり縮んだりしている、正直なところ現実的にありえない変形をしてるとしか思えない。
普通に考えれば再現のしようがなく、目を瞑っても致し方ないこの点にあえて着目するバンダイに私は敬意を表すると同時にいかなる手法を持ってこの矛盾を解消するのかというところに興味がつきません。



ハイパーファンクションの今後の展開は?
ゲーム限定のLBXや量産型LBXの展開などは視野に入っているのでしょうか?



まず共通コアスケルトン方式、というしようの浸透を図るためいくつかナイトフレームを想定しています。
次の段階では目下ブロウラーフレームを検討中です。
それにゲーム専用機なんかも

(中略)

それから夏に行われたダンボール戦機EXPO内で実施されたLBXの人気投票も参考になんかしています。
公表はしていなかったのですが、あの時点でダントツの1位になったのは実はシャドールシファーでした。
そんなことも加味してラインナップの選定はしていきたいと思っています。


非常に意外な事実が明かされた。なんとEXPO人気投票の1位はシャドールシファー!!
ええ~~!この結果は全く予想してなかったよ!しかもダントツの1位と来たもんだ。
そもそもシャドールシファーはルシファーから流用効くということもあって比較的キット化の可能性が高いLBXだったがここに来てそれが一気に現実味を帯びてきました。
ちなみに私はキット化の願いも込めてジャンヌDに投票しましたが一向に叶う気配がありません。
奇跡も魔法もないんだよ・・・

ナイトフレームの次はブロウラーフレームの可能性が高い様だ。
すると本命はおそらくハカイオーとデクーの二体だと思うがこの二体なら私はデクーがいいかな。
ハイエンドなデクーなんてモデラー的には凄くオイシイじゃないですか!!
大穴でイフリートかゼウスという予想も建てられますがこれらでも大歓迎ですね。
そう考えるとどうしてもハカイオーの優先度が低くなってしまいます。
うーん、嫌いじゃないんだけどちょっと相手が悪いよな・・・






最後にこのハイパーファンクションをユーザーにはどのように楽しんでほしいですか?



ホビージャパンの読者の皆様をはじめとするプラモデルのユーザーのみなさまもここからさらに『ダンボール戦機』にはまってもらえるとすごく嬉しいです。
やっぱり根っこはLBXですから肩肘張らずにガシガシカスタマイズしてもらったりカラーリングを変えてもらったり、とにかく好きに遊んでもらいたいと思ってます。



この文面を見て改めて開発チームがいかにLBXというものの魅力をしっかりと把握しているかが確認できて安心しました。
やっぱりLBXは気軽にできて楽しめるのが一番イイ!
デザインやモチーフに統一性がないのも細かな設定がないのも『好きに遊ぶ』という条件のもとならむしろ好材料になりえます。
おそらく来年の三月に現シリーズのダンボール戦機Wは終了すると思いますがLBXプラモはまだまだ続くぞ!!
そして私もシリーズが続く限りついていく所存であります、ハイ。



最後に1月よりホビーオンラインショップでカラークリア整形のAX-00が限定販売されるぞ!
コアスケルトン内蔵という特徴を生かし、外からでも内部フレームが覗けるこのシリーズにクリアカラーの外装は相性ピッタリ!
期間限定商品なので欲しい人はお早めに。








2012/12/23

フィルムコミック


書くのが少し遅れましたがイナダン総選挙の結果発表がされましたね





1.jpg





1位 壁山
2位 黄菜子
3位 不動
4位 ラン
5位 アスカ

------------------

6位 ジェシカ

7位 アミさん





SW.jpg


アミさんが圏外・・・
切れた・・・僕の中で・・・決定的な何かが・・・





嗚呼・・・なんという事だ、俺の努力が足りなかったばかりにこんな結果になるなんて・・・許せ、この大馬鹿者を・・・
それにしてもだいぶ前から1~3位は確定してて残り2枠にランとアスカが入ってジェシカがハブられたりしたらどうしようと考えていたけどホントにそうなっちゃったよ。
一人だけ自機がキット化せず、映画のポスターでもハブられ、肝心の映画でも必殺ファンクションなし、止めと言わんばかりに新ヒロイン3人の中で唯一人気投票ランク漏れだよ。
一体ジェシカが何をした言うんだ・・・CVキタエリのキャラは漏れなく無想転生を習得できそうなほどの悲しみに包まれる運命にあるのだろうか。




後、あの後無事フィルムブックを買ってきました。
で、資料としての価値ですが・・・ぶっちゃけあんまり無いですね。
デジトニアスがそこそこ色々な角度で書かれている程度です。
ヘリオローザはほとんどが特番のキャプチャそのものでしたしすぐにイカロスが張り付いちまうもんだから全体像がようわからん。
ミノタウロスに至っては戦闘始めてから9コマで即死。ろくな描写がありません。
サイズが小さいのも相まって残念ながら資料としては旨みが少ないものでした。
とは言え省略された部分もあるもののダン戦メンツとイナズマ勢が一触即発な状態になったとき、誤解だとわかった際にジンが『疑って済まなかった』と謝るセリフを入れたのは良改変だと思いました。
映画だと疑ったのがダン戦勢なのに謝ったのはイナズマ勢の白龍だったというのが少し気になったもので・・・
ちょっと記憶がうろ覚えなのですが正月にもう一度見に行く予定です。




後はホビージャパンを買ってきました。
今月は21日発売だったのね・・・
いよいよ来月発売になるハイパーファンクションのインタビューにていくつか気になる記述があったので明日まとめたいと思います。







2012/12/20

キングクリムゾン!!




今日は『劇場版イナズマイレブンGOVSダンボール戦機W フィルムコミック』の発売日!!
早速買ってきたお!!
どれどれ・・・おお、流石公式だけあって緻密な文章とページ数・・・







ん・・・?



あれ?おかしいな・・・この本、写真が一枚も載ってない・・・

あ、なるほど!これは小説版イナズマイレブンGOVSダンボール戦機Wでしたァァァァ!!いつの間にかァァーーーーーーー!!!





と言うわけで目当ての本ではないと全く気付かずにそのまま買ってきた汚らしい阿呆な私ですがいや、違うんだ。
なんか新刊コーナーに置いてあったし大体フィルムコミックと小説版、表紙ほとんど一緒じゃねーか。
だから間違えても仕方ない、そういうことにしといてくださいお願いします。


・・・まぁ、デジトニアス二機やヘリオローザなんかの詳細なディティールが分かるかもしれないので明日また買いに行く予定ですが。
ついでにひだまりスケッチ7巻とローゼンメイデン8巻も買ってきたぜ!!
ひだまりはなずなスキーにとっては最高の巻だったぜ!!料理に水着にパッド!幸せだァ~~!幸せの繰り返しだよぉぉ~~~!
お、俺は恐ろしい!何が恐ろしい勝手何度も読み直すことが苦痛じゃないんだ!快感に変わってるんだぜぇーーーーー!!


ローゼンメイデンは・・・そろそろかと思ったが遂に主要人物の脱落か、ていうかなんかもう全体的に話まとめに入ってきてる?
ひょっとすると10巻くらいで終わるかもしれない。
ARIAみたくアニメと漫画が同時に終わるとか、うーんでもアニメはどうせ1巻からやるだろうからそれだと間に合わんなぁ。
なんにせよ7年以上おってる作品なのでどういう終わり方だろうが最後まで見届けるつもりです。




最後にジョジョリオンを立ち読みしてきたが・・・
う~~~ん、面白い。
ホント、ジョジョって未だに毎回心底楽しませてくれる話が展開されるのが素晴らしい。
よくネタ付きないよなぁ、って思う。
既読の人はご存知でしょうがあのスタンドが出てきたときはビックリしたわぁ・・・
スレでは早速今回の展開についていろいろ議論されてるしそういう議論を見るのもまた楽しいんですよね。
7部で憲助が『ヘソが二つある』って言ってたけどこれってもしかして今回の伏線だったのか?
設定をすぐ忘れることで有名な荒木先生がもう6年くらい前に書かれた話を覚えているのはいまいちピンとこないんだけど8部って7部が終わってすぐ連載開始したから7部を執筆中にある程度の構想はあったと思うし7部のラストも8部への布石みたいな終わり方に見えるしなぁ・・・
シェルターと棺桶に本当は何が入ってたのかは誰も知らないしそれが8部につながっているんじゃないか・・・とか考えるとまた面白い。
あー、そんなことしてるとジョジョのアニメが見たくて仕方ない。
早く12話やらないかなー。




2012/12/19

究極のプロトタイプ




pa1355913093799.jpg
pa1355913500200.jpg



1355912925363.jpg
pa1355912939691.jpg
pa1355912993852.jpg
pa1355913010696.jpg
pa1355913014730.jpg
pa1355913032435.jpg
124144.jpg


意外ッ!それは新OP!!!


なんと46話目にして新しいOPだ。
これで通算4つめのOPとなる訳だ、無印に比べると倍の量だよ、裏を返せばそれだけ主人公たちが新しい機体使ってるということだけど。
しかし2スピリッツは結構短かったですね。35話~45話なのでたった10回しか使われてない計算になります。
内、パラダイス編7回、ミゼル編3回に分けるとさらに短い。
ここまでサイクルが早いアニメも珍しいですね。






pa1355913140635.jpg
pa1355913761443.jpg

セト50を強奪したミゼルは盗んだエクリプスで走り出し、やりたい放題やってた。
そうだ、京都へ行こう的なノリでとりあえずドイツの製鉄所を乗っ取る。
折角ユーロ安の恩恵を受けて失業率が減ってるのに大迷惑だ。
基本的に裏でこそこそ動いてたイノベーターと違って経済にボディーブローのような思い一撃を加えるミゼルのやり方は一般人にとっても悩ましい問題だな。





1355913266726.jpg
pa1355913753614.jpg

とは言ったものの現状の戦力ではミゼルトラウザーは愚かベクターともまともに戦えず、指をくわえて見てるしかない状況だ。
だが、『私にいい考えがある!』と山野博士が立ち上がった!(それは死亡フラグだ)
かつて実用化を断念した幻の試作機、AX-000ならばミゼルに対抗できるかもしれないと山野博士は述べる。
なんとAX-00はAX-000のデチューン機体だったのだ。
しかし何故AX-000は作られなかったのか?
話は2年前に遡る・・・






pa1355913347869.jpg
pa1355913504095.jpg

2年前、山野博士はネオテクノロジーサミットに出席するため飛行機に乗っていた。
この場面、たしか無印8話あたりで使われた記憶があります。
約80話前の話がようやく掘り下げられるんですね。
長い、ガンダムXなら二週はやれるよ。






124152.jpg

しかし実際はその飛行機の行き先はネオテクノロジーサミットではなくイノベーター研究所行きの物であり、山野博士以外の全員は事前に了承を得て自らの意思で飛行機に乗っていたという山野博士だけハブられたみたいな真実が明らかにされる。
しかも勝手に飛行機事故で死んだことにされる。
そしてさり気なくレックスも拉致されていたことが判明する。なんか服装がめちゃくちゃ普通でかえって違和感があります。
2年後はノリノリで不審者大爆発なコートを着て往来を歩くようになってしまうとは・・・
監禁時代に何があったんだ。





pa1355913515578.jpg
124153.jpg

そして息子を人質に取られ、やむなくイノベーターのために永久可動機関、エターナルサイクラーの開発を強いられることとなる。
おかしいぞ、なんか山野博士が普通の常識人っぽいじゃないか。
海道先生が死亡したのをいいことに発言を捏造してやがらないかと勘ぐりたくなってしまう。
それにしてもこのバッハみたいな髪と声の組み合わせが良いからか海道先生のラスボス具合は半端ねぇな。
同じ悪徳政治家でもガーダインはどこか突き抜けきれなかったイメージがあるなぁ。
変に国のためとか言い出したのがいけなかったのかもしれない。
やっぱこの手の悪役は純粋に自分の利益だけを追求して動いたほうが光ると思うな。





1355913656160.jpg
1355913712798.jpg

皮肉にもイノベーターの潤沢な研究環境によってエターナルサイクラーは完成へと近づいていく。
だが研究が進むに連れ山野博士はこのまま研究を進めていいのか悩むこととなる。
無限にエネルギーを生み出すということは威力が無限の爆弾を作れるに等しい事となる。
そんなものをこの世に存在させてしまっていいのだろうか。
悩んだ末、里奈にAX-00とプラチナカプセルを託し、エターナルサイクラーの設計図を外へ持ち出すことに成功する。
ところでもうひとりの部下であるレックスが付いて来たにもかかわらず自分もいのベーターに売り渡した里奈にこの役目を与えるあたり山野博士はこの時点からレックスについて『コイツはもうダメだな』という評価を与えていたということでしょうか。
そう思ってんなら止めろよ、何が『檜山くんはどこか暗いものを抱えている気がしていたがまさかこれほどとは・・・』(※無印でレックスが黒幕だと知ったあとの発言)だよ。






pa1355913818882.jpg
pa1355913900025.jpg

そして並行して開発を進めていたAX-000をイノベーターに悪用されることをおそれ、データを抹消した。
だが、大空博士の科学力は世界一チィィィィィィィィィィィ!!出来んことは無いィィィィィーーー!!と言うわけで大空博士ならデータをサルベージして復元が可能らしい。
なんか同時に身に覚えのない大量のデータが出てきたりしそうですが。
かくして歴史の闇に永遠に沈むはずだったAX-000だが、今こそその力を蘇らせる時が来た。
一行は旧イノベーター研究所に向かうため、日本へ帰国する。
そういえば本格的に日本に帰ってくるのってWに入ってから久しぶりだな。
ゲーム通りなら番長コンビの出番もあるはずだけど期待してもいいんですよね?




pa1355914086570.jpg
pa1355914094568.jpg

だが既にイノベーター研究所はベクター軍団に占領されていた。
そもそも首脳会議ですら筒抜けなんだからNICSの通信データを傍受することくらい赤子の手をひねるより容易いだろうよ。
それにしてもアヌビスはともかくアポロカイザー(しかも色違い)なんてどっから持ってきたんだか。





1355914221303.jpg
pa1355914285307.jpg

さらに追い討ちを書けるようにインドネシアで大規模なLBXの反乱が勃発。
この自体に対抗するために一行は研究所潜入組をバン、カズ、アミ、ジンの無印メンバー、インドネシア応援をヒロ、ラン、ユウヤ、アスカ、ジェシカ、キリトに分けて同時展開を開始。
ていうかいくら救援要請を受けたからといってこの状況を打破し得る唯一の武器を手に入れようとしてるバン達の戦力を割くようなマネすんなよ・・・
ほんと子供に丸投げだなA国さんは。
ガーダインの意見が正しいとは言わないが国家の防衛力が貧弱すぎるのも考えものですね。
こういう時こそファイヤースイーツ隊の出番だろうに。
プロト・Iもバスターも製品化が決まったんだから活躍しとくに越したことはないぞ!!






pa1355914526592.jpg
pa1355914550359.jpg
pa1355914569872.jpg
pa1355914546284.jpg

次回、イノベーター基地に潜入した一行が見たものは!
君(ワイバーン)、もうミゼル編に出演したのかい?まだだよなぁ・・・初めてのキラードロイドはワイバーンではない!このペガサスだァーーーーッッ!!!
と言うわけで再びペガサスとあいまみえる様子。ラスボスのくせにあっさり量産化されてんなよ。



しかしゲームだと約5分くらいで終わったイノベーター基地潜入→データ回収をこれだけ掘り下げるとは流石アニメが本編だけはありますな。
思えばAX-000が制作を断念せず、そのままバンの手に渡っていたらハカイオーだろうがエンペラーだろうが指先一つでダウンさせるそれはそれはとんでもない強くてニューゲーム状態になってたんだろうなぁ。
イジテウスなんてワンミニッツでイナフだぜ、みたいな。
パンドラが出てきてコンテナを落とすまでもなく開始30秒で霧島さんごとミンチですよ。




そんな訳でAX-000が封印されたことは結果的に良かったことなのかもしれません。
しかしこんなにすぐに思い出すという事は山野博士ってAX-000の事は覚えていたんじゃないでしょうか?
ゲームだとオーレギオンは膨大なエネルギーを制御するためにコアフレームをレアメタルで作る必要があると説明されてた。
エルシオン、ペルセウスを制作するにあたって新素材を採用したのも将来的にAX-000を完成させるためのテスト的な意味合いがあったのかもしれない。
プロト・Iの事は実物見るまで完璧に忘れてたっぽいけど。
まぁ、未だに思い出しもされないイプシロンよりはマシな扱いなのかもしれない・・・
しかしプロト・Iってどういう扱いなんでしょう?プラモ化の際、ロゴは山野ハンドメイドになるのかな?



2012/12/17



あと一週間するとクリスマスかよ。
リア充死ねとか言ってるやつら、あれは駄目シロウトね。
プロはフィギュアを常用してるから余裕の笑みでクリスマスナイトを迎えられる。
べ、別に泣いてねーし。目からオーシャンブラスト出しただけだし。




冗談は置いといて絶賛放映中のミゼル編ですが実はまだクリアしてません。
いや、なんとなく『先にランバトをクリアしよう』と思ってずっとランバトをやってるんですよねこれが。
トロイ封印の前にさっさとクリアしないからこんな目にあう。情けないやつ!!



で、現在29位です。
無印に比べてだいぶ楽になってるので理不尽な難易度で頭を抱えることがないのが嬉しいですね。
無印の頃はバトルスタート直後に見えないところからスナイパーライフルが飛んできて一撃で死亡という不親切なFPSの様な有様が平然と起こり得たし。
何度2ちゃんで『コウジ死ね』の声を聞いたことか・・・







P1240105.jpg

とりあえず現在使用中の機体を紹介するぜ!
まずはバン、やっぱりバンはアキレスがしっくり来るなカッコイイ!
ってこれはアキレスタンクの頭だろうがッッ!!
なんか剣スピードUPにこだわってたらこんな有様に。
でも使ってるうちにキモかっこよさが癖になってくる。




P1240104.jpg

お次はヒロ。
本当はアミさんに使わせる予定でピンクにしてあったんですが諸々の事情でヒロの愛機に。
ホーネットは足変えるだけでもの凄く印象変わりますね。
背中と足の両方に羽があるのがお気に入りです。




P1240103.jpg

お次はカズの機体。
コイツは両手銃スピードUPで統一した結果。
なんか私無印の頃でもカズに両手銃スキル揃えた機体を使わせようとして羽生えたジョーカーになったんですが何故か私がカズの機体をセッティングしようとするとそうなるようです。
うまいこと白と黒で纏まってくれてラッキー





P1240100.jpg

ユウヤ機。
これはかなりお気に入りでハンマースピードUPにこだわりつつデザインも纏まってると言う奇跡の一品。
イプシロン+アキレスⅡは馴染む!馴染むぞ!!
唯一足が物足りないかも・・・ZX3号機ですがルシファー辺りにしたいところです。





P1240099.jpg

ジン機。
両手腕スピードUPで固めた結果、食欲の失せる真っ青なLBXに。
なかなかキワモノっぽくて好みの形状です。
マッドドッグアームは性能的にあんまり好きじゃないんですがデザイン優先で・・・
ちなみに胴体はアキレスタンクです。マントが素敵。





P1240101.jpg

ジェシカ機。
・・・うん、まあ。スキルにこだわってると絶対どっかこうなるよねっていう。
胴体さえ変えればまだマシになりそうなんだけどいかんせんこのエジプト胴のプリセットがランチャースピードUP×2なんで変えるに変えられない。
やはりエジプトのパーツはエジプトにしか合わないということか・・・





P1240095.jpg

アミさんの機体。
一番のお気に入りです、ナックルスピードにこだわりつつアミさんカラーで違和感のない形状というまさに白馬に乗った王子様のような理想の形!!やはり私とアミさんは絆でつながれているのだ!!引力=愛!!



P1240097.jpg

ただし足をグリーンリボン(赤いけど)にするかアポロカイザーにするかでかなり迷ってます。
グリーンリボンの方が可愛いけどアポロカイザーの羽も捨てがたい・・・




P1240096.jpg

最後にランの機体。
なんか私が作る奴はやたらとアキレスタンクのパーツ使用率が高いな!!
アキレスタンク(頭)+アキレス2(胴体)+ウォーリア(両腕)+アキレスディード(足)という構成です。
なんか最近アキレスタンクの頭がマイブームとなりつつあります、このパチモン臭さがたまりません。
ただしスキルも何も考えてないのでぶっちゃけ弱い・・・
クリアしたらアキレスタンクの厳選したいなー。

2012/12/15

コロコロコミック1月号



Oレギオン買ってきました。
なんか作るのにやたら時間がかかった気が・・・
作業量的にはΣオービスと同等かもしれない。
でもその分カッコイイぜェーー!!よく見ると色分けとか結構微妙なんだけどそういうのが気にならないパワーがある。




オーディーンMk2

さてやはり注目はD9、レギオンと続いて年末商戦三連戦のトリを飾るオーディーンMk2。
そういえば初代オーディーンが発売した時もこんな感じの記事が書かれてたな、あん時は袋とじだったけど。
変形機構は初代と同じ、というかレギオンもそうだしこれがLBX可変機のスタンダードってことかな。
最下部の『変形が常識のスゴイ時代に突入!?』というアオリはなんだかZガンダムっぽい感じだな。
次回作は可変機がさらに増えたりして。








Oレギオン

裏面はOレギオンと抽プレのイカロスの情報が。
ところで『LBXの王!』、『ウェポンも王にふさわしい重量感を持つ!』などやたらと王を強調した文章が気になりますがもしかしてOレギオンのOってAX-000を使っているからとか原点を意味するとかじゃなくて単純に王だからオーレギオンという意味なのか?
なんか地味に衝撃的な情報が・・・
いや、なんというかその発想はなかったわ。かはは、くだらねーー。









バトルストラクション
バトルストラクション2

さて続いては新ブランドのバトルストラクション。
どうやら対戦型のバトルホビーのようですがCCMシューターを使うという説明文からすると昔コロコロでひっそりと取り上げられたビーストシューターみたいなものだろうか(例えがマイナーすぎる)
要はスーパーカー消しゴムのようにコマをノックしてぶつけて敵を弾いたり倒したりするって感じかな?
でもそれだとライディングソーサーと被りそうだしなぁ・・・
そこを差別化するのが撃つ、斬るといったアクションでしょうか?
なんにせよどうせ対戦する相手もいないだろうが立体物という所がモデラーとして気になるところです。
写真見る限りプロポーションはそんなに悪くなさげだし。








次世代WHF

そしてWHFで通算三度目の大規模なライディングソーサーの大会となるRSアルテミス(WHF)が開催。
さらに
会場ではゼウスとイカロス・ゼロのリミテッドクリアモデルが限定販売!!
まーた、5時おきしてナゴヤドームへ行く羽目になるのか・・・
あとこっそりプロト・Iの発売決定情報が。
ジェネラルの時といいなんか主要人物の機体以外は扱いがよろしくないぞ








GODネメシス

漫画はガーダインとの最終決戦。
前回、こちらの攻撃は一切通じず、逆にGODネメシスで反撃をくらったイカロス2機。
パーフェクトブレインこそないもののアダムとイブを介してゼウスに過去の戦闘データーを記憶させているところはアニメと同じです。
だが真美がいないので向こうはペガサスがない、同じくこちらにはランがいないのでミネルバ改がいない、これで戦力的には互角だな!!
・・・そうか?








体当たり

何をやっても無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァーーーー!!って感じでイカロスの必殺ファンクションを悉くさばいていくゼウス、必殺の00ソードもなんなく弾かれ、背後の壁にヒビを入れるのが精一杯だった。
もはや肉弾特攻しかないといわんばかりに捨て身の一撃を放つイカロス、だがそれでもゼウスは倒せない!!






穴

全てを見切られ、万策尽きたバンは殺すんなら早く殺せと牙一族に捕まったマミヤの弟のようなことを言い出す。
そして壁にめり込んだゼウスがリクエストにお答えしてGODネメシスでバン達を消し去ろうとしたその時、壁に大穴があいてゼウスが吸い込まれる。
先からのバンの攻撃はすべてゼウスではなく、背後の壁を狙ったものだった。
アダムとイブが予測できるのはあくまでLBXの動きでしかない。
アニメ版ではここを逆手にとってプレイヤーのヒロの能力で計算を狂わせたが漫画版では周囲の状況を利用してアダムとイブの上を行った。
アダムとイブに頼りすぎて状況把握を疎かにしたガーダインの慢心からくる失態だった。






メテオブレイカー

そしてノトーリアスBIGもしくはエイリアンのような戦法でゼウスの動きを封じ、メテオブレイカーを叩き込む!!
毎度思うがやはり見開きで必殺ファンクションという構図はカッコイイなぁ。
これぞ漫画ならではの手法だよね。







ミゼル

ガーダインを撃破して勝った!ダンボール戦機W・完!!となると思われたがその時、『ほう、それじゃあ誰がこのミゼル編の主役を務めるんだ?』と言わんばかりにミゼル覚醒!
次のページでこっそりミゼルの正体バラしちゃったりしてますがとにかくなんとか現行放送分まで追いついたぞ!






先月号で映画特殊もあってかかなりのページを割いていた反動か今月号の特集はちと大人しめでしたね。
まぁそれでも目下の目標はとりあえずWHFかな。
限定キットも然ることながらカードとかもらえるものは貰っておきたいところ・・・
あと、貴重なリアル小学生のカスタマイズを見ることができるライディングソーサー大会も地味に楽しみです。
前の全国予選の時は水樹奈々のライブが控えてたから最後まで見れなかったけど今回は決勝まで見ていたいところです







2012/12/12

パーフェクトワールド



1355308344334.jpg
tv1355308152164.jpg

強襲!ミゼルトラウザー!!!



エクリプスが巨大ロボに変形した。

クラタスから40年位経つとこのレベルになるのか。やっぱり日本人はイッちゃってるよ、アイツら未来に生きてんな。
とにかくベクターに対する有効策すら見つかってないのにこんなものが出てこられてますますピンチな主人公一同。
なんかもうゼウスとか立場ねぇな。







1355308529841.jpg
1355308536300.jpg
pa1355308508828.jpg

ミゼルトラウザーから無数のベクターが射出され、Nシティ一帯に拡散していく。
NICSメンバーとファイヤースイーツ隊も即座に迎撃に向かうがメテオブレイカーでようやくダウンさせられる相手に通常兵器が効くはずもなく、質と量の二段構えで圧倒されてしまう。
さりげに新旧フェンリル使いの交流があったのが面白かった。
ていうかフェンリルフレア、剣だけじゃなく両手銃でも普通に強いですね。
やっぱりカズのフェンリルがアレだったのは機体性能じゃなくて・・・
あと地味にバスターが飛べることが判明した。






1355308603960.jpg
1355308637823.jpg

ミゼルの目的はバン達に格の違いを見せつけることだった。
お前たちはこのミゼルにとってモンキーなんだよBAN!!!てな具合で。
そして公共電波をジャックして地球環境を徹底的に合理化した新世界、パーフェクトワールドの建設を宣言する。
無駄のない世界!テレビを見ていたウザタクも驚愕する、なんたってちょっと前まで存在自体が無駄そのものみたいな男だったし。
まぁ、最近ようやく活躍し始めたというのに処分されてしまうのか!?





1355308849937.jpg
1355308790902.jpg

ミゼルに対抗するため一行は作戦会議を開く。
パーフェクトワールドが何なのかはいまいち分からないがジンや山野博士は『人間を管理運用する世界』であると推測する。
要するにデスティニープランみたいなものだろうか。その人間の適性、能力に合った仕事を割り振り、計画的に社会を動かしていくシステムという感じで。
だが、その結果刺身の上にタンポポを載せる仕事を生涯やらされるようになったりしたらたまったもんじゃない、自由を取り戻すため、バンたちは戦うことを決意する!(何か違う)








tv1355309013121.jpg
1355309183910.jpg
pa1355308738220.jpg

その一方でレネトン大統領は各国首脳陣からこっぴどく叩かれていた。
前回『ゴーストジャックはディテクターの仕業ではないか』と予想を立てたがホントにあたってしまった。
案の定エジプト首相に『ミゼルはオメガダインと何か関係しているのではないか?』と突っ込まれる。
大統領はオメガダインはベクターに完全制圧されてるからそれはないと否定する。
事実の確認をしてないのに断定するのは良くないですよ。
困った事に43話を見る限りミゼルとオメガダインには明らかに関係がある。
後々このことが知られたらますます疑いが強まってしまう。
ついでにオーストラリアから『セト50をさっさとなんとかしろ』とダメ出しを喰らう。
ガーダインが起こした凶行のツケが回ってきているということなのか。
元を正せばブレインジャックを引き起こして各国を混乱させたのはガーダインじゃなくて山野博士だったりするけど。
その元凶は服役することもなく悠々と科学者ライフを満喫してるわけですが大統領はどう思ってるんでしょうねコレ。




続いて日本の財前総理にも矛先が向かった。
『エクリプスは日本が保有する戦略爆撃きではないのか』と責められる。
すかさず否定する財前総理だがアレは誰がどう見ても立派な兵器なのでその言い訳は厳しいと思う。
日本刀を所持していて『刺身切るために使ってます』とのたまってるようなもんだぞ。
ついでにトランスフォームシステムが最初からあったものじゃなくてミゼルが後付したものだと説明する証拠がないのも痛い。
他の国は日本が変態性を爆発させて変形ロボに改造したと本気で思ってそうだし。
もっともこんな物なくても日本には最終兵器、山野純一郎がありますけどね。
ただ問題ばっかり引き起こすから財前総理もA国から帰ってきて欲しくないと思ってそうだが。
ヤマジュンと範馬勇次郎があればもう自衛隊すら必要なさ気だ。







tv1355309281196.jpg
pa1355309294671.jpg
tv1355309477720.jpg
pa1355309483716.jpg

その頃首脳会議の様子を見つめていたミゼルは『やはり人間は管理しなければならない』という認識を強め、キャンベルンを襲撃してセト50を強奪する。
こちらはなんの準備も出来てないのに敵は着々と計画を進めていく。
だが絶体絶命の状況に差し込む一筋の光が。
困ったときはやっぱりこの人、またやらかしてやがった究極のプロトタイプ、AX-000(トリプルゼロ)が目覚める!!




と言うわけでベクターに対抗するためAX-000を探すのが今後の目標となった。
なんか至高のメニューに対抗するために究極のメニューの材料をさがす美味しんぼみたいな展開になってきた。
それにしても山野博士は一体いくつ隠し玉を持ってるんだか。
今までの流れから彼がイノベーターに捕えられていた間にやっていた事をまとめると



・エターナルサイクラーの設計図をプラチナカプセルに封印する
・そのプラチナカプセルを組み込んだAX-00をリナを使って外へ持ち出す
・オーディーンの設計図を作る
・フェンリルの設計図も作る。
・ついでにイプシロンの設計図も作ってた
・海道邸のいたるところに爆薬をしかける
・クリスターイングラムにハッキングしてメタナスGXに細工を加える
・AX-000を密かに開発していた
(New!)



アンタ暇すぎ。
何が監禁されてただよ、働かないでやりたい放題じゃねーか。
更に海東邸を脱走した後もどうにかしてアルテミスに出場してコスプレ衣装にマスカレードJと言う専用機まで用意してる始末だし。
ミゼルが世界を管理しようと思ったのは一人の人間がやりたい放題世界を翻弄する現状に憂いを覚えたからだったりして。
そういえばミゼルの目的は世界というプログラムからバグを取り除くことだったな。
お願いですから世界より先にダンボール戦機Wの数多のバグを解決してください。

2012/12/11

青い悪魔

【ゾイド】HMM「サイコ・ジェノザウラー」4月発売!





うおおおおおおおおおおおおお!!!!
サイコジェノザウラーキターーーーーーー!

まさか出してくれるとは思わなかったァーーーー!!!



どちらかというとジェノブレイカーよりジェノザウラー派な私ですがとりわけこのサイコジェノザウラーは別格の存在です。
とにかく色がカッコイイ、クールで涼しげな印象を与えながらも畏怖を感じさせる通常カラーとは一線を画くサイケデリックな怪しさは見た瞬間に気に入ったものです。
完全新規パーツで幻影発生装置付きなのはもちろんジェノブレイカーとの技術的なつながりを感じさせるフレキシブルレーザーもついてくる!
勿論、脚部の8連装ミサイルポッドも期待してイイんすよね?
うーん、楽しみだ。
まぁ、アニメじゃ大して活躍しなかった上にいまいち決まらない最期を迎えた印象が強いけど・・・





個人的に(実現可能かという点も含め)グスタフの次くらいにHMM化を希望してた機体なので買わずにはいられないッ!!
まだ1年前に手に入れたライトニングサイクス作ってねーけど。
まごまごしてるうちにアーバイン仕様出ちゃうしさ・・・正月に時間があれば作ろうかな・・・



ただ唯一懸念すべきはサイコジェノザウラーにパイロットのリーゼとスペキュラーが付いてくるのはまぁ当然なんですが何故かあまり関係ないヒルツとアンビエントが付いてくるという事実によって『デススティンガーのHMM化フラグ消滅の可能性が存在するのでは』という点ですね。
ブレードライガーもライトニングサイクスもディバイソンもリリースしたんだからデススティンガーはむしろ出て当然位に考えてたんですがそうもいかないんだろうか・・・
でもなぁ、これだけ人気があって且つゴジュラスほどの大型じゃない上にアニメ版のボス機体ともなれば優先順位はかなり高いはずなんだけどな。
ここまで来たら是非ともブキヤさんには頑張っていただきたいですね。
なんとかジェネシスまで漕ぎ着けてムゲンライガーを出してもらわないと・・・






2012/12/09

ミニフィグ



P1170096.jpg


FE覚醒の公式資料が出てたので買ってきた。

なんかネット見てると多数の難民が出てるみたいだな、通勤路のTSUTAYAにフツーに4冊くらいドサッと置いてあった私は幸運だったんだな・・・



P1170097.jpg
P1170098.jpg
P1170099.jpg

内容は各キャラの公式イラストとかラフ画とかアニメーションのコンテとかですね。
うーん、オリヴィエはやっぱりエロいな。結局嫁にしなかったけど。
何故か4コマで肉ネタがあって吹いた、私も屍兵よりヘル・ミッショネルズのほうがいいと思います。
改めて思うけど支援会話多いなこれッ!!
全体の1/3位が支援会話で占められてるってどういうことだよ、しかも1Pごとにビッシリ書き込んであるのに。
お値段4000円となかなか高価でしたがまぁ、WiiUでも新作出てもらわにゃ困るしお布施しますよ・・・っと。





P1170092.jpg

さてそれ以外ではLBXコレクションの第5弾をようやくコンプしました。
第一弾以外盾がついてないなどの欠点はありますが安くて出来がいいからお気に入りのグッズなんですよね。
特に今回は色分けも結構頑張ってる印象でかなり満足したぞ!
このシリーズのいいところは大抵一体は未プラモ化のLBXが収録されているので貴重な立体物の資料としても役に立つところでしょうか。
今回はシャドールシファーと何故かXF-05が収録されてます。
…いや、確かにアニメでは屈指の出現率を誇ってたけどさぁ。





P1170095.jpg

ボーナスパーツはウェポンフォームのイカロス両機。
フォースの持ち手部分が一色なのはちょい気になるけどまぁ、許容範囲かな?
両手持ち不可なのでメテオブレイカー再現できないけどこれも仕方ないか・・・



今のところ私は第三弾以外はコンプしてます。
なんで三段はコンプしてないのかというと先ほど『大抵一体は未プラモ化のLBXが収録されてる』と書いた部分の法則が唯一当てはまっていない弾でして、おまけにラインナップがエルシオン、ペルセウス、アキレスディード、ハンター牙、鬼クノイチ、聖騎士エンペラー、ボーナスパーツでゼノンという6体中3体が既存のカラバリという
妙にやる気のない出来だったので積極的に買ってなかったんですよ・・・
与太話をしましたが、出来は確かなのでおすすめのシリーズです。
というか一応食玩扱いなので時期が過ぎると再販がかからないものなので気に入ったものは早めに買っておくことをおすすめします。

2012/12/07

リンクについて






リンク先に二件追加させていただきました。



michiさんの気まプラLBXはダンボール戦機を中心にガンダム等のキャラクターモデルの制作メインのブログです。
ペルセウスのSモード、エルシオンのKモード、ミネルバのBモードを再現された作品など見ていて非常に『おおっ!』となる作品が多いです。
主役三人のモードをプラモで再現するのは誰もが一度は考えるであろうアイデアですが、実行に移す方は滅多にいないのでその行動力や手の速さは大いに参考にさせていただきたい所です。
マテリアルの紹介など見ていてためになる記事が多いのも魅力的です。



せくたーさんの自打球堂本舗(゚Д゚)クワッはアニメ感想メインのブログです。
週一本のダン戦ですら息切れしがちな私にはとても真似できない量のレビューを書かれていて敬服します。
なんと!TH2の花梨ちゃん好きという大変貴重な朋友(ポンヨウ)であります!!
リアルじゃ一人もいないんだよね・‥どいつもこいつもタマ姉!このみ!いいんちょ!何故だ!?何故このミステリ権部長様を認めねぇ!?





折角の機会なので以前からリンクさせていただいてるブログも紹介したいと思います。
シンニィさんのシンニィの雑記帳はLBXをメインとしたプラモデル製作記のブログです。
豊富なオラ設定に裏打ちされた説得力のあるオリジナル期待の数々は設定を見ているだけで楽しませてもらえます。
現在はジ・エンプレス系統の機体を作っていてストライダー好きとしては興味がつきません。
一度に複数の作品を制作できるスキルは手の遅い私には大変羨ましい限りだったり・‥





因果丸さんの因果応報はダン戦を中心にアニメやゲームの感想ブログです。
ご存知pixvで仙道さんのタロット絵を挙げられた方であり、初めて知ったときは驚いたものです。
ダン戦アニメの感想は私も書いているのですが因果丸さんの感想は私とは全く視点が異なるので『そういう見方もあるのか』といつも感じさせられます。





やっぱりブログやってる身としてはこういう知り合いが増える喜びというのは格別なものです。
もうすぐ2013年になりますが私としては相変わらずくだらねー事書き綴っていくんだろうなぁと思ってます。
今回新たにリンクさせていただいた方々及び以前からリンクしている方々もこんな私ですがどうぞよろしくお願いしまsう。


2012/12/05

空飛ぶ悪魔



pa1354703478732.jpg
pa1354704646510.jpg


悪魔飛び立つ!!





一連の事件の鍵を握るミゼルがバン達と解合した。
ミゼルが晩たちの前に現れたのは一応、目的があるっぽい。
『世界を救ったのは君たちか』というセリフから察するに現在の世界情勢とかを把握しているらしい。
前回、何も知らない風だったのだが端末を通して急激に成長しているのだろうか?




1354703515273.jpg
1354703521110.jpg
1354703554304.jpg

バンたちの問いかけに答えることなくミゼルは地下鉄の奥へ消えていく。
何!立ったままの姿勢であれだけのジャンプを!!
追いかけようとするバンたちの前にベクターが立ちふさがる。
かくしてバン、ヒロ、キリトによる3VS1のバトルが始まった!
キリトさん何さらっと紛れてんの。
まぁ、暴走列車の時も勝手に乱入して好き勝手暴れたりしたけど。





1354703565662.jpg
1354703582081.jpg
120257.jpg

ベクターは触れるだけでLBXを操ることができる。
むしろどんな装甲も意味をなさず、一撃で無力化できるゴーストジャックこそベクター最大の武器だろう。
そう考えるとこいつって間違いなく素手の方が強いよね。
ベクターアックスとかいらんやん・‥
渋々協力したキリトですが連携攻撃に異議を唱えず黙々とプレイしてる辺り結構お人好しですね。
ゲームでコウスケと仲良かったのもやっぱり中身が似た者同士だからか・‥
無事、ベクターを倒すことができたもののメテオブレイカーを食らわせてもブレイクオーバーさせるのがやっとというケタ違いの耐久力を見せつけられ、勝利の喜びは薄いものだった。




1354703670498.jpg
1354703677446.jpg

ところで何故キリトがゴーストジャックを知っていて、ベクターを追いかけていたのかというとキリトは既にゴーストジャックを食らっていたからだった。
何処かへ連れて行かれたジョーカー&ハカイオーキリトカスタムを追いかけるため、新しい相棒とともに立ち上がったのだ。
なんだかんだ言ってあの二機には愛着があるんだろうな~。
機体が壊れたら基本放置しっぱなしの主人公メンツも見習ってもらいたいものです。
ハンターやゼノン辺りは壊れてもいないのにリストらくらったし。





pa1354704153380.jpg
pa1354704170037.jpg

呉越同舟という事で一時的にキリトも仲間に加わり、一行はとりあえずミゼルとベクターを調べることにする。
ところが解析の結果、なんとベクターはコアパーツが空っぽだった。
電池もモーターもなしにあれだけの超パワーで動いていたわけだ。
なんじゃこりゃ?最早人知を上回るテクノロジーだ、なんとなく胴体空っぽで動いてた∀ガンダムを思い出す。
ベクターはどっかに縮退炉でも積んでるのか??




pa1354703794300.jpg
pa1354703896297.jpg

バン、ヒロ、ラン以外の三人はキリトのフェンリル・フレアに興味津々だった。
やはりというかカズがちゃんと反応してくれたのはなんか嬉しいものがある。





1354703844496.jpg

当然気になるのはワンオフものだったはずのフェンリルを何故キリトが持っているのかという事。
ある日、キリトが公園で昼寝をしるところに突如現れたバイク便で渡されたものらしい。
送り主はウザタクで、キリトにテストプレイターになってもらうための献上品だった。
オメガダインが解体されるや否やいち早くキリトに目を付け、テストプレイヤーに抜粋するとはなかなかやるなウザタクよ。
就任してからずっと経営手腕に疑問を抱く声が絶えない宇崎新社長だったがとりあえずやる事はやってるらしい。
だが、スカウトマンとしてはジンを引き抜くために自ら出向いた西原さんの方が一枚上手か。
もっともキリトがいるのは海外だし西原さんが主任なのに対してウザタクは社長だから単純な比較はできないけど。
いつものように最初は渋るキリトだったがウザタクの巧みな話術によって結局承認したも同然の形になった。
そういえばウザタクももとは開発部の主任だし、山野博士の指示があったとは言えバン達をシーカーに引き入れたのも彼なので優秀なプレイヤーのカウトは結構やっていたのかもしれない。





pa1354704242151.jpg
120269.jpg

さてそうこうしてる内に再びLBXが暴走を開始した。
って店長ォォォォォォ!!!!
豆知識コーナーが消えて一年、絶えず再登場の声がやまなかった店長がついに画面に現れた。
セリフこそなかったもののこれは歴史的快挙だよ。良かった・‥出番がないのはイノベイターのことを知りすぎて消されたからじゃなかったんだね・‥
ところでLBXの暴走はA国だけでなく、中国、エジプト、オーストラリアでも同時にLBXの反乱が勃発した。
LBXが暴れまわる場所が全てディテクターの関与した場所とかぶってるは気のせいですか?
こりゃ、大統領がなんと言おうと国民は絶対裏でディテクターが糸引いてると考えるよね。
素知らぬうちに投獄中のガーダインにまた一つ、濡れ衣が着せられた。
・‥山野博士、罪を償わずに食う飯は美味いですか?






pa1354704814930.jpg
pa1354704695714.jpg
pa1354704506241.jpg
1354704574594.jpg
1354704527514.jpg

とにかくLBXの暴走を止めるため、一行はファイヤースイーツ隊と協力して鎮圧へ向かう。
味方が10人になったからもう二人組作っても余る人が出ないよ!やったね!!
・‥と思ってたらなぜかラン、ジェシカ、アスカがひと組でキリトはソロプレイだった。
女子組の誰か一人キリトにつけてやれよ。
まぁ、当のキリトは一人でも何の問題もなさそうだからいいのかもしれないけど。





pa1354704650173.jpg
120277.jpg
120275.jpg

騒乱の中、バンとヒロがいち早くベクターを発見し、ビルの屋上へ追い詰める。
だがそこへ突如ゴーストジャックを受け、行方不明になっていたエクリプスが現れる。
そしてそこでまさかの事態が発生!
ゲェーッ!!エクリプスが変形したァー!?


まさかまさかのトランスフォームだ。
巨神兵、東京に現るならぬエクリプス、Nシティへ現るだよ。
しかもなんか異常にでかくないか?変形前より質量が上がってるような・‥
これは元々エクリプスに備わっていた機能なのかベクターの仕業なのか・‥
後者だとしたらもう、ほんとなんでもアリだな。
こんなやつに勝てそうなのは劇場版のフランちゃん位なもんだろ。




120279.jpg
pa1354704870673.jpg
pa1354704863345.jpg


次回!パーフェクトワールド!!

パーフェクトワールドとはミゼルの目的のことだろうか?
それにTF化したエクリプスがどう関わるのか不明ですがコイツと戦うことになるのは避けられい空気だぞ・‥
やはり気になるのはエクリプスの変形が先天的なのか改造したものかということだ。


エクリプスはイノベーターが開発したものだが何のために作ったのかよく分かってない。
イノベーターの狙いはタイラントプレイスの破壊とエターナルサイクラーによるエネルギーの独占であり、現にエクリプスを失ってもイノベーターの目的に支障がなかった。
そもそもあんな高そうなものを奪われておきながら探そうともしなかった。
ファイターモード(違う)があるのはそのへんが関係しているのだろうか。



デクーOZがオメガダイン製であるのを鑑みるにイノベイター壊滅後、後盾を失った神谷重工はオメガダインに技術を売り渡したと考えられる。
そしてミゼルはオメガダインが作った様な描写がされている。
ミゼルと、エクリプス。二つのキーワードがイノベーターとオメガダインを繋いでいるのは今回の件と無関係と言えるのだろうか?
エジプトはクリスターイングラムに引き取られたような感じだがクリスターイングラムはオメガダインと繋がってるという噂があった。
ミゼル編は再びイノベーターが復活して暗躍する話になるのではないだろうか?
まぁ、あくまで私の予想ですしダンボール戦機は過去の遺産をあまり使わない作品なので自分で言ってなんですがあんまり信ぴょう性のなさそうな説です。話半分くらいに聞いてください。




あと非常にどうでも良い話なんですがフェンリルの入手経路を聞かれたキリトが『公園で寝てたら勝手にやってきた』と言った時一瞬、ダンボール箱に捨てられたフェンリルがキリトの足元に擦り寄ってくる図を想像したじゃねーか。
コイツは見た目こそアレだがLBXを大事にするという点では作中随一!
それを見抜くとはこのフェンリル出来るな!とか一人で考えたりしました。
本当に、清々しいほどどうでもいい話ですね、ハイ。
2012/12/05

光る目の少年


1354098848338.jpg
1354098664277.jpg

ミゼル編スタート!!






今回から新章、ミゼル編がスタートだ!
ゲームでも追加シナリオという珍しい形での展開ですがディテクター討伐という最大の目標がなくなった今、比較的自由にキャラを動かせるはずなので今まで脇役に徹してたキャラを活躍させたり意外な組み合わせでのバトルが増えたりするといった展開を期待したいですね。
要するにスタッフに好きなようにやらせてやれと。
実際、Wの中で特に面白かったアングラテキサス、BCエクストラスはどっちもアニメオリジナルなんだよなぁ。





1354098711382.jpg
1354098719342.jpg
1354098779559.jpg
1354098736899.jpg


さて敵が新しくなったのでOPも一部リニューアルです。
具体的な変更点は



キリトカスタム三体集合がフェンリルフレアに差し替え
Drマミー登場シーンがミゼルのアップ→ベクター登場に差し替え
ダックシャトルからLBXが発射するシーンが宇宙から大気圏内に、同時にパラダイスへ突入するシーンは謎の巨大ロボに突撃するシーンへと変更







と、まぁこんな感じでそれほど多くの変更点はないですね。
まぁ、まだOP変わってからあんまり時間経ってないですし新規カット入れただけでも全然マシな方でしょう。
ドラゴンボールZなんてセル編あたりになってもずっとOPにナッパがいた位だし。
今後もD9、Mk-Ⅱに乗り換えたらイカロスの部分差し替えるとか時間とともにちょくちょく変更があるかも。
たしか、ガンダムXもちょっとずつ変わってってたし。





1354098596199.jpg
1354098600198.jpg


ガーダインと真美の逮捕から数日、A国はパラダイスの破棄を決定、大気圏での爆破を決行した。
普通に武装解除するだけじゃダメなんでしょうか?
新しいの作るのだって金と予算がかかるだろうに、やることが山ほどあるんだったら無駄は省いたほうがいいと思うぞ。
なぜか新しい衛生が既に作ってあったから問題にはならなかったようだけど。
作るの早ぇな、A国にはジェバンニみたいなのがいっぱいいるのか?


1354098611659.jpg
1354098620831.jpg

さてそんな訳で世界は何事もなかったかのように穏やかな日常を取り戻した・‥
ように見えるが同時刻、オメガダインのどこかのコンピュータが静かに動き出す。
中から出てきたのは、一人の少年、ミゼルだった。
アダムとイブの停止に呼応するかのように目覚めたミゼルはパラダイスとどんな関係があるのだろうか?






1354098916550.jpg
1354098893769.jpg

そんな自体を知る由もなく、バン達は失墜したLBXのイメージアップを図ろうと地方興行やTV出演など地道に草の根運動を行っていた。
『こういうことも俺たちがやらないとな!』と気合十分です。
本来なら親父とかウザタクがやらなきゃいけない事なんだけどな。
相変わらず子供たちにおんぶに抱っこな連中だな。





1354098943883.jpg
1354098965444.jpg

そんな訳でカズ、アスカ、アミさんはLBX講師、ジェシカ、ジン、ユウヤはテレビ番組のゲスト、バン、ヒロ、ランは大会のエキストラとしてそれぞれの仕事に回る。
とりあえずアミさんが普通に子供たちの相手をしていて一安心です。
今までの経緯から考えると盗聴器の仕込み方とかLBXの投擲武器としての運用とか忠実な奴隷の作り方とか裏世界での処世術みたいなのを教えるんじゃないかと心配になってしまいますので。
もしくは、屈強なSPを一撃でひるませるローキックのやり方とか。
無差別級で優勝するランの蹴りとどっちが強いのか大変興味があります。






1354098998200.jpg

一方テレビ版の方はジェシカ以外がほとんど置物のなのでジェシカの独り舞台になってました。
訴訟大国で育った政治家の娘だけあって答弁は得意なんでしょう。
しかしBCエクストラスの時といい肝心な時でジンはユウヤに冷たいですね。





1354099053437.jpg
1354099087004.jpg

そして我らがバン達はエキストラとしてちびっ子たちのバトルをしていた。
使用機体はイカロス・‥って子供相手に軍用兵器を使わないでください。
なんて容赦のないやつなんだ、ゲームはみんなファミコンだと思ってるおじいちゃんとウメハラがストⅡで戦うようなもんだぞ。
どうやらバンは『痛くなければ覚えませぬ』な精神の持ち主らしい。
もっとも対峙したLBXの完全破壊率が9割を越すバンでが寸止めでやめましたんで手加減はちゃんとしてるんだろうけど。





1354099313405.jpg
1354099335016.jpg
1354099366905.jpg
1354099372193.jpg
1354099361947.jpg

忙しい日々もあっという間に過ぎ去り、いよいよNICSとの別れの時が。
ほかのメンツはともかく生粋のA国人のジェシカとはここでお別れです。
それじゃぁな!しみったれた親父さん長生きしろよ!そしてそのケチな息子よ、私のこと忘れんなよ!
お前の方こそ僕たちを忘れるなよ、このマヌケ面!
忘れたくてもそんなキャラしてねーよおめーは・‥じゃぁな。

戦力的には別に問題ないけど共に戦ってきた仲間と分かれる悲しみを秘め、一行は日本へ帰る。
家へ・‥帰ろう・‥







1354099496856.jpg
1354099501742.jpg

家に帰るのは『許可』しないッッ!!!



またしてもLBXが暴走を始める。
おいィ!安全宣言とは何だったんですか!?ダチョウ倶楽部の前フリ的アレだったんすか!?
しかしなぁ、わしゃこれで三度目だぞ、人生で三回も自分がつくたおもちゃが暴走するなんてそんなヤツいるかなぁ?
二度とテメーとは一緒に家に帰らねぇ。
オメガダインもガーダインも消え、Nチップも撤廃されたのに何故暴走が起きるのか?
しかも今回はLBXだけにとどまらず電子機会全般が狂ったように暴れまわるというより深刻な事態に陥る。






1354099572124.jpg
1354099713821.jpg


だが困ったときこそ無敵のオタクロス、監視カメラに映った怪しい影を見逃さなかった。
見たこともないLBXが一体だけ操られてるとは思えないような動きで街を徘徊していた。
この世界だと別に一点モノのLBXなんて珍しくともなんともないけどなんか見た目が怪しいのでコイツが黒幕だという話になる。
いやだって、黒いし一つ目だしもう見るからに悪者ですよ、顔なんかすごいデストロンとかにいそうな感じだし。





1354099730442.jpg
1354099782516.jpg

そんな訳でこの謎のLBX、ベクターを引っ捕える事に決定。
単独飛行できる、イカロス二機とミネルバ改が先行して操作に向かう。
捕獲しようとイカロス・フォースが一発打ち込みますが棒立ちのまま直撃にかかわらず傷ひとつありません。
それどころか可変飛行やブースターでの飛行とも違う反重力システムのような飛行で地下鉄へ逃げていきやがります。





1354099808339.jpg
1354099815650.jpg

一度かかった獲物を見逃してたまるかよ!とばかりにミネルバ改が攻撃を仕掛ける!
だがベクターにグワシィッ!と掴まれるとミネルバに異変がッ!!
なんとランの操作を無視して勝手に暴れまわるじゃないか!しかも心なしかランが使ってた時より強いぞ!
考えてみればブレインジャックはMチップを使用するのでMチップを抜いたヤマジュン製LBXには無効という設定があったがゴーストジャックはそもそもMチップなんて入ってないブルドーザーや信号が暴れまくってるところからゴーストジャックは普通に主役サイドのLBXにも有効ということになる。
うかつに攻撃を仕掛けられない、だからといってやられるわけにも行かない・‥
困っていると突如として剣がブーメランのように飛来する!
我々は知っている!やたら手持ち武器を投げたがる戦い方をするこの男を知っている!!!






1354099846412.jpg
1354099855747.jpg

風摩キリト!
Yes! I am!!





なんと苦戦するバン達を助けたのはかつての敵、風摩キリトだった。
最後に会ったのが絶望するキリトを放置してパラダイスの通路に置いてきぼりにしたということを考えるとわざわざ助けに来てくれる彼はなんていい人なんでしょうか。
しかし旅に出たはずの彼がなんでこんな所をうろついてるんだろうか?
『とりあえずいきなり遠いところ行くのもアレだし、最初は身近なところから』とかそんな心境だったのかもしれない。
西に強いLBXプレイヤーがいると聞けば飛んでいってぶちのめし、東に強いLBXプレイヤーがいると聞けば先回りして待ち伏せしていたかつての彼に比べるとだいぶ受動的な思考だ。
エイミーへの執着が切れて以前ほどフットワークが軽くなくなったのかもしれない。






1354099864118.jpg
1354100040393.jpg
1354100035588.jpg
1354100073947.jpg

意外な再開を果たした彼らの前にミゼルが現れる。
ミゼルの正体は何者なのか?オメガダインは何を企んでいたのか?
今、新しい戦いの火蓋が切って落とされた!!
次回!エクリプスに異変が!?
刮目して待てッッ!!





と言うわけでかつてのライバル登場、敵キャラの含みを持たせた演出とまずまずのスタートを切ったミゼル編。
すでに情報が出回っているオーディーンMk-2、アキレスD9、オーレギオンがどのタイミングで出てくるか気になるところです。
そうは言っても木曜日にはミゼル編がゲームでも配信されるからアニメで先が気になるという展開は次回までなんだろうな・‥
まぁ、ミゼル編の配布でようやくアキレスD9のMGノーマルカラーが手に入ると喜ぶ人も多そうですね。
ランキングバトルに変化とかあるんでしょうか?
願わくば、アップデートなしでシナリオ追加できたらいいんだけどなぁ・‥
トロイの腕を手放すのはあまりにも惜しいぜよ。
ところでミゼル編を開始するにはもう一度ラスボスを倒す必要があるんですよね。
6日の木曜は日本中でゼウスがフルボッコにされるんだろうな。
もう、発売から一ヶ月半もたった今ほとんどのプレイヤーはランバトでみっちりと鍛え上げてるだろうし。





2012/12/03

今にも落ちてきそうな天井の下で



最近夜中に毎日天井がバキバキいって壁紙の亀裂が広がってるけどなんなの?
なんか落盤事故が他人事に見えず穏やかじゃないぞ。
いかん、もし天井が落下してきたら部屋に置いてあるフィギュアやらプラモやらが危ない。





P1110091.jpg

さて冬まっさかりな今日この頃、こたつを購入しました。
以前は安物のハロゲンヒーターを使ってたのですが足元だけ極端に熱くなる上非常にバカ高い電力を使いやがる微妙なものでした。
現在はエアコンを使ってるのですがちょっと私の部屋はちょっと特殊な構造で今は家にいない姉の部屋と同室になっており、アコーディオンカーテンで部屋を区切ることができるという作りになってるんですよね。
で、エアコンがあるのが姉の部屋だから部屋を区切らずエアコン使ってるんですがなんせ二部屋分をひとつのエアコンで補ってる様なもので効き目が薄いんですよ・‥



と言うわけで安定した暖房装置が欲しい!と思ってこたつの購入に踏み込みました。
で、使ってみると・‥う~~~~む、やはり冬にこたつは実によくなじむぞ!!
おまけに広々としたスペースの机を使えることの便利さといったら!!
こたつでまったり過ごすのはそれだけで冬の楽しみと言えるね。


ただ、プラモ等いじるのは前から使ってた机がメインでそこで作業するとこたつが使えなくなるというジレンマが・‥
パテとか使ったり粉塵が舞う作業なんであまりこたつを汚したくないんだよなぁ。
週末になにかマットでも買ってこようかと思います。




2012/12/02

劇場版イナズマイレブンVSダンボール戦機W感想(後編)

※ネタバレ有りです、未見の方は注意!!!※

続きを読む

2012/12/02

劇場版イナズマイレブンVSダンボール戦機W感想(前編)

たった今映画館から帰還してきたぜ!
と言うわけで見てきましたよ劇場版イナズマイレブンVSダンボール戦機W!!
内容を忘れちまわないように早速感想を書いていこうと思います。


※ネタバレ有りです、未見の方は注意!!!※




続きを読む

2012/12/01

タマゴサンドの日




はい、Q見に行きました。
感想は明日にでも書きたいと思いますがまぁ、なんだその・‥コメントでもエヴァについて書いてくださった方もいらっしゃりますがまさにその通りというか前評判通りだったとだけは言っておこう。






まぁ、それは置いとくとして今日はいよいよダンボール戦機VSイナズマイレブンの公開日ですもんね!
年甲斐もなくワクワクしております、こんなに楽しみなのは00劇場版以来だなー。
やっぱりお気に入りのロボアニメを銀幕で見れるというのは私のような人間にとって格別の喜びなのですよ!
Qもエヴァでの戦闘シーンは結構楽しませてもらったけどね。






P1090093_20121202031143.jpg

で、映画こそ見てこなかったもののとりあえず限定版プラモだけは確保しておきました。
私が行った時点で残り二つだった上にすぐ後ろで早速映画を見てきたと思わしき腐の方々が買うか買わないか迷ってたのでほどなく最後の一個も売れたんだろうなぁ、結構ギリギリでしたね。
ついでに激闘アクションも買ったけどこれ下半身動かないのな。
詳しい話はまた別の機会に儲けようと思いますが以前紹介した韓国製の完成品トイとは別物と考えてよさそうです








P1090092.jpg

さて最期に今日は我が愛しのギャルゲーヒロイン、笹森花梨ちゃんの誕生日なのでささやかながらお祝いをしたぜ!もう3年くらいこれが恒例行事となっているな・‥
このみやタマ姉やいいんちょやささらのフィギュアが出まくる一方で我らが花梨ちゃんは10年に一度出ればいいほうなので立体物も非常にさみしい・‥
その上出たところで出来の方が保証されているかといえばそうでもなく・‥
まぁ、今のところ物凄い外れがないのは救いですけどね。


ちなみに左端のピンクの台座に乗ってる奴は和風堂玩具店のToHeart2 トレーディングフィギュアコレクション Vol.2というカプセルトイで値段の割に出来が非常に良いのでかなりのお気に入りです。
さらに標準でキャストオフ可能でパンツが白と黄色の縞パンというこのスケールでありながら無駄な力の入れ具合には感涙を禁じえません。
勿論花梨ちゃん以外のヒロインも収録されており、そちらもいい出来ですぞ!
というかTH2のミニフィギュアは首が無駄にボールジョイントだったりAnotherDays発売以前からちゃる、よっち、ミルファ、シルファあたりをラインナップに入れてたりEDにしか出ない私服姿の由真を立体化してたりとどこの会社のもエライ気合の入ったものだったな。
小スケールのフィギュアは安価な値段とクオリティがイコールな物が大半ですが中には侮れないものがあったりするからフィギュアを購入したいけどはじめの一歩を踏み出せない人は探してみてはいかがですか?