2018/02/19

WF2018冬・完!!


IMG_5207.jpg

WFより帰還しました!!
いつも通り死ぬほど疲れて死ぬほど楽しいイベントでした。
出発時は雪がちらつく寒さで中々不安でしたが何とかなりました。昨日あんな記事書いた後に本当にバスの席が一番後ろだったのはもう笑っちゃったなあ。
いやぁ、ホントに10年前をよく思い出す旅路でした・・・一緒に行った先輩がキレイにその件を忘れてたけど。
しかし行く前から予想してましたが今回は歴代で屈指の寒さだった。
基本WFの待機列なんて夏でも冬でもそう苦にはならんのですけどね。
並んでてこんなに凍えそうになったのは久しぶりでした。
とりあえず待ち時間はメダロットクラシックをプレイしながら過ごしておりました。メダロットに詳しい後輩が色々アドバイスくれたのでプレイが捗ったぜ。



IMG_5210.jpg










とりあえず疲労がたまってるし書くと確実に長くなるので詳細は省いて戦利品の報告だけ。
キットは東風谷早苗(月の裏側)、ホワイトゼロ(やすべえ)、神威(ACT-kNife)の3種類。
早苗さんとホワイトゼロは去年の夏の時点で絶対買う!!!と心に決めていたキットだったので購入できて本当に良かった…
ちなみに早苗さんは後日通販での販売もあるようですので興味のある方は是非ご検討してみてください。
神威はやはり人気が高く可動フィギュアを含め何体か出ているところもあったのですがACT-kNifeさんの物を買わせていただきました。
しかしどれも素晴らしい出来で大満足です。良き力だ・・・
キット以外だとエアブラシ清掃用の器具と紙製のオモチャ。それに3月発売予定のウチヤマリュウタ氏によるZbrush教本が先行販売してたので買ってきました。
帰りの新幹線の中で読んでましたがかなり濃い内容でとても役に立ちそうです。
Zmodelerをかなり駆使して造形していくやり方はかなり得られるものが多そうです。
髪の毛も自分の物と全然作り方が違っていて実に参考になる…
毎度のことながら自分で買う分はそう多くないのに人へのお土産や頼まれ物と合わさってすんごい荷物が多かったです。
失くさず持って帰れて本当に良かった・・・
ガレージキットの展示や販売もそうなんですが近年は3DプリンタやCGソフトのメーカーがこぞって出店してるんでそうしたところで色々お話を伺う事が出来たのも貴重な体験でしたね。
去年私が買った3DプリンターのFinderを出しているFlashForgeも今回出ていてまた色々質問させていただきました。
PixologicではZbrushのペイントソフトを買うかどうかちょっと迷ったけどまだいいかなと保留しました。


明日は有休を申請してきたのでゆっくり疲れを癒したいと思います。
問題はそのあとに確実に襲い来る筋肉痛だよねぇ…
今週一週間は中々辛いことになりそう
スポンサーサイト
2018/02/17

WF2018冬前夜


荷物よし!カメラよし!ガイドブックよし!財布よし!スマホよし!全部よし!
と言うわけであと10分ほどでWFに向けて出発します。
何を隠そう私は今回のWFで参加しはじめてから10年目になるんですよね。
いやぁ懐かしいなぁ。初めて行った時も今日みたいに雪がチラついてたっけ・・・
昼間に8時間バイトして夕方ガンダム00でGN-Xが初めてスローネを撃退した回を見て深夜バスの一番後ろの席で東京駅へ向かったって事を鮮明に覚えてます。
そういやバスで隣の席だった人もWFへ行く人だったなあ。
あの頃は限定Figmaなんて20分も並べば買えたんだぜ・・・っていうかあの時初めて限定Figma売り出したんだけどね。
実際夏の時にはもうすっかり有名ブランドになっててガッツリ並ぶようになってたし。
うーん、あれから10年かあ・・・
あの頃はハルヒ、なのは、TH2、ギアス、ローゼン、Fate辺りが主流だったな。
若干形が違うとはいえこの中で残ってんのはFateだけか。やっぱ型月はすげえよ・・・
東方はこの一年後ぐらいから急激に増えてきた印象。ハルヒはやっぱメインが三人しかいなかったからか割とすぐに見なくなったなぁ。
最近はもうFGOの独壇場みたいな面もありますね。艦これは版権がさらに厳しくなって数を減らしてる印象。
一方でアズールレーンはほぼ無版権と同様の条件であるとも聞いた。この点はフィギュアにおいて有利ですが今後どうなっていくでしょうね。けもフレは今回多いけど正直今後は少なくなるかも・・・
何気に強いのはブキヤで絶好調のFAGに加えてメガミデバイスも力を付けてきているし、この流れで装甲娘も出してくれれば御の字と言ったところか。
まあ、振り返ってみると財布を落としたり出店が間に合わなかったりと本当に色々あった10年でした・・・
でもその都度色々な人に助けていただいた楽しい10年でもあったと思います。
また10年後も変わらずWFに参加できてるといいなぁ。


2018/02/14

もうすぐWF


ふと気が付くと冬のWFまで一週間を切ってます。
いやぁ、今回も楽しみですね。思えば去年は入院騒ぎで色々慌ただしかったけど無事参加できてよかった。
しかしFEHも一周年で色々やる事が多いんだよなぁ・・・
入院中はリリースしたばっかでスタミナは少ないわ経験値は稼げないわユニットは揃ってないわでずーっとレベル上げしていた覚えがあります。
仕事してても今年はなんか去年よりずっと寒いしこんな事なら今年入院すればよかったぜ。
と思ったけど病院にPC持ち込めないから装甲娘出来なくなるんでやっぱダメだな。




WFもぼちぼち情報集め中。
私が(勝手に)最もリスペクトしているほそちん=サンが今回早苗さんの新作を出されるので購入することが確定的に明らか。
毎度毎度執念の塊ともいえる髪の毛の作り込みにただただ圧倒されるばかりです。
髪の毛もそうなんですけどほそちん氏が作る早苗さんはどれも指先がすごくイイ
家で買ったガレキを眺めているとちょっとだけ吉良吉影の気持ちが分かってくる。
後はスカートの翻りだったりお尻の造形だったりイチイチ細部の形状が俺好みなんですよね。
毎度こんなフィギュアが作りたい!と思いつつも形に出来ない。
これはまあセンスもそうなんですがひたすら腕を磨くしかないんでしょうね。楽に上達できる方法なんてないんだからこの季節は皆血反吐を吐きながら最後の追い込みをしてるんだなぁ・・・




setubun.png

タカキ他の原型師さん達も頑張ってる事だし俺も頑張らなくっちゃ!
という事で最近はまたZbrushで作業中。
Skypeで大学時代の仲間たちに進行具合を見てもらって変なところがないか添削してもらいながら作ってます。
やっぱり自分だとずーーーっと原型を見ながらやってるわけですからどこがおかしいのか分かんなくなってくるんですよね。
第三者の目があるのは本当にありがたい。
最近折角買った3Dプリンタ君もあまり動かしてないのでこの原型が出来たら一回出力してみたいと思います。

2018/01/22

もでもで


ちょっと更新が途絶えておりました、申し訳ありません。
最近はそうむす効果でそこそこ更新頻度も上がり賭けだったのですが、ちょいと自分の中でZbrush熱が再燃してきまして。
やはり生命を削って原型製作している方々をツイッターとかで見てるとこう、自分も頑張らなきゃいかんなぁみたいな感覚が湧いてくるんですよね。
いつの間にやらWFまで残り一か月切ってるし・・・参加する原型師の皆様には無理のない程度に頑張っていただきたいです。
まあ、無理せず完成まで漕ぎつける人なんて極めて稀なんですけどね!!!でもみんな好きで無理してる訳でもないというのがまた。




如月ベース

手前味噌ですが色々試すうちになんとか顔と体はそれっぽく造形できるようにはなりました。
髪の毛はいろんな作り方があってどれも長所もあれば見逃せぬ短所もあるという具合でやり方は取捨選択が必要ですがなんとか自分なりにやりやすい方法を見つけられました。
一応見てわかるレベルにはなってくれたと思いますが艦これの如月ちゃんです。我が嫁!!




mdd.png



こいつをGoZと言う指定のプラグインを使って年末に買ったマーベラスデザイナーの方にデータを転移するとアバターとして読み込めるので後はこのボディに沿った形状の型紙から服を作ればボディにピッタリの服が生成できるという寸法よ。
まあ実際には髪の毛が邪魔になるんでハゲ頭状態で読み込むことになるんですけどね。
上手くいけば手間のかかる衣服の造形を大幅に時間短縮できるはずなのでここは頑張ってやっていきたいと思います。


2018/01/04

マーベラス



今日で正月休みも終わりです。
分かってはいたけどあまりにもあっけなく終わりすぎて辛いわ…
甥っ子の世話とか家の大掃除(自分の部屋に非ず)だの雑用が多くて結局ほとんど何もしてない様な気がするんだけど???
映画とか貯めたアニメとか見たかったなぁ…唯一見たのはタイムシフトしたFAG一挙放送ぐれえなものよ。
しかもさっきようやく見終わったくらいだし






そんな正月でしたが休みに入る前に買ったものがあります。
MarvelousDesignerです。
Steam版なら定期的にセールをするとの事でしたので期を待っていたのですが、このたびウィンターセールで35%オフになったので購入に踏み切りました。
MarvelousDesignerを簡単に説明すると衣装制作用の3Dソフトでして、型紙を2Dで作って3Dモデルのアバターに合わせて服を作っていく感じのソフトです。
これの利点はシワなどを自動で演算してくれる事で比較的楽にリアルな衣装が作れるのと、作ったモデルをZbrushの方へ移して加工が可能と言う点です。
で、うまい事使えればフィギュア制作で面倒な衣服の製作で楽できるかなーと思って買ってみました。
応用すれば服だけでなくカバンとか、とにかく縫い合わせて作るものなら大体作れるようなのですが如何せん買ったばかりでほとんど手探りです。
Zbrushと違ってまだマイナーなソフトなのかネットで検索してもチュートリアル的な物がほとんど出てこないし、あってもほぼ英語なんでYoutubeで動画部分だけで推測して使い方を覚えたりChromの翻訳機能で本家マニュアルを読んでみたりと七難八苦です。
唯一の救いは今回のVer7にて日本語に対応したことで各種アイコンやメニューの説明は理解できるというところでしょうか。
ていうかこれが無かったら多分全く理解できなかったと思う。





mbtest4.jpg
mbtest2.jpg


とりあえずチュートリアルを参考に簡単な衣装から作ってる最中です。
下のオッサンは上とは別の動画を見ながら作った奴ですが途中でどうしてもわからず挫折して若干クワトロ大尉の様なマヌケな格好で放置するハメになりました。
ワンピースくらいなら割と楽に作れるそうなのでとりあえずそこを目指して頑張りたいと思います。