2018/04/19

装甲娘・ピースゲットミッション




現在リリース三ヵ月記念第二弾・ピースゲットミッションが開催中です。
・・・なのだがTwitterで一切告知がありません。なにやってんだよ運営!?
次のイベントに向けての充電期間だと信じたいところです。
しかしなんでバナーのイラストに使われてるのがマッドロブスターなんだ。
そもそも参戦してること自体ビックリなLBXなのに☆4とやけにレアリティが高いのが謎だったけど今回新しい謎が増えた。



ピース収集祭り

ちなみ前回のイベントですが私はギリギリ☆1を二人分交換できるところでギブアップ。
序盤は結構頑張ったけどやはり作業に追われて後の一週間はあまりプレイできなかった・・・
それでもアキレスを覚醒させれたんで満足です。




今回は前々回と同じくEVミッションタイプ。
ローテーション巡で言うなら次はレイドバトルかと思ってましたがここに来て流れが不規則になってきたか。
不評だったのか3000Pのミッションはガチャからレイドバトル報酬に変更されました。
まあ、完全に課金前提のミッションだったからこっちの方が波風立たないよね。私はこっちの方が良いと思います。




今回も前回同様☆1~4までのそうむすがピックアップ
ラインナップはすべて一新されています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆1 ピース

ウォーリア
DCオフェンサー
ブルド
マリーフェイン
インセクター
インビット



必要ポイント 各80P、最大30まで交換可能。計2400Pで各キャラクターのピースすべてと交換できます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆2ピース

AX-00
ソルジャー
カブト
スワン
サラマンダー
バスター
グリーンリボン



必要ポイント 各120P、最大30まで交換可能。計3600Pで各キャラクターのピースすべてと交換できます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆3ピース

リュウビ
ビビンバ―ドX-Ⅱ
プリンセスM
マスカレードJ
マッドドッグ
クイーン
ビビンバ―ドX-Ⅴ



必要ポイント 各160P、最大30まで交換可能。計4800Pで各キャラクターのピースすべてと交換できます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆4ピース

ビビンバ―ドゴールド
月光丸
フェアリー
Gレックス
マッドロブスター



必要ポイント 各600P、最大30まで交換可能。計18000Pで各キャラクターのピースすべてと交換できます。


今回は総勢25人!
内訳としては☆1が1人増え、☆3がと☆4が1人減ってます。
やはり注目は過去にイベントPUキャラだった月光丸とフェアリーがいる点でしょうか。
まあ二人とも今は普通にガチャで出てくるけど必殺ファンクションの倍率がド高い月光丸とメディックとして優秀なフェアリーはありがたい。
☆4は他にGレックスのリーダースキルがストライカー隆盛な今の環境に噛み合ってるので狙ってもよいかもしれません。
ビビンバ―ドゴールドはパワーフィールドが大幅に遅くなりましたが、最近のマップだとEXTRAじゃ敵の猛攻が大分激しいので最初の方で出しておけば中盤安定して戦える利点は残ってます。
交換しやすい☆1にドロップ限定キャラが固まって入っているのも嬉しいポイント。
こいつらは引くのもめんどくさければ覚醒するのは更に面倒ですからね、稼げるときに稼ぐが吉でしょう。



と言うわけで前回に引き続きそれ程焦らなくてもよいイベントですね。
個人的にはありがたいけど一か月全く新キャラが出ない事になるので少し心配になる節もあります。
まだまだ三ヵ月ですからねえ、これからにござる、これからに・・・
うーん、今回はGWがあるとはいえモデリングが佳境に入りそうなのでやってなかったストーリー攻略の方をシフトしていこうかな・・・
これまでイベントが絶え間なく来てたからストーリーの方に手を付けれてなかったんですよね。
ミッション系のイベントだと特定のステージの攻略を指示する任務もあるので、いざってときに開放してないと困るし。

スポンサーサイト
2018/03/13

誤誕生日にごわす


どうも、先日誕生日を迎えたエズフィトです。
その件についてですがとんでもない思い違いをしておりました。さっそく弁解をさせていただきます。


まずはこちらをご覧いただきたい





28.jpg



1年前の当ブログの記事です。
・・・読者の皆々様方、本当に、本当に申し訳ありません。
私エズフィト、今年で29歳でした。なんという失態だ!!!!11万死に値する!!!111
しかも自分で気づいたわけでなく会社で同僚に教えてもらってようやく気が付くというマヌケぶり。
『マジで!?俺まだ20代だったわー、これであと1年はイキってられるぜ!』とか一瞬思ったりもしたけれど自分の歳すら曖昧になってる時点で頭の方は確実に30以上だと思います。
ていうか家族も何か言ってよ!なんで血のつながりゼロの同僚に教えてもらうまで誰も気づかんねん。
思えば周りが30、30言うてたからワシも勘違いしたのでは?エズフィトは訝しんだ。
まあ、どう言いつくろっても私が自分の年齢すら曖昧だった事実は変わらないのでここは潔く間違いを認める事にします。
前回の記事を読んで『エズフィトはウソツキだ!』と思った少年少女の皆さま、申し訳ございません。
エズフィトは嘘つきではないんです。間違いを犯すだけなんです・・・




そんな訳でエズフィト29歳、改めてよろしくお願いいたします。
そして紛らわしい記事を書いたにも関わらず心温まるコメントを寄せてくださいました皆さま、本当に申し訳ございませんでした。
おいは恥ずかしい!生きておられんごっ!
ブログに記事書くん前に去年の記事を見るんは女々か??
2018/03/10

the 30th



本日3月10日をもってしてエズフィトは30歳になりました。
30歳!!!・・・うわぁ~、改めて字に起こすとオッサンになっちまった感が半端ない。
これまではなんだかんだで20台と言う若さ溢れるワードで年齢をゴマかせたのにそれすらできやしねぇ。
大学入ったのがもう10年以上前なんて信じたくもない話だぜ・・・どうりで現役の後輩たちと話をしていてもイマイチ噛み合わないわけだよ。
ビーダマンもベイブレードももう彼らはクラッシュビーダマンやメタルファイトベイブレードの世代なんだからな・・・
そんな訳でとりあえず話が通じるガンダムは助かる。世代をまたいで展開するコンテンツはこういう時便利だねえ。
ビルドダイバーズも楽しみにしてます。





IMG_5216.jpg

と、後ろばかり見ていてもしょうがないので、また一つオトナになったと好意的に捉えておきます。
それになんたって周囲の人から誕生日プレゼントと言う名の贈り物が貰えるもんね!
今年は会社の同僚からロクショウと学生時代の先輩から霊気の薬瓶を頂きました。
ロクショウはメダロットクラシックをやってから欲しかったもののどこに行ってもメタビーしか置いてなかったので買いそびれていたんだよね。
三月に再販があるとは聞いていたけどまさか自分で買う前に手に入るなんて・・・大切に作らせていただきます。
霊気の薬瓶は今ではすっかり高いカードになったなあ、最も強い事しか書いてないから当然の結果でもあるが。
誰だよこんなのを最初にアンコモンに設定した奴は・・・
私は定期的にスリヴァーデッキを作りたくなるものの大体土地の配分に悩んで中途半端なデッキになりがちなので色を無視できる薬瓶は実際有り難い。しかもFTB版。
それでなくとも小型を展開して殴るデッキが大好きなのでこのカードはいくらあっても困らない程です。
丁度今日恐血鬼も手に入った事だし赤黒ウィニーを練り直そうかしら。




そんなこんなで私が23歳の時に開設したこのブログもすっかりオジサンが運営するブログになってしまいました。
そうなったからと言って何が変わるわけでもありませんが読者の皆様も引き続き当ブログを見守ってくださると有難いです。
まあ世間一般的には十分大人と言われる年齢になった事ですし、何か胸張って名を残せるような事をしたいですね!
当面の目標はやはり装甲娘の3Dコンテストかな。がんばるぞい。
2018/02/27

最"獣"要計画始動!


2018年2月27日午前11時





日本中に住むモデラーに激震が走る――――ッ!!





















夢じゃない・・・!夢じゃないんだ・・・!!
もう絶対復活しないなんて言われたりもしたあのゾイドが新シリーズ(超重要)で復活ですよ!!
まさか・・・いやまさか。私個人としてはダンボール戦機と並んで復活を望んでいたシリーズではありましたが、以前の復活からあまりにも時代が経ちすぎた事や、HMMと言う独自ジャンルで一定の層を築いていた事、模型ではなく玩具扱いであるためおもちゃ屋としても取り扱いが独特、かつ少子化の影響等・・・
諸々の点を鑑みても本家シリーズが復活することはないと思っていました。
それがまさかの復活ですよ。しかも何?アニメ・・・?マンガ・・・?ゲーム・・・?
忘れはしない、この流れは19年前に感じたあの時と一緒だ・・・!!!




1999年、機銃新世紀ゾイドは当時ビックリマンチョコやポケモンにハマっていた小5の私にとって稲妻の様な衝撃を与えたコンテンツだった。
それまでロボットと言えばビーダマン爆外伝とワタルくらいしか見たことない自分の前に共和国軍、帝国軍という何やらミステリアスな響きとジオラマをバックに鎮座するゾイドの姿は痺れるほどにカッコよかった。
当時習い事の関係でロクにアニメが見れない自分にとってテレビ娯楽はもっぱら映画だった。
木曜洋画劇場、金曜ロードショー、土曜ワイド劇場、日曜プレミアム・・・と木~日は映画三昧で、たまにジャッキー作品やホームアローンがやると小躍りしたもんだよ。
と言うわけで俺の小学生時代のテレビの馴染み度は実写>>アニメだったんですね。
ガンダムも勇者ロボも見てなかったけどエイリアンやビバリーヒルズコップは全作見てたとかそんな感じです。
そこにきてゾイドはパッケージやバトストで実写寄りなアプローチをグイグイしてくるんですよ。もうそれがカッコよくってさあ。
コロコロでカラーページが乗った翌日は友達と大いに盛り上がったもんです。
それで町内会の祭りで貰った小遣い(3000円で)友人のH君やW君と一緒にイトーヨーカドーまで買いに走ってモルガガイサックプテラスを買いました。
確かヘルディガンナーかレドラーも迷ったんですけど小さいので統一すれば3つ買えると思ってその3つにしたんだと思う。
はやる気持ちを抑えて家に帰って組み立ててゼンマイで動かしたときの感動ときたらそりゃもう凄かったよ、今でも最初に買うゾイドにモルガをチョイスした当時の俺を褒めてあげたいね。
ガイサックは早々に足を折っちゃったけどね・・・



話を現代に戻すとゾイドワイルドってタイトルがイイですよね。ワイルドと言えば初代アニメの主題歌にして名曲、Wild Flowerを真っ先に思い出します。
それを意識したってわけじゃないでしょうけどニヤリとしますよねえ。
最初ネットにコロコロの画像が上がった時は『タイガー型かな?』とも思いましたが素直にライガー経で来ましたね。
そんでライバル枠がティラノ型と言うのは機銃新世紀版を踏襲していて世代のファンにはタマラナイ、良いセンスしてます。
何より嬉しいのがライガー&ティラノだけじゃなくてカブト、クワガタ、サソリ、カメ、ワニ等ちゃんと動物のバリエーションが多いのが嬉しい。
やっぱりゾイドはちょっと変化球な生き物をカッコよくアレンジしちゃうのが魅力の一つだし、多様な動物を使ってくれるのはとても嬉しい。特に機銃新世紀の末期は猫も杓子も四足獣ばっかだったし・・・
大きさは従来の1/72からダウンサイジングして1/24かそれより少し大きいくらいでしょうか?
まあ機銃新世紀時代より物価が大幅に上がってるし前と同じ大きさで手ごろな価格、ってわけにはいかないんでしょうね。
で、どうせサイズも小さくするならスケールも変えてしまおう・・・という考えだろうか。単純に小さくするよりずっといいと思います。
背乗りの騎乗スタイルは結構突っ込まれてるけどセイバリオンやガンタイガーもこんな感じだったし私はそんなに気にならなかったなぁ。







オモチャは組み立て式玩具で発掘した骨格を復元していくというイメージの様です。
この設定とデザインで真っ先に思いつくのはやっぱゾイドジェネシスですよね。
そもそも新ゾイド達の骨格や目の表情なんかバイオゾイドにそっくりですし。
バイオゾイドって結局どういう存在か良く分かってないんですよね。
私はてっきりあの生物めいたフォルムはゾイドの最古の姿かなんかでディガルドがそれを復元、ゾイドの発祥に関わる存在だからこそ恐竜型しかいないし、タイトルが「ゾイドジェネシス(起源)」なんだろうなと推測してたんですが全然違いましたね。
ソラノヒトの技術で作ったゾイドくらいの説明で流されちゃったけど外伝だとバイオマザーとかいたしバイオゾイドは謎が多いです。
こいつらがバイオゾイドに関わってるならその謎が今度こそ明らかに・・・?
とわずかに期待してみるもまあ正直ないわなぁ・・・知名度が低くて人気もイマイチなバイオゾイドをいまさら引っ張り出してくるとも思えないし。
それに私的にはあまり旧作にとらわれずに思う存分のびのびと展開していってほしいんですよね。
そりゃあ旧ゾイドの再販とかあったら狂喜乱舞するけど!けど!!!




動画も紹介されてますね。
どうもメカ生命体~機銃新世紀ZOIDSの様な戦争物というよりは/0の様な競技物に近いのかな?でも命を懸けたって言ってるからそれほどカジュアルな物でもないのかも。
まあ戦争物にしろ競技物にしろゾイドはどっちも経験済みですからね、安心して構えてられるってもんです。
それよりこのライガーの滑らかな動きと来たら素晴らしいですね。
聞くところに夜とアニメを担当するのはOLMと言う噂があります。
OLMと言えばダンボール戦機無印・Wも手掛けていてCGロボアニメの実績バッチリですよ!
Wのキラードロイドを見た人なら二足歩行ロボ以外も全然イケるのがご理解いただけるだろう。
いやあキラードロイドワイバーンを見た時「この動きでゾイドやってくんねえかな」とか思ったけどまさか現実になるなんてな。
生きてりゃいいことあるもんですよねぇ、ホント



今後はコロコロで漫画も連載されるという事。
コロコロのゾイドと言うとまあ、あの事件を思い出したりもするわけですが・・・頑張っていただきたいです。
でもね、私的に今回のゾイドで一番頼もしく思ってるのが「コロコロとメディアミックスしてる」って所なんですよね。
ゾイドはこの12年リバースセンチュリーとかゾイドオリジナルとかMSSとかマスターピースとかでたまに復活してたんですがほぼすべて途中で失速してそのまま消えてるんですよね。
上に上げたシリーズの中でゾイドオリジナル以外全部にお蔵入りした製品がある時点でどんだけ尻切れトンボで終わってたのかが良く分かると思います。
そう考えるとコロコロがケツ持ってくれるのは頼もしいんですよ。従来のゾイドシリーズが苦手だったセールス面をガッチリ補強してくれるパートナーで子供が知る窓口としてこれ以上ない媒体ですからね。
折しも任天堂がSwichの新コンテンツとしてダンボール製の作って学べるアイテムを出してますし工作して、動かすと言う楽しみを知ってもらう玩具に追い風が吹いてると思うんですよね。この風に乗って是非羽ばたいていってほしいです。
いやあもうなんかホントに嬉しいですよ。
あれもこれも書きたいことが多すぎて何から書いていいから分からないや・・・
とりあえず一つ言えることは今年の夏は暑くなりそうだぜ・・・

2018/02/19

WF2018冬・完!!


IMG_5207.jpg

WFより帰還しました!!
いつも通り死ぬほど疲れて死ぬほど楽しいイベントでした。
出発時は雪がちらつく寒さで中々不安でしたが何とかなりました。昨日あんな記事書いた後に本当にバスの席が一番後ろだったのはもう笑っちゃったなあ。
いやぁ、ホントに10年前をよく思い出す旅路でした・・・一緒に行った先輩がキレイにその件を忘れてたけど。
しかし行く前から予想してましたが今回は歴代で屈指の寒さだった。
基本WFの待機列なんて夏でも冬でもそう苦にはならんのですけどね。
並んでてこんなに凍えそうになったのは久しぶりでした。
とりあえず待ち時間はメダロットクラシックをプレイしながら過ごしておりました。メダロットに詳しい後輩が色々アドバイスくれたのでプレイが捗ったぜ。



IMG_5210.jpg










とりあえず疲労がたまってるし書くと確実に長くなるので詳細は省いて戦利品の報告だけ。
キットは東風谷早苗(月の裏側)、ホワイトゼロ(やすべえ)、神威(ACT-kNife)の3種類。
早苗さんとホワイトゼロは去年の夏の時点で絶対買う!!!と心に決めていたキットだったので購入できて本当に良かった…
ちなみに早苗さんは後日通販での販売もあるようですので興味のある方は是非ご検討してみてください。
神威はやはり人気が高く可動フィギュアを含め何体か出ているところもあったのですがACT-kNifeさんの物を買わせていただきました。
しかしどれも素晴らしい出来で大満足です。良き力だ・・・
キット以外だとエアブラシ清掃用の器具と紙製のオモチャ。それに3月発売予定のウチヤマリュウタ氏によるZbrush教本が先行販売してたので買ってきました。
帰りの新幹線の中で読んでましたがかなり濃い内容でとても役に立ちそうです。
Zmodelerをかなり駆使して造形していくやり方はかなり得られるものが多そうです。
髪の毛も自分の物と全然作り方が違っていて実に参考になる…
毎度のことながら自分で買う分はそう多くないのに人へのお土産や頼まれ物と合わさってすんごい荷物が多かったです。
失くさず持って帰れて本当に良かった・・・
ガレージキットの展示や販売もそうなんですが近年は3DプリンタやCGソフトのメーカーがこぞって出店してるんでそうしたところで色々お話を伺う事が出来たのも貴重な体験でしたね。
去年私が買った3DプリンターのFinderを出しているFlashForgeも今回出ていてまた色々質問させていただきました。
PixologicではZbrushのペイントソフトを買うかどうかちょっと迷ったけどまだいいかなと保留しました。


明日は有休を申請してきたのでゆっくり疲れを癒したいと思います。
問題はそのあとに確実に襲い来る筋肉痛だよねぇ…
今週一週間は中々辛いことになりそう