2016/12/04

LBX少女 ③




IMG_3642.jpg

何だかんだで一か月近くLBX少女の記事を書いてなかった!
来るべきコンテストに向けて作っていた彼女ですが、残念ながら12/1の締め切りには間に合わず…
なのでせっかくだからやれるところまでやってやろうと決意する限りです。
腰と胸はパテ盛りですが腹回りはスクラッチです。
特にFAGはどの子も平坦なバストばっかりなので思いきってでっかくしてみました(笑)


パンツはダイソーのファブリックテープという手芸用品を使うと良いとの情報を模型裏で見たのでマネしてみました。
フェンリルの腰アーマーがちょうどスカートっぽい感じになってくれるのはいい感じです。


腕は以前の記事で幅詰めしたのですが結局ジョイントを違和感なく仕込むのが難しかったので中を削ってFAGの腕にカバーとして被せる仕様にしました。
思ったほど違和感もなかったしちょうどコアスケルトン+アーマーフレームっぽくなったかな?
首元はマフラーを追加、垂れ下がる部分は現在制作中です。
後は尻尾とマスクを付ければ一応の形にはなりますが、折角なのでイロイロ弄りたいですね。
お腹とか、お尻とか…

スポンサーサイト
2016/12/03

劇場版艦隊これくしょん感想



劇場版艦これを見てきました!

感想はネタバレになるのでリージョンで隠しますが、如月ちゃんは中々目立った扱いでした。
そして帰りに後輩が何気なくAC版の建造をしたら二連続如月ちゃん(しかも二枚目はホロ)という展開になったのには思わず笑ってしまいましたが。
ええ・・・私まだ如月ちゃんをACでお迎えするシーン一回も見たことないんですけど初めて見るのが他人のプレイかよ・・・
なんという高度な寝取られプレイ・・・!

続きを読む

2016/12/01

SHOW BY ROCK!!# 第8話「Re:Climb」


f33b3b8e.jpg
c8fabb95.jpg
230b4ed9.jpg
37044c42.jpg

厳しい合宿を経てさらなるパワーアップを果たしたシンガンクリムゾンズ!
もはや昔日のシンガンクリムゾンズに非ず。まさに新星爆発にも匹敵する可能性を秘めた新たなる存在・・・すなわちシンガンクリムゾンズ・ノヴァだ!!なんとなく、銀河要素を混ぜ込んでトラクロに対抗してみる。
後はアルカレアファクトに華麗なるリベンジを決めるのみ・・・なのですが、アンゼリカさんと社長が憂うのはやはり例の噂。
噂が本当であるならばシンガンクリムゾンズがいかに手を尽くそうが勝ち目はない。
社長は何か考えがある様だが・・・?


1442e902.jpg

『最近徒然なる操り霧幻庵見ないなぁって思ってたら、探検隊みたいなことやってるみたいだよ?ウケる!』



9a191ebc.jpg

『ハッ!バラエティ番組でもやりだしたんじゃねーの?』


相変わらず生意気イズム全開のアルカレアファクトだ。
その上から目線は今宵は徒然に向けられたようだ。
バ・・・バカッ!テメェら、お師匠様に失礼な口をきくンじゃねェ!そんなにラベンダー畑が見たいのか?
なんせ、アルカレは金の力で金色に輝くがお師匠様は特に何もしなくても光る。
なんかもう色々と格が違います。



268ea300.jpg

それよりチタンはどうしたんだ?


同僚の談笑をブッた切っていきなりチタンの話をし始めるオリオン。
お前ホントどんだけチタン好きなんだよ。水と空気とチタンがあれば火星でも生きていけそうだ。
ひょっとして彼は常日頃からチタンが数分いなくなったりするとこんな風に探したりしてるんだろうか。
素性を隠したいチタンにとっては重い愛になってそうです。




0894e7c9.jpg
f45e5f97.jpg
62b00985.jpg

さてそんなチタン君は愛する弟達の住む下水へと帰宅したところだった。
前から思ってたけどメタンガスが充満してそうな環境で火を使うのはどうなんだ。
それ以前に冬とか死ぬほど寒そうですが・・・実際下水に住み込んだ浮浪者が冬に凍死するのは珍しい事ではないらしい。
それは置いといて弟たちといる時は実に表情豊かな気の好いお兄ちゃんという感じですね。
外にいる時のムスッとした表情のギャップで猶更笑顔が輝いて見える。
弟が弟ならやはり兄もあざと学の使い手なのか。あざとい男ずい
もし素性がばれてアルカレを追い出される様な事態になったとしてもクリティクリスタに入れてもらえば問題ありませんね(錯乱
青だとツキノと被るんでシュウ☆ゾー君みたいに髪の毛を染めよう。
ついでに漢字からカタカナに名前が変わった彼をリスペクトして逆に漢字にしてみよう。
例えば血♡痰(チタン)とかどうだろう。トラクロが☆だからクリクリっぽく名前にハートを入れてみたぜ!
可愛くないから駄目だな。




c6cb7c0e.jpg

さてあざと学と言えば元祖あざと学十段のロージアちゃんは再び音楽室の前にいた。
怖い先輩にメンチ切られて(またしても)曇った彼女が何故再びここにいるのか?
全てはプラズマジカのためだった。対バンを控えるプラズマジカのためにBVLの弱点を探りに来たのだ。
ええ子やでぇ・・・クソッ!あざとくしてない時まであざといなんてやはりあざと学主席は格が違う。
しかし前回と全く同じシチュエーションなのはいただけない。
またしてもホイホイ同じ手にかかって曇ってしまうというのか。
懲りずにオークに立ち向かって薄い本される姫騎士の様だ。むしろ、それもあざとさの演出か!?




7353fb7f.jpg
79ee1748.jpg
2ebac600.jpg
28c3b44b.jpg

『わ!!・・・ロージア?』
『なんだ・・・ホルミーか。』


賢い可愛いロージアちゃんはしっかりと学習していたようで、後ろに立たれるのを予測して先んじて振り向いていた。
・・・が、そこにいたのはアイレーンではなくホルミーだった。
ホルミーは親友が悩みを抱えていることを察していた。ホルミーだけではない、ツキノもジャクリンもロージアの事を心配していると。
だが、その時ロージアの脳裏には詮索に釘を刺すアイレーンの姿が浮かび・・・




64b711f3.jpg

『隠し事?そりゃNo.1アイドルのロージアちゃんには、100や200はあるに決まってるじゃない』
『ロージア、ふざけないでください!!』
『ふざけてないってば。問題ないない!じゃぁね~』



5b1af606.jpg

(だめ…みんなを巻き込めないよ…)



仲間を思うロージアはアイレーンの事を打ち明けなかった。
ダガーの恐ろしさを知っていながらなんたる・・・!いや、知っているからこそ親友を巻き込めないと考えたのだろう。
とは言うもののダガーや実力が未知数の闇の女王は彼女一人で抱え込める問題とは思えない。
オマケに前回われらが主人公が仲間に相談しないばっかりに大ピンチに追い込まれたばっかりに色々と不吉な予兆に見える。
うーん、大丈夫だろうか。触手プレイと闇堕ちはアルカレに任せられないもんだろうか。




2a8c8de3.jpg
1479356188_1_4_8f9f3df88374ba3bc47259539e195055.jpg
1479356188_1_7_df1e16cd8c1f0959dfada1bdde8b1a2c.jpg
1479356188_1_10_a2460129890e2edd46480b1953f791a1.jpg


『まずは知名度を上げるのです。今の実力と財力さえあれば、この世界の頂点に立つのは時間の問題』
『なるほどな』
『頭いいじゃん』
『セーイ』



その頃アルカレは絶賛洗脳中だった。
約一名洗脳前と言動が変わってないのがいますが、目を見る限り彼もバッチリ洗脳ガンギマリと見て良いでしょう。
『おれはしょうきにもどった!』といった一秒後にクリスタルを強奪して寝返ったりしそうな見事な洗脳っぷりです。
もう彼らは末期ですね・・・今にもダークモンスターに変身してもおかしくない。
そろそろお師匠様も準備運動を始める頃合いだろう。




a03363ea.jpg
81556131.jpg
393b25d0.jpg

…と、そんなところへチタンがやってくる。
他の三人とは違い彼だけは洗脳されてないようだ。
チタン君は何やら不審な三人に何か隠してないかと尋ねる。
だが逆に『ならチタン、お前は俺達に秘密にしていることはないんだな?』と返されてしまう。
痛いところを突かれて一瞬チタンが言葉に詰まる。
甘いぞ!そこは『隠し事?そりゃNo.1アーティストのチタンくんには、100や200はあるに決まってるじゃない、問題ないない♡』と言って誤魔化さないと。
そんなんじゃ、クリティクリスタでやってけないよ!(※入りません)
冗談は置いといてプラマジ、シンガン、クリクリ、アルカレとそれぞれメンバーに秘密を抱える描写が続く。
今作の裏テーマだろうか?今後、秘密を打ち明けるというのが重大なキーワードになる展開が待っているかもしれない。





f5f2509f.jpg
f63d0349.jpg

『話は分かりました。相談してくれたこと、嬉しく思いますわ』
『こちらから、もう一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか』
『あと一歩、もう少しだけ踏み込めば解決できることもある・・・これ、私たちの経験談なんです』


貴重なクリクリ×プラズマジカの絡みだ!これはレアい、レアいよ。
同じ事務所に勤めるガールズバンド同士なんだから普通に仲良くしてても不思議じゃないもののこれまで両社の絡みはシアンとロージアくらいしかなかった。
その二人がいない状態で会話するのはかなり珍しい。ああ~~^^美少女バンドの交流いいゾーこれ。
相談の内容はロージアの事だった。中々心の内を話してくれないロージアにどう接すればよいのか。
おそらく、クリクリの三人で話し合ってプラズマジカに相談しようという流れになったのだと思われる。
ロージア以外の三人は素直に他人に頼ることができる様だ、実際ここはロージアちゃんが一番苦手な部分なのでそれを補える良い関係性ですね。
この間まさに同じような問題が起きたばかりなのでアドバイスにも説得力がある。
闇堕ちしたりフェスで空回ったりとポンコツな印象の強いチュチュですが今回は年長者の威厳を見せたぜ。
ところで書いてて気づいたんだがチュチュの部屋が明るくなってるの初めてじゃないかこれ。
ビルがボロくて照明が貧弱とかじゃなかったのか。
という事はチュチュは普段誰も見てないのにわざわざ薄暗い部屋で過ごしてるのか・・・
なんかそこはかとなく闇を感じるぴゅる・・・


a12b5f21.jpg
43e033e0.jpg
37022d63.jpg


『懐かしいですよね、ここ』
『このテラス席を取るために私とツキノが待っていたら、他校生に絡まれたんですよね』

『そうそう!この席は指定席だからどかなアカンって言われて…』



翌日、悩めるロージアをホルミーが連れ出す。
一見なんてことないバーガーショップだがクリティクリスタにとっては思い出の場所らしい。
なにやら以前彼女たちが因縁を付けられた事がある様だ。
要約すると『テメーどこ小だこらァ!?(ギョパァ』みたいな感じだ。
学校間の争いは日本の義務教育ではチャメシ・インシデントであり時として校外の施設にまで及ぶことがるのだ!コワイ!




72c31777.jpg
0df8e1a1.jpg

『けど、そこでひるまず立ち向かっていったのが、ロージア…あなたです』

『ちょっと!!ここがアンタ達の席って、どーせ勝手に言ってるだけでしょ?』
『それよりツキノを泣かせてくれたこと!ちゃんと謝らないと、このロージアちゃんが許さないんだから!』


親友の窮地を救ったのは幼いロージア!
子供の頃って大人とか年上は絶対的な存在だから立ち向かっていくのはどれほど勇気のいる事だろう。
しかしロージアちゃんは逃げも隠れもしない!
何かと曇っている彼女だが、友達のためなら行動できる勇気を持っていたのだ。
お前の勇気ある行動に僕は敬意を評するッッ!!
ああ~僕もロージアママに守護(しゅご)られたいんじゃあ~~


82db6f2d.jpg

『強気なロージアは頼りになって…いつも私たちを引っ張っていってくれる』
『けど、たまにはウチらにも相談してくれてもええのんと違う?』
『一緒に考えれば勇気も元気も4倍…ううん、1万倍なの』



4人で考えれば勇気も元気も1万倍だ!エエッ!わかるかこの理屈がよッ!
1+1の答えは無限大なんだよ、考えるな感じろ。
クリティクリスタはバンドでも生徒会メンバーでもある以前に友達だった。
い・・・いい話だな~~~~~~!!!
ベタな友情だけど俺の目から美味しすぎる水が止まらないぜ・・・
この神にまだ涙が残っていたとはな・・・





d56b1a08.jpg
3616f3fc.jpg
0adc14fd.jpg

さあ、場面変わっていよいよ対バン当日だ!
リベンジに燃えるシンガン、相変わらず金をバラまくアルカレ。
凝りもせずに挑んできたシンガンに対しオリオンは余裕のよっちゃんてなもんだ。
挙句『お前たちがどんな音楽を奏でようと、俺達には絶対に勝つことはできない』と絶対勝利宣言までしてしまう。
ハッタリや自信の表れにしてはやけに具体的な言い方だ。
まるで初めから勝利を確信している様な・・・違和感を感じたのかロムが問い詰める。だがその時である!



a28a8ddb.jpg
0d2ece89.jpg
4951c5f5.jpg


『待ってくださいですぞ!今回は不正は抜きで、正々堂々と戦って貰いますぞ』


『知らないとは言わせない』
『この警備員が全部吐いたわ・・・金の力でスタッフ全員を買収。メインサーバーに侵入し、投票数を操作した』
『不正操作の証拠は全部ここに揃ってるんだからね!』
『大人しく認めた方がいいですわよ!』



acb865e1.jpg

『なんだと…?不正!?』

チタンSHOCK!!
愛で空が落ちてきそうな衝撃を受けるチタン。
やはりアルカレアファクトの勝利は不正な買収だった。そしてチタン君だけがそれを知らなかった。
あんだけ豪快に金撒いといて気づかないもクソもない気がしますが、裏でこっそり・・・というのは知らなかったようだ。
それにしてもプラズマジカがシンガンの為に色々動いてくれるのは絆を感じます。
クリクリだけでなくシンガンとも絆を深めていくのか、これぞ友情パワー。
しかしレ罪罰ド大賞と違って明確な審査員がいないのにどうやって金の力を使ったのかと思えばサーバー側を捜査して票数を書き変えていたようだ。
前回の対バンで秘書がPC画面を意味ありげに見つめていたのはそういう事だったのか。
そしてただ一人洗脳されていないチタンがこちらの件についても彼だけ知らなかった。
という事はやはり彼らの陰にいるのは・・・



d25d0935.jpg
5970ce25.jpg
269f2e65.jpg
ec64d62e.jpg

『ククク・・・アハハハハハハ!バレていたのか・・・・・・だったらしょうがない』
『自分たちの音楽を広めるため、知名度を手っ取り早く上げるためには、結局は金の力が必要だろ?』
『俺たちには財力がある!頂点に立つために、その力を使って何が悪い!』


金金金!世の中カネじゃーーー!
でもBRRを貧乏事務所呼ばわりするのはやめてあげて。
どこぞのニンジャが当て逃げしたせいで多額の負債をしょい込んでるンすよ。
不正を指摘されたオリオンは反省するどころか逆に開き直った!おまけに万札万能説を唱え始める。
なんかキン肉マンゼブラみたいな思考になってる。ゼブラだけに偶蹄類つながりだ。
いつの間にやら所属事務所がジューダスからバー罪罰グに変わってしまったのか!
?無茶苦茶な理屈だが罪罰ード大賞の問題を見るにカネの力は強力だ。。
悲しい事だが音楽性などどうでも良いという批評家がいるのは事実である。
だがそんなことを認めてしまえば最早対バンをする意味すらない。より多く金を積んだ方が勝ちという何も面白くない戦いになるだけだ。
何よりメンバーを信じて曲を作ったチタンの思いはどうなってしまうのか?
アルカレアファクトよ!お前たちは本当にそれでいいのかッッ!?




7954106e.jpg

『テメェはぁぁぁぁ!!』


ついに社会人がキレた!!
ジジィのやつは決して逆上するなと言った・・・だが、そいつは無理ってもんだぜ!こんなものを見せられて頭に来ないやつはいねえ!


254781eb.jpg
45323bda.jpg

バシィ!!



シュウ☆ゾー!シュウ☆ゾーが何故ここに!?
オリオンの顔面に迫るパンチを止めたのはシンガンでもアルカレでもなかった。
ご存じ、MIDIシティトップアイドルのシュウ☆ゾー君です。
いつの間にMIDIシティに戻ってきてたんだワレェ!!!
そういえば彼のギターには時間加速装置が搭載されているというウワサがあった。
009みたいに宇宙から加速して戻ってきたのか?
元カレかつてのバンドメンバーと後輩の対バンを黙ってみていられずに駆け付けたというのか!?


ba144419.jpg
a504b3ab.jpg

『シュウ!!どけよテメェ!』
『どかないよ。どんな理由だろうが、彼らは僕の後輩くんだからね』
『ロム。君たちは拳で戦うのではなく、音楽で戦うべきなんじゃないのかい?』




7407ca4e.jpg
ceaf17e9.jpg

『何でもお金で買えると思ったら大間違い!』
『この勝負で何が一番大切なのかが、きっと君達にも分かると思うよ』



シュウ☆ゾーー!カッコよすぎるぞお前ーーー!!
実際アルカレの行為は対バン相手であるシンガンからすれば許されざる行為だ。
しかし殴ってどうなる・・・っ!アルカレは勝利を金で勝ったが、殴ってしまえばシンガンは暴力で勝利を買ったと言われるだけだ。
それだけでなくせっかく音楽で勝負できる土壌を作ってくれたプラズマジカの好意が無下になってしまいかねない。
シュウ☆ゾーの言う通り音楽で勝ってこそ、唯一ロムの信念を証明する行為となる。
そのために合宿で頑張ってきたはずだ。
さすがロムの事は何でも知ってるシュウ☆ゾー君。完璧なるフォローである。
その一方で先輩としてアルカレへのケアも忘れない。
先輩として彼らの尊厳を守ると同時に厳しい指摘も同時に行う。
これはツインズじゃなくてもシュウ☆ゾーに付いていきたくなるわ。
口ごたえする門番を幻覚で黙らせたどこかの誰かにも見習っていただく・・・アッハイ、お師匠様は大変徳が高いです。アイエ!侍が!アイエエエエ!





a6b0f538.jpg
a0f22f16.jpg
284505bb.jpg

『不正ってどういうことだ!俺に黙って勝手に何やってるんだおい!』
『よく聞けお前達!こんなことをしなくたって、俺たちの力があればこの世界のトップに立てるはずだろ!』
『俺達はアーティストだ!この音楽の魂を忘れたのか!!!』



チタン君も熱いぜ!
体中がパカパカ開いてデストロイモードになりそうなくらい怒っている。
普段クールなアイツがここぞという時熱くなる・・・視聴者はそういう展開に弱いんですよ。
北斗の拳のレイなんかがよい例だ。レイだけに。
やっぱりチタン君はあざといぜ!!
天然あざと学5段くらいの実力を持ってそう。ちなみにシアンは10段です。
知らぬところで不正をされた上、仲間にも裏切られた形となったチタンはシンガン以上にショックを受けているかもしれない。
だが彼もまた仲間の音楽を信じているのだ。
でなければ俺たちの力があれば~などという言い方にはならないはずだ。
キーボード、作曲、ボーカルを一挙に務めるチタンはアルカレアファクトでほとんど中核ともいえる存在だが、自分一人ではアルカレアファクトになれない事を心から理解している様子が見て取れる。
しかしシンガンやトラクロにはツンツンだったオリオンだがチタンに詰め寄られるとばつの悪い顔を浮かべる。
洗脳されていたものの彼に対する後ろめたさはあったんだろうね・・・




9c385df6.jpg
51f28489.jpg
a0609602.jpg
62819580.jpg
e34de763.jpg

そのまま流れるようにステージIN!!
曲は再びジャスタウェイク。うむ、いい曲だ。
ちなみにアルカレの曲は全て曲名が歌詞の中に入っている(アンノウン、マイラスファイ、ステイリアル、ジャスタウェイク)
アルカレの実力は観戦していたツインズも認めるほどだ。
不正などしなくても十分な演奏なのになぜわざわざそんな事を?
シュウ☆ゾー君は何かに感づき始めたようだが・・・




そして―――





5398cd4c.jpg
fe174194.jpg
8b070cf0.jpg
297773d0.jpg
e38d95c1.jpg
7f47b3a7.jpg
6d6d65d6.jpg
8bdd4466.jpg
da5f3eab.jpg

誰?このイケメンたちは・・・?
こんなのシンガンクリムゾンズじゃないわ!ただのイケメン集団よ!
だったら(曲を)聞けばいいだろ!!
今宵のシンガンクリムゾンズは我々が知るそれとは違いすぎるッッッ!!ダリナンダアンタタチイッタイ!?


↓俺たちの知ってるシンガンクリムゾンズ



0876d3e0_20161201005643d55.jpg
75c5c6e6_20161201005642cb5.jpg
cc417813_201612010056440a0.jpg
bb424f7e_20161201005645bc8.jpg
d5886cec_20161201005647e80.jpg






3761fe24.jpg
65aaf5e6.jpg
61434d86.jpg

さていよいよ結果発表・・・だが既に勝敗は決している!
勝者、シンガンクリムゾンズ!!
家畜たちをエデンの果てまで出荷する超絶テクで見事にリベンジを果たしてのけたァ!




c382f5bc.jpg
fd3d1c6c.jpg

『カイ、リク、いつも僕を支えてくれてとってもサ・・・ありがとう』


こっちもこっちでいい話だーーー!
怒涛の展開に視聴者の涙腺はチッティ並に弱くなってるぜ。
アマテラストの解散はもしかしたら彼にとっては不本意なものだったかもしれない。
だが、だからと言って彼はトライクロニカをないがしろにしていない。ツインズも彼にとっては大切な仲間なのだ。
シュウ☆ゾーの器のデカさが分かる。


b9e0b237.jpg
d1fa16c2.jpg
c9c60ce5.jpg

『チタン・・・悪かった、お前の曲を不正で汚してしまったな』

一方で負けたアルカレアファクトもその表情は爽やかだった。
メロディシアンが浄化されたことで本来の人の好さを取り戻したのだろうか、オリオンは自らの行いを謝罪する。
一方でチタンも自分の隠し事である父親が事業で失敗して、本当は貧乏人である事を打ち明ける。
思わぬ告白に一瞬動揺が走る三人、しかしすぐに『何があろうが、お前はお前だ。お前の作る曲が変わるわけではない』と彼の境遇を受け入れるのだった。
なんだ、アルカレアファクトっていいやつじゃん!
色々あったけど最終的には皆ハッピー!これにて一件落着・・・かと思いきや



aac585ac.jpg
db645239.jpg
398c796c.jpg
1d9fc30c.jpg

なんとマネージャーがアルカレアファクトの全財産を持ち逃げしていた。
スーパー金持ちから一転してスーパー貧乏人になってしまった。
お前らオチの付け方まで白鳥麗次みたいだな・・・
途方に暮れる三人に対し、バルトとミゲルは下水道に住むことを提案する。
『全員…入れるかな…』
…たぶん、アルゴン辺りが入り口で引っかかると思う。




今回は最高の回だった!!
もうすべてがすべてカッコよかった。
感想がクッソ長くなってしまいましたが省いて良いシーンが浮かばない・・・っ!
見づらかったら、大変申し訳ありません。
男連中は言うまでもなく友達としてロージアを支えるクリクリや、先輩として助言したり不正を暴くプラズマジカも仲間想いな描写重点で大変魅力的でした。
われらが主人公はお菓子食ってただけですが多分来週カッコいいところを見せてくれるはず・・・
しかしシンガンのライブパートはスゴイ、物凄かった。
クロウが歌うところも微妙に揺れ動いたりしてるし、演奏と作画が一致していて凄まじい執念を感じる。
CGパートは用意できなかったがそれに負けないくらいの気合を込めるという作画班の覚悟がビシビシ伝わってきた。
作画スタッフ及び作画監督!あなた達の職人芸に僕は敬意を表するッッ!!
私はどちらかといえばミューモンライブ派なのですが、今回の本気を出したシンガンの姿はやはりデフォルメ体では表現しづらい面もあったのでしょう。
足りないCG成分は次回のBVLとの対バンに期待するぜ!!!



負けたアルカレアファクトはこれから地下生活でしょうか。
地下アイドルならぬ地下アーティストだ。ティーンエイジ・ミューモントタートルズ爆誕である。
亀じゃなくて偶蹄類ですが・・・亀の彼は不幸なことにオリジナルバンドのキャラで唯一アニメ見登場という不遇に見舞われることに・・・
実際彼はバンドの登場回が男子禁制と言うタイミングの悪さだったが、このような仕打ちを受ける謂れはない!!
しかしヴィクトリアスの狙いは何だったんだろうか?てっきりメロディシアンアルマースが狙いだったのかと思っていたがなんかアルカレをトップにすることに執着してたしアルマースは関係ないのかな。
最後に金を持ち去ったあたり彼らの財産は狙いの一つだったのかも。
・・・ひょっとして一話で引き連れていた御大層な艦隊はアルカレから巻き上げた金で買ったのだろうか。
あるいはレンタル品だったりして。
闇の女王の威厳が、ちょっとだけ落ちたと思いました。
2016/11/20

SHOW BY ROCK!!# 第7話「十六夜ゐ雪洞唄」



SHOW BY ROCK!!#シアン最強への道!シアンがやらねば誰がやる!編!!!


1479042030813.jpg
1479042039389.jpg

『なるほどな。新曲を作ると宣言しておきながら…』
『一音も、一小節も、歌詞の一文字も、何も出来てねえってことだな?』



このグレイトフルキング容赦せん!!

弟子に頼られて優しく道を示すかと思い来や全力で崖下に叩き落すスタイル。
まあ実際今回はシアンに落ち度があるのは事実だし、痛いところを突いている。
しかしただの新曲ではなく闇の女王を打ち倒せるほどの曲でなければならないというシアンの苦しい事情もあるのだ。
ロージアから身元を聞き出して、直接殴り込みじゃダメですかね?
相手3人しかいないんだからプラマジ、シンガン、クリクリ、忍迅の16人で攻めれば物量で押し切れそう。戦争は数だよ兄貴!!
いざと言う時のために後方にお師匠もスタンバっててもらおう。
とはいっても1話冒頭で全滅してたからやっぱり無理だろうか。
しかし、殴り込みでないにしても闇の女王探してる忍迅はもうちょっと動いてもいいと思うんだが。
MIDIシティトップチャートでさり気にクリクリより上だったし音楽ライフエンジョイしてんじゃねーよ!!




1479042176448.jpg
1479042121337.jpg
1479042125612.jpg
1479042129160.jpg
1479042167427.jpg


シアンの苦悩を聞いたキングだが曲作りを手伝うことはできないという。
・・・だが、そのきっかけを作ることはできる。
特訓だ!!!
シアンの頭に浮かぶのは滝行、強制ギプス、高所でのバランス取り・・・等等
そんなバトルマンガじゃあるまいし音楽の特訓で瀧に当たるわけないだろ!いい加減にしろ!!
などと言いつつ前作で合宿で滝行してた連中がいたのだが。
さすがに音楽界の帝王たるキングの修業がシンガンと同じなわけはないだろう。
まず第一の試練は肩たたき!
・・・結局音楽関係ねえ。







1479042362470.jpg
7f8b06e6.jpg
0e6a295c.jpg

そのころシンガンはキンキラ野郎共ことアルカレアファクトへのリベンジに燃えていた。
んが、どうも調子が合わない。原因はやはり前回のアレだ。
業を煮やしたロムは一発気合を入れるためにある提案をぶち上げる。
合宿だッッ!!!




2cfcca24.jpg
9971bd18.jpg
9763b5f7.jpg
1479042386548.jpg

まあ…そうなるな…。
予想通り道に迷って山を放浪するバカ4人。
文句ならおやじが描いた地図に言え!!と吠えるロムですがそれは地図じゃなくてただの絵だ。
カントー地方の地図を見ながら関東地方を回ろうとするに等しい暴挙である。
迷子な彼らは迷宮DESTINYから脱出できるのか・・・




1479042405325.jpg

(キンタウルスさん、門番のバイトって結構楽ですね)


1479042412561.jpg

『そうだなウチュウラー。こんなことなら、ここで練習できたかもな』


1479042418732.jpg

『ケケケ、マジメだなリーダー。・・・つうか門番って言ってたけどいったい何守ってるんだ?』



ガウガストライクスキターーーー!!
ええー!あのアプリ初期からいる人気バンドでUR形態が唯一ケモ成分を多く残した姿であることからその道の人に熱狂的な支持を得ているのみならず、叙情的なメロディーと鋭いリリックで曲の人気も高いタイアップバンドがカフカのあのガウガストライクスが登場だってーーー!?(※ゲーム未プレイの方のためのわざとらしい説明)
メンバーはキンタウルス、デーヤン、ウチュウラー、ダイシゼンの4人。
ちなみにウチュウラーの発声が独特なのは彼はテレパシーで会話しているためです。
彼らは門番のバイトとしてここにいるらしい。
キンタウルス曰くこの門の先にある遺跡には大変ありがたいメロディシアンストーンが祀られているらしい。
ありがたいメロディシアンストーン・・・即ちそれは・・・!
だが、話題がメロディシアンストーンに移る前に何者かが接近する気配が!



1479042448054.jpg
1aff422d.jpg
a493e2cb.jpg

現れたのはシンガンクリムゾンズ。
迷い迷ってこの門までたどり着いたようだ。
ロムはこの先に用があるから通せという。
あの合宿の山ってここだったのか?・・・いやでも門なんか通ってないし、普通に車で入ってきてたしで別の山と勘違いしてる匂いがプンプンするぜーーーっ!
強そうな見た目とは裏腹にあからさまにビビりあがるガウガの3人だが門番である以上、使命は全うしなければならない!(バイトだけど)
正直ガチムチなロムなら三人相手でも十分に戦ってしまえそうだ。
3人・・・?いや、ガウガストライクスにはこいつがいる!!
ダイシゼンさん!やっちゃってください!!!





1479042486545.jpg
1479042506245.jpg
db8a4608.jpg

『まーかーせーろー!』




d5f4b4c7.jpg

デカァァァァァイ!説明不要!!
いくらナンでも、デカすぎだろっっっ!?

進撃の巨人の超大型巨人すらつまんでポイ捨てできそうなデカさだ、このままロボットアニメに出てもやっていけそうである。
そして恐ろしいことにこんだけでかいのにミューモン体である。
UR化したらもう宇宙に届きそうなサイズになっちまいそうだ・・・
私はミューモン化したら他の皆と一緒の大きさに縮むからバンドができるのかと思ってたけど、どうやってバンドやってるんだこいつら・・・






1479042577239.jpg
d5886cec.jpg
b6c51cab.jpg
564ea3d7.jpg

吹っ飛ばされたシンガン達だったが偶然にも飛ばされた先でオヤジと出くわす。
やっぱり違う山だったんじゃないか・・・でもそのおかげでオヤジの元にたどり着いたのだからサイオー・ホースな。
静寂な山の夜がそうさせたのか、自然と会話が途切れ、間が生じる4人組。
そこでついにヤイバがアマテラスのCDを差し出した。
結局ヤイバが言い出すのね・・・クロウちゃんはとんだ臆病者チキン野郎黙示録にゃん。
思いがけない物品に驚くロムだったが、今更隠すことではないと思ったのか、静かに語り始める。

564ea3d7_20161120112555f38.jpg
7e295280.jpg
1479042626076.jpg


『これは、俺がやっていたバンドの最後の曲だ』
『俺は昔、こいつとバンドを組んでたんだ』
『その頃の俺は音楽をやっているだけで、それだけで魂が満たされていた』
『怖いものなんてなかったし、本気で頂点を取れると思ってた』
『・・・けど俺は気付いてなかったんだ。バンドの目指す場所がいつの間にか変わっちまったことに』




edc93cd3.jpg

『あいつは、遥か遠くの景色だけを見ていた。はなっからな』
『結局バンドは解散。俺達は別々の道を進むことになっちまった』





1479042629650.jpg

『お前の夢は、幻想なんだよ』



ついにロムの口からアマテラストの最後が語られた。
概ね予想通りの内容とは言え、やはり本人から直接言われるとファンとして色々クルもんがあるぜ・・・
そして愁様、初セリフおめでとうございます。









CwlmR0PVEAAllNB.jpg


アマテラストに関してはアニメじゃどこまで語られるかわからないのでツイッターアーやアプリ内での情報も併せて考察していかないと全貌が見えづらそうです。
アマテラストは狭い世界の有名人だった様だ。先見の明あった当時のファンたち、地元の写真館、大手事務所代表Jと言ったわずかな人々にしか知られていない。
大手事務所の代表J!男塾一年生のキングバトラーの息子・・・ではなく、黒太陽真拳の使い手・・・でもなく十中八九ジューダスの社長だろう。
話をまとめよう。
ロムは当時音楽自体を楽しみ、それで頂点をとれると思っていた。
愁はそんなロムと違う目標を持っていたために去った。
別れた愁が選んだ現在の姿が夢銀河アイドルシュウ☆ゾーである。
・・・つまり昔と同じ信念で走り続けるロムと、先を見据えて路線変更した愁の姿がそのまま彼らの意見の違いであると言える。
やはり金とか知名度とか事務所の力か???
上に上げた要素を全部満たしているのがアルカレアファクトだ。
その理屈で言うならば金や知名度でトップをとったアルカレこそ愁の目指した姿と言う話になる。
しかし二人の反応からとてもそんな風には見えない。やはり、一筋縄ではいかない事情を思わせる。
セレンによると愁がアルカレを離れた本当の理由があるらしい。


わざわざこんな物言いをするという事はロムが語った理由とは別に愁はジューダスに付かなければならない理由があったと思われる。
これに関しては現状サッパリだが一説ではシュウ☆ゾーがかかりつけ医に診てもらっている事、薬を常飲している事、私生活が謎に包まれている事などから彼が体調面での不安を抱えている事が指摘されている。
つまり彼の体は・・・おお、やもすると冗談ではない深い事情が解散の理由だというのだろうか。
もう一つ気になる点として、彼は未だにどんな種族か全く分かってないというのがある。
しかもアニメイトのインタビューによると事務所からは質問する事すら禁じられているらしい。
見た目は犬みたいに見えるんだけど、隠さなければならない程重大な事なのだろうか?
アイレーンが王ライオン族だったように銀河犬族とか超希少種なのかも。
それなら、ジューダスの社長が目を付けていたのも納得できる。
彼の謎は少しずつですが解けてきているのでいずれこの辺もはっきりするのだろうか・・・



CwlZxkhUcAA5RqF.jpg

ちなみにアプリのバンド画面だとこんな感じになる。
追憶のシュウとロムでバンドボーナスがかからないとの話もあるのでレベルが設定されてはいるものの実質ないも同然なイベントユニット扱い?
横二人は全く不明ですが見た目は・・・えーとそのう・・・ブラックジャックとドクターキリコ?
まさかシュウ☆ゾーが世話になってるかかりつけ医と言うのは・・・
いや、よそう。不用意に歴史の闇に触れるのは得策ではない。



9be80bcc.jpg
abda2516.jpg

クロウ、ヤイバ、アイオーンはアマテラストの解散が本当に良かったのかと話し合う。
結果的に解散はしたものの、ロムは気の合う仲間たちと同じ夢を目指すことができ、愁はトップアイドルとして華やかに活躍している。
見方にっては二人とも順調で、解散したことは間違いではないと思える。
…そうは言っても、思うところはあるよねぇ。
そんな中クロウにある考えが・・・



a2b2d5f5.jpg
a2b2d5f5.jpg

翌朝、さっそく練習に励むロムの前に現れたのはエライふらふらな3人。
一体何事か・・・

1479042748405.jpg

『悪ぃな!さっきまでこの曲作ってて遅れちまったぜ』
『紅蓮に燃え盛るソウルフルな魂黙示録の俺らの全魂の乗った熱すぎる曲だぜ!』




90ea31d8.jpg

なんと新曲を作っていた!ジェバンニが一晩でやってくれました。
散々山を歩き回り、ダイシゼンに吹っ飛ばされた後に一睡もせずに一曲作り上げたというのか!スゲェ!
シアンとクロウ・・・どこで差がついたのか・・・
アイオーンはもう完全に燃え尽きて寝ている。まあ、彼は作詞担当なのでかなり負担があったのだろう。
そういえば妹の方も徹夜で曲作ってましたね・・・





500802ba.jpg
2dee8459.jpg
fb39b171.jpg
5a2de205.jpg

・・・で、そのシアンはと言うと相変わらず修行(と言うのなの雑用)をやらされていた。
荷物をコテージに運び、氷を冷凍庫に運び、果てはプール掃除!!ヤンナルネ。
『こんな事役に立つわけないよ・・・』とボヤくシアン。
一見すると何の役にも立ちそうにない動きが自然と修行に結びついてるのはバトルマンガのお約束だ。
ベストキッドでも上着をたたく動作が相手の攻撃を受ける動きにつながっていたように。
亀の甲羅を背負って牛乳配達すれば足腰が自然に強まるって寸法だ。
でもバトルじゃなくて音楽だからやっぱり役に立たない気がする。
いや待てよ、一期でダガーを倒したときは普通に物理攻撃でキメていた。
つまり音楽じゃなくて物理で殴って倒せってメッセージなんだな。やっぱりカチコミが正解じゃないか。
行くぞみんな!楽器は持ったな!






1b246745.jpg
8690d653.jpg
1479042987445.jpg
1479042991117.jpg

まあ敢えて言うならちゃんと意味はあったぞ。
この水着シアン、クッソかわええ。
なんだ・・・同じ水着なのに4話よりもはるかに可愛く見えるぞ。
ねじったシャツとポニーテールの組み合わせが俺の龍剣伝を刺激してくるじゃねえか・・・ッ!





1479043027134.jpg
1479043032828.jpg
1479043038695.jpg
1479043058571.jpg

・・・などと油断してると急に画面から徳のオーラが!!
徒然なる操り夢幻庵御一行様である。おもわず、画面に向かってドゲザするところだった。
なんだか野生の猪を手懐けている様に見える。どんな状況だよコレ。
そして阿吽ちゃんはここにきて初セリフ!
もう折り返し地点すぎてるし、長い溜めだった。まさかシュウの方が早くしゃべるとは思わなかったぞ。
砂漠やビーチを歩んできた彼女たちだが現在は山にいるらしい。
という事は・・・




名称未設定2

ところで俺のTシャツを見てくれ、こいつをどう思う?





名称未設定3

すごく・・・ダサいです・・・



不審者4人組を撃退したガウガストライクスは相変わらず暇なバイトでキャッキャと遊んでた。
しかし本当にダサいTシャツだ。今日日土産物屋のパチモンTシャツでもそうお目にかからないセンスである。
ガンダムSEEDの登場人物に負けていないセンスだ。
一応、近いものはヴィレヴァンの企画で売っていたことはあるが。
そんなほのぼのとしたひと時を過ごしている彼らに再び来訪者が現れる。
『さっきのやつらがまた来たのでは!?』とビビりあがる三人が妙にカワイイ。
ていうかキンタウルスが妙に優しい目をしてるので狼と言うか犬に見える。ワンワンカワイイヤッター!



4b3db99b.jpg
1479043113173.jpg
1479043116496.jpg

ヒカエオラー!ザッケンナコラー!



cf0d7e93.jpg

『『『えぇ!!もしかして徒然なる操り霧幻庵さんですかァ!?』』』

その時ガウガに電撃走る・・・っ!
超有名バンドの唐突なエントリーにシンガンの時とは別方向にビビりまくる三人。
どこからともなく桜吹雪が舞ってくる。アンタはケッコンした艦娘ですか。
徳の高いオーラに充てられて早くも降伏寸前だ。
何もしなくても土下座して門を開放してしまいかねない。
極限まで高めた徳の高さは闘わずして相手に力量を見抜かせ余計な争いを生まないのかもしれない。
しかし彼らとて己の職に一抹のプライドあり(バイトだけど)
『神聖領域ゆえ、通るに値する者のみ通行を許可する』
それが門を通る条件だった。
ていうか、それ判断するのガウガストライクスなのかよ。神聖なる領域なのにバイトに全判断をマルナゲしていいのか?





3c95851c.jpg
c8ed258f.jpg

『ほう・・・ではあちきらにその価値があるかどうか・・・』
『とくとその目で見定めておくんなんまし!』





27f89f34.jpg
464e4a98.jpg
aa8f7f37.jpg
1479043184830.jpg
1479043191272.jpg

なんか始まったーーー!


挿入歌とともにいきなり徒然のPVが流れ出す。
イマジナリー侍やイマジナリー温泉の情景がとめどなく流れ出す。
余りの徳の高さにガウガの目に存在しない侍と風呂が映り始めたのか。
傍から見ると薬物でトリップしてるのと何も変わらない状況ですが全ては徳の高さで説明がつく!
なんか徳という概念が忍殺のカラテなみに便利なワードと化してるぞ。





1479043229750.jpg
1479043226262.jpg
145dc479.jpg

そして光る!ナンデ!?!?
アルカレが金の力で光るなら徒然は徳の力で光る!
その力に魅せられてガウガはラベンダー畑にトリップする。
そしてもう通すしかないとか言い出してあっさり門を開放するのだった。
これは洗脳と言うのでは・・・・・・アッハイ、徳の高さに感銘を受けた門番が徒然の実力を認め、聖域への通行を許可した大変心温まるシーンです(マグロの様な瞳)




1479043301123 - コピー
1479043264184 - コピー
1479043293754 - コピー
f2b8a93b.jpg
955f86ae.jpg
0d3c2ea7.jpg

徒然やシンガンが次々とネクストステージに駆け上がる一方でシアンはまだ雑用三昧だった。
だがついに楽器を使った特訓に移行する!
ギター、ベース、ドラムの3つをすべて同時に弾けるようになれ!
無理無理無理
ジョニィ・ジョースターも速攻で『できるわけがない!』と4回叫びそうな難題にシアンは完全にお手上げ。
一体どうすればいいのか。落ち込むシアンの前に仲間たちの幻影が浮かび上がる。
>チュチュ、モア、レトリー・・・みんないいやつらだったよ・・・
なんか三人が死んでしまったみたいな演出だ。
偶然か1話でシアン以外の三人がシアンが先立ったみたいに語ってたのと真逆の状態だ。
ついに幻覚が見え始めたか・・・
その内無数の侍やラベンダー畑が見えるようになるに違いない。




6e322564.jpg

何やってんだろう私・・・。また同じ失敗を繰り返してる。馬鹿なのは・・・・・・私だ


43e3746b.jpg
cc892ded.jpg

キングさん。私、わかったよ・・・
私の音楽の神様はね・・・
いつもいつもそばにいたんだよ・・・



キングの課題は度台不可能な内容だった。そう、一人では。
4つの楽器を同時に演奏する、それは決して不可能ではない。
シアンが少し前まで当たり前のようにできていた事じゃないか。
シアンはレトリーに電話をしてすべてを打ち明ける。
作詞が全然進んでいない事
皆に打ち明けられずに勝手に出て行ってしまった事。


1479043416522.jpg
1479043427507.jpg

『もう、水臭いなあ。相談してくれればいいのに』
『私達も知らず知らずのうちに、シアンを追い詰めてしまっていたんですわ』



1479043477425.jpg
1479043464704.jpg


『・・・心配かけちゃって、本当にごめんなさい』
『ありがとう』



こ・・・これが友情パワーか・・・!
答えは最初から自分の中にあった。ゼンモンドーの様な回答だがそれに気づくのが意外と難しいんだよなぁ。
シンガンクリムゾンズがあっさり曲を作った描写はシアンとの対比の意味もあったのだろう。
素直に仲間に頼ることも立派な強さだ。
孤高にしがみつくより自分の弱さを打ち明ける事の何と難しい事か。
そういうことをまるで気にしないシンガンクリムゾンズは全バンド中最もメンタリティが頑強なのかも。
思えばキングは最初からすべてお見通しだったのだろう。
運ぶように言った氷が4つだったこと、運んだ荷物が楽器だったこと。
更に言うならあの楽器がスタジオにおいてあった奴なのかもしれん。
ただ、プラズマジカの皆がビーチに来ていたのはキングがひそかに連絡したからかと思っていたが三人はそうされるまでもなく、シアンの居場所を突き止めていたようだ(シアンが事務所の面子以外に頼れそうなのがキングしかいないため)
これがモアだったら宇宙中を探し回らなければならない所だった。
でもなんで皆キングがここにいる事を知ってたんだろう。
ていうかキングはお師匠様よりMIDIシティの事を頼まれてるのにリゾートでノンビリしてていいのか?
バレたら妄想のラベンダー畑で1000人ぐらいの侍に切り刻まれる映像を脳内に流されそうだ。
ガウガの三人は現実世界へ帰ってこれたのだろうか。
お師匠様が変な技を身に着けてますます手を付けられない存在になってしまった。





1479043514327.jpg
1479043636341.jpg

次回はシンガンクリムゾンズVSアルカレアファクトラウンド2!
クロウ、アイオーン、ヤイバが熱い魂を込めて作った曲は今度こそ悪しき不正を打ち破り勝利をこの手につかみ取れるのか?
そしてすっかり悪いもん扱いされてるアルカレの動向も気になる。
チタンの隠し事やマネージャーの不審な動きなど多数の不安要素を抱えている。
・・・いやさ、彼らとて立派なアーティスト。そう簡単に闇に屈したりはしないさ!




b8f83679.jpg


みんな!なにやらマネージャーが怪しい動きをしてるけど・・・
俺は信じてる!!大丈夫だよな!?





心配するなチタン!!




1479356188_1_4_8f9f3df88374ba3bc47259539e195055.jpg
1479356188_1_7_df1e16cd8c1f0959dfada1bdde8b1a2c.jpg
1479356188_1_10_a2460129890e2edd46480b1953f791a1.jpg

「「「俺たちは洗脳なんかされちゃいない!」」」





名称未設定


これはもう夜汽車の汽笛不可回避やね・・・
お師匠様も新しい技を身に着けた様ですし、いよいよ4人がハイクを読む時が来たようだ。
こうなったらいよいよマネの動きに不信感を持っているらしいチタン兄さまが唯一の希望だ。
だが、人の良い彼が仲間を疑ったりできるのだろうか?
今回は仲間を信じることの大切さが描写されたが時には厳しい視線を向けるのも大事である。
チタンは彼らを信じる?それとも疑う?
納豆は卵派?それともネギ派?
だが彼には守るべきものがある、勇気を持って行動しなければならない。
このまま何もしなければ巻き添え食らって闇堕ちするのは確定事項だ。
やめて!お師匠様の徳の高さで殴られたら、ダークモンスターでアルカレのメンバー繋がってるチタンの精神まで燃え尽きちゃう!
お願い、死なないでチタン!あんたが今ここで倒れたら、ニケルやアルトとの約束はどうなっちゃうの?
ソウル値はまだ残ってる。ここを耐えれば、お師匠様に勝てるんだから!




次回「チタン死す」。デュエルスタンバイ!

こうならないことを祈るばかりだ。



7話のコードは『アルマースデアリンス』になります!!
2016/11/17

SHOW BY ROCK!!# 第6話「Cadenza」




ダガー再降臨!!




400039cb (1)

BRRのテレビ電波をジャックしてまでダガーが宣戦布告だ。
俺の精神テンションは今!UVP社長時代まで戻っている!プラズマジカに負けたあの当時にだ!無邪気!無神経!そのBVLが貴様らを倒すぜ!!
って他人まかせかよ。


d11577d4.jpg
67641f99.jpg

『あ~お腹すいた~♡』

えっらい悪いタイミングでロージアちゃんが帰ってきた。
ここぞとばかりにロージアを曇らせにかかるダガー。
・・・君なんだかんだ言うてプラズマジカより彼女の方がご執心なんとちゃうん?
まあでも今の彼にとってはクリクリなど弁当で食べ残した黒マメ程度の価値しかないらしい。






80e1166c.jpg
bb0d504f.jpg
7b78ecff.jpg

『まさか負けるのが怖くて逃げ出すつもりはあるまいな』
『君達が不幸のどん底へ向かうまでのカウントダウンが始まった。せいぜい足掻くがいい!!』


言いたいことだけ言ってさっさと消えていくダガー。
なんと傲慢なのだろう・・・クロウでなくともちっさいくせに口だけはデカイとヤジを飛ばしたくなるものだ。
そもそも彼はクリクリが負けた時無能だのゴミだのクズだの罵っていた。
その理屈から言えばシアンに負けたダガーは無価値と言う事になる。
ちゃっかり自分の事は棚に上げておいて、よく言うぜ。
でも冷静に思い出してみれば無力化したダガーを踏みつぶそうとしたクロウを止めたのはロムニキだったな・・・
これはロム=サンのケジメ案件では?
BVRがオラついてるのもプラズマジカに危険が迫ってるのもロージアちゃんが曇ってるのも大体全部ロムのせいだ。
誠に遺憾ながらミラーシェード=サンにはセプクしてもらう他ない。




00be30b2.jpg
590b6ee2.jpg
53fee949.jpg
017520a0.jpg

ダガーのトラウマのせいですっかりDV被害にあった団地妻の様な反応をしてしまうロージアだったがシアンの励ましで気を取り直すのだった。
やはりローシアが正義・・・!
しかしロージアちゃんもただ怯えているだけではない。音楽室にいたあの生徒がBVLのボーカルであると気づいたようだ。
だが一人で探りに行くのは危険ではないだろうか?
エロ同人なら確実につかまってエロい事をされる前フリだ。
それでなくとも(推定)危険人物なのだから二人以上で行動した方が良さそうなんだけど。
・・・いや、ロージアちゃんもシアンの激励を受けて覚悟を決めたのかもしれない。
俺の精神テンションは今!トップアイドル時代に戻っている!コアクマ!プリティー!その俺がアイレーン!貴様を倒すぜ!
スターン!


a50556ac.jpg

『あの子、今日もいるのかな・・・』



c35d8fcc.jpg

『何をしているのだ?また覗き見か?』



ed07967e.jpg

『あ・・・っ・・・はぁ・・・っ』


ダメでした。
0.3秒で曇るロージアちゃんの曇り芸が早くも炸裂。やっぱりトラウマには勝てなかったよ・・・
オマケに取り巻き二人も出てきてあっという間に3VS1に。
物凄くピンチだ。
だが、クールになれよな前原恵一。
ロージアはただ音楽室の扉を開いただけだ。やましい事は何一つしていない。
シラを切れば十分に誤魔化しきれる状況であると言えるだろう。
得意のあざと学で可愛く誤魔化すンだ!!



75c52b21.jpg

『アンタ達じゃなくて、そっちのちっこいのに用があるんだけど!!』

51dbd60c.jpg

『貴様!アイレーン様を侮辱するとは!』

2cb4b8ee.jpg
ff67195a.jpg

『マスターに危害を加える奴は…アタイが許さないのさ!』


余計に状況が悪くなりました。
ああもうなんでそういうこと言うのさ!!
お付きの二人は獲物を取り出して殺る気マンマンだ。
でもペイペインは普段つけてる指サックめいたなんかなのにハンドレッコは高周波付きブレードスティックじゃないんだ。
持ち運びが不便なのか、スタッフがスケバン刑事を描きたかったかのどちらかだろう。
間違いなく後者だと思いますが。



30673ed8.jpg

『あんた達、また変な手を使ってプラズマジカのメロディシアンをどうにかしようっていうなら…』

0afc1c13.jpg
6ce00839.jpg
737c4bd0.jpg

『余計なことは口にしないほうが身のためなのだ』

グッドルッキングな少女の顔と顔が近い!
アー・・・イイ・・・たまらない。
などと茶化してみたが実際はライオンに食われる寸前の哀れな子猫ちゃんの図だ。
所詮、クリティクリスタ(猫、牛、オタマジャクシ)は食物連鎖で言うところの餌なのか。・・・ツキノだけクマですけど。
頂点捕食者たるライオンのアイレーン様にメンチを切られたらどうにもできない。
大ピンチでしたがダガー同様、プラズマジカ以外に興味はないのかなんとか見逃してもらえた。
『どうにかしようっていうなら・・・私が相手になるんだから!の一言が出てこない。
今だけ臆病な私にさよならをできなかったよ・・・もう少しであすいろ命乞い模様となるところだった。





815c7a88.jpg
320728fe.jpg

その一方でプラズマジカは妥当BVLに向けて新曲を練り上げていた。
BVLを打ち負かすには彼女たちに負けないほどのセンセーショナルな曲が必要となる。
『まず私がデモを作ってみるよ!』とシアンが提案。
シアンが不在の1話では敗北したがシアンが帰ってきたら鬼に金棒!杜王町に承太郎ですよ!!
いいぞーかっこいいぞー!!




d229388b.jpg

『なーんて勢いよく返事しちゃったものの…何も進んでない…』


全然ダメじゃないですか!!
バカ!ウカツ!
1話のころからまるで成長していない・・・
文化祭どころか世界の命運がかかった戦いなのにこんなんで大丈夫なんでしょうか?
いや、よくない。
気合を入れ直したシアンは再び楽譜に向き直る。



d664f645.jpg

スヤァ・・・



駄目じゃん!!
バカ!ウカツ!放火魔!
やってる事はダメダメでも寝顔はとっても可愛らしい。
仮眠のつもりでそのまま朝まで寝てしまったってところだろうか。
アンタはテスト期間中の俺か。




cdc0fafe.jpg

『きっとシアンがすっごい曲作ってくれるよ!』




58794c20.jpg

『シアンの足を引っ張らないように、私達も頑張りましょう!』



9e169c33.jpg

寝坊したことに気づき、慌ててスタジオに向かうとすでに練習は始まっていた。
シアンに多大な期待を寄せるプラズマジカの3人。
物凄く入りづらい。
皆の希望にあふれる眼差しが痛いぜ・・・





b5886e09.jpg
c08153ec.jpg
fc49c59c_20161116235227b86.jpg
84ed2272.jpg

部屋の前で立ち往生しているとシアンを迎えに行こうとした三人に鉢合わせてしまう。
作曲が全然進んでないことを伝えなければならないのだが、どうしても言い出せない・・・
そうこうしている内にほかの三人が気を利かせて今日の練習はお休みという事になってしまった。
『たまには息抜きも必要ですわ』
『まだまだ時間はあるぴゅる』
アカン!それは死亡フラグだ!!
私がその言葉で何度WF前に死にかけたか・・・
3話と言い今期のSB69はやけに私の心を抉ってきますね。というか、クリエイターあるある的な話だからだろうか?






86ac7af9.jpg
b72b21a3.jpg
102b30b9 (1)
674f7e05.jpg

プラズマジカが妥当BVLに燃える一方ロム以外のシンガンクリムゾンズはひそかにヤイバのバイト先に集まっていた。
珍しくヤイバに焦点が当たっている!!
しかもここはヤイバがバイトしているという設定の模型店だ。
以前クロウがレッドトマホークのためにバイトしていたという件はLINE漫画のネタだ。
惜しくも休載してしまったが検索すれば読めるので是非とも呼んでほしい。
貴重な男性バンドのコミカライズなので機会があれば続きを書いてほしいんですが・・・めっちゃいいところで終わってるし。
一応ヤイバが模型店でバイトしているという設定自体は原作の方にもあります。
しかし店内を見渡してもプラモデルには見えないパッケージばかりなのは・・・?
リアルにモデラーな私としてはタミヤのホワイトパッケージやHGの黒っぽい箱が並んでいないと落ち着かないぜ・・・
あとアイオーンがくるまってる外套だかマントだかはBVLのメンバーが被ってたやつにそっくりですね。
また一つ神とちゃん様が兄妹であることの判断材料が増えた。





f0526124_20161116235420be3.jpg
dd62e860.jpg
5efbbb67.jpg
fadf5239.jpg

とは言え仲良しバカルテットな4人組が3人で集まるなどレジェンド・オブ・珍しい。
おまけにまとめ役のロムが不在となるとレアなカットだ。
ロムはどうしたのかと聞くクロウに神妙な顔つきでヤイバは一枚のCDを取り出す。
ああ成程CD-ROM・・・・・・ってちげーよ!!
無論、そんなしょうもないギャグを披露するためにこのディスクを取り出したわけではない。
ケースの中に挟まれていた一枚の写真。どこかで見たことがある・・・
イマイチ合点のいかない二人にヤイバはおもむろに透明フィルムの上から金髪と☆を書き足す。
この姿は・・・シュウ☆ゾー!
このブラックスワンがトライクロニカの夢銀河王子様と言うのか!!!
・・・・・そう驚くほど見た目は変わってないと思う。ぶっちゃけ髪の色と服替えただけだし。
更にその後ろのドラマーは・・・・・・ロム!!
シュウ☆ゾーとロムは同じバンドだった!!
知ってた。
ミサワじゃなくても『その情報去年から知ってたわー』と言いそうになる。
まあでも2期かしょ~とからの新規さんにとっては結構衝撃的な情報なんじゃないでしょうか。




76e04db1.jpg
12842239.jpg
42063875.jpg
00eb0350.jpg

思い返せばロムはシュウ☆ゾーに関してやけにこだわっている部分があった。
一番決定的なのは前期9話の二人の会話だが、そういえばあれ聞いてたのヤイバだけだな。
彼が真っ先に気づいたのは必然だったかもしれない。
意を決してアマテラストのCDを再生する3人。
流れ出すCadenza。今回の謎のタイトルはこの曲だったのか・・・スタッフも粋な事をしよるのぉ。
ネオン街の中でトライクロニカが二位になった液晶広告を見る社会人は何を思うのか・・・




a6c8bd54.jpg
ebc6391f.jpg

『やっぱり今はよそうよ兄さん…シュウゾー君の優雅な時間を奪うことになっちゃうよ』
『でも優雅じゃない時間なんてシュウゾーくんには存在しないぞ』


そのころ宇宙ではツインズがなにやらシュウ☆ゾーに話を持ち掛けようとしていた。
なんか会話の内容がいい感じに頭悪そうです。
この二人のおつむは実はシンガンと大差ないのではと少し思ってしまった。



c0d24384.jpg
6b044d6f.jpg

そんな二人の様子はシュウ☆ゾーにはお見通しだった様でうまい具合に話をできるように持ち掛ける。
二人が気をもんでいるのはアルカレアファクトが自分たちを追い抜きトップに立ったことだった。
だがシュウ☆ゾーは『僕達の後輩バンドが人気になることに、何か問題でもあるのかい?』と余裕の表情。
う~ん、大人だ。常にトップに立ちながらも、立場が揺らいだところで焦りも騒ぎもしない。堂々たる王者の風格を感じる。
だがツインズが気にしていたのは自分たちの順位の事ではなかった。
『アルカレファクトは財力に物を言わせ、不正にシンガンクリムゾンズから勝利をもぎ取った』
市井の風評はそのようになっているらしい。
やっぱりと言うかあの結果は不正扱いされてたらしい。
レトリーは水面下でうごめく不正と言ってましたがあんだけ堂々と金ばら撒いていて裏取引もクソもない気がします。
堂々と不正して堂々と批判されているらしい。
でもトップチャートは一位のままなのはよくワカらんけど。
時期が時期だけに金で勝利を買ったという内容は年の瀬の某番組を思い起こして偶然にもタイムリーですね。
でもアプリとか見てるとアルカレがばら撒いてる金だけでも1億なんて端金なんだろうな・・・




17f1ea35.jpg
0feab412.jpg
a0b02e6c.jpg

『君達は本当に心がカインドなボーイズだね』
『達のするべきことは、とびきりの音楽をファンに届けて、みんなのハートをプレジャーとハピネスで満たしてあげること』
『音楽を愛する者の心は、決してお金で買えやしないのさ☆』


MIDIシティの住人が選んだ以上、決して金で釣られた評価ではないはずだ。
要約するとこんな感じだろうか?
実際、アルカレの音楽自体はそう悪いもんじゃなかった。前も書いたが、金を使わなくても勝てる可能性は十分にあったと思える。
その言葉に『シュウ☆ゾー君に相談してよかったです!』とあっさり立ち直る二人。
やっぱりロムの鉄拳で立ち直るシンガンとそっくりだ。
バンド仲間のタイプと扱い方もよく似てるだけあって、シュウは本質的にロムと似た者同士なのかもしれない。
そして、メンバーを励ましつつも複雑な表情を浮かべるところまでも・・・
アマテラストが解散した原因についてはまだ謎が多いが、概ねロムと愁(シュウ)の方向性の違いによる意見の対立と言う見解が有力だ。
その過程において今回の事に近い問題があったのかもしれない。
愁いを帯びた銀河王子の心境はいかなるものだろうか。
実は内心めっちゃ怒っててアルカレのメンバーを4人まとめて味噌汁のダシにして飲まずに捨ててやるぐらいに思ってたりして。
愁時代の彼を見ると結構ヤンチャな性格の様だし、荒っぽい一面も持ってそう。





6deaf2ec.jpg
221da12f.jpg
c5241213.jpg
b4eadb4f.jpg

一方シアンは未だ思案中!
シアンが思案か、かはは下らねー…などと冗談を言ってる場合ではない。
この惑星の行く末がかかっているのだ。文化祭に間に合わないのとはヤバさは違う。
うっかり寝てたりさぼってたから世界が滅亡しました。ではシャレにならない。
しかしうたた寝の時と言い、だらしない姿なのに作画に気合入っててやたら可愛いのが困る。




06b4d9e3_20161117013042f0f.jpg
1a05354b_2016111701304193c.jpg
6222b4e2_201611170130459a2.jpg
b73f6ed4_20161117013044b76.jpg
1d510e2f_20161117013047650.jpg
07be5d91.jpg

そんなシアンを心配してプラズマジカの仲間たちは新味に尽くしてくれる。
こ、これが友情パワーか・・・!
悪魔超人でも浄化されそうな打算なき友情!
そうだシアン・・・おまえはエースなんだ。ガンバレガンバレシアンーーーー!フレッフレシアンーーーー!




55f4854d.jpg

(私は…どうしたら…)

闇落ちしかけてるーーーー!?
自分が言い出した手前打ち明けられないジレンマ、曲作りが進まない情けなさ、友の思いにこたえられないもどかしさでシアンのSAN値は60番の紙ヤスリを擦り付けるかの如く削られているゥーーーーッッ!!
このままだとダガーが何もしなくても勝手にシアンが自爆しそうだ。
なんていうか目がマジですよ。スクールデイズなら2~3人死んでそうなオーラを漂わせてる。
なんか、いい方法はないだろうか。
いっそ忍迅雷音に頼んで過去に飛ばしてもらえば時間は稼げるんじゃ。
・・・やっぱり未来人である彼ら以外はタイムワープできないのかな。
ていうか、ダガーから接触があったのになんで誰も忍迅と連絡取ろうとしないんだろう。
神威が事務所を破壊して請求踏み倒したもんだから信頼関係が損なわれたのかも。
このままじゃサボリと内ゲバで世界が滅んじゃうよ・・・
まあサボリとか言ってますが一方的に世界の命運を押し付けられたシアンは中々かわいそうな立場ですが。





4dd1c127 (1)
bb85cdd9 (2)

もはやシアンは万策尽きたのか?
いや、まだたった一つだけ残っていた。
逃げるんだよォーーーー!!

勝った!MIDIシティ完ッッ!!





abdcacad.jpg
4b8d65a5.jpg
a2908e67.jpg

・・・だが、この聖川詩杏。戦いで逃げることはあっても戦いそのものを放棄したことはない!
シアンは闇雲に家出しただけではなく、ある場所へ向かっていた。
グレイトフル・キング!!
次回、シアン修行編が始まるのか!?
ある意味では誰よりもシアンに近い存在であり、師でもあるキングならば道を指示してくれるやもしれぬ!
一期では師弟関係ではあったものの直接インストラクションをする機会がなかったからなー。
ここで名実ともに師弟関係になるのかもしれない。



今回はプラズマジカ、トライクロニカ、シンガンクリムゾンズのメンバー間の接し方が分かる回だった。
やはり、シンガンとトラクロはリーダーの立場が大きい。
叱ったり、諭してくれる年長者がドシっと後ろに控えているからこそ年下たちが迷っても、最終的にまとまる事ができる。
全員が同い年かつ対等なクリクリを除けば徒然も年長者がビシっと決めてるバンドですね。
プラズマジカの意外な弱点はキッチリとしたまとめ役がいない事だろうか。
本来ならチュチュがそのポジションなんだけど、年で言えばシアン達とそんなに変わらないし3話を見ると結構ポンコツなところがあるし、すぐ闇堕ちしかけるので向いてないんだろうな。
シアンにはロムやシュウ☆ゾーの様な立場の人間がいなかった。
そこでキングの出番と言うわけだ。
実際これまで違う感じの曲を作りたいのだからバンドの外の人に話を聞くのは間違っちゃいないだろう。
シンガンに聞けばいいんじゃないの?とは少し思ったりもしたけど・・・